« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018.05.28

NHK技研公開2018を見に行く

2018年5月26日、NHK放送技術研究所で開催された「技研公開2018」に行ってきた。
朝、伊丹空港から飛行機に乗って一路羽田空港へ。

Img_2651_2

羽田空港から京浜急行で品川へ向かい、山手線に乗り換え渋谷へ、さらに東急バスに乗り換えてようやくNHK放送技術研究所に到着。

Img_2654_2

今年のテーマは「よりリアルに、スマートに、あなたとつながる」。展示内容は「スマートプロダクション」「リアリティーイメージング」「コネクテッドメディア」の3つに分かれており、音声認識技術や人工知能(AI)を活用した番組制作の最新技術や、最新の立体映像技術や、テレビとインターネットと生活を結び付けたサービスなどが紹介されていた。

個人的に気になった展示としては、まず「テレビ×ネット×ライフを創る行動連携技術」

Dscn2842

視聴したテレビの情報に関連して様々なサービスが受けられるというもので、NHK以外の民放局の展示もあり、そこには「黄色いあいつ」の放送局も!

Img_2655

展示の内容は、自分が見たテレビの内容とドライブの行先(カーナビ)を連動させるというもの。

Img_2656

Img_2657

スマホのアプリから、テレビで見たグルメスポットなどをカーナビに飛ばして目的地設定が出来るというデモだったのだが、例えばドラマやアニメ、もっと言えば「水曜どうでしょう」や「おにぎりあたためますか」で訪れた場所に行く「聖地巡礼」にはぴったりのサービスではないかと感じた。
それからもう一つ気になった展示は「オブジェクトベース音響による次世代音声サービス」

Dscn2849

Dscn2850

デモでは、野球中継(阪神vs横浜戦)の音声を実況・芸人の副音声・1塁側の球場音声・3塁側の球場音声など、個々の音声にメタデータをつけることで、受信したテレビ側で、好みの音声だけを選んだり、個別に音量を調整できたりしていた。これも、例えばコンサートの音声を楽器別や、歌い手別に分けられれば、自分の好きな音だけ楽しむことができるのではないかと感じた。
展示を見終わった後は、講堂にて8Kシアターを鑑賞。その後技研を後にした。
今年も例年通り多くの人でにぎわっており、人込みで疲れてしまうのだが、展示内容は見ていて興味をそそるものが必ずあるので、来年もまた訪れたいと思う。
ちなみに今年のアンケート回答の粗品は、クリアファイルだった。

Img_2664

Img_2665

【表裏を撮影】
メモ帳よりもこちらの方が「使える」ので来年もこの方向で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.14

Juice=JuiceのCD発売イベント@難波に行ってきた

2018年5月13日、大阪難波のYES THEATERで行われたJuice=JuiceのCD発売イベントに参戦してきた。
あいにくの雨模様の中、開場時間の17時半過ぎに会場に到着。

20180513_jj

入場列が落ち着くのを待って場内へ。
入口でランダムに配布されるチケットに記載された座席に行くと、先日のつばきファクトリーのイベントの時よりもさらに前。やや中央寄りのため、ステージ全体は見やすい。
以下、セットリスト・感想などを箇条書きで。
・1曲目は「SEXY SEXY」
・先日のNHK大阪ホールでのコンサートの時は、のぼせてステージにいなかった梁川奈々美さんもちゃんといる。
・2曲目は「TOKYOグライダー」!!
・先日のコンサートでも聴いたが、その時より近くでパフォーマンスを見られるのはありがたい。
・続いてのMC中、梁川さんが水を摂取。
・ごくごく飲み続ける梁川さん。
・頬を膨らませるほどに水を飲む梁川さん。
・かなり暑いようで少し疲れているようにも見える梁川さん。大丈夫かな・・・。
・植村あかりさんさんは、わなかのたこ焼きを食べたとのこと。
・3曲目は「Vivid Midnight」
・4曲目は「裸の裸の裸のKISS」先日のコンサートでは梁川さんが離脱していたが今回はしっかりパフォーマンス。
・5曲目は「Fiesta!Fiesta!」ヲタのみなさんの「Fiesta!Fiesta」の歌声の大きさに驚く。
・MCを挟んで、6曲目「泣いていいよ」でイベント終了。
・梁川さんが最後まで離脱しなくてよかった。
終演後の握手会は今回も参加せず、会場を後にした。
約30分のイベントだったが、しっかり歌を聴かせてくれる素晴らしいイベントであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.08

