« 2019年7月 | トップページ

2019年8月

2019.08.12

ラジオ関西「ホームランドームpresents こぶしファクトリーバッチ来い青春!ラジオ公開録音」に行ってきた

2019年8月11日、ホームランドーム姫路店で行われた「ホームランドームpresents こぶしファクトリーバッチ来い青春!ラジオ公開録音」に参加してきた。

F9836c6afdca4d8ebdadcb0670d85afa

出演はこぶしファクトリーから野村みな美さん、浜浦彩乃さん、井上玲音さんの3名、MCはLovelysのお二人で公開録音終了後はLovelysのライブもあるということで、前々からとても楽しみにしていた。特にLovelysについて言えば、8月10日と12日にそれぞれ対バンライブも予定されており、お盆休みの頭3日間は連続してLovelysに逢える(それも歌を聴ける!)はずだったのだが、宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)が体調不良のため、この3日間お休みとなり対バンライブと公開録音後のライブはキャンセルとなってしまった。それでも公開録音は助っ人として関西を中心に活動するバンド・ワタナベフラワーのムサヒデカズさんがつとめて下さることになり、八木沙希さん(以下さきぴょん)とどんなMCを展開されるのか楽しみにしながら当日を迎えた。
開場時間は午後2時半ということで昼頃に出発しても十分間に合うのだが、ある場所へ立ち寄ろうと朝から出発、ホームランドーム姫路店の最寄駅である東姫路駅ではなく姫路駅で下車。駅から歩くこと数分で目的の立ち寄り地に到着した。

7fc1f58227304e439892e75f79c21cae

ここは十二所神社。ここに立ち寄ったのはもちろん理由がある。
ライブやイベントの後の物販で逢う度に「体調どない?」と気を遣って下さるりーたんさんに今の自分が出来ることは何かないだろうかと考えて色々調べたところ、この十二所神社が医薬の神様で病気平癒の神徳があるということが分かったので、公開録音前に立ち寄り、りーたんさんの体調が良くなって楽しいLovelysのライブが観られますようにとお願いした。
その後、姫路駅周辺で時間を潰し、ほど良き時間になったので会場へ向かおうとJR神戸線のホームにあがり、あ、そうだ!姫路と言えばえきそば食べたいなと思って店に行くとこんな外観に変わっていた!

95f82d4bd64b47169ff6f95ebe5751d3 42645a3eb89943e480fafa39e769178d

クリーム色に赤のライン、キハ28・58系急行型気動車のデザインになっていたのである。姫路駅と言えば昔は姫新線を経由する急行「みまさか」「みささ」や播但線を経由する「但馬」などが多数運転されており、子供の頃帰省のときには「みまさか」に乗って祖父母の家へ向かった記憶がある。そんな懐かしい思い出が蘇る外観に感動しながら店内でえきそばを食べ、電車に乗って東姫路駅へ。きつい日差しの中歩いてホームランドーム姫路店に到着。

C65402a09a0f40acba16ffb594833e6f

一旦店内に入り涼んでいたのだが、入場時には外に並んで整理番号順に入場。2桁の番号だったのでまずまずの位置に場所を確保したつもりだったのだが、前に背の高い方がいたため、ステージは人の合間を縫って見る形となった。ステージの高さが以前の4倍の高さとのことだったので、もし以前と同じ高さなら全く見えなかったと思われるのでステージの高さをあげて下さったラジオ関西さんには感謝申し上げたい。
公開録音の内容は2019年8月18日16時25分から放送予定のため、ここでは詳細は割愛するがMCのお二人の回しでこぶしファクトリー3人の個性と面白さががうまく引き出された内容だったので、是非とも番組をお聞きいただければと思う(後、さきぴょんの面白さも存分に引き出されていたと思うw)。
公開録音終了後は出演者のチェキなどが当たる抽選会が行われ、近くの番号の方々は結構当選したものの、何も当たらず。まあ、当たった人たちは「ヤッター!」となんらかのリアクションを取らされていたので当たっていたらかなり厳しかったから外れて良かった(苦笑)
終了後は番組オリジナルグッズの全部セットを購入。

