« 「ダ・ヴィンチ」2012年2月号は5年ぶりのTEAM NACS特集! | トップページ | 「とでん」の「外車」2012年10月復活へ! »

2012.01.13

「旅の手帖」2012年2月号の特集は「はじめての☆夜行列車」

一昨日本屋に立ち寄った際にもう1冊購入していた雑誌がある。

201202_845x1024

「旅の手帖」2012年2月号である。
巻頭特集は「はじめての☆夜行列車」と題して、現在運行されている夜行列車(定期・臨時含む)13本すべてが紹介されている。
特集のトップを飾るのは「トワイライトエクスプレス」(大阪→札幌)の乗車記。昨年、一昨年と2年連続年末に札幌から乗車した列車であるが、やはり大阪から北へ向かって乗りたい列車である。
そのほか、この春のダイヤ改正で定期運行を終了する「きたぐに」や、オールA個室寝台の超豪華寝台特急「カシオペア」、お得な「ごろんとシート」が人気の「あけぼの」、今や東京から西へ向かう唯一の寝台特急となった「サンライズ出雲・瀬戸」の乗車記も掲載されている。
また、初めて夜行列車を利用する向けの特集ということもあって、夜行列車の走行路線を描いた「日本全国☆夜行列車マップ」では、それぞれの列車を食堂車の有無・個室の有無、ベッドの有無で「セレブ型(食堂車あり)」「プチセレブ型(個室あり)」「庶民型(ベッドあり)」「体力勝負型(ベッドなし」の4タイプに分けている。
そして、「夜行列車☆取扱説明書」では、それぞれの列車の席(寝台)の料金表やセキュリティー面の話、きっぷのとり方から、乗車前に準備しておきたいもの(飲食物その他)について記した「乗車前のご注意」まで載っており、これを読めば、まず夜行列車に乗って困ることはないのではないかと思われる。
さらに海外の夜行列車の紹介や、JR九州のクルーズ。トレインについてデザイナーの水戸岡鋭治さんのお話も掲載されている。
この特集以外にも、千葉県の観光キャンペーン特集(いすみ鉄道や銚子電鉄も掲載!)や、全国各地の朝市を取り上げた「美味しい朝市」、連載記事「ゆる鉄」では開運鉄道グッズも紹介されている。
これだけ充実した内容で、お値段はいつもと同じ580円!これは「買い!」

ちなみに、107ページの端に某雑誌の「復刊3号」の広告が掲載されているのだが、こちらも特集記事は「夜行列車の冒険」とのこと。1月21日発売なので、詳しくは発売後にご紹介したいと思う。

|

« 「ダ・ヴィンチ」2012年2月号は5年ぶりのTEAM NACS特集! | トップページ | 「とでん」の「外車」2012年10月復活へ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/53727672

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅の手帖」2012年2月号の特集は「はじめての☆夜行列車」:

« 「ダ・ヴィンチ」2012年2月号は5年ぶりのTEAM NACS特集! | トップページ | 「とでん」の「外車」2012年10月復活へ! »