« 帰ります | トップページ | モーニング娘。'18のCD発売記念イベントに行ってきた »

2018.09.17

さんふらわあで行く「海幸山幸」の旅

2018年9月1日、2日の2日間で旅に出ていた。向かった先は宮崎県。以前から乗車したいと思っていた日南線の特急「海幸山幸」に乗るためである。

宮崎への「足」として往路に利用したのは、フェリー「さんふらわあ」。電車を乗り継いでATC内にある第一ターミナルカウンターで乗船手続きを済ませ、シャトルバスで第二ターミナルへ移動。

Img_3236

ターミナルの前に停泊しているのが今回乗船する「さんふらわあ きりしま」である。

Img_3237

大きすぎて全体を写真に収めることができない・・・。なお、この「さんふらわあ きりしま」は2018年9月15日に新しく造られた「さんふらわあ きりしま」に置き換えられるとのこと。
早速乗船し、今回予約した「ファーストシングル」のお部屋へ。

Img_3254_2

こじんまりとした部屋だが、カギのかかる個室で、テレビもある。
17時55分、定刻に大阪南港を出港。約16時間かけて翌朝9時40分に志布志港に到着。
下船後、バスを待つのも面倒なので歩いて移動し、まずは志布志駅近くの鉄道公園へ。

Img_3287

Img_3295_2

Img_3291

Img_3296

ずいぶん以前に来たときは、車両がかなり痛んでいた記憶があるのだが、きちんと手入れがされているようでかなり良い保存状態のように見えた。
志布志駅からの列車の時間にはまだ早いので、さらに歩いて以前から訪れてみたかった場所へ。

Img_3303

「志布志市 志布志町 志布志の志布志市役所 志布志支所」の看板である。以前「デイリーポータルZ」でライターの西村まさゆきさんが訪問・記事にされていた(記事はこちら→志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所の記入例がすごい【デイリーポータルZ・2014年4月9日公開】)場所で、記事を見てから4年ちょっと、ようやく来ることができた。
その後も、駅近くのショッピングセンターで時間をつぶしたりしたのち、志布志駅へ向かうと、乗車する列車が入線していた。

Img_3319

Img_3314

Img_3315

油津行の普通列車(1両)である。13時12分に志布志駅を出発。14時14分、南郷駅にて下車。

Img_3330

ここで待つこと約1時間。ついに今回の旅のメインである特急「海幸山幸」に乗車する。

Img_3336

2両編成で前の車両(宮崎側)が「海幸」、後ろの車両(志布志側)が「山幸」となっている。いずれの車両も元・高千穂鉄道の車両を水戸岡鋭治さんのデザインでリニューアルされたものである。

Img_3345

Img_3344

Img_3351

Img_3364

Img_3352

Img_3366

車内のどこを切り取っても「水戸岡デザイン」であることがよくわかる。
15時35分定刻に南郷駅を発車した列車は、一路宮崎駅へ。あいにくの空模様ではあったが、風光明媚な景色を車窓から楽しむことができた。

Img_3376

Img_3392

そして車内販売では、宮崎マンゴーの地サイダーや日向夏のシャーベット、列車のオリジナルグッズなどを購入。

Img_3377

17時15分、終点の宮崎駅に到着した後、宮崎空港へ向かい、定刻19時10分発のJALで帰宅の途に就く予定だったのだが、機材到着遅れと伊丹空港の混雑により、出発は10分遅れ、到着は15分遅れ。予定よりは遅くなったものの、何とか日付が変わる前には帰宅することができた。

Img_3410

今回の旅は、土曜の午後から日曜日夜まで時間が取れ、いくつかの旅の候補先から、様々なバリエーションの乗り物に乗りたいということで、船・列車・飛行機を使う旅となった。
さんふらわあは新造船が就航したので、今度は新しい船で旅をしてみたいと思うし、日南線は天気が今一つだったので、天気のいい時にもう一度乗ってみたいとも思う。

|

« 帰ります | トップページ | モーニング娘。'18のCD発売記念イベントに行ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/67176186

この記事へのトラックバック一覧です: さんふらわあで行く「海幸山幸」の旅:

« 帰ります | トップページ | モーニング娘。'18のCD発売記念イベントに行ってきた »