Juice=Juiceのコンサート@NHK大阪ホールに行ってきた

2018年5月6日、NHK大阪ホールで行われたJuice=Juice LIVE GEAR 2018 Go ahead SPECIALの夜公演に参戦してきた。

20180506_jj

開場時間の17時30分に合わせてNHK大阪ホールに到着し、会場内へ。この日の席は2階1列目の上手側である。
以下、感想などを箇条書きで。
・オープニングは、一人ずつステージ上で新聞や傘といった小物を使ったり、階段に座ったりして登場。
・「Who is Sexy?」「Look for Sexy Girl」の文字がモニターに浮かぶ。
・1曲目は「Dream Road~心が躍り出してる~」
・続いて「Never Never Surrender」「イジワルしないで抱きしめてよ」
・「イジ抱き」の梁川奈々美さんのソロパート「数えてみますか」が前に聞いた時よりも格段にうまくなっている!!
・MCを挟んで、新曲「Vivid Midnight」そして「TOKYOグライダー」!
・先日の神戸のCDリリースイベントの時に聴きたいなあと思っていた曲が来た!
・ここでも梁川さんのソロパートが素晴らしい!
・続いてメジャーデビュー曲「ロマンスの途中」、いつ聴いても名曲!
・ここで衣装替えのためのVTRで、メンバーがメイクする様子が映し出される。
・VTR明けは新曲「SEXY SEXY」、あれ?なんか足りないぞ?
・ステージ上にメンバーが6人、1人足りない!誰だ?誰だ?梁川さんいない!!
・1コーラス目の最後のソロパート「CRAZY」は、金澤朋子さんがカバー。
・以降、「風に吹かれて」「ブラックバタフライ」「裸の裸の裸のKISS」まで、梁川さんのパートをメンバーで違和感なくカバー。
・続いてのダンスパフォーマンスコーナーで梁川さん復帰。暗闇の中、戻ってきた梁川さんに会場から温かい拍手。
・その後「私が言う前に抱きしめなきゃね」「Fiesta!Fiesta」と続く。
・「Fiesta!~」の段原瑠々さんの歌い出しは何度聞いても鳥肌もの。
・梁川さんのパートでの「やなみん!」コールがいつもより大きくなったように聴こえる。
・衣装替えVTRで「TODAY'S SEXY GIRL」に選ばれたのは、植村あかりさん!
・「選ばれし私達」に続いてのMCで、梁川さんから途中抜けのお詫び。のぼせてしまったとのこと。
・次は「GIRLS BE AMBITIOUS 2017」、サビのヲタコーラスが気持ちいい!
・「愛のダイビング」では客席とのコールアンドレスポンスあり。
・梁川さんは「植村あかりさん風に」と、けだるい雰囲気で(笑)
・怒って駆け寄ってきた植村さんに「あごクイ」する梁川さん。
・あああ、もうそんなの「カントリー劇場」じゃん!いいぞもっとやれ!(笑)
・そして「CHOICE&CHANCE」!1stアルバムの名曲が続く(いずれも星部ショウさん作)。
・「伊達じゃないよ うちの人生は」の客席へのあおりで、一人マイクを客席に向ける梁川さん。
・本編ラストに「Maggic of Love」キターーーーー!
・高木紗友希さん、一部声がマイクに乗らなかった箇所があるも、サビのフェイクはいつものように完璧!
・宮崎由加さん「あかりが好きよ」植村さん「みんなが好きよ」に替え歌。
・アンコールは「あーりー」コール。場内照明も客席もイメージカラーの緑一色!
・アンコール1曲目は新曲「泣いていいよ」
・MCでは、段原さんが植村さんについて、J=Jに入る前は怖い人と思っていたが、今は一緒にご飯を食べに行ったり優しいひと思いの人、これからも「大型犬」2匹で頑張っていきたいと。また、自身の16歳はたくさんの夢がかなった、17歳もたくさんライブして思い出を作りたいと語っていた。
・梁川さんは「愛のダイビング」のコールアンドレスポンスについて、マネージャーとダンスの先生からの要望に応え、大阪の客のレスポンスを信頼して実行したと語っていた。
・植村さんは、心残りがあるとして段原さんを抱え込み、客席に「るるあーりー」コールを要求。コールに満足してじゃれあう大型犬2匹(笑)
・宮本佳林さんは、植村さんについて天才、頭の中が分からない、勉強できないけどトランプとかできる人などと意味不明なことを語る(笑)
・高木さんは梁川さんのハプニングについて、客席からの声援がうれしかったと語る。
・金澤さんは、始まるときは体力持つか心配だったが楽しくてあっという間だったと、それはJuice=Juicファミリーのおかげだと語る。
・宮崎さんは、力を使い果たしたので明日は歩かないとのこと(笑)
・アンコールラスト曲は、「未来へ、さあ走り出せ!」
・タオル回し&会場ウェーブ。
・ステージはけ時、最後は植村さんと段原さんが残り、マイクなしで「ありがとうございました!」と叫んで終了。
梁川さんの途中抜けハプニング以降、梁川さんが大丈夫か心配で、梁川さんを中心にステージを見ていたのだが、最後まで無事でいてくれてほっとした。
全楽曲がフルコーラスで、歌に安定感のあるJuice=Juiceをたっぷりと堪能できるコンサートで大変満足のいくものであった。
次は、CDのシリアルイベントに当選しているので、1週間後に彼女たちの歌を聴くことができる。今からとても楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.07

