« 旅に出ます! | トップページ | JRのお得なきっぷ&ツアーで長崎から帰ってみる »

2012.11.30

LCCってどうよ?ピーチに乗って長崎まで行って来た

先日、ジェットスターで札幌へ行ってきたときに(記事はこちら)、他のLCCはどんな感じなのかなあとふと気になり、早速乗ってみることにした。
今回搭乗したのは、ピーチ。関西国際空港を拠点としており、最近専用ターミナルも稼動し始めたところである。
選んだ行き先は、ちょうど安いチケットが取れた(施設利用料込み片道2,100円)長崎。これまでに何度か長崎にいったことはあるが、飛行機で行くのは今回が初めてとなる。
ただひとつ大きな問題が・・・この長崎行きのピーチ、出発時刻が午前6時45分。自宅から始発で出てもまったく間に合わない。かといって、関空近くのホテルに前泊したのでは、せっかくの安い運賃が宿泊費でチャラになってしまう。
結局取った手段は、ピーチの早朝便に合わせて運行される梅田発のリムジンバスの始発(ハービス大阪午前4時53分)に乗ること。そのために近くのネットカフェで時間をつぶすこととなった。
久しぶりのネットカフェでの仮眠はほとんど眠れないまま、ハービス大阪のバス乗り場へ。2012112728peachすでにバスは到着しており、10人ほどの乗客が並んでいる。チケット売り場もまだ開いていないので、乗車券はバスの入り口で乗務員から購入する形になっていた。
12名の乗客を乗せて定刻にハービス大阪を出発したバスは、新阪急ホテル前のバス停へ。
「さすがに朝早いし、そんなに乗ってこないだろう」と思っていたら、そんなことはまったくなく、あっという間に車内はほぼ満席状態!LCCの「価格」がいかに魅力的なのかということを思い知らされる。
バスは遅れることもなく関西空港第二ターミナルに到着。2012112728peach_16このターミナルを使用しているのはピーチのみ。国際線のほうは結構混んでいるが、国内線はそれほどでもないように見える。早速自動チェックイン機で搭乗手続きを済ませる。2012112728peach_1印刷してきた用紙のバーコードを読み込ませると、チケットが発券される。別途料金を支払わなければ座席を選ぶことは出来ない。残念ながら3列シートの真ん中の席である(泣)
先日搭乗したジェットスターでは事前にインターネットでチェックインまで済ませることが出来た上に、座席もシートマップから選ぶことが出来た(別料金もかからなかった)ので、この点はジェットスターのほうがよいと感じる。
搭乗口に入るまでにはまだ時間があったので、ターミナルの中をうろうろしてみる。2012112728peach_10

2012112728peach_7

2012112728peach_12

2012112728peach_14

2012112728peach_11コーヒーショップにレストラン、みやげ物屋にコンビニ、銀行の両替所と、一通りのものはそろっている。
セキュリティチェックを抜けて搭乗口へ向かうと、ここにもレストランやショップが入っている。2012112728peach_18

2012112728peach_20

2012112728peach_21待つことしばし、いよいよ搭乗となる。2012112728peach_28長い通路を歩いた先でしばし待たされた後、搭乗券をバーコードで読み取り、いよいよ外へ。ここから飛行機までは徒歩で進んでいく。2012112728peach_29

2012112728peach_33ピンク色の派手な機体の中へ、タラップを上っていく。タラップで搭乗するのは初めて飛行機に乗ったとき以来(JAS羽田→旭川便)である。
機内はこんな感じ。2012112728peach_38

2012112728peach_36ジェットスターと同じ機材を使っているのだが、座席の仕様が少し違っていて、ポケットが下にもついている。上のポケットの中身は機内メニューと安全のしおりと通販パンフレット。2012112728peach_37機内誌のようなものはなかった。
乗客の搭乗が終わり、扉が閉まり、機内の安全についての説明がはじまる。もちろん客室乗務員による生説明である。説明が終わってしばらくした後、飛行機がゆっくりと動き出す。プッシュバックするのではなく、大きく右に曲がりながら滑走路へと向かっていく。滑走路までは結構距離があって長く感じる。そしていよいよ離陸・・・普通に離陸(当たり前)。シートベルト着用サインが消えると、機内販売がスタート。しかしこちらは前夜の睡眠不足もあり、すぐに寝る体勢へ。うつらうつらしているうちに飛行機は降下をはじめ、定刻より少し早く8時過ぎに長崎空港に到着。
ここでの降機にはボーディングブリッジが使用されていた。2012112728peach_40途中揺れることもほぼなく、これで座席が通路側で、隣に人がいなければとてもよいフライトだった(苦笑)やはり真ん中の席は圧迫感を感じる。ここはケチらずにお金を払ってでも席を指定したほうがよいのかもしれないと感じた。
さて、長崎空港に着いてここからどこへどういう手段で移動するか。前日までいろいろと考えた結果、レンタカーを借りることにした。

レンタカー会社の送迎車で営業所へ向かい、手続きを済ませて、早速移動開始。今回借りた車は日産の軽自動車モコ。2012112728peach_43_2向かった先は、島原半島。ここには島原鉄道が走っており、ずいぶん前に全線乗車しているのだが、島原外港駅から南部分の廃線跡を見て回ることにした。2012112728peach_51水無川に架かるこの橋は、雲仙・普賢岳の災害後に復旧されたものである。復旧からわずか11年で廃線になるとは・・・。
途中、普賢岳の噴火で被害を受けた家屋を保存展示している「土石流被災家屋保存公園」にも立ち寄ってみた。2012112728peach_621992年8月8日、14日の土石流の被害を受けた11棟の家屋がそのまま保存されている。2012112728peach_60

2012112728peach_56これらの家に住んでいた方々は事前に避難されていたため無事だったとのこと。
そして島原鉄道の終点であった加津佐駅へ。2012112728peach_71

2012112728peach_74廃線から4年余り、線路も撤去されているが、駅舎もホームもまだ残されていた。
さらに車を走らせて昼過ぎには長崎市内に到着。この日は長崎市内に宿を確保している。レンタカーの利用時間はまだ大分残っていたのだが、運転に飽きてきた (苦笑)ので、早めに車を返却。その後は路面電車(長崎電気軌道)で市内をさるく(長崎弁で「まちをぶらぶら歩く」)ことにした。2012112728peach_75これまで何回も長崎に来たことがあるにもかかわらず一度も立ち寄ったことのなかったグラバー園に行ってみたり。2012112728peach_99「おにぎりあたためますか」でも紹介されていた角煮まんじゅうを食べてみたり。2012112728peach_108これまた「おにぎりあたためますか」で訪れていた一口餃子の店に行ってみたり。2012112728peach_76

2012112728peach_78

そして、この日は宿に入って終了。朝早くから前半は移動がメイン、後半は歩きがメインの旅であった。
翌日は帰らねばならないのだが、帰りもピーチでは面白くない。というわけで別の手段で帰ったのだが、それはまた次の記事で。

|

« 旅に出ます! | トップページ | JRのお得なきっぷ&ツアーで長崎から帰ってみる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/56224677

この記事へのトラックバック一覧です: LCCってどうよ?ピーチに乗って長崎まで行って来た:

« 旅に出ます! | トップページ | JRのお得なきっぷ&ツアーで長崎から帰ってみる »