« LCCってどうよ?ピーチに乗って長崎まで行って来た | トップページ | 旅に出ます! »

2012.12.01

JRのお得なきっぷ&ツアーで長崎から帰ってみる

さて、関空からピーチに乗って長崎に到着し、レンタカーと路面電車で長崎をうろうろして一泊した翌日。
今日は帰宅しなければならないわけだが、帰りもピーチというのはあまりにも面白みがないので、JRを乗り継いで帰ることにした。
さらに普通に切符を買ったのではせっかく往路で節約した意味がないので、「お得なきっぷ」を利用する。
まずは長崎から博多までは特急「かもめ」に乗車する。2012112728peach_115

2012112728peach_119ああ、席が広い!(笑)
この長崎から博多までで利用したきっぷは「九州ネット早得」。
これは、JR九州のインターネット列車予約サービス限定で販売されているもので、乗車日の3日前までに予約することが必要となっており、JR九州のみどりの窓口や指定券券売機で受け取ることが出来る。
通常長崎から博多まで普通乗車券+指定席特急券の合計金額は4,580円。それがこの「九州ネット早得」だと、なんと2,500円!!高速バスと同額になるのである。予定が決まっているのならこれを使わない手はない。
そして、博多からは山陽新幹線を使うわけだが、こちらもお得なきっぷ・・・というか「企画商品」がある。
その名は「バリ得こだま
これは日本旅行が販売している旅行商品で、山陽新幹線の新大阪・新神戸・西明石・姫路-博多・小倉間の「こだま」普通車指定席を利用することができるツアー。1名・片道から利用できる上に、キヨスクで使用できる300円のクーポンもついてくる。JR東海ツアーズが東海道新幹線で販売している「ぷらっとこだま」と同じようなものといえるだろう。前日までに購入する必要がある点も「ぷらっとこだま」と同じである。
今回利用した博多-新神戸間の旅行代金は7,300円!この区間を「のぞみ」指定席で利用すると、14,570円、「ひかり」指定席で利用すると14,270円なので、ほぼ半額である。
もちろん「こだま」なので時間はそれなりにかかる(約4時間半)。だが、普通列車の乗り継ぎよりは早いし、空いているし、快適。また、以前大阪と博多を結んでいた昼間高速バス「山陽道昼特急博多号」(2011年3月末で運行休止)が片道運賃6,700円(所要時間約9時間半)だったことを考えると、時間は半分で値段はほぼ同じなので、かなりお得感がある。
今回乗車したのは700系レールスター。2012112728peach_123

2012112728peach_125指定席は、2×2シートでこれまたゆったりしていて広い!ゆったりした気分で帰宅の途へつくことができた。
さて、今回復路で使用したきっぷの合計金額は9,800円。通常長崎から新神戸まで特急&新幹線乗り継ぎで購入すると17,790円なので、8,000円ほど得したことになる。
今回の旅では、LCC、レンタカー、路面電車、在来線特急、新幹線とさまざまな乗り物に乗り、さらに費用も安くあげることが出来たので、なかなか充実した旅であった。中でも「バリ得こだま」は、今後九州への旅の際にはお世話になることがありそうだ。

|

« LCCってどうよ?ピーチに乗って長崎まで行って来た | トップページ | 旅に出ます! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/56231424

この記事へのトラックバック一覧です: JRのお得なきっぷ&ツアーで長崎から帰ってみる:

« LCCってどうよ?ピーチに乗って長崎まで行って来た | トップページ | 旅に出ます! »