« 年末恒例ぶらり旅2016(1) | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2016(3) »

2017.01.02

年末恒例ぶらり旅2016(2)

旅2日目。
早く目覚めたため、予定を前倒しして出発。まずは北上線に乗車する。

Dscn0984_800x600北上駅で東北本線に乗り換えて盛岡駅へ。最初の予定では盛岡駅で「わんこそば」を食べようと思っていたのだが、店の開店時間まではかなり待つ必要があることと、あまりおなかがすいていないので「記録更新」は困難と思われること、そして何より短い時間で乗り継ぐ列車があるということで、IGRいわて銀河鉄道のホームへ移動し、花輪線直通の大舘行に乗り換える。

Dsc_0265_600x800

ずいぶん前に乗車したときは、まだキハ28や58が現役で活躍していたことを思い出す。
大舘駅での乗り継ぎ時間を利用して昼食を調達する。
大舘駅といえば、駅弁「とりめし」が有名なのだが、今回は少しひねって「から揚げ鶏めし」を購入。

Img_0056_800x800

むね肉と手羽先の竜田揚げに、そぼろご飯の組み合わせ。量はそれほど多くはないが、まだそれほど空腹になっていない身としては丁度良い分量。味はもちろん美味であった。
大舘から奥羽本線に乗り換え、大鰐温泉駅で下車。ここから弘南鉄道大鰐線に乗り換える。

Dsc_0266_600x800

大鰐駅から中央弘前駅までの大鰐線と弘前駅から黒石駅までの弘南線の稜線が乗り放題になる1日乗車券「大黒様きっぷ」(1000円)を購入し、乗車。
中央弘前駅から弘前駅までは、乗り合いタクシーに乗車する。普通乗車券で乗車すると、乗り合いタクシー代は無料になるそうだが、1日乗車券を使っているので運賃が必要となる。といっても運賃は100円である。降りしきる雪の中歩くことを考えれば乗る以外の選択肢は考えられない。
弘前駅からは弘南鉄道弘南線に乗車し、黒石駅まで往復。

Dsc_0268_600x800_2

その後、弘前駅から宿の送迎車に乗り込み宿に到着。2日目の旅が終わった。
わんこそばへの挑戦は断念したものの、乗り継ぎもスムーズで、大舘駅の駅弁もおいしくいただくことができ、満足のいく行程であった。
3日目はいよいよ「北の大地」へと上陸する。うまく乗り継げるとよいのだが。

|

« 年末恒例ぶらり旅2016(1) | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2016(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/64697581

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例ぶらり旅2016(2):

« 年末恒例ぶらり旅2016(1) | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2016(3) »