« バス+徒歩+カーシェアリングで讃岐うどんめぐり | トップページ | アンジュルム「七転び八起き/臥薪嘗胆/魔法使いサリー」前作同様2位獲得! »

2015.07.23

「鉄分」「食欲」を満たす日帰り旅に行ってきた

先日仕事のスケジュールを確認していたら、当分休みが取れそうにないことが分かったので、貴重な1日休みにどこかへ出かけようと、WEBサイトをぐるぐる巡ってざっくりとした行程を作成し、必要なチケットを確保。
旅前日、仕事を終えて一旦帰宅した後、旅支度を整えて出発。早朝の飛行機に乗るために、カラオケボックスで一晩過ごし(苦笑)、始発電車に乗って向かったのは「関西空港」。搭乗手続きを済ませ、待つことしばし、いよいよ出発!

Dsc_0022_450x800Peachに乗るのは久しぶり。今回は窓側の席が指定され、外の景色を楽しめると思ったのだが、睡眠不足のため、着陸直前まで爆睡・・・気がつけば空港に到着していた。
空港からは鉄道に乗り換え、中心駅へと向かう。さて、どこに着いたのか、この電車の写真でお分かりになるだろうか?

Imgp8065_800x533正解は「仙台」である。一旦仙台駅で下車し、最初の目的地までの切符を購入する。今回使用したのはこの企画きっぷ。

Dsc_0028_800x450

「仙台⇔石巻・女川開業記念往復割引きっぷ」である。仙石線と東北本線を結ぶ短絡線を使用した「仙石東北ライン」が開業したのを記念して発売されている期間限定きっぷで、仙台ー石巻往復で480円、仙台ー女川往復だと1080円も安くなるという、かなりお得なきっぷとなっている。というわけで、最初の目的地は石巻線の終点である「女川」。まずは「仙石東北ライン」の列車に乗車する。

Imgp8084_800x533「仙石東北ライン」で使用される車両は、東北本線と仙石線の電化方式が違うこと、また短絡線は非電化となっていることから、ディーゼルカーなのだが、普通のディーゼルカーではなく、ディーゼルエンジンで作られた電気でモーターを動かして走る「ハイブリッド車両」となっている。
車内はいたって普通のセミクロスシート。
走り出すと、最初は電車らしく静かに、途中でディーゼルエンジンの音が響き、ディーゼルカーらしさが出てくる。
塩釜駅を出発してしばらくすると、右手に仙石線の線路が近づいてくる。

Imgp8092_800x533

しかしすぐにはそちらへ行かず、しばらく東北本線を走り続けると、線路の分岐点が見えてくる。

Imgp8098_800x533

列車はいったん停止したのち、分岐器を渡り、東北本線の上り線を少し経由して、短絡線へと入る。

Imgp8099_800x533

Imgp8100_800x533

Imgp8102_800x533

しばらく行くと、仙石線の線路との合流点が見えてくる。

Imgp8106_800x533

ここでいったん停止。Imgp8107_800x533 信号が青に変わり、いよいよ仙石線へと入っていく。

Imgp8110_800x533

Imgp8111_800x533

高城町駅を出てしばらくすると、真新しい線路は左へとカーブを切り、内陸部へと延びていく。

Imgp8119_800x533

右手を見ると、震災前の線路跡が見える。

Imgp8120_800x533

ここから先は新しく付け替えられた線路を走っていく。
東名駅・野蒜駅の駅前は建設工事の真っ最中であった。これから長い歳月をかけて新しい町が作られていくことになる。
野蒜駅を過ぎてしばらくすると、旧線跡が再び近づいてくる。

Imgp8128_800x533

旧線跡を越えて、大きな川を渡ると、左手の旧線跡に太陽光パネルがずらりと並んでいるのが見えてくる。

Imgp8134_800x533

単線の路盤跡の利用方法としてはなかなかのものではないだろうか。
仙台駅から1時間と4分、終点の石巻駅に到着。

Imgp8138_533x800

Imgp8171_800x533

石巻といえば、以前訪れた時に石ノ森章太郎記念館を訪れており、石ノ森先生のキャラクターが街中にたくさんあるのだが、駅構内にもいろんなところに描かれている。

Imgp8148_800x533

Imgp8147_533x800

Imgp8160_533x800

Imgp8169_533x800

Imgp8178_800x533

階段やエレベーターの中、トイレの壁など、駅自体が「記念館分館」のようでもある。
購入したきっぷでは途中下車ができないので、駅構内でうろうろして時間を過ごし、やってきた石巻線の列車でいよいよ目的地である女川を目指す。

Imgp8187_800x533

Imgp8194_800x533

乗車すること26分、いよいよ終点の女川駅に到着。

Imgp8195_800x533

Imgp8196_800x533

駅舎は以前の場所より内陸部に移転しており、駅には温泉施設も併設されているのだが、残念ながらこの日は休館日であった。

Imgp8197_800x533

Imgp8199_800x533

駅前の整備工事も始まっており、また完成したときには訪れなければなるまい。

Imgp8202_800x533

港の方まで行けば、おいしい海鮮丼のお店などもあるようなのだが、ネットで調べたところこちらも残念なことにこの日は定休日ということで、次回訪問の楽しみにとっておくことにして、折り返しの列車で石巻駅へと戻る。
石巻からは再び仙石東北ラインの列車に乗り込み、高城町駅で仙石線に乗り換えて、仙台駅へ。
帰りの飛行機まであまり時間がないこともあり、仙台駅構内の「牛たん通り」のお店に入り、牛たんを遅い昼食としていただく。

Dsc_0030_450x800

ああ、この厚切りの牛たんよ!!旨い!!!
満幅のおなかを抱えて、空港へと向かう電車に乗車するが、2両編成の電車内は大変な混雑。そして、空港までではなく、途中の駅、それも空港アクセス線に入る手前の東北本線内で降りる人が結構いる。空港リムジンバスなら確実に座れたのだろうが、電車になったとたんに着席可能性が下がるというのは、空港利用者にとってはなかなか厳しいものがある。何か解決策があればよいのだが・・・と思いつつ仙台空港に到着。
帰りは今秋には運航休止になるスカイマークの神戸行きに乗ることになっていたのだが、搭乗カウンターへ行くと、自動チェックイン機の電源が入っておらず、こんな告知が貼られていた。

Dsc_0032_800x450

システム調整のために、搭乗手続きはカウンターで行えとのこと・・・面倒だなあと思いながら、カウンターに並び搭乗手続き完了。

Dsc_0031_450x800

手にした搭乗券は手書きであった。
あとは特にすることもないので、早目に搭乗口待合室に入り、休息を取った後、飛行機の中へ。

Dsc_0035_450x800

帰りも行きと同様窓側だったのだが、夜で外を見ても真っ暗なので、またもや着陸直前まで爆睡・・・気がつけば神戸空港に到着。ポートライナーと電車を乗り継いで帰宅の途へとついた。
突発的な旅行の割には、「鉄分」と「食欲」を満たすことができたので、まずまずの旅であった。

|

« バス+徒歩+カーシェアリングで讃岐うどんめぐり | トップページ | アンジュルム「七転び八起き/臥薪嘗胆/魔法使いサリー」前作同様2位獲得! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/61939559

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄分」「食欲」を満たす日帰り旅に行ってきた:

« バス+徒歩+カーシェアリングで讃岐うどんめぐり | トップページ | アンジュルム「七転び八起き/臥薪嘗胆/魔法使いサリー」前作同様2位獲得! »