« 年末恒例ぶらり旅2017(2) | トップページ | 「賽は投げられた」は開設14周年を迎えました »

2018.01.15

年末恒例ぶらり旅2017(3)

2017年12月30日。

朝早く目が覚める。この日の行程を確認していると、ふと別の行程案が浮かび、時刻表を調べると実行可能であることが分かり、身支度を整えて宿をチェックアウトし、旭川駅へ。
ホームに上がると、すでに列車は入線していた。

Img_2042_600x800

Img_2045_800x800_2

宗谷本線稚内行の始発列車である。この列車に乗り込み、一路稚内駅へ。

Img_2059_800x600

Img_2072_777x800

駅舎は以前来た時と違って新しくなっており、駅舎の外に以前の駅舎があった時の最北端の線路が残されていた。

Img_2066_600x800

折り返しの列車までの時間を利用して、北防波堤ドームを観に行く。

Img_2067_800x600

再び稚内駅に戻ると、折り返しで乗る予定の特急「サロベツ」は雪の影響でかなり遅れている模様。駅構内で待つことしばし、出発時刻あたりでようやく列車が到着。折り返しの準備をかなり巻いて、ようやく乗車。

Img_2077_800x600

乗り込むとほどなくして出発。遅れを取り戻すかのように速度を上げて・・・と思いきや、山間部に入ると徐行運転を余儀なくされる。それどころか、何度も停車を繰り返す。その原因がこちら。

Img_2079_668x800

「シカでした」
崖と川に挟まれた単線の前方にシカがいて、警笛をいくら鳴らしてもなかなか線路から離れてくれない。警笛の音が「お願いだから逃げてよ・・・頼むから・・・」と弱気な感じに聞こえてくる。ここで30分以上は遅れたのではないだろうか。旭川駅到着時には、接続する札幌行の特急は丁度1本遅いものになったが、何とか札幌駅にたどり着き、この日は札幌で一泊となった。

|

« 年末恒例ぶらり旅2017(2) | トップページ | 「賽は投げられた」は開設14周年を迎えました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/66282335

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例ぶらり旅2017(3):

« 年末恒例ぶらり旅2017(2) | トップページ | 「賽は投げられた」は開設14周年を迎えました »