« 立入禁止の高千穂鉄橋を特別見学できる「みち旅ハイウェイツアー」登場! | トップページ | MIZUNO・Colemanとコラボ!どうでしょう新グッズ登場! »

2012.09.26

北海道テレビ放送、本社移転決定!

北海道の放送局の中でも特にユニークな自社番組を制作し続けている北海道テレビ(HTB)。他の道内テレビ局が札幌市中央区に本社・スタジオを置く中、豊平区南平岸という、市内中心部からは少し離れた場所で「のびのび」やっているとイメージがあるのだが、ついに本社を移転することが決まったようである。

札幌中心部移転 HTB正式発表 再開発ビルに18年度開業計画(北海道新聞)

2012年9月26日付の北海道新聞朝刊によれば、HTBが開局50周年を迎える2018年に本社を中央区北1西1に建設が計画されている再開発ビルに移転すると発表したとのこと。
この再開発ビルは、札幌市のウェブサイトによれば、札幌市民会館(2007年3月閉館)の後継施設として建設が計画されているもので、客席数2300席程度の多目的ホールや、「創造都市さっぽろ」の理念を具体化し、新しい札幌の魅力を発信する機能を有する「創造活動センター(仮称)」や「アートセンター(仮称)」を併設した市民交流複合施設となる。
場所はNHK札幌放送局の道を挟んで向かい側、札幌市役所や北海道中央バスのターミナルのすぐ近くで、札幌時計台も近い(ちなみにオフィスキューの事務所も徒歩8分ほどと、これまでの社屋よりもかなりご近所になる)。
放送局が郊外から市内中心部へ移転するという点では、大阪の毎日放送が吹田・千里丘から梅田・茶屋町へ移転したのとイメージが重なる。ちなみに千里丘の毎日放送跡地は、現在大規模マンションが建築・分譲中となっており、HTBの社屋跡がどうなるのかも気になってくる。

ここからは完全なる妄想である。

現在のHTB社屋の場所は、駅近ですぐ近くには公園(平岸高台公園)もあり、住環境としてはかなり整った場所なので、社屋移転後にマンションが建つというのもありえない話ではない。
そうなると、かなりの人気物件になることは間違いないだろう・・・どうでしょうファンばっかり住んだりするかもしれないが(笑)

参考:北海道テレビ放送ニュースリリース「新社屋移転」(PDF)

|

« 立入禁止の高千穂鉄橋を特別見学できる「みち旅ハイウェイツアー」登場! | トップページ | MIZUNO・Colemanとコラボ!どうでしょう新グッズ登場! »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

自分は、先日HTB見学時に案内のお姉さんに伺いました。
残念です。またまたロケ地の風景が変わってしまう。

投稿: | 2012.09.28 07:48

果たして社屋移転後の前枠・後枠撮影はどこになるんでしょうね?
新社屋から平岸高台公園まで少し距離もありますし・・・かといって大通公園じゃあのゆるい枠撮影は不可能でしょうし、結局は高台公園を継続利用するのかもしれませんが。

投稿: K_S | 2012.09.28 10:15

あの狭い土地で毎年の様に改修工事をやっていましたからね。
移転は仕方ないでしょう。これからの人口減少時代は、さらに都心集約が進むだろうし。
それしても、どうでしょうファンだらけのマンション建設とは面白い妄想ですねw

新館は新しいから残して、どうでしょうミュージアムみたいにして、本館跡地にマンション。
これは、いま以上に人が集まるかも。HTBはむかし不動産事業もやってたことあるし。

投稿: さる | 2012.09.29 00:58

さる様
コメントありがとうございます。
放送局の跡地がマンションになる例は、ABC朝日放送もそうですし(まだ建築中ですが)、結構現実的ではないかと思っております。
どうでしょうミュージアムは「それ、魅力!」ですね(笑)どうでしょうさん以外にもHTB制作番組に関する資料も一堂に集めればファンにはたまらない施設になるでしょうね。

投稿: K_S | 2012.09.29 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/55747894

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道テレビ放送、本社移転決定!:

« 立入禁止の高千穂鉄橋を特別見学できる「みち旅ハイウェイツアー」登場! | トップページ | MIZUNO・Colemanとコラボ!どうでしょう新グッズ登場! »