« 懐かしの夜行列車の思い出【第一夜】出発当日でも乗車できた「なは・あかつき」 | トップページ | 懐かしの夜行列車の思い出【第三夜】何度も乗車した急行「きたぐに」 »

2015.03.15

懐かしの夜行列車の思い出【第二夜】一番乗りたかったブルートレイン「はやぶさ」

ブルートレインといって最初に頭に浮かぶのは、やはり東京-九州間のブルートレインである。
博多行きの「あさかぜ」、長崎・佐世保行きの「さくら」、日豊線経由の「富士」、ちょっと地味だった「みずほ」など数あるブルートレインの中で、子供のころ一番乗りたかったのは「はやぶさ」であった。
なぜ「はやぶさ」に乗りたかったのか、それは下り「はやぶさ」が三ノ宮に停車していたからである。
夜中0時を過ぎての停車ではあったが、地元の駅から東京発のブルートレインに乗車して九州に入り、九州を一周する・・・そんな旅を時刻表片手にいろいろと計画していたものである。
東京と西鹿児島(現・鹿児島中央)を結んでいた「はやぶさ」は、1997年には東京-熊本間の運行となり、「さくら」や「富士」との併結運転を経て2009年3月のダイヤ改正で廃止となり、これにより東京-九州間のブルートレインは全廃となる。
結局、廃止になるまでに乗車することはかなわなかったが、旅の途中で「はやぶさ」に出会う機会は何度かあった。

2007_1123kyushu0101

これは2007年11月に熊本駅で撮影した東京行きの「はやぶさ」である。
そして最後の出会いは2009年3月8日、廃止の直前である。

九州旅行の途中、山陽本線幡生駅で「富士・はやぶさ」の通過を動画で撮影した。
それから約4年後、ありがたいことに「はやぶさ」で一泊する機会を得ることが出来た。

Imgp0120_800x600

Imgp0123_800x600

Imgp0143_800x600

それもB寝台個室「ソロ」である!

Imgp0127_800x600

Imgp0151_800x600

ただし走ることはない・・・ここは寝台車両を使った宿泊施設だから。

Imgp0106_800x600

くま川鉄道多良木駅のすぐそばにある「ブルートレインたらぎ」である。1泊3,000円(当時・現在は3,080円)での「はやぶさ」乗車(?)はまた機会があれば訪れたい場所である。
宿泊したときのブログ記事はこちら→「はやぶさ」B寝台ソロに一泊!の旅

|

« 懐かしの夜行列車の思い出【第一夜】出発当日でも乗車できた「なは・あかつき」 | トップページ | 懐かしの夜行列車の思い出【第三夜】何度も乗車した急行「きたぐに」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/61287219

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの夜行列車の思い出【第二夜】一番乗りたかったブルートレイン「はやぶさ」:

« 懐かしの夜行列車の思い出【第一夜】出発当日でも乗車できた「なは・あかつき」 | トップページ | 懐かしの夜行列車の思い出【第三夜】何度も乗車した急行「きたぐに」 »