地方交通

2017.07.28

南阿蘇鉄道に乗ってきた&高森湧水トンネル公園に行ってきた

先日の大分での樋口了一さんのライブ参戦にあたり、せっかく九州まで行くのでついでにどこか旅に出ようと考え、あれこれ考えた結果、南阿蘇鉄道に乗車することにした。
現在南阿蘇鉄道は熊本地震の影響により高森駅と中松駅の間のみ運行されている。公共交通機関で行くのはかなり困難を極めるため、車を借りて高森駅へと向かった。
駅前の駐車場に車を止めて、ホームへ入ると2両の気動車が停車中であった。

Dscn1868_800x600

Dscn1869_800x600

Dscn1872_800x600

Dscn1874_800x600

この車両は小学館の漫画家が描いた応援イラストをラッピングした「マンガ寄せ書きトレイン」。4月に1両(ブルー)が運行を開始し、訪れたこの日にもう1両(ピンク)の運行が開始となりこの日は2両での運行となっていた。2両編成になることで、ホーム側から車両の左右に絵かがれたイラストを一度に見ることができるようになっている。
小学館で鉄道に関する漫画といえば「鉄子の旅」である。もちろん、初代・二代目・三代目のすべてのイラストが描かれていた。

Dscn1873_800x600

Dscn1870_800x600

また車内にもイラストが掲出されており、こちらも2両合わせてすべてのイラストが掲出されているとのこと。

Dscn1905_800x600

まずは始発(10時)の中松行に乗車。運転士さんの背中には「タブレット」が!

Dscn1912_800x600

車窓案内を聴きながら乗車すること13分で中松駅に到着し、折り返しの列車で高森駅に戻る。
次の列車は11時30分発のトロッコ列車である。全席指定席のため駅窓口で切符を購入し、待つことしばし。先ほどの「マンガ寄せ書きトレイン」と入れ替えでトロッコ列車が入線。

Dscn1950_800x600

Dscn1959_800x600

トロッコ列車に乗るのは、いつ以来だろうか・・・ずいぶん前に嵐山で乗ったのが最後だったような気がする。
連結されている車両は、国鉄時代の貨車を改造したもので、側面には「日本国有鉄道」の銘板も残されている。

Dscn1975_800x600

さらに、車内の扇風機には「JNR」のロゴが入っている。

Dscn1960_800x600

そうこうしているうちに出発時間となり、定刻11時30分に高森駅を出発。窓のない車内から見る風景は、先ほどの気動車とはまた違って見えてくる。
途中の南阿蘇白川水源駅では、「ロバート」の馬場裕之さんが地元の人たちと考案した駅弁「たっぷり赤牛牛めし弁当」を販売していたので、こちらをお昼ごはんとして購入。

Dscn1967_800x600

Img_0864_800x800

Img_0865_800x800

「たっぷり」の名前のとおり、本当にたっぷりと牛肉が敷き詰められており、食べ応え十分!復路では、中松駅から乗車した台湾の団体さんがかなりの数を購入されていた。
トロッコ列車で中松駅までの往復旅を楽しんだ後、高森駅でクリアファイルやその他もろもろのグッズを買い込んだ後、今度は高森湧水トンネル公園へと向かう。

Dscn1860_800x600

この公園は、高森と宮崎県の高千穂を結ぶ鉄道トンネル「高森トンネル」が工事中に大量の出水により工事が中断、その後鉄道路線計画が廃止となり、掘削したトンネルの一部が整備されたものである。トンネル入口へ向かって緩やかに下っていくと、左右の壁が高くなっていく。

Dscn1862_800x600_3

Dscn1987_800x600

トンネルの入口には鉄道トンネルとしての痕跡がいくつか残されている。

Dscn1988_800x600

Dscn1989_800x600

Dscn1991_800x600

Dscn1990_800x600_2 

入場料を支払い、中へ入る。中の温度は年間を通して17度とのこと。今の季節(7月)はとても涼しく気持ちが良い。

Dscn1993_800x600

楕円形のトンネル内部は少しずつ下り、緩やかなカーブを描いていく。もし工事が中断せずに鉄道が開通していたら、どんな感じだったのだろうか・・・高森トンネルは全長が6480メートルの計画だったとのことなので、実際に列車で移動したならば、「長いトンネルやなあ」と退屈に感じていたかもしれない。
トンネルを進んて行くと、イルミネーションで作られたトロッコ列車や、七夕祭りコンテストの飾り付けがずらっと並んでいる。

Dscn1999_800x600

Dscn2001_800x600

さらに奥へ進むと、トンネル天井を使った映像作品の上映や、マイクロ水力発電の水車があったり、流れ落ちる湧水が球体になったり、下から上に逆流するように見えたりするアトラクション「ウォーターパール」が設置されている。