こぶしファクトリー&つばきファクトリー合同コンサート@NHK大阪ホールに行ってきた

2018年5月5日、NHK大阪ホールで行われたこぶしファクトリー&つばきファクトリープレミアムライブ2018春 “KOBO”に参戦してきた。

Img_2567

これまでこぶしファクトリーもつばきファクトリーも各々ライブハウスでのライブはあったものの、ホールでのコンサートがなかったため、参戦することはなかったのだが、今回はホールでのコンサートということで、チケットを確保。昼公演は2階1列目の下手側、夜公演は2階2列目のほぼ中央で公演を観ることとなった。
以下、公演の感想などを箇条書きで。
・1曲目に「超HAPPY SONG」!ハロプロから少し距離を置いていた私を引き戻す大きなきっかけになった曲で個人的にも思い入れのある曲である。
・ワンハーフでも十分に幸せを感じられる楽曲だ。
・2曲目「春恋歌」3曲目「明日テンキになあれ」で、モニターに映し出されるメンバーを紹介。
・MCを挟んで、こぶしとつばきで楽曲入れ替え!
・こぶしは「うるわしのマグノリア」、つばきは「サンバ!つばきジャネイロ」
・こぶしの「可愛い系」、つばきの「ご陽気系」、どっちも「あり」だと思う。
・続いては、対バン形式のメドレー。それぞれのグループがセンターで歌うと、もう一つのグループは後方で様々な「振り」をする。
・こぶしの「念には念」で、つばきのメンバーがワンフレーズごとに「振り付け」するメンバーを増やしていくのは中々考えられているなあと感じた。
・メンバーのブログによれば、後方で何をするかはそれぞれのグループで考えたとのこと。
・続いて「プレミアムバトル」ではリハなし・打合せなしのガチンコ勝負として、昼公演では「あっち向いてホイ」、夜公演では「叩いてかぶってジャンケンポン」を実施。
・「あっち向いてホイ」はこぶし・浜浦彩乃さん、つばき・小片リサさんが対戦するも、中々勝負が決まらず、最終的には浜浦さんが勝利。
・「叩いてかぶってジャンケンポン」では、こぶし・野村みな美さん、つばき・新沼希空さんが対戦するも、新沼さんが即勝利。
・ここから「闇に抜け駆け」「就活センセーション」「ドスコイ!ケンキョにダイタン」「ハナモヨウ」とそれぞれのグループが交互に歌ったのち、両グループで「ライバル」(Berryz工房)「遠慮はなしよ」(メロン記念日)。
・続いてのMCコーナーは「KOBOランキング」こぶし・つばきのメンバーがあるテーマを基にメンバーランキングを発表、そのテーマを当てるというもの。
・昼公演は、こぶし・野村さん仕切り、つばき・小野田紗栞さん作成「1日入れ替わるならこのメンバー」
・1位つばき・山岸理子さん、2位こぶし・浜浦さん、3位つばき・秋山眞緒さん、4位つばき岸本ゆめのさん、5位こぶし・野村さん
・回答者はこぶし・浜浦さん、つばき・山岸さん、小野瑞歩さんで、ランキングに小野さんだけが入っておらず、小野田さんが「6位」とフォロー。