8df45f118a954d8a855f084b0eea65b5

缶バッジは重複したもののりーたんさんとうぱぎが出たので次はさきぴょんを何とか引き当てたい。
ラジオの公開録音イベントへの参加はかなり久しぶりだったのだが、参加して感じたのは「ああそうだった、こういうことを仕事にしたかった」ということ。もう今となっては叶わない夢ではあるのだが遠い昔の夢を思い出させてくれた。そして何よりもハロプロメンバーのトークを間近で観られたことも大変ありがたかった。
改めてこのイベントに関わられた全ての皆さんに感謝申し上げたいと思う。
本当にありがとうございました。今後もまたこのような機会を設けて頂けますと幸いです。そしてその際には是非ともLovelysのライブを何卒よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2019.08.10

Lovelysハロショイベントin秋葉原に行く(Lovelys東京遠征応援記その2)

2019年8月4日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店にて行われたLovelysのイベントに行ってきた。
前日のTIF参戦から一夜明け、宿をチェックアウトして送迎バスで東京駅へ。京浜東北線に乗車して秋葉原駅で下車し歩くこと数分、ハロショのある末広町に到着。

20190804helloshop

早く着きすぎてしまったので近くのカフェで休憩などしつつ、お昼過ぎにはハロショ店内へ入り、各種グッズやモニターに流れるMVやこぶしファクトリー&つばきファクトリーの合同コンサートの映像を見ながら時間を過ごす。そうこうしているうちに椅子が並べられ座れるようになったので、いつものイベント参戦時よりは前方に席を確保し、待機しているとなんとLovelysのお二人が登場!リハーサルで「ドレドレ」を披露していったんはける。スタッフさんからの注意事項の後、いつもライブ終わりで流れるSEに載せてLovelysのお二人が登場し、イベント第1部がスタート。以下いつものように箇条書きで。

【第1部】
・まずは東京でイベントをするのは1年ぶりという話から、衣装の話へ。
・今日の衣装はTIFでも着用しており、八木沙希さん(以下さきぴょん)によればたくさん汗をかいたのでホテルで洗濯してドライヤーで乾かしたとのこと。
・それに対して「それは聞きたない」とツッコむ宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)。
・冒頭から客をつかむ(笑)
・1曲目は「ドレドレ」
・「西の上々軍団」としてオープニングアクトでは何度も歌った曲で、曲紹介で「ドレドレ」というと客席から笑い声が起こるほど。
・それが先日のハロコンで「新曲を歌います」と言ったところ客席から「ウォー!」と歓声があがり、「そんなに「ドレドレ」いややったん?」とりーたんさん。
・いやそれはいややったというよりも新曲への期待が大きかったからだと思われ。
・2曲目は「戦う大人」
・働き方改革をテーマにした曲という説明の中で、「社畜コール」の話へ。
・「社畜」という言葉のニュアンスがかわいいというさきぴょん、それに対して「アイドルがあまり言っちゃ行けない言葉」だと冷静に返すりーたんさん。
・TIFのBerryz工房大好きスッペシャルの話。最初出られると思っていなくて、セトリに「一丁目ロック!」を入れていたら、スッペシャルに出られることになり、さらにりーたんさんはそこで「一丁目ロック!」を歌うことになり、振り付けでパニクったとのこと。
・スッペシャル終了後夏焼雅さんと連絡先を交換したさきぴょんに対して「私は聞かれてない!」とご立腹(?)のりーたんさん。
・ハロプロが好きで事務所に入り、音源もオリジナルのものを使えたりすることについて「職権乱用してます」と言い切るお二人(笑)頭の中で「職権乱用公私混同♬」と「文化祭実行委員長の恋」(BEYOOOOONDS)のフレーズがよぎる。
・生田さんと仲のいいりーたんさん、ハロプロ研修生北海道の石栗奏美さんに目をつけているさきぴょん。石栗さんの前では何も言えないとりーたんさんに言われて「言えたよ!おはようございますって」というさきぴょん。すかさず「いや、挨拶やん!」とりーたんさん。
・TIF出演後のエゴサでは「歌が良かった」はなくて「トークが面白かった」が多かったとのこと。他のアイドルと比べるとトークの力が圧倒的なので仕方がない部分もあるかもと思った。でも歌もいいんですよ!ていうか歌が良い上にトークもすごいんです!が正解。
・暑さ対策で水分だけじゃなくて塩分も取ってという話で、それなら食卓塩でもと言い出すさきぴょん。「美味しいで」と食卓塩を手に振って舐めるしぐさ。そんな奴おらへんから(苦笑)
・3曲目「恋の花」4曲目「パン屋さんのアルバイト」
・ラストは「OH YEAH」で「うぱぎがセンターです」「なんでやねん!」の後、うぱぎがぐったりしているのをツッコむりーたんさんの目の付けどころがさすがだった。
以上で第1部は終了。立ち見の方もたくさんおられ大盛況であった。
続いては17時からの第2部。第1部と同じ場所に席を確保し開始時間を待つ。丁度PA席がすぐそばだったのだが、開始直前にLovelysスタッフのkbやんさんが来て、スタッフさんと登場についての打ち合わせをされていた。以下いつものように箇条書きで。

