« 北海道&東日本パス+αの旅2019春(1) | トップページ | 北海道&東日本パス+αの旅2019春(3) »

2019.03.27

北海道&東日本パス+αの旅2019春(2)

旅2日目、まずは新庄駅から陸羽西線に乗って余目駅へ。

20190313rikuuwest
余目駅からは羽越本線の列車に乗り、途中酒田駅で乗り換えて羽後本荘駅へ。

20190313uetsu1
羽後本荘駅からは由利高原鉄道に乗る。
乗車した車両は2018年7月から運行を開始した「おもちゃれっしゃ なかよしこよし」

20190313yuri1
車内は木をふんだんに使い、木のおもちゃで遊べるスペースなども設置されている。

20190313yuri2
終点の矢島駅で折り返しの列車を待つ間、駅の待合室で待っていると、矢島駅売店のまつ子さんから桜茶をいただく。
約10年ほど前にも来たことがあることや(その時の記事はこちら)、その他いろいろとお話しさせていただいた。
折り返しの列車に乗り込むと、ホームからこんなお見送りをしていただいた!

20190313yuri3
ありがたいなあ・・・また訪れなければと思いながら、矢島駅を後にする。
車内では先ほど矢島駅で購入した「鮎めし」をいただく。

20190313yuri4
羽後本荘駅からは羽越本線の列車で秋田駅へ向かい、さらに男鹿線の列車に乗り、男鹿駅へ。

20190313oga0120190313oga02
男鹿といえば「なまはげ」である。駅構内や周辺にはたくさんの「なまはげ」がいらっしゃる。20190313oga03 20190313oga04

20190313oga05 20190313oga06
そんな「なまはげ」を見たり、近くの道の駅で時間を過ごしたのち、秋田駅へはこの列車で戻る。20190313oga08 20190313oga09
交流用の蓄電池駆動電車「ACCUM」EV-E801系である。
車内にはモニターが設置されており、電気の利用状況が分かるようになっている。

20190313oga10 20190313oga11
秋田駅からは別料金を支払い、秋田新幹線「こまち」で大曲駅まで乗車。

20190313komachi
その後普通列車で秋田駅へ戻りこの日は秋田駅近くの宿で一泊となった。
新庄駅から秋田駅まで、この日の乗車距離は388.2km、2日目もハードな行程であった。

|

« 北海道&東日本パス+αの旅2019春(1) | トップページ | 北海道&東日本パス+αの旅2019春(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道&東日本パス+αの旅2019春(1) | トップページ | 北海道&東日本パス+αの旅2019春(3) »