« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019.02.16

エンドレスライスLive2019「ふゆのごはん」に行ってきた

2019年2月11日、東京・六本木のキーストンクラブ東京にて行われたエンドレスライスのLiveに参戦してきた。

20190211endless

樋口了一さんと村上ゆきさんのユニット「エンドレスライス」の単独ライブに参戦するのは2017年3月の熊本CIB以来となる。
当日は朝、伊丹空港からJALに乗って羽田空港へ。

20190211itm

電車を乗り継ぎ、六本木駅から会場へ到着するとすでに入場するための列ができており、最後尾に着く。
しばらくして入場開始、中に入るとステージ前にいくつかのテーブル席と後方にカウンター席があり、カウンター席に座ることにする。
開演時間が近づくにつれてどんどんお客さんが増えていき、場内は満席に。
開演時間を少し過ぎて、自分の後ろを樋口さんと村上さんが通り抜けてステージへ。いよいよライブのスタートである。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・1曲目は「ブレーキのない車」
・ダジャレが思い浮かばないのでMCもそこそこに次の曲へ(笑)
・2曲目は「夜空ノムコウ」と「Just The Two of us」のミックス
・別々の曲が交互に、最後には重なり合うところが聞いていて心地よい。
・ここで樋口さん、村上さんに謝らないといけないことがあるとのこと。
・熊本空港で村上さん宛のお土産として熊本名産の「朝鮮飴」を購入した樋口さん。
・ところが飛行機が遅れたりしたため、夜遅くに空腹の状態でホテルに入り、その飴を食べてしまった。
・少し残ったその飴を厳重に梱包し直した箱(粉が落ちるといけないので)をステージ上で村上さんに渡す(笑)
・3曲目は「なみだいけ」
・エンドレスライスの名前の由来などを語った後に続いて樋口さんプレゼンツのコーナー。
・世界中にどうでしょうファンが暗躍しているという話から、世界のラジオ番組で「1/6の夢旅人2002」がリクエスト曲としてかかっているとのこと。
・そのラジオ番組の音声を聴かせたいとMacから音源を流す樋口さん。
・インドネシアのコミュニティFM、イタリアシチリア島近くのFM(こちらはサイコーネバージョン)などを聴かせる。
・自慢できたことに満足した樋口さん、次の曲の話をし始めるが、ここで村上さんがネタバラシ。
・「さっきのラジオ、しゃべってたの全部樋口さんですからね」
・ちなみに4か国語分録音したが、アメリカとフランスはすぐにバレると思い流さなかったとのこと。
・4曲目は「ワン・ノート・サンバ」の替え歌で「One坊さんバ」
・さだまさしさんの「雨やどり」や「般若心経」が違和感なく歌われていた。
・5曲目は結成した最初のステージで演奏した思い出の曲「見つめていたい」
・1stステージラストの6曲目は「阿蘇~あの橋をいつかあなたと~」
・村上さんの友人であるピアニストが熊本の地震を見て何かしなければという思いから作ったメロディに歌詞をつけてほしいと樋口さんに依頼、翌日締め切りで出来上がった歌詞とともにホールで一発録音してCDにしたとのこと。
・14時4分1stステージ終了。
・15分ほどの休憩を挟んで2ndステージスタート。
・しかしまだ席に戻れないお客さん多数のため、ゆるゆるトークがスタート。
・樋口さんのスタジオの名前の話から、もっこすman in TOKYOを一節。
・さらに「ドーナツの真ん中は」も披露したのち、樋口さんお色直し(笑)で退席。
・2ndステージは村上さんのソロから。
・1曲目は柴田トヨさんの詩に曲を付けた「百歳」
・樋口さん戻ってきて2曲目へ。
・2曲目は「かぐや閉店フェア」これも替え歌。
・「スカボロー・フェア」と「グリーンスリーブス」のメロディに「かぐや姫」のストーリーを載せた内容。
・かぐや姫の「かぐや」とスカボロー・フェアの「フェア」から、家具屋のフェアといえば「閉店」だろうということでこのタイトルを付けたとのこと。
・続いてラジオ番組に来たハガキを読むという樋口さん。
・ハガキを書いたのはMらかみFみさん(仮名)というバイオリニスト。
・内容は子供の頃に姉のMらかみYきさん(仮名)に、使い捨てカイロはなぜあったかくなるのか聞いたところ、「エジプトのカイロの砂が入っているから」と教えられ、翌日学校で話したが、2週間後に嘘だと知ったというもの。
・樋口さんだけでなく村上さんも結構だまくらかしている(笑)
・3曲目は「エイリアンズ」(キリンジのカバー曲)
・4曲目は「手紙~親愛なる子供たちへ~」
・2ndステージ最後の曲は「結婚写真」
・15時16分2ndステージ終了。
・鳴りやまない拍手からのアンコール。
・アンコール1曲目は柴田トヨさんの詩に曲を付けた「競馬」
・アンコール2曲目は「夢にできること」、元々SHARP「LED AQUOS」のCMソングだったもの。
・15時31分終演。
終演後は、再び電車を乗り継いで羽田空港へ向かい、往路と同じくJALに乗って伊丹空港へ飛び、帰宅の途へとついた。