【第2部】
・聞き覚えのあるイントロとともに登場したLovelysのお二人。1曲目は「スーパーマン」
・ここで「スーパーマン」聴けるとは!
・衣装は上着が新しいLovelysTシャツに変わっていた。
・TIFのため前乗りしたさきぴょんが上野の焼肉ライクにいって感動したのが席に蛇口(?)があって水が入れられることみたいな話をしていたが、それラーメンの「一蘭」にも同じようなのがあると思った人がここにいます(笑)
・曲に入る前に立ち位置の確認をするさきぴょん。裏でやることを表でやる(笑)
・2曲目「レディーマーメイド」きれいなハモリがいい!!!
・3曲目「ロボキッス」グルングルン回されるりーたんさんと絶対回ろうとしないさきぴょん!!!
・最後のお互いの頭を方にのせる振りの話で、お互いの身長差の話からりーたんさんがうぱぎがクッションになるとか、種類によっては耳に入るとかいう話、うぱぎで耳かき!(笑)
・4曲目「戦う大人」前のトーク(だったかな?)アップフロントは優しい会社という話からさきぴょんの「ホワイティ」からの「それは梅田や!」という完璧な間でのりーたんさんのツッコミ!そらみんな拍手するわ。
・今日のイベント参加者はこれからホワイティ梅田を歩く度にLovelysを思い出すことになるだろう(笑)
・あと、前のアップフロント関西の社長さんも観に来られていたそうでりーたんさんを面白いと評価されていた模様。
・そしてラストは何と!「お願い魅惑のターゲット」!!!
・東京に来て、2日連続で「お願い魅惑のターゲット」を聴けるなんて!!!
・一応言っておくと特にメロン記念日のファンだったわけではなく「お願い魅惑のターゲット」という曲はハロメンのカバーで何度か聴いたことはあってその時は特に何も感じなかったのだが、Lovelysのお二人が歌うのを聴いて心にめっちゃ刺さって大好きになった曲がこの曲。
・そんな大好きな曲で第2部終了!
物販終了間際に地震があり帰りが大変になるかもと思ったが、お二人がステージからはけて、ハロショの外に出ると特に変わった様子はなく、秋葉原駅から乗車したJRもモノレールも通常通りの運転で問題なく羽田空港に到着。関西空港行のJAL最終便で帰宅の途へとついた。

20190804jal

この2日間はLovelysのためだけに行動した2日間となった。この先もっと深みにはまっていくのだろうか・・・もう後戻りできないところまで来たような気がする(苦笑)

| | コメント (0)

2019.08.06

TOKYO IDOL FESTIVAL 2019に行ってきた(Lovelys東京遠征応援記その1)

2019年8月3日、東京のお台場・青海周辺で行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下TIF)に行ってきた。今年で10回目の開催となるTIFだが、これまで一度も参戦することはなかった。今回参戦することになったのは、このブログではすっかりおなじみ(?)のLovelysが出演するためである。出演する8月2日と3日の2日間のうち、仕事の都合もあり2日は参戦できず、3日の朝に関西空港発のJAL便で一路東京へ。