・ちなみに小野さんが入れ替わりたいメンバーは、つばき・谷本安美さん(野村さんが一言「ボディタッチが多いもんね」)
・山岸さんは、小野さん(理由:笑顔が好き)
・浜浦さんは、こぶし・井上玲音さん(理由:動物で一番好きなキリンに似ている)と広瀬彩海さん(理由:つばきの浅倉樹々さんと話したいから)
・浜浦さん曰く、浅倉さんとの間には壁があるとのこと。
・夜公演は、つばき・小片さん仕切り、こぶし和田さん作成「実は宇宙人なのといわれても驚かない人」
・1位こぶし・浜浦さん、2位つばき・山岸さん、3位つばき・秋山さん、4位こぶし・野村さん、5位つばき・小野田さん
・回答者はこぶし・浜浦さん、つばき・岸本さん、秋山さんで、岸本さんがこのランキングを見て「みんな人間味がある」「さこ(和田さん)とかおかしいじゃん」と発言。
・KOBOプレミアムランキングに続いては、メンバーをシャッフルしての楽曲へ。
・こぶし・広瀬さん、井上さん、つばき・小片さんは、ナイスガールトレイニーの「僕らの世代」を歌う。
・こぶし・野村さん、浜浦さん、和田桜子さん、つばき・山岸さん、新沼さん、谷本さん、岸本さん、浅倉さん、小野さん、小野田さん、秋山さんは、ハロプロ研修生の「おへその国からこんにちは」を歌う。
・それぞれが「原点」となるグループの楽曲を歌う姿にグッとくる。
・続いて、Berryz工房「君の友達」美勇伝「愛~スイートルーム~」松浦亜弥「ね~え?」Berryz工房「すっちゃかめっちゃか~」がシャッフルメンバーで歌われる。
・MCを挟んでつばきの「初恋サンライズ」2階席から見る1階席の「サンライズジャンプ」は壮観。
・こぶしの「これからだ!」は聞くたびに心に染み入るなあ。
・続いてつばきが「ハッピークラッカー」を披露。SHOCK EYEさん作詞・作曲の新曲で、これまでのつばきにはなかった雰囲気の楽曲。
・こぶしの「シャララ!やれるはずさ」に続いて本編ラストは「一丁目ロック」(Berryz工房)
・サビのヲタコーラスがやっぱりすごい!
・アンコールは「こぶし!つばき!」
・アンコール1曲目は、こぶしとつばきが公式サポーターとなった愛踊祭2018の課題曲「ひょっこりひょうたん島」
・「ひょっこり~」といえば、モーニング娘。もカバーしており、新垣里沙さんの「進め!」のセリフが思い出される。
・アレンジは途中にラップが入るなど、今風ながらも割と原曲に近いように感じた。
・アンコール2曲目(ラスト)は「Big Dreams」(℃-ute)で終演。
・夜公演では、広瀬さん、井上さん、小片さんが涙ぐんでいるように見えた。
・夜公演は終演後「こぶつば最高!」コールが起こっていた。
メドレーが多かったこともあり、かなりの楽曲を聞くことができ、こぶし・つばきそれぞれの「美味しいところ」を抽出したコンサートのように感じた。今度は各々単独でのホールコンサートを見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