20190211hnd

日帰りの強行スケジュールだったが、久しぶりに樋口さんと村上さんの歌声を堪能することができてとてもよかった。またスケジュールがあればぜひライブに参戦したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.11

つばきファクトリーのCD発売イベント@神戸ハーバーランドに行ってきた

2019年2月10日、神戸ハーバーランドスペースシアターにて行われたつばきファクトリーの5thシングル『三回目のデート神話/ふわり、恋時計』発売記念イベントに行ってきた。

20190210tsubaki

当日は所用があったため、参加できたのは17時からの3回目のみ。会場に到着すると、優先エリアへの入場が始まっており、先日のJuice=Juiceの時と同様かなり多くの人が入り、1階、2階で観覧する人もかなり見受けられた。
17時少し前にメンバーがステージ裏に到着、つばきファクトリーのイベントではおなじみの客煽りのMCの後、イベントがスタート。
M1 三回目のデート神話
MC 岸本ゆめのさん仕切りによる「第1回つばデミー賞授賞式」
・新人賞
ノミネート:秋山眞緒さん、朝倉樹々さん、小片リサさん
最優秀新人賞は、小片さん(最年長なのに)
・ガールズ賞(女子力が高い人)
ノミネート:小野瑞歩さん、新沼希空さん、山岸理子さん
最優秀ガールズ賞は、山岸さん
・自意識過剰で賞
ノミネート:小野田紗栞さん、谷本安美さん
最優秀自意識過剰で賞は、該当者なし
・つばデミー大賞
受賞者は、秋山さん。
間奏を一言「親に感謝」
M2 ふわり、恋時計
M3 I Need You~夜空の観覧車~
M4 純情cm
M5 ハナモヨウ
MC 各種告知(CD発売、関西での発売イベント、春ツアー、オフィシャルブック)
M6 今夜だけ浮かれたかった
17:40終了。
MCコーナーは、台本なしのアドリブで行われているようで、無茶ぶりをする岸本さんに対して、メンバーそれぞれの返しもなかなかのものだったと思う。思うのだが、通りすがりの一般の方にはこの面白さが伝わるのかなあと思うと若干の不安を感じた。
ファンだけに向けたイベントであれば全く問題ないのだが、せっかくファン以外の方にも観ていただけるイベントなので、もう少しわかりやすい方が良かったかなと(個人の意見です)。
あと、最近のハロプロ現場ではなかなか見ないほどの「ジャンプ」するファンの多さ。他の現場では禁止されることも多いので、許される現場にそういう人たちが集まるのはやむを得ないのだろうが、個人的にはちょっと・・・。
CD発売記念イベントはこの後も続き、関西では2月18日(月)にイオンモールKYOTO、CD発売日にである2月27日(水)にはなんばOCATで行われる予定となっている。いずれも平日なので仕事終わりで行けそうであれば参加したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.03

