« 旅に出ます! | トップページ | 水曜どうでしょう第22弾DVDを受け取った~封入物と特典映像がいい!~ »

2015.01.09

ジャンボフェリー&讃岐うどん味巡りバス&高速バスで行くうどん旅

2015年最初の旅は讃岐うどんを食べに行くことにした。
今年も1月2日が仕事始め、6日まで働き、7日・8日が2日間の公休日。7日朝、ゆっくりと旅支度をはじめ、まず向かったのは神戸港新港第3突堤のフェリー乗り場。

2015010708udon_1_640x480

昨年建物が新しくなり、宮崎行きのフェリーもこちらから乗れるようになっている。
まずは窓口で乗船手続きを済ませ、3階の展望テラスへ向かう。

2015010708udon_10_640x480

左手には宮崎行きのフェリーが停泊中。

2015010708udon_12_640x480

そして右手にはこれから乗船する高松行きのジャンボフェリーが停泊中である。

2015010708udon_11_640x480

待つことしばし乗船時間となり、2階の乗船口から上写真右に見える通路の中を通って船内へ。平日の昼便ということもあってか船内はすいており席は選び放題。2階の座席を確保し、しばらくすると出航。天気もいいのでデッキに上がってみる。

2015010708udon_16_640x480

2015010708udon_18_640x480

明石海峡大橋の下をくぐったところで寒さに耐えられなくなり船内へ。後は本を読んだりうつらうつらしたりしながら、途中小豆島を経由して高松に到着。
連絡バスで高松駅に向かい、この日の宿へと徒歩へ移動。その途中、まずは一杯食べねばと「うどん市場」へ。

2015010708udon_28_640x480

注文したのはかけうどん小とちくわのてんぷら。

2015010708udon_26_640x480

これで250円!
食べ終わり、店を出るとすぐ目の前に別のうどん屋がある。関西にも出店している店なのだが行動範囲圏内には店がないのでなかなか行く機会がない。そして期間限定メニューで気になるものがあったのではしごしてみることにした。

2015010708udon_29_640x480

「はなまるうどん」である。こちらでいただいたのは期間限定メニューの「北海道まるごとポテトのジャガバター醤油かま玉」の小。

2015010708udon_30_640x480

小なのにフェア期間中で麺の量は通常の1.5倍。お値段は450円と先ほどよりは少しお高めだが、じゃがバターとかま玉うどんの組み合わせは最高であった!
いきなり2杯もうどんを食べ、満腹状態で宿に入りこの日は終了。「本番」は次の日である。

翌朝、ホテルの朝食はかなり軽め(サラダ中心)に抑え、高松駅へと向かう。午前中はこちらに乗って移動することになる。

2015010708udon_31_360x640

琴参バスの「讃岐うどん味めぐり」バスである。午前と午後の2コースがあり、それぞれ2つのうどん屋を巡ることができる。今回は午前中のコースに参加(前日に電話で予約)。乗客は男性3名・女性3名の全部で6名であった。
バスには「うどん案内人」が乗車し、店につくまでの間、讃岐うどんについての様々な話をしてくれる。「うどん案内人」は複数いらっしゃるとのことだが、今日の方は県外出身でうどん修行をされているとのこと。
また、これから訪れるうどん屋についての情報をまとめたパウチも用意されていた。

2015010708udon_35_640x480

1軒目に立ち寄るのは、釜玉でおなじみの「山越」である。

2015010708udon_46_640x480

他の方が釜玉を頼む中、今回はかけうどん小とじゃがいものてんぷらを注文。

2015010708udon_40_640x640

じゃがいものてんぷらは以前訪れたときにも食べてとても美味しかったのを覚えている。またうどん案内人さんもおすすめのメニューであり、やはりうまい。ちなみにお値段は合わせて300円。
食べ終わった後、駐車場に停車中のバスを撮影してから車内へ戻る。

2015010708udon_48_640x480

2015010708udon_49_640x480

2015010708udon_50_640x480

次のお店までは10分ちょっとで到着。

2015010708udon_57_640x480

2軒目は「田村」。こちらは初めての訪問となる。おすすめメニューのかけうどん小を注文。

2015010708udon_56_640x480

太目の麺とだしが結構好み。お値段は200円。
この後はバスで市内へと戻っていく。車内では「恋するうどん県」のCM映像が流れていた(個人的にちょっと・・・なものもあった。こんなところにもあの集団は食い込んでるのか・・・)。
ほとんどの乗客が高松駅まで向かう中、途中の五番町でバスを降りる。降りる前にはおみやげのうどんまでいただいた(期間限定で数がなくなり次第終了のようだ)。

2015010708udon_69_640x480

2015010708udon_73_640x480

有名店2店を巡ってバス代800円。ちなみに午後からは「わら家」「山田家」を回るコースになっており、1日通しコースだとお値段は1,400円となる(いずれも大人1名)。なお土日祝は回るうどん屋が「一福」「日の出製麺所」となり、さらに善通寺や琴平を巡る1日コースになる(お値段1,000円)。近々巡るうどん屋も一部変わるようである。回る店は限られるが、レンタカーの費用や運転の手間を考えると、このバスを使うのも「あり」なのではないかと思った。
さて、バスを降りた後はてくてく歩いて腹ごなしをしつつ、帰りの高速バスまでの時間を利用してもう1軒立ち寄ることにする。

2015010708udon_66_640x480

「ちくせい」である。もうおなかは一杯なのだが、かけうどん1玉とたまごのてんぷらを注文。

2015010708udon_64_640x480

おなかに余裕があればちくわとげそも食べたかった・・・お値段270円。
満腹のおなかを抱えて再び高松駅に戻り、本屋などで時間をつぶして、ようやく帰りのバスの時間になった。

2015010708udon_74_640x480

帰りに利用したのは「フットバス」。神戸三宮行きのバスは座席の間隔が通常のバスよりもかなり広くなっている。

2015010708udon_75_640x480

さらにコンセントあり、Wi-Fiありで、かなり快適な状況の中で三宮へ戻り、その後電車に乗り換えて帰宅の途へとついた。
2日で5軒、うち新規は1軒だけではあったが、久しぶりにおいしい讃岐うどんを食べることが出来たので、かなり満足のいく旅であった。次回訪れるときはまた新規開拓もしなければと思う。

|

« 旅に出ます! | トップページ | 水曜どうでしょう第22弾DVDを受け取った~封入物と特典映像がいい!~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/60948916

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンボフェリー&讃岐うどん味巡りバス&高速バスで行くうどん旅:

« 旅に出ます! | トップページ | 水曜どうでしょう第22弾DVDを受け取った~封入物と特典映像がいい!~ »