« 「はかた号」を越えた!?高速バス日本最長路線「Lions Express」まもなく運行開始! | トップページ | 「旅と鉄道」復刊2号、特集は直球ど真ん中!「俺たちの、青春18きっぷ」 »

2011.11.18

ついに来たか・・・寝台特急「日本海」来春ダイヤ改正で廃止へ

久々のブログ更新がこういう内容というのは、気が重いのだが、事実は事実として受け止めねばならないだろう。
大阪―青森間を結ぶ寝台特急日本海、今や大阪を発着する唯一の定期寝台特急列車になってしまったが、それが来年春のダイヤ改正を持って廃止する方針とのこと。

寝台特急「日本海」、来春 廃止へ…関西発着ブルトレ姿消す(読売新聞)

この「日本海」は1968年10月に運行を開始、1988年の青函トンネル開業後は、函館を発着する列車もあり、観光客やビジネス客の人気を集めたが、現在は函館発着はなくなり(2006年3月)、大阪ー青森間を約15時間かけて1日1往復している。
廃止の理由は、利用客の減少と車体の老朽化。
共同通信の記事寝台特急「日本海」廃止で調整 大阪―青森、利用客減で)によれば、現在の乗車率は5割程度。これまで廃止になった寝台特急の晩年の乗車率から考えればずいぶん高い乗車率のようにも感じるが、やはりこの乗車率では採算は合わないのだろう。
そして、使用している車両も年代ものである。
牽引する機関車・EF81型電気機関車は30年以上にわたって使われており、使用する客車24系客車も同じく30年以上使われている。
「日本海」と同じく大阪から出発する「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌・季節列車)も同じ24系客車ながら、リニューアル工事を受けて、豪華寝台特急として人気を博している。青森行きの「日本海」では、豪華寝台特急による需要の掘り起こしは出来なかったのだろうか。あるいは、逆に「あけぼの」の「ゴロンとシート」のように簡易な仕様にして、利用率を上げるとか・・・まあ、そこまでてこ入れするほどの列車として見られてはいなかったということなのだろう。
読売新聞の記事の最後には、季節列車として走らせる案も検討しているとの記載もある。お盆や年末年始の帰省などでは、まだまだ需要はあると思われるので、その形でもいいので残ってくれればと思う。ただ、車両がどこまで持つのか・・・そちらのほうが今度は心配になるが。

|

« 「はかた号」を越えた!?高速バス日本最長路線「Lions Express」まもなく運行開始! | トップページ | 「旅と鉄道」復刊2号、特集は直球ど真ん中!「俺たちの、青春18きっぷ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/53274774

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来たか・・・寝台特急「日本海」来春ダイヤ改正で廃止へ:

« 「はかた号」を越えた!?高速バス日本最長路線「Lions Express」まもなく運行開始! | トップページ | 「旅と鉄道」復刊2号、特集は直球ど真ん中!「俺たちの、青春18きっぷ」 »