つばきファクトリーのCD発売イベント@難波に行ってきた

2018年5月4日、大阪難波のYES THEATERで行われたつばきファクトリーのCD発売イベントに参戦してきた。
新鳥栖から乗車した九州・山陽新幹線さくらを新大阪で降り、JRと地下鉄を乗り継いでなんばに到着。開場時間まで周辺の店で時間をつぶしてから、会場へ。

20180504_tsubaki

発売記念イベントの看板が「シリアスイベント」、知らない人が見たらちょっとびっくりしそうなイベント名だ(笑)
入口でランダムに配布されるチケットに記された座席へ行くと、上手前方で個人的には少し前過ぎるなあ・・・。
以下、感想などを箇条書きで。
・1曲目は「I need You ~夜空の観覧車~」
・2曲目「独り占め」の後、最初のMCへ。
・リーダー山岸理子さん、サブリーダー小片リサさんが相次いでMCができなくなり(?)、大阪出身の岸本ゆめのさんと秋山眞緒さんが仕切り始める。
・なぜか「山手線ゲーム」を始めると言い出す2人(「大阪やから環状線ゲーム」みたいなくだりもありつつ)
・テーマは「うちら(岸本さん&秋山さん)のええところ」
・次々「ええところ」を言っていくメンバー、しかし出てくるのは秋山さんのことばかり。
・最後の回答者となる小野田紗栞さんの前で岸本さんがプレッシャーをかける。
・小野田さん、一生懸命答えを引き出そうとするが・・・「ギブアップ」
・「何か言わなはじまらん」みたいなことを言ってから次の曲へ。
・3曲目は「Just Try」
・「とにもかくもやってみなきゃ始まんない♪」ってことか・・・。
・4曲目「春恋歌」に続いてはつばきファクトリーの「シリアスイベント」ではおなじみの「寸劇」
・内容は新曲の中から「春恋歌」をモチーフにしたもの。
・田舎に住むまお(秋山さん)が、東京の大学に通う幼馴染のりこ太郎(山岸さん)に逢いに行くという設定。
・渋谷の人の多さにぶつかりまくり「今日は祭りか?」や、ハチ公前でキャッチに引っ掛かりそうになるなど、定番の「田舎者」を演じる秋山さん。
・キャッチからまおを助けたりこ太郎、まおを変身させようと109に向かい、カリスマショップ店員のゆめぴ(岸本さん)にコーディネートしてもらう。
・いや、岸本さんがカリスマショップ店員て!(役だから・・・)
・ゆめぴのコーディネートで変身したまお、ゆめぴのインスタに画像がUPされると、たくさんの「いいね!」がつく、みたいな話。
・劇の感想として、山岸さんは「日ごろの練習の成果が出たのではないか」、岸本さんは「(こうした役を演じることで)新たな自分を見つけられるのがうれしい」、秋山さんは「方言が難しかったが、母親役の小片さんが方言がうまかった」など。
・5曲目「低温火傷」6曲目「ハナモヨウ」でイベント終了。
終演後は、握手会とのことだったが参加せず会場を後にした。
つばきファクトリーのCD発売「シリアスイベント」の参加はこれが2回目となるのだが、今回もライブ6曲+寸劇と充実した内容で楽しめるものであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

