« Lovelysワンマンライブin UMEDA CLUB QUATTRO〜有言実行〜に行ってきた | トップページ | BEYOOOOONDS 1stアルバム発売記念イベント@神戸と秘密集会茶会天国プルガトリオに行ってきた »

2019.12.03

「京とれいん雅洛」に乗ってLovelysクアトロワンマンライブ「勝手に」成功祈願してきた

2019年11月28日、梅田クラブクアトロで行われたLovelysのワンマンライブ「有言実行」、そのチケット所有者を対象にした抽選イベントの一つに「Lovelysと成功祈願」というものがあった。これはワンマンライブ当日の朝に、Lovelysと一緒にワンマンライブの成功祈願を行うというもので、これはぜひとも参加したい!!と思い申し込んだものの残念ながら落選。当選を期待して有給休暇も取得していたので、ライブの時間まで何もすることがなくなってしまった。
この空いた時間をどうするか・・・元々「成功祈願」のために使うはずだった時間なのだからそのために使うべきだろう、というわけでまたもや勝手に企画「Lovelysクアトロワンマンライブ「勝手に」成功祈願」を行うことにした。ライブの成功を祈願するのだから、やはり芸能関係の神社に行くのが良いだろうということで、行き先は芸能神社のある京都の車折神社(くるまざきじんじゃ)に決めた。次に決めなければならないのは車折神社へ行く交通手段である。JRか阪急か・・・阪急?そういえば「あれ」の運転日はと調べてみるとちょうど11月28日が「あれ」の運転日で、それもこの日が今シーズンの最終運転日!以前から乗りたいと思っていたのでこれはチャンスである!というわけで、当日朝、まず向かったのは阪急神戸本線西宮北口駅。「あれ」の発車時刻1時間前にも関わらずすでにホームには列が出来始めていたので、急いで並び待つこと1時間・・・ついに「あれ」がやってきた!!

Img_0073_burst0010017

阪急電車の観光特急「京とれいん 雅洛」である。阪急神戸・宝塚線を走る7000系を改造した6両編成の電車で、1両ごとに「秋」「冬」「春」「夏」「初秋」「早春」と季節を定め、全ての車両が異なる外観や車内デザインになっている。窓側を向いた座席や、ボックス席、一人がけ席、さらには「坪庭」も設置されるなど、かなり凝った作りの車両なのだが、乗車時に特別料金は必要なく、普通乗車券のみで利用できる「太っ腹」な列車となっている。普段は土日祝に京都線の「快速特急」として運行されているのだが、2019年11月の平日6日間に限り、西宮北口ー嵐山間の臨時直通特急としての運行があり、その運行最終日が11月28日となっていたのである。通常神戸方面から嵐山方面に向かうには、十三駅で乗り換えなければならないのだが、この臨時直通特急を使えば乗り換え無しで嵐山まで行くことが出来るのである。また十三駅で神戸線から京都線へ、通常は乗車することのできない引込線を経由して運転されるということで「鉄ヲタ」的にもかなり魅力のある列車でもある。
扉が開いて、運転席のすぐ後ろのロングシート席に座ることができたのだが、その後ものすごい乗客数で車内は通勤電車並みの大混雑!車内の様子を見に行くことも出来ず、座ったまま車窓を眺めたり、スマホで見ることが出来る「前方映像」などを見ながら終点の嵐山までの時間を過ごすことになった。

Screenshot_20191128100535Dsc_0189
Dsc_0203_20191203221901

終点の嵐山駅で乗客が降りた後に車内を撮影できればと思っていたのだが、アナウンスですぐに降りるよう促され、すぐにドアが締まり、更にはパンタグラフも下げられて車内の照明も消えてしまい、結局車内の様子はほとんど見られずじまいであった。唯一撮れた写真がこちら。

Dsc_0201-1

車内に設けられた「坪庭」を窓ガラスにスマホをめいいっぱい近づけて撮影したのだが、車内照明が落ちていたのでこんな感じになってしまった。
夕方の折り返し時間までこの「雅洛」はホームに止まったままなので、保安上の問題とかいろいろあるとは思うが、少し車内を見学・撮影出来るくらいの時間を設けられないものだろうか。あと、運賃だけで乗れるということによる混雑は、乗っていて快適とは言えないものであったので、やはりいくらかの特別料金を取って乗車人数に制限をかけたほうが良いのではないかとも思った。せっかくの「観光特急」がずっと立ちっぱなしではあまりにも楽しくない。指定席ではなくJR西日本新快速の「Aシート」のようなやり方もあると思うのだが。
そんなこんなで嵐山駅に到着し、ここからはバスで移動する。嵐山駅前のバスロータリーには長蛇の列。しかしここからではなく、駅前のコンビニの横の道を少し入っていった先にも一つバス停があり、ここから京都バスに乗車。観光シーズンにも関わらず意外と空いていて座ることができた。目的地である車折神社前のバス停で下車し、車折神社の境内へ。

Dsc_0209_20191203222001Dsc_0213

「芸能神社」と「本殿」の2箇所でこの日の梅田クアトロワンマンライブの成功をお願いした。
その後、嵐電に乗車し、北野白梅町駅へ向かう。

Dsc_0217

北野白梅町付近は、大学生の頃毎日のように通っていた懐かしい場所である。そんな北野白梅町、駅は改修工事が始まってこんな状態に!

Dsc_0220

そして、交差点の角にあった建物(たしかパチンコ屋さんだったと思う)は解体されていた。

Dsc_0222

変わっていないのは、イズミヤと京都信用金庫、そして居酒屋の「串八」くらいだろうか。

Dsc_0221

まあ、大学卒業してからウン十年も経つのだからいろんなものが変わるよなあと思いながら北野白梅町駅から歩くこと数分、やってきたのは北野天満宮。

Dsc_0224_20191203222601

ここでも梅田クアトロワンマンライブの成功をお願いした。
その後、ライブ開始前の物販時間にはまだ余裕があったので、バスに乗って久しぶりに母校(R大)にも立ち寄ってみた。新しい建物が立ち並ぶ中、昔からある存心館や以学館などの建物に懐かしさを感じながら校内を通り抜け東門へ。ここから西大路通に抜ける道を歩きながら「ここゲームセンターあったよなあ」とか「べんけいは当時のままやなあ」などと思い出しながら衣笠校前バス停まで歩き、京都市バス205系統に乗車し西大路四条で下車。阪急京都線西院駅から阪急電車に乗り換え、学生時代の帰宅路をたどるように梅田へと向かった。
というわけで「Lovelysクアトロワンマンライブ「勝手に」成功祈願」企画と言いながら、結局阪急の観光特急乗車と母校訪問がメインの半日旅となった。ま、いつものパターンなわけだが(苦笑)

|

« Lovelysワンマンライブin UMEDA CLUB QUATTRO〜有言実行〜に行ってきた | トップページ | BEYOOOOONDS 1stアルバム発売記念イベント@神戸と秘密集会茶会天国プルガトリオに行ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lovelysワンマンライブin UMEDA CLUB QUATTRO〜有言実行〜に行ってきた | トップページ | BEYOOOOONDS 1stアルバム発売記念イベント@神戸と秘密集会茶会天国プルガトリオに行ってきた »