« 観光シーズンに間に合った!「カシオペア」「北斗星」運転再開決定! | トップページ | それ魅力!?パソコン+iモード携帯=F-07C »

2011.05.15

「姫路モノレール」を見に行く

先日1日休みが取れたので、前から気になっていた場所に行ってみることにした。
その場所とは、姫路市の手柄山中央公園にある「手柄山交流ステーション」。
ここはその昔姫路駅と手柄山を結んでいた「姫路モノレール」の手柄山駅があった場所で、その旧駅舎を改修し、多目的ホールや研修室、姫路市立水族館の新館(こちらは7月オープン)などを整備して誕生した施設である。
まずはJR姫路駅に向かい、駅南口からバスに乗ること5分、姫路市文化センター前バス停で下車。そこから少し歩いていくと、目の前に見えてくる。2011_05110003

2011_05110004以前はちょっとした山道を歩いてあがらねばならなかったのだが、今回の整備でエレベーターが設けられており、訪れやすくなっている。
エレベーターを降りて、通路を歩いていくと右下に「姫路市立水族館」が見える。2011_05110008

こちらは現在リニューアル工事中で7月に開館予定となっている。2011_05110010

扉には「姫路モノレール」が描かれている。
中に入ると、いきなり目に飛び込んでくるのが「姫路モノレール」の車両(本物)である。2011_05110011

ロッキード社が開発し、川崎航空で作られた「ロッキード式モノレール」の足回りの部分がよく見えるようになっている。2011_05110111

1つ上のフロアに上がると、そこはモノレールのホーム。2011_05110015

2両連結された車両のうち1両は中に入って見学することも出来る。2011_05110025

2011_05110022

2011_05110024

車掌さんもいる。2011_05110020

もう1両の車両には乗客と運転士さんもいる。

2011_05110031

2011_05110032

ホーム上には駅名看板や広告看板もある。2011_05110030

2011_05110029

2011_05110056

さらに、モノレールの実物部品を用いて技術的な特徴を解説したコーナーも設置されている。2011_05110051

2011_05110054

このモノレールが誕生するきっかけとなった「姫路大博覧会」の様子もジオラマ展示されている。2011_05110061

また、「姫路の交通の歩み」と題して、姫路の公共交通の歴史が分かるコーナーも設置されている。2011_05110059

これらの展示物がなんと無料で見られるというのだから、ありがたいことである。
今姫路城は改修工事中なので、姫路城を見るならこちらのモノレールもぜひご覧いただきたいものである。
天気がよければ、姫路駅から歩いてモノレールの廃線跡をたどりながらいくというのも楽しい。2008_0429_himeji0011

2008_0429_himeji0024

2008_0429_himeji0026

こんなものがあちらこちらに残っている(いずれも2008年4月ごろ撮影・現況と異なる場合あり)。

|

« 観光シーズンに間に合った!「カシオペア」「北斗星」運転再開決定! | トップページ | それ魅力!?パソコン+iモード携帯=F-07C »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/51680640

この記事へのトラックバック一覧です: 「姫路モノレール」を見に行く:

« 観光シーズンに間に合った!「カシオペア」「北斗星」運転再開決定! | トップページ | それ魅力!?パソコン+iモード携帯=F-07C »