2018年GW西九州ぶらり旅

2018年5月2日、朝からそごう広島店「初夏の大北海道展」のHTBグッズショップに参戦し、午後一番からの「onちゃんオンステージ」を見終えて、会場を後に向かったのは広島バスセンター。ここから再びバスで移動を開始する。乗車したバスはこちら。

Img_2464

広島と福岡を結ぶ高速バス「広福(こうふく)ライナー」である。4列シートの車内は満席。途中2回の休憩をはさみ、乗車時間約4時間半で博多バスターミナルに到着し、この日は博多駅前のホテルで一泊。
翌日5月3日、博多駅から鹿児島本線の電車に乗り込む。

Img_2466
鳥栖駅から長崎本線の電車に乗り換え、さらに佐賀駅で唐津線の気動車に乗り換える。

Img_2468_2

途中、鬼塚駅で下車。

Img_2471

川沿いのホームでしばしのんびり過ごした後、筑肥線の気動車に乗り換え。

Img_2472終点の伊万里駅で松浦鉄道に乗り換え。

Img_2474

終点の有田駅で佐世保線に乗り換え、早岐駅で大村線の気動車を待っていると、国鉄色のキハ66が入線!

Img_2483

これで行先表示のところが「急行」だったら最高なのだが・・・そんなことを思っていると、乗車する長崎行の気動車が到着。

Img_2484

同じキハ66でもこちらは「SEASIDE LINER」カラー。もちろんこれはこれでOKである。
乗車し、大村線を進んでいくと、九州新幹線長崎ルートの工事現場を見ることができた。

Img_2479

Img_2480_4

フリーゲージトレインの開発が遅れる中、最終的には全線フル規格になるのだろうか・・・などと思いながら、長崎駅まで乗車し、この日は長崎で一泊。
夕食は、ホテルからぶらり歩いてたどり着いたこちらのお店に入店。

Img_2489_2

いただいたのは、長崎名物ちゃんぽん!

Img_2487

実は長崎ちゃんぽんを食べるのは初めてだったのだが、野菜も麺もスープも全てがおいしく、最後の一滴までしっかりいただいた。また長崎に行くことがあればぜひ再訪したいちゃんぽんであった。

続きを読む "2018年GW西九州ぶらり旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.04

HTBグッズショップ@そごう広島店「初夏の大北海道展」に行ってきた

2018年5月2日、そごう広島店にて開催中の「初夏の大北海道展」にHTBグッズショップが出店するということで、初日に参戦してきた。

開催場所のそごう広島店といえば、同ビル内に「広島バスセンター」があるので、バスで行けば便利だと思い、往路利用したのはこちら。

Img_2394

深夜バス「グランドリーム広島号」である。
大阪駅バスターミナルから乗車すると、車内は満席である。23時30分に出発し、翌朝6時過ぎには広島バスセンターに到着と走行時間が短いこともあり途中の開放休憩はなし。座席はグランドリームなので比較的快適に過ごせるはずで、まあ「勝利」出来るだろうと思っていたのだが、近くに座っていた乗客が途中の休憩がないことにぶつぶつと文句を言いだし、しばらく続いたのち、静かになったかと思いきや、またぶつぶつ言いだすのを延々と繰り返すという状況に・・・熟睡などできるはずがない。それでも何とか「孤独な闘い」を挑み続けた結果、広島バスセンターには「ドロー」で到着。
バスセンターではこんなポスターを発見!