アンジュルムのCD発売記念イベントに行ってきた

2019年2月2日、大阪のエル・シアターで行われたアンジュルム25thシングル「タデ食う虫もLike it!/46億年LOVE」発売記念イベントに参加してきた。

Img_4759

今回当選したのは3回目(17時40分開場、18時20分開演)ということで、開場時間に会場に到着。入場列に並び、QRコードを提示してチケットを受け取り、場内へ。
指定された席へ行くと、会場のほぼ中央、PA席にほど近い場所でこれはいい場所!と思っていたのだが、席へ行くととなりにはかなり「濃いめ」のヲタの方がすでに着席。これはちょっとヤバいかも~(ヤバいかも~♪)と頭の中で「恋泥棒」(カントリー・ガールズ)が流れる中着席。
だいたいこういう「予感」は的中するもので、まあ開演前からいろいろあり(詳細は個人を特定しかねないので割愛)、テンションだだ下がりの状態で開演を迎えた。

以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・この日は中西香菜さんがMCのみ参加、上國料萌衣さんはインフルエンザのためお休み。
・1曲目は「タデ食う虫もLike it!」
・新人の二人(太田遥香さんと伊勢鈴蘭さん)も先輩たちに負けないパフォーマンスを披露。
・曲終わりで中西さんが登場、ここからは中西さんMCによる「振りコピクイーン決定戦」
・メンバーを2チームに分け、流れてきた楽曲に合わせて振りコピを披露。わからないばあいはオリジナルの振り付けも可。
・最初のチームは、リーダー和田彩花さん、竹内朱莉さん、佐々木莉佳子さん、笠原桃奈さん、伊勢さん。
・まず最初に流れてきたのは「愛おしくってごめんね」(カントリー・ガールズ)!
・別チームの船木さんがセリフのところで前に出てくるも、竹内さんがしっかりそのパートをやりきる。
・次に流れたのが「ハッピークラッカー」(つばきファクトリー)
・竹内さん「わかんねー!!!」と叫び続ける。
・最後は「Love take it all」(℃-ute)
・竹内さん、曲が終わっても踊り続ける。
・このチームでの決勝進出者は笠原さんと伊勢さん。
・もう一つのチームは、勝田里奈さん、室田瑞希さん、船木さん、川村文乃さん、太田さん。
・流れた曲は「わがまま気のまま愛のジョーク」(モーニング娘。)→「大きな愛でもてなして」(℃-ute)→「ロボキッス」(W)
・船木さん川村さんのコンビがなかなかいい感じで振りコピ。
・太田さん、知らない曲ではかなり戸惑った感じ。それもまた新人らしくていい。
・このチームでの決勝進出者は、勝田さんと室田さん。
・いよいよ決勝戦。まずは「まっさらブルージーンズ」(℃-ute)から。
・またもや竹内さんがセンターポジションへ(笑)
・続いて「付き合ってるのに片思い」(Berryz工房)
・最後は「泡沫サタデーナイト!」(モーニング娘。'16)
・笠原さん、頭を振り回して踊る。連獅子か!wwww
・中西さんが決められないということで和田さんが優勝者を決定。
・優勝は笠原さん!
・再びライブに戻り、2曲目「Uraha=Lover」3曲目「ドンデンガエシ」いずれもワンハーフで。
・ラストは「46億年LOVE」で終了。
終了後の握手会にはいつものごとく参加せず、帰宅の途へとついた。
かかった曲で振りコピをするというのは、以前モーニング娘。'18がコンサート中に「踊ってみろ」というMCコーナーで同じようなことを行っていた記憶がある。ハロプロの数多ある楽曲資産を使いながら、ファンもメンバーも楽しめる企画だと思うのでほかのグループでも機会があれば見てみたい。
今回は中西さんと上國料さんのパフォーマンスを見ることができず残念であった。和田さんが卒業するまでにフルメンバーでのパフォーマンスをしっかり見る機会を持てればと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