« ハロコン@福岡にいろいろ電車を乗り継いで参戦してきた(レポはありません) | トップページ | 旅の帰りに「都心からいちばん近い蒸気機関車」に乗ってみた »

2016.08.23

JR西日本の株主優待券を使って博多から上越妙高まで行ってみた

さて、ハロコン福岡からの帰り。翌日は仕事なので青春18きっぷでゆっくり帰るというわけにはいかない。となると選択肢は飛行機か新幹線となるが、空港からの移動時間を考えて新幹線を選択。直前で福岡行を決めたので帰りの切符など事前手配していない。さらに繁忙期のため、金券ショップでばら売りされている回数券も使えない。

「どうしたものか・・・」

まあ普通に切符を買えばいいだけなのだが、それではあまりにも面白くない。そこで思い出したのが「株主優待券」を利用すること。JR西日本の株主優待券は、1枚で乗車券・特急券がともに「半額」になる。株主優待券は金券ショップで5000円前後で買うことができるので、1万円以上の切符購入ならお得ということになる。博多から自宅近くのJR駅までの購入でも十分安くなるのだが、ここでふと別の考えが出てきた。

「どうせ半額になるのなら、ついでにもっと遠くまで購入して、次の旅に使えないだろうか」

調べてみると、北陸新幹線の上越妙高駅までの切符を購入すると乗車券の有効期間が7日間になり、これなら間に仕事を挟んでも次の休みまで利用できる。というわけで、みどりの窓口に並んで待つこと20分、無事に切符を購入。
新幹線改札を抜けて、待つことしばし、乗車する列車が入線してきた。

Dscn0544_800x600

九州新幹線直通の「さくら」である。そして乗車するのはこちらの車両。

Dscn0546_800x600

Dscn0562_800x600

半額になるのならということで、グリーン車を選択。

Dscn0564_800x600

シートを倒し、レッグレストも使用して、かなりリラックスした姿勢で終点の新大阪まで快適に過ごすことができた。
翌日からは通常通り働き、切符の有効期間最終日は無事仕事も休みを取ることができたので一安心。
昼までの所用を済ませて、新大阪駅へ。ここから乗車するのは「サンダーバード」である。

Dsc_0116_600x800

こちらもやはりグリーン車を選択。

Dscn0587_800x600

Dscn0586_800x600

リニューアル車両ではなかったのは残念だったが、一人掛けのシートにゆったり座って金沢駅まで快適に過ごすことができた・・・のだが、ここで一つ問題が発生した。
途中踏切故障の影響で遅れが生じ、次の北陸新幹線への乗り継ぎがかなりタイトになってしまった。乗継を待ってからの発車になるとのアナウンスはあったものの、急がねばなるまい。
金沢駅到着後、ホームから階段を下り、乗り換え改札へ走り、さらにエスカレーターを上って新幹線ホームへ。すでに入線していた「はくたか」に乗車。

Dsc_0121_800x600

最後もやっぱりグリーン車を選択。

Dsc_0123_800x600

Dsc_0128_600x800_2

こちらもゆったり座って快適に過ごし、このまま東京まで乗っていきたかったなあと思いながら、上越妙高駅に到着したので下車。

Dscn0603_800x600

Dscn0600_800x600

間に仕事を挟んだものの1週間で九州から北陸までの大移動を、すべてグリーン車という贅沢な旅をすることができた。
さて、旅はこれで終わり、ということではない。ここからまた新しい旅を始めるのだが、それはまた次の記事にて。

|

« ハロコン@福岡にいろいろ電車を乗り継いで参戦してきた(レポはありません) | トップページ | 旅の帰りに「都心からいちばん近い蒸気機関車」に乗ってみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/64099178

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本の株主優待券を使って博多から上越妙高まで行ってみた:

« ハロコン@福岡にいろいろ電車を乗り継いで参戦してきた(レポはありません) | トップページ | 旅の帰りに「都心からいちばん近い蒸気機関車」に乗ってみた »