Img_2395_2

3階のバスセンターから1階に降り、正面入口に行くとすでに10名ほどの待機列ができており、その後ろに並ぶ。時間がたつにつれ少しずつ列は伸びていく。途中HTBのスタッフの皆さんが列の横を通り過ぎたりするのを見ながら待つこと数時間、そごうの方に誘導されて、開店時間前に店内へ。エスカレーターを上り、9階催事場のHTBグッズショップの横を通って、会談に再び列を作ってしばし待機。
すると、上の方から歓声が上がる。どうやら「黄色いあいつ」がやってきたようだ。しばらく待っていると・・・キタ!

Img_2399_4

onちゃんが登場!階段の踊り場で様々な姿を披露したonちゃんの写真をコラージュで↓

Img_2400collage

そうこうしているうちに、開店時間の10時となり、順次グッズショップ内へ案内される。Img_2398新商品を中心に、あれやこれやと買い物袋に入れて、お会計の列に並び、お支払い。
その際、無事に特製ステッカーもゲットすることができた。

Img_2442

さらに、隣の「くじ」コーナーへ行き、くじにも参戦。

Img_2417

くじの賞品も含め、大きな袋にいっぱいのグッズを持ち歩くのは大変なので、そごうの隣にある広島中郵便局へ行き、ゆうパックで発送(購入したグッズについては別途記事化予定)。
再びそごう店内に戻り、こちらのお店に立ち寄り。

Img_2420
onちゃん焼き・okちゃん焼き・noちゃん焼きが全部で5種類。

Img_2419_2
甘いものは苦手だが、数量限定の文字にひかれて5個セットになった「onちゃんズセット」を購入。

Img_2441_3

屋上で「ブツ撮り」していたら、HTBのTさん(onちゃんイベントの司会でおなじみ)に声を掛けられ、お礼を言われた(笑)ちなみにTさんは一番上のonちゃん焼きが好きとのこと。
屋上には、鈴井さん・大泉さんが乗っていたスーパーカブや、カブ企画で使われた品々、フィギュアが展示されていた。

Img_2421

Img_2422_2

Img_2431

Img_2423

Img_2434

また、撮影コーナーとして「四国八十八か所」をモチーフにしたお寺の書割もあり、撮影用の小物もいろいろ用意されていた。

Img_2437

Img_2439_2

Img_2461_2
時刻は丁度お昼。13時からonちゃんのステージがあるということで、それまでにお昼ご飯を済ませようと、そごうのレストラン街でお店を探し、お好み焼きの「みっちゃん総本店 雅」に入店。いただいたのはもちろん「お好み焼き」

Img_2445

この写真ではわからないが、中には「牡蠣」が入っていて、それはもう美味であった。
お昼ご飯を終えて、屋上に上がるとすでにステージ前には多くのお客さんが席についており、空席を探して着席。しばらくするとTさんが登場し、イベントについての説明などを行ったのち、onちゃんが呼びこまれてステージがスタート!

Img_2448
内容は、ゼスチャークイズと、じゃんけん大会。ジェスチャークイズでは、onちゃんに「お題」を知らせる姿がなかなか(笑)であった。

Img_2456

「第3の目」で見るんだね・・・。
ゼスチャークイズとじゃんけん大会の後は、onちゃんとのツーショット撮影会が始まり、その様子をしばし見てから、会場を後にした。
5月4日、5日には藤村・嬉野両ディレクターのトークショーなども行われるとのことだったが、こちらには参戦せず、次の目的地へと移動をすることにした。さて次の目的地とはどこなのか、それはまた次の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

2018年5月3日の移動手段一覧

2018年5月3日の移動手段を一覧で。

Img_2466collage

旅の詳細は帰宅後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.02

移動開始

Be3ea10f3ef14328ad048f162d21dd73
広島からさらに西へ移動開始。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事ゲットしたon♪

A1894a7562244191a4f1efe815c2951b_2
そごう広島店「初夏の大北海道展」出店中のHTBグッズショップでお買い物して、特製ステッカーをゲット♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

旅に出ます!

Aa75c669a6b04660bad9fdad8081f924
毎年恒例の物産展参戦のため、深夜バスで出発!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »