« おみくじをひいてみる2017 | トップページ | 2017年ヲタ活展望 »

2017.01.08

2017年旅の展望

2017年1月8日日曜日午前9時55分、水曜どうでしょう公式WEBサイト「本日の日記」が更新された(以下引用)

行ってきます。
どうでしょう軍団
(09:55 藤村)

ついにどうでしょう軍団が動き始めた。これは「新作」の旅とみてほぼ間違いないものと思われる。いったいどこへ、何を目的に、どのくらいの期間なのか、そしていつ放送されるのか(HTBだけではなくBS・CS・道外の放送局において)、気になることは山ほどあるが、ここは静かに彼らからの情報発信を待ちたい。SNSなどによる「ネタバレ」がないことを強く願いたいところである。

というわけで、彼らが旅に出たということで、今年2017年の「賽は投げられた」での旅の展望を少し考えてみようと思う(かなり強引な展開)。
昨年(2016年)も北は北海道から南は九州熊本まで、全国各地を旅してきた。今年も基本的には休みとお金の都合がつく範囲で、出来るだけ多くの旅に出たいと考えているのだが、その中でも「これは乗っておきたい」というものを、ピックアップしておく。
○東武鉄道のSL「大樹」
東武鉄道鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉間にSL列車を走らせるプロジェクトが2017年夏にいよいよ実現する。牽引するSL・C11はJR北海道から、車掌車はJR貨物・JR西日本から、車両(14系・12系)はJR四国から、DL・DE10はJR東日本から、転車台はJR西日本から、乗務員の養成はJR北海道・秩父鉄道・大井川鐵道 ・真岡鉄道の協力を得るという、全国の鉄道各社が一丸となって進めている壮大なプロジェクトである。すぐに乗りに行けるかどうかは分からないが、何とか年内に1度は乗車しておきたい。
プロジェクトの詳細はこちら→東武鉄道SL復活運転プロジェクト
○大井川鉄道の14系客車
2016年6月、大井川鉄道がJR北海道より急行「はまなす」で使用していた14系客車を購入、2017年中の使用開始を目指しているとのこと。「はまなす」は北海道旅行で何度も乗車したことがある。旧型客車もいいが、冷暖房の効いた14系での旅も今となっては貴重な体験になるはず。こちらもぜひとも乗車しておきたい。
詳細はこちら→

14系客車 | 大井川鐵道【公式】

○1便たった11席の深夜バス「ドリームスリーパー東京大阪号」
関東バス・両備高速バスが2017年1月18日より運行を開始する深夜バス「ドリームスリーパー東京大阪号」は、扉付きの完全個室型座席が11席のみという超贅沢な深夜バス。お値段も片道20,000円とかなり思い切った値段になっており、果たしてその値段の価値があるのか、気になるところ。東京へ行く機会のある時に往路・復路のいずれかで乗車してみたい。
○可部線可部駅~あき亀山駅間延伸
2017年3月のダイヤ改正でJR西日本可部線の可部駅~あき亀山駅間が延伸開業する。
この区間は、一度廃線になった区間が一部復活するというなかなか珍しいパターンの延伸開業なので、ぜひとも乗車しておきたい。
以上、ほかにもたくさんあるのだが、ここに挙げたものについては何とか今年中に制覇できればと思っている。
乗り物以外では、もちろん北海道には最低1回は訪れたいし、「うどん」メインで四国にも行かねばならないし、九州は樋口了一さんのライブ参戦と絡めての訪問になると思われる。
また、ハロー!プロジェクトのコンサートや、各種イベントで全国を訪れることもあるはずなので、何かブログネタになるようなものとうまく組み合わせて出かけられればと思う。

|

« おみくじをひいてみる2017 | トップページ | 2017年ヲタ活展望 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/64738614

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年旅の展望:

« おみくじをひいてみる2017 | トップページ | 2017年ヲタ活展望 »