20190803jal

空港で朝食代わりに佐藤水産のグルメおにぎりを食べた後、バスでお台場へ。

20190803onigiti

まずはリストバンド引き換えの列に並び、右手首にリストバンドを装着した後、最初の現場となる「TOKYO IDOL 縁日」の会場へ。日陰になっているベンチを見つけて時間まで休憩したのち、縁日ブースへ。縁日の内容は、水槽に浮かぶ金魚のおもちゃを釣り上げ、その金魚にサインがもらえるというもの。他のアイドルのブースではファンが一人で釣り針を使って釣り上げるのだが、Lovelysのブースは宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)または八木沙季さん(以下さきぴょん)と釣り針を一緒にもって「共同作業」で金魚を釣り上げる。というわけで、お二人とそれぞれ金魚釣りを行い、金魚にサイン+αの書き込みをいただく。

20190803ennichi

テントの下で扇風機は回っているもののかなりの暑さの中、ファン一人ひとりに対してものすごく丁寧に対応するLovelysのお二人、そしてそれをサポートするように首の冷たいタオルをこまめに取り換えるスタッフのkbやんさんの姿に感謝しつつ、次は物販コーナーへ移動。少し歩いただけでも頭がボーっとしてしまうほどの暑さの中、物販ブースで写真を大量購入!

20190803photo

購入後、ちょっと買いすぎたなあと若干後悔しつつ、この日のメインイベントであるLovelysのライブが行われる会場へ移動する。

20190803dollfactory

フジテレビ湾岸スタジオに設けられた「DOLL FACTORY」へ入ると、外とは打って変わって冷房が効いていて心地が良い。Lovelysの前に数組のアイドルがパフォーマンスを披露するのを観ながら待つ。どのグループも15分ほどの短い持ち時間で自分たちをアピールしようとMCも最小限でパフォーマンスを繰り広げていく。そしてファンたちもいろんなコールやフリコピでそれに応えていく。基本ハロプロの現場にしか行かないので、いろんな「文化」があるんだなあと思いながらそれを見ていた。
会場に入ってから40~50分くらい経っただろうか、ついにLovelysの登場である。いつものSEの後登場したお二人、1曲目は何と「プラチナ」!いきなりLovelysの中でも特に「かっこいい」系の楽曲が来たので「お、これは他のグループ同様パフォーマンスメインで魅せていく感じか?」と思ったのだが、曲が終わるといつもの笑顔で自己紹介するお二人。
関西から来たアピールで「通天閣!」「東京タワーに代わるもの」とか言い出す(ゼスチャー付き)さきぴょんに「ぜんぜん代わりません!」とスパっと切れ味良く突っ込むりーたんさん。なんだ、いつものLovelysやんか!とホッとする。と同時に、MCで客から笑いが起きていることにちょっと優越感を感じる。「どや、これがLovelysやで!こんなアイドル他にいてないでしょ?」と自慢したくなる(笑)うぱぎの話も受けていたし、「爪痕残していかな」「ほぼ傷跡です」のやり取り、「戦う大人」の説明ではさきぴょんから「社畜コール」というパワーワードやアップフロントはホワイトといった発言まで飛び出す始末(笑)。

そこから「戦う大人」ではもちろん「残業ノー、休日出勤、サービス残業ありえない」と大声で社畜コール。その次に来た曲が「お願い魅惑のターゲット」!!!!!この曲が来たのにはかなり驚いた。というのも、前日(8月2日)のTIFのステージでこの曲は歌われていて、さきぴょんのブログにはセトリを変えるという記述があったので、ああ今回は聴けないのかと思っていたのである。個人的にLovelysのハロカバー曲の中で一番好きといっても過言ではない「お願い魅惑のターゲット」をTIFで聴くことができたのは本当にうれしかった。

最後は「OH!YEAH」で気持ちよく盛り上がって終了。持ち時間は15分しかなかったはずなのに、歌・ダンス・トークの全てにおいていいとこ取りで魅せてくれて、とてつもない満足感を得ることができた。
その後、特典会で写真にサイン等をいただきながらお話しさせていただいた後、会場を後にして電車を乗り継ぎ銀座ロフトへ。

Loftginza_flowerup

20190803instax_lovelys

大阪サンホールで行われたアイドルイベント「FLOWER UP!」で撮影されたチェキの展示イベントが行われており、Lovelysのお二人のチェキ展示を観てから、再び電車に乗りこの日の宿へと入った。
1日だけのTIF参戦だったがLovelysのお二人のおかげでとても楽しい参戦となった。前日も参戦できていればもっと楽しかったのだろうが・・・もし来年も出演されるようであれば今度はフル参戦できるようにスケジュール調整したいと思う。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