« Juice=Juiceのライブ@Zepp Nambaへ行ってきた2018 | トップページ | 2018年10月「ヲタ活」の旅リターンズ(2)ハロプロ・オールスターズシングル発売記念イベントに参戦する »

2018.10.27

2018年10月「ヲタ活」の旅リターンズ(1)約3年ぶりに「てっぱく」を訪れる

10月に入ってから毎週末「ヲタ活」が続く中、10月15日にあるイベントの当選通知メールが届いた。
イベントの開催日は10月21日日曜日。かなりの遠方となるため一度は行くのを断念しようと思ったのだが、せっかく当選したイベントだし、内容も今までにないものだったので、予定を調整して参戦することにした。
そして、どうせそのイベント開催地に行くのなら、ちょっと寄り道してみようと思い、前日の10月20日にこちらへ立ち寄った。

Img_3847

埼玉・大宮の鉄道博物館である。
全開訪れたのが2015年の年末なので、約3年ぶりの訪問となる。その間に南館が完成し、本館も改修が行われている。
まずは新たにオープンした南館へと向かう。本館と南館をつなぐデッキからはE1系を見ることができる。

Img_3851

南館2階から1階を見下ろすと、E5系(実寸モックアップ)と400系、さらに車掌体験ができるという209系のシミュレータを見ることができる。

Img_3915

エスカレーターで南館の3階に上がる。

Img_3852

ここは「歴史ステーション」となっており、日本の鉄道の歴史を6つの時代に区分した展示となっている。

Img_3914

各時代の入口には、駅の改札シーンが映像とともに再現されている。

Img_3908

Img_3909

Img_3911

展示を見ていると、館内放送が流れ、屋外に展示しているキハ11形気動車の車内見学ができるとのこと。普段は入ることができない車内を見学できるということで、早速南館から一番遠い本館の北側に展示されているキハ11のもとへ。

Img_3870

Img_3865

1956年に製造された気動車で、国鉄から茨城交通(現・ひたちなか海浜鉄道)に譲渡され、2005年まで現役で活躍していた車両である。

Img_3855

Img_3858

Img_3854

車内の保存状態は極めて良好。茨城交通時代の時刻表も掲示されていた。
その後、本館に入ってリニューアルされたジオラマも見学。

Img_3895

Img_3896

座席とジオラマを遮る仕切りガラスもなく、非常に見やすくなっていた。
たっぷりと「鉄分」を補給し、鉄道博物館を後にしてこの日はさいたま新都心駅近くの宿で一泊となった。
翌日はまた別の「ヲタ活」のためにある場所へと向かうのだが、それはまた別の記事にて。

 

|

« Juice=Juiceのライブ@Zepp Nambaへ行ってきた2018 | トップページ | 2018年10月「ヲタ活」の旅リターンズ(2)ハロプロ・オールスターズシングル発売記念イベントに参戦する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/67316972

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月「ヲタ活」の旅リターンズ(1)約3年ぶりに「てっぱく」を訪れる:

« Juice=Juiceのライブ@Zepp Nambaへ行ってきた2018 | トップページ | 2018年10月「ヲタ活」の旅リターンズ(2)ハロプロ・オールスターズシングル発売記念イベントに参戦する »