« どうでしょう祭の思い出がよみがえる!コミックエッセイ「女ふたり原付で東日本縦断して水曜どうでしょう祭に行ってきた!」 を読んでみた | トップページ | 「水曜どうでしょう」新作グッズ2014年4月23日発売!さて何を買う? »

2014.04.15

「突発的な一人旅」に行ってきた

先日久しぶりに2日間連続で休みが取れた。直前で休みが確定したので何の予定もなく、昼前までボーっとしていたのだが、「これではいかん!」と思い立ち、最小限の荷物を持って旅に出ることにした。
といっても、特に目的地があるわけでもなく、とりあえずJR三ノ宮駅に到着。駅の電光掲示板を見ていたら、少し後にある列車がやってくるのがわかったので、自動券売機で切符を買って、改札を抜け、ホームに上がり、飲み物を購入して、やってきた列車に乗り込んだ。

Img_0921_1024x765

倉吉行の特急「スーパーはくと」である。
自由席である1号車に乗り込み、前の方へ進んでいくと、コンパートメント席が空いていたのでそこに席を確保!

Img_0918_1024x765

リクライニングシートではないが、とても座り心地のいい座席である。
持ってきた時刻表を眺めながら、この先の行程を考える・・・あるプランが思いついたので、鳥取でスーパーはくとから降り、快速「とっとりライナー」に乗り換え。

Img_0922_1024x765

結構混雑していたが何とか座席を確保し、夕刻に松江に到着。この日は松江で一泊となった。
2日目の朝、宿で出雲そばの朝食を食べたのち、のんびり歩いて一畑電車の松江しんじ湖温泉駅に到着。ここから一路出雲大社を目指すことにする。

Img_0925_1024x765

乗車した電車(写真左側)の1両目は、変わった座席配置になっていた。

Img_0926_1024x765

窓側に向けられた座席は、2人掛けのソファータイプとなっており、後方の座席前には折り畳み式のテーブルが備え付けられており、宍道湖の景色を楽しむことができる。
さらに最前部には2人掛けのリクライニングシートが備え付けられており、前面眺望を楽しむことができる。
乗客も少なかったので、一畑口駅までは最前部のリクライニングシートに着席、進行方向の変わる一畑口駅からは、ソファータイプのシートに座って車窓を楽しみ(といっても進行方向が変わったため、宍道湖は背中越しに見ることになったのだが)、川跡駅で乗り換えて、出雲大社前駅へ。

Img_0963_1024x765

駅構内には、映画「Railways」で登場したデハニ50形が展示されていた。

Img_0952_1024x765

せっかくここまで来たので、出雲大社にも行ってみた。

Img_0955_765x1024

ここに来ると「サイコロ4」を思い出すなあ・・・
参拝の後は、もちろんおみくじ!
気になる旅行運は・・・

Izumotaisha_omikuji2

「よい。」
2005年に訪れた時は「よろし」だったのに・・・表現が変わってしまいちょっと残念。
再び出雲大社前駅に戻り、再び一畑電車に乗り込み、再び川跡駅で乗り換えて、今度は出雲市駅へ。
特に急ぐ旅ではないのだが、久しく乗車していなかったキハ187系に乗車したいと思い、特急「スーパーおき」に乗り込み、終点の米子駅へ。

Img_0983_1024x765

米子駅からは、この列車に乗車。

Img_0991_1024x765

境線の「猫娘列車」。

Img_0994_1024x765

Img_0992_1024x765

車内も猫娘だらけ!車内アナウンスも鬼太郎&猫娘であった。
終点の境港駅まで乗車し、駅前から続く「みずきしげるロード」を端までぶらぶら歩き、再び境港駅に戻り、今度は「目玉おやじ列車」に乗車。

Img_1001_1024x765

Img_0998_1024x765

Img_0999_1024x765

こちらは車外には目玉おやじ、車内には目玉おやじ&鬼太郎がいた。さすがに目玉おやじだらけだと怖すぎるかもしれない(笑)。
米子駅までは戻らず、途中の駅で下車する。

Img_1002_1024x765

米子空港駅、日本国内の空港駅としては唯一の「無人駅」らしい。

Img_1003_1024x765

Img_1006_1024x765

Img_1008_1024x765

駅から米子空港のターミナルまでは徒歩5分ほどで到着する。
米子空港は正式名称を「美保飛行場」といい、航空自衛隊の美保基地の滑走路を利用する共用飛行場である(wiki情報)。「米子空港」は通称名で、2010年に「米子鬼太郎空港」という愛称がつけられている。ターミナル内にはもちろん「鬼太郎」がいる。

Img_1011_1024x765

Img_1012_1024x765

ここにやってきたのは、「帰宅の途につく」ためである。ここから神戸空港までスカイマークが飛んでいる。運賃は前日までに購入するとなんと5,000円!当日購入でも7,000円である(2014年4月10日の運賃)。
ターミナル内の有料ラウンジで時間をつぶしたのち、検査場を通り抜けて、搭乗口へ。

Img_1013_1024x765

Img_1014_1024x765

LCCのように、通路に並ばされることもなく飛行機の中へ・・・座席も普通の飛行機と同じでゆとりがある。
離陸して、水平飛行に入り、機内販売(スカイマークは無料のドリンクサービスなし)が始まったと思ったら、あっという間に降下が始まり、気が付けば神戸空港に着陸。飛行時間は30分ほどであった。
飛行機を降りたら、ポートライナーに乗り換え。到着口の1階からエスカレーターで2階に上がり、改札を抜けて3階のホームにつくとちょうど電車が停車しており、乗り込むとほどなくして出発。このアクセスの良さが神戸空港のいいところ!といっても個人的によく利用するJALも撤退してしまったのであまり使う機会がないのが残念。
神戸空港から18分で三宮駅に到着、その後電車を乗り換えて無事帰宅することができた。
全くのノープランで出発した割には、そこそこ満足できる旅であったが、次の旅はもう少し事前に計画を立ててから出かけたいなあ・・・。

|

« どうでしょう祭の思い出がよみがえる!コミックエッセイ「女ふたり原付で東日本縦断して水曜どうでしょう祭に行ってきた!」 を読んでみた | トップページ | 「水曜どうでしょう」新作グッズ2014年4月23日発売!さて何を買う? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/59473339

この記事へのトラックバック一覧です: 「突発的な一人旅」に行ってきた:

« どうでしょう祭の思い出がよみがえる!コミックエッセイ「女ふたり原付で東日本縦断して水曜どうでしょう祭に行ってきた!」 を読んでみた | トップページ | 「水曜どうでしょう」新作グッズ2014年4月23日発売!さて何を買う? »