« 2017年を振り返って | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2017(2) »

2018.01.07

年末恒例ぶらり旅2017(1)

毎年年末に実施している恒例のぶらり旅、2017年は仕事納めが12月27日となったため、例年よりも短い日数での旅となった。

まずは、仕事納めの12月27日。納会を終えていったん帰宅し、旅支度を整えて出発。電車を乗り継ぎ、関西空港近くのりんくうタウン内のホテルに入り一泊。
翌日12月28日早朝、関西空港に入り、連絡バスで第二ターミナルへ。今回はLCCのピーチに搭乗する。

Img_1957_790x800

ほぼ満席の乗客を乗せて関西空港を離陸。大きな揺れなどもなく、無事新千歳空港に到着。地下にある新千歳空港駅のみどりの窓口で、今回の旅のメインチケットを手に入れる。

Image1_2

ピーチに搭乗した乗客のみが購入できる「Peachきた北海道フリーパス」である。
北は稚内から旭川・富良野・札幌・小樽と道央・道北エリアのJR特急普通車自由席が4日間乗り放題でお値段12500円はかなりお得。この切符を買うために今回はピーチを使ったのである。
まずは快速エアポートで札幌駅へ移動。列車の乗り継ぎ時間を使って、駅前の佐藤水産本店でグルメおにぎりを調達しに行こうと、駅前のビジョンをふと見上げると、アンジュルムの新曲「マナーモード」のCMが流れていた!

Img_1961_600x800_2

写真を撮って確認すると、カントリー・ガールズとの兼任メンバーである船木結(ふなきむすぶ)さんが写っており、TwitterにUPすると多くの「いいね」とリツイートをいただくことができた。
グルメおにぎりを無事に調達し、駅構内へ戻り、旭川行の特急「ライラック」に乗り込む。

Img_1968_600x800

車内で早速グルメおにぎりをいただく。

Img_1971_800x800_2

Img_1972_800x800

ああやっぱりおいしいなあ。
この後、当初の予定では、深川駅で下車し、駅近くのバス停からバスで留萌市内へ向かい、さらにバスを乗り継いで、留萌本線の廃線区間を走破して旧増毛駅までいくつもりだった。
ところが、大雪の影響で列車が遅れ、深川駅に着いたのはバスの発車時刻。
駅前はこんな感じ。

Img_1977_600x800_2

雪をかき分けながら、一応バス停まで行ってみたのだが、やはりバスは行ってしまった後・・・とりあえず駅まで戻り考えた結果、とりあえず列車で留萌駅へと向かうことにする。

Img_1979_800x600

 

留萌本線自体は以前に乗車したことがあり、増毛駅にも行ったことはある。1両編成の気動車に揺られて、留萌駅に到着。

Img_1987_800x600

留萌駅といえば、構内の駅そば屋に事前予約しておくと購入できる駅弁がある。

Img_1985_600x800

今回は予約できなかったので、次来るときは必ず予約しようと思う。
駅前のバス停から旧増毛駅へ向かうバスは1時間以上の待ち時間がある。このまま待ってバスに乗って旧増毛駅についてもおそらく真っ暗で何も見えないだろうと判断。留萌本線の折り返し列車までもまだ時間があり、バスのほうが若干早く深川駅まで戻れることが分かったので、旭川行のバスに乗車。

Img_1990_600x800

すっかり暗くなった深川駅近くのバス停に到着し、歩いて深川駅へ。
この日の宿は小樽に確保していたので、まずは札幌駅まで特急で移動し、さらに快速エアポートに乗り換えて、小樽駅に到着。

Img_1995_600x800

駅前の宿にチェックイン。夕食は、小樽駅構内のお店で売っていた若鳥の半身揚げ。

Img_1996_800x800_2

揚げたてを購入できたので大変おいしくいただくことができた。
旅初日は雪の影響で予定が狂いながらも何とか宿にたどり着くことができた。2日目以降も雪の影響で行程が狂うことが予想されたので、予定を見直してかなりゆるいスケジュールに組みなおしてこの日は就寝となった。

|

« 2017年を振り返って | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2017(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/66252949

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例ぶらり旅2017(1):

« 2017年を振り返って | トップページ | 年末恒例ぶらり旅2017(2) »