« 今度は四国も巡ります!列車を乗り継ぎ稚内から西大山・枕崎へ日本縦断の旅ツアー | トップページ | 「手紙~親愛なる子供たちへ~」ポルトガル語・英語バージョン完成!&2012年2月22日CD発売決定! »

2011.12.16

きたぐに、お前もか・・・平成24年春ダイヤ改正で季節列車化へ

先日、寝台特急「日本海」が廃止(季節列車化)になることを記事にしたが、まさかこの列車まで・・・大阪と新潟を結ぶ急行「きたぐに」が来年春のダイヤ改正で廃止(季節列車化)することになった。

JRダイヤ改正:「日本海」「きたぐに」臨時列車に(毎日新聞)
平成24年春ダイヤ改正について:詳細(JR西日本プレスリリース/PDF)

記事によれば、急行「きたぐに」の乗車率は28%。寝台特急「日本海」が54%とあることから、ほぼ半分の乗車率である。これはかなり厳しい数字だ。季節列車としてでも残るだけまだましなのかもしれない。

大学4年の冬、初めて北海道に旅したときに乗車した列車でもあり(もちろん自由席だった)、その後も寝台を利用したり、金沢の北海道物産展参戦時にはグリーン車を利用したり(記事はこちら)、そしてなんといっても「水曜どうでしょう」最初の企画である「サイコロ1」で若き日の大泉さんが混雑する自由席で一夜を明かした(実際はそのあと藤村Dの寝台に転がり込んだらしいが)列車ということで、思い入れもある。

この「きたぐに」の季節列車化によって、583系電車の定期運用列車がなくなることになり、「日本海」と「きたぐに」のみにあった開放式(プルマン式)A寝台も、列車とともになくなる。
これでJRで運行される定期急行列車は、青森―札幌間を結ぶ「はまなす」ただ1本、その「はまなす」は客車なので、定期運行される「電車急行」の存在も消えてしまう。
「国鉄」の匂いが残る列車がまたひとつ消えていく・・・なくなる前にもう一度乗っておきたい。

|

« 今度は四国も巡ります!列車を乗り継ぎ稚内から西大山・枕崎へ日本縦断の旅ツアー | トップページ | 「手紙~親愛なる子供たちへ~」ポルトガル語・英語バージョン完成!&2012年2月22日CD発売決定! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています やべっちです
私は「日本海」や「きたぐに」が完全廃止にならず、季節列車として首の皮一枚残って良かったと思っています!
マァ、数年後には完全に無くなってしまう運命なのかもしれませんが、季節列車になって653系で走る「きたぐに」に是非とも乗ってみたいです。
「常に初陣!」ですよ~(笑)

投稿: やべっち | 2011.12.17 14:17

やべっち様
コメントありがとうございます。
2014年度には北陸新幹線の開業と並行在来線の3セク化がありますから、季節列車として残っても最大そこまでなのかなとも思います。
季節列車化後の使用車両ですが、京都総合運転所に波動用で残っている485系か、あるいはJR東日本新潟車両センター所属の485系というのもあり得そうですね(急行「能登」が季節列車化後にJR西日本からJR東日本に運用車輌が変わってますしね)。
個人的には、行けるところまで583系であってほしいなあとは思いますが・・・。

投稿: K_S | 2011.12.18 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/53499271

この記事へのトラックバック一覧です: きたぐに、お前もか・・・平成24年春ダイヤ改正で季節列車化へ:

« 今度は四国も巡ります!列車を乗り継ぎ稚内から西大山・枕崎へ日本縦断の旅ツアー | トップページ | 「手紙~親愛なる子供たちへ~」ポルトガル語・英語バージョン完成!&2012年2月22日CD発売決定! »