« 今日の平岸高台公園 | トップページ | 毎年恒例年末旅2014(その2)フジサン特急に乗って富士山を見に行く »

2014.12.28

毎年恒例年末旅2014(その1)北へ向かうつもりがなぜか西へ・・・九州で「鉄分補給」&「キング」との対戦再び

毎年年末の旅は北海道・東北方面に向かうのが定番となっている。今年は特に来年3月でトワイライトエクスプレスや北斗星が運行終了になるということで、これは乗らねばということで1ヶ月前の予約に挑戦するもあえなく撃沈。旅の計画が振り出しに戻る中、12月25日に東京で樋口了一さんのライブ(村上ゆきさんとのユニット・エンドレスライス)が行われることがわかり、こちらへの参戦を決定。まずはそこへ向かうための旅の行程を組んでみた。
旅立ちの日は12月24日。早朝自宅を出て、まずは新神戸駅へ。乗車したのはこちら。

Dsc_00112

山陽新幹線の700系レールスターである。ちなみに「ひかり」ではなく「こだま」。日本旅行の企画商品「バリ得こだま」を使ったので新神戸から小倉まで6,900円である(さらに300円のキヨスククーポン付)。
11時過ぎに小倉に到着し、在来線に乗り換えてやってきたのは門司港駅。現在改修工事中のためあの立派な駅舎は覆い隠されている。

Mojiko_station

しかし、工事現場を見学できるようにデッキが設置されていたので、行ってみることにする。

Mojiko_station_1

工事の様子を説明するタブレット端末も用意されているらしいので、ぜひ使ってみたい。Mojiko_station_14 と思ったのだが・・・

Mojiko_station_13

「メンテナンスの為貸出休止中」とのこと。残念。それでも現場は見ることが出来るので階段を登ってデッキへとあがる。

Mojiko_station_2

Mojiko_station_3

Mojiko_station_9

Mojiko_station_7

Mojiko_station_4

Mojiko_station_8

Mojiko_station_11

現場が見えるところには説明看板も取り付けられている。
門司港駅工事現場見学の後は、すぐ隣にある九州鉄道記念館にも立ち寄り。

Cimg1714_640x480これまでにも何度か訪れたことのある場所なのだが、以前訪れたときから変わった部分がある。

Cimg1717_640x480

この3車両の先頭部分カットモデル展示は以前なかったものである。それぞれ運転室にも入れるようになっていた。そしてもうひとつ。

Cimg1732_640x480

寝台特急「富士」などで使用されていた14系寝台客車である。こちらも車内に入れるようになっていた。
館内で開催されていた「九州鉄道誕生125周年記念企画展」もじっくり観覧したのち、JRで博多・天神へ移動。夕食をとった後、向かったのは西鉄天神バスセンター。この日の「宿」へ「チェックイン」するためである。その「宿」とはこちら!

2014122425hakata_4_640x480

深夜バスである。クリスマスイブに深夜バスで1泊!とは旅ブロガーの正しき姿である(笑)ディスプレイに表示されたバスの数々・・・しかしこの中に深夜バスはただひとつのみ、そう、ご存知「キングオブ深夜バス」こと「はかた号」東京行きである。なんとこの日は4台での運行となっている。乗車したのは1号車。2014年12月18日にデビューしたばかりの新型車である。

2014122425hakata_2_640x480

バスターミナル内にもたくさんのポスターが貼られている。この新型車の目玉はなんと言っても「プレミアムシート」である。以前記事にもしたが、シートと通路をパーティションで仕切る「個室型シート」で、背面マッサージ機能や電動リクライニング、背面ヒーター、座面送風などの機能がついた本皮仕様のシートに、備え付けのタブレット端末ではインターネットや電子書籍などのコンテンツが無料で楽しめるという、「キング」にふさわしい座席である。その「プレミアムシート」が今夜の「宿」となる!チケットを確認後、乗り込むと・・・そこに指定された「プレミアムシート」はあった。2014122425hakata_8_480x640

おおっ!JALの「ファーストクラス」か、近鉄特急しまかぜの「プレミアムシート」か、はたまた新幹線E5系の「グランクラス」かと思うような(まあそれらよりは小ぶりだが)シートである。中に入って座ってみると、足元が広い!

2014122425hakata_70_640x480

前の座席のリクライニングで倒れてくる部分がそのまま足元スペースになっている。フットレストを出して足を伸ばしても前に余裕のスペースがあるのはかなり快適である。そして目の前のポケットにはiPad miniがある。

2014122425hakata_17_640x480

「電子書籍などのコンテンツが無料で楽しめる」というのは、NTTドコモの「dマガジン」が無料で見られるようになっていた。

2014122425hakata_88_480x640

何冊か雑誌を見たのだが、雑誌が全てそのままデジタル化されているのではなく、入っていないページもあるようなので、完全にこれに置き換えるのは難しいかもしれないが、1,2ページくらいしか読みたいページがない雑誌をわざわざ買うよりはいいなあと思った。そしてiPad miniが欲しくなってしまった(苦笑)
ちなみにインターネット接続は、ログイン画面から接続する必要があり、さらに30分ごとに接続が切断される仕様となっていたので、長時間繋ぎっ放しとは行かないようだ。
コンセントは左右に2箇所あり、さらにUSBポートも1つあるのでスマホの充電にぴったり(要ケーブル)。

2014122425hakata_79_480x640

2014122425hakata_77_480x640

座席のリクライニングやマッサージ機能などを操作するリモコンは右手に設置されている。

2014122425hakata_76_480x640

2014122425hakata_74_640x480

マッサージ機能はエアーで背中や腰をマッサージするものなので、マッサージ効果を期待するほどのものではないが、長時間座っていることでの背中や腰への負担は多少軽減されるような気はする。あと、ヒーター機能は腰の辺りが暖まるので疲れが取れるような気がした。
途中、佐波川での休憩を挟み消灯となる。カーテンを閉めると完全な個室空間である。

2014122425hakata_37_480x640

2014122425hakata_36_480x640

2014122425hakata_38_480x640

前にも後ろにも、通路を挟んで横にも人がいるのに全く人の気配を感じない、これはかなり心地いい。
正直座席の機能やタブレットなどで遊んでいたのであまり寝られなかったのだが(苦笑)、疲れという疲れはほとんど感じることがなかった。これまで乗ってきた深夜バスの中でも最上といってよいだろう。まあ値段も最上なのだが(苦笑)ちなみにこの日の運賃は19,000円であった。
朝は、車窓から富士山をきれいに見ることが出来た。

2014122425hakata_60_640x639

途中高速道路での渋滞もあり、定刻より25分ほどの遅れで新宿高速バスターミナルに到着。

2014122425hakata_90_640x480

約14時間半の旅となったが体へのダメージはほぼなし。また機会があれば乗ってみたいと思わせてくれる新型「キングオブ深夜バス」の旅であった。

さて、東京へ来たのは「エンドレスライス」のライブを見るためなのだが、開演まではまだまだ時間がある。というわけで、ちょっと寄り道をすることにしたのだが、それはまた別の記事にて。

|

« 今日の平岸高台公園 | トップページ | 毎年恒例年末旅2014(その2)フジサン特急に乗って富士山を見に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/60881782

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年恒例年末旅2014(その1)北へ向かうつもりがなぜか西へ・・・九州で「鉄分補給」&「キング」との対戦再び:

« 今日の平岸高台公園 | トップページ | 毎年恒例年末旅2014(その2)フジサン特急に乗って富士山を見に行く »