« ひたちなか海浜鉄道で元・三木鉄道のミキ300 に乗車! | トップページ | 樋口了一インストアライブatたまプラーザ&阿佐ヶ谷 »

2012.11.23

ふらり東への旅

10月の振替休日で連休を確保することができたので、旅に出た。
といっても、給料日前で懐具合が厳しいということで、出発はモブログでもUPしたとおりおなじみの深夜バス。2012_112223_1024x576これまでにも何度かお世話になっている東北急行バスの「フライングスニーカー」(近鉄バス共同運行)。5日前までに予約・決済すると安くなる「早売5」を使ったので、大阪から東京までの運賃は3,900円である。
最近は深夜バスではまったく負ける気配がなかったのだが、今回は4列シート&隣が空いていないという条件下、途中で腰が痛くなりヤバイ!と思ったものの、何とかドローに持ち込んで東京に到着となった。
東京からは総武線の快速エアポート成田に乗車。途中成田・佐倉で乗り換えて、鹿島神宮駅へ。
ここから久しぶりに乗車するのは鹿島臨海鉄道。2012_112223_2_1024x768

踏み切りのない高架を爆走する気動車は、流れる景色や振動や音も含めて心地がよい。
終点の水戸駅で常磐線に乗り換えて到着したのは勝田駅。
勝田駅といえば、ひたちなか海浜鉄道である。12月には開業99周年のイベントがあるのだが、タイミングが合わず残念。
平日でも使えるフリーきっぷとして位置ゲーの「コロプラ」とコラボした切符を購入。
やってきたのはすでに廃線となった兵庫県の三木鉄道で使用されていた「ミキ300」(モブログでもUP)。2012_112223_4_1024x768

2012_112223_6_1024x768

2012_112223_23_1024x768

ミキティー!(違
廃線前に乗車したことがあるのでとても懐かしく感じる。2012_112223_9_1024x768

2012_112223_12_1024x768

車内も当時と変わらない雰囲気。
まずは終点の阿字ヶ浦駅まで乗車する。阿字ヶ浦駅といえば、というか、ひたちなか海浜鉄道といえば、以前紹介した(記事はこちら)℃-uteの「君は自転車 私は電車で帰宅」のMV撮影で使用されている。
駅まで向かう道とか2012_112223_15_1024x768

駅舎の前とか(ベンチはないが)2012_112223_14_1024x768

改札を抜けるところは阿字ヶ浦駅ではなくて那珂湊駅と思われる。2012_112223_29_768x1024

詳しくはこちらのMVをごらんいただければと思う。

折り返しの列車で那珂湊駅まで戻り、少し早めの昼食を駅前食堂で取る。2012_112223_24_768x1024

以前ひたちなか海浜鉄道の吉田社長がブログで書かれていて気になったメニュー「とんかつ定食」を注文、待つことしばし・・・キタッ!2012_112223_26_1024x576

でかい!2012_112223_27_576x1024

そして分厚い!もちろんうまい!
まあ、お値段は1,100円とそこそこするが、その価値は十分にある。さらに日替わりメニューの日(この時点では土曜日)だと800円とかなりお得。
ちなみにこの日はハンバーグ定食が日替わりで安くなっていた。今度はこちらも頼んでみたい。
満腹になったところで、再び列車に乗り込み勝田駅まで戻る。この日の宿は都内に確保しているので、常磐線で戻らねばならない。
お金もあまりないので普通列車で戻るべきところなのだが、どうしても乗っておきたい列車があったので、特急県を購入し乗り込んだのはこちら。2012_112223_40_1024x768

E657系を使用したスーパーひたちである。この車両になってからまだ乗ったことがなかったので、今回乗車してみた。2012_112223_39_1024x768

やはり新しい車両は新車の匂いと乗り心地のよさが半端ない。あっという間に終点の上野駅に到着してしまった。
今度は上野からいわきまで乗ってみたい、いや、常磐線前線復旧の暁には仙台まで乗りとおしてみたいものだ(導入当初の予定では上野-いわき間のみの運行となっていたが、そこをなんとか)。
この日はこれで終了。翌日に備えて早めの宿入りとなった。
さて、翌日は勤労感謝の日。果たしてどこへ向かったのか・・・それはまた次の記事にて。

|

« ひたちなか海浜鉄道で元・三木鉄道のミキ300 に乗車! | トップページ | 樋口了一インストアライブatたまプラーザ&阿佐ヶ谷 »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/56175461

この記事へのトラックバック一覧です: ふらり東への旅:

« ひたちなか海浜鉄道で元・三木鉄道のミキ300 に乗車! | トップページ | 樋口了一インストアライブatたまプラーザ&阿佐ヶ谷 »