« ブラタモリスト必携(?)江戸古地図ハンカチを手に入れた | トップページ | きたぐに、お前もか・・・平成24年春ダイヤ改正で季節列車化へ »

2011.12.09

今度は四国も巡ります!列車を乗り継ぎ稚内から西大山・枕崎へ日本縦断の旅ツアー

JR北海道旭川支社の名物企画である日本縦断の旅の達成者が、前回の16回目(記事はこちら)でついに500名を突破したそうである。
そして、17回目は6年ぶりに四国を巡るツアーとなる。

四国も巡る日本縦断!(JR北海道プレスリリース・PDF)

プレスリリースによれば、今回で17回目となるこのツアーは、JR最北の駅・稚内からJR最南の駅・西大山、さらにその先の終点枕崎まで鉄道を乗り継ぐ6泊7日の旅となっている。
では、その行程を追ってみることにする。

まず初日(1月23日)は、稚内7時10分発のスーパー宗谷2号で出発。札幌でスーパー北斗12号に乗り換え、15時38分函館駅着。この日は函館で宿泊となる。

2日目(1月24日)は、函館8時8分発のスーパー白鳥22号で出発、新青森ではやて22号に乗り換え、東京でのぞみ43号に乗り換え、16時13分名古屋駅着。この日は名古屋で宿泊となる。

3日目(1月25日)は、名古屋9時25分発ののぞみ101号で出発、岡山でしおかぜ9号に乗り換え、瀬戸大橋をわたって四国に上陸し、14時12分松山駅着。この日は松山で宿泊となる。

4日目(1月26日)は、松山9時2分発の宇和海7号で出発、宇和島で予土線の普通列車に乗り換え、四万十川沿いをのんびり約2時間20分乗車。窪川で南風20号に乗車し、高知で併結されるしまんと6号で17時22分高松駅着。この日は高松で宿泊となる(うどんだ、うどんだ!)。

5日目(1月27日)は、高松8時22分発のマリンライナー14号(グリーン車)で出発、岡山でのぞみ5号に乗り換え、博多でさくら413号に乗り換え、鹿児島中央で指宿枕崎線の普通列車に乗り換え、15時29分指宿駅着。この日は指宿で宿泊となる。

6日目(1月28日)は、指宿7時13分発の普通列車で出発、そして7時33分にJR最南の駅西大山に到着となり、これで日本縦断達成となる、その後、8時30分発の普通列車で指宿に戻り、ホテルで朝食をとった後、バスで長崎鼻を見学しながらJR最南の有人駅山川へ。山川11時43分発の普通列車に乗り、12時49分、指宿枕崎線の終点である枕崎駅に到着。
到着後は、枕崎お魚センターで昼食をとり、バスで枕崎・知覧などを観光した後、18時ごろに鹿児島市内のホテルに到着。この日は鹿児島で1泊となる。

7日目(1月29日)は、ホテルを8時30分ごろ出発し、鹿児島中央駅前バスターミナルから鹿児島空港へ、鹿児島空港10時ごろ発のANA羽田乗継便で14時30分頃、新千歳空港に到着・解散となる。

さて、気になるお値段は、稚内発新千歳空港解散のAコースで2名1室185,000円からとなっている。また、稚内以外の道内各地からの出発や、7日目の朝、鹿児島で解散するプランも用意されている。
JR旅客会社すべてに乗車し、行程中のお昼には地元名産の駅弁などが用意されており(4日目を除く)、参加者には四国名産の今治製日本縦断記念タオル(夏目漱石「坊ちゃん」にちなんで赤色)と、名前入りの参加者限定「列車名標(エンブレム)形・日本縦断証明書」が贈呈される。
募集人員25名、最少催行人数15名のこのツアー、今回も定員いっぱいの方が参加されるのだろう。いつかはこういうツアーに参加してみたいものだ。

|

« ブラタモリスト必携(?)江戸古地図ハンカチを手に入れた | トップページ | きたぐに、お前もか・・・平成24年春ダイヤ改正で季節列車化へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/53444599

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は四国も巡ります!列車を乗り継ぎ稚内から西大山・枕崎へ日本縦断の旅ツアー:

« ブラタモリスト必携(?)江戸古地図ハンカチを手に入れた | トップページ | きたぐに、お前もか・・・平成24年春ダイヤ改正で季節列車化へ »