Img_0866_600x800

Img_0878_600x800

Dscn2012_800x600

Dscn2016_800x600

そして公開されているトンネル部分の最奥に到着。

Img_0873_600x800

壁には距離が記されていた。

Dscn2019_800x600

入口へ戻る途中にも1か所距離の数字が記載されているところを見つけることができた。

Dscn2022_800x600

いずれもここが鉄道トンネルであったことの痕跡である。
トンネルを出て、今度はトンネルの真上から公園全体を眺めてみる。

Dscn2032_800x600

Dscn2033_800x600

もしここに列車が走っていたら絶好の撮影ポイントになっただろうなあ・・・。
公園の見学を終え、駐車場に戻るとすぐ近くの踏切の警報機が鳴りだした。高森駅13時15分発の寄せ書きトレインがやってきたので写真撮影。

Dscn2029_800x600

Dscn2030_800x600

現役の鉄道と未成鉄道を堪能し、再び大分市内へと車を走らせる。緑の山の中ぬけていくのはとても気持ちがいい。

Dscn2040_800x600

途中ではゲリラ豪雨的な大雨にも見舞われたものの、何とか山を下り、さらに進んでいくとこんな看板を発見したので思わず撮影。

Img_0879_800x794

「戸次河原合戦」おおっ!このあたりは以前「おにぎりあたためますか」(HTB)で大泉洋さんや戸次重幸さんがおとずれた戸次地区であった。
大分駅まで戻り車を返却後、ライブ会場へ向かうために大分駅のホームへ上がると、2本向こうのホームに金色に輝く車両が見えた。

Img_0880_600x800

あれは!JR九州が誇るD&S列車の一つ「或る列車」である。隣のホームへ急いで移動し写真撮影。

Img_0886_800x600

スイーツには興味ないが、この車両にはいつの日か乗ってみたい。
というわけで、この旅では十分すぎるほどの「鉄分」補給をすることが出来た。この夏、さらなる「鉄分」補給の旅に出かけることができればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.22

南阿蘇鉄道トロッコ列車

Img_0861
南阿蘇鉄道のトロッコ列車に乗車。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.11

2017年GWの記録(5)金沢・氷見・能登をぐるっと回る

GW6日目の5月4日。宿の無料朝食コーナーの大行列を横目に朝食は取らずに宿を出発。金沢駅へと向かう。
駅で本日と翌日使用する切符を購入。

Dscn1680

北陸トライアングルルートきっぷである。JR七尾線・氷見線・城端線とIRいしかわ鉄道金沢駅からあいの風とやま鉄道高岡駅間、のと鉄道と、高岡と和倉温泉を結ぶバス「わくライナー」が2日間乗り放題となるきっぷである。
まずはIRいしかわ鉄道に乗車、あいの風とやま鉄道高岡駅を目指す。

D6da39b1675f436497effdc7f545d264__2

高岡駅からはJR氷見線に乗り換え、終点の氷見駅へと向かう。

Dscn1617_800x600氷見駅からは歩いて移動。やってきたのは道の駅。

Dscn1623

宿で食べられなかった朝食をこちらでいただこうと思いやってきたのだが、ものすごい行列!一応並んでみたのだが、まったく列が進まない。店内を見ると席は空いているのだが、供給側の人手が全く足りていない様子だったので、ここでの朝食はあきらめて、ほかの店ですぐ手に入れられるものを購入して朝食とする。
まずはこの2品。

12ea62130a1c480da4c798390ecf9204_60

512d21c45094467b8ca4daa074ddc128_60 

氷見牛のにぎりと氷見牛焼き串である。どちらも各々500円。
そして別の店からもう一品。

3928c2e2f7904090afe78858bb301c8e_80

天然岩ガキである。こちらはお値段800円。
3品とも美味・美味・美味であった。
続いては、バス「わくライナー」で七尾駅へ移動する。

A43e89a6863b4dcb87da0f8ca3cea456_60

七尾駅からは。JR七尾線・のと鉄道に乗り換える。

Dscn1626_800x600

終点の穴水駅から先は、輪島駅方面が2001年、蛸島駅方面が2005年に廃線となっている。駅から少し歩いて廃線跡が残っていないか見に行ってみる。

Dscn1638_800x600

橋脚が残っていた。
再び駅まで戻り、次に乗車するのはこちら。

Dscn1651_800x600

観光列車「のと里山里海号」である。事前に予約が必要なのだが、空席があったので無事乗車することができた。車内はこんな感じ。

Dscn1657_800x600

Dscn1666_800x600 

席に着くと、お土産物をいただく。

Dscn1685_800x600

Dscn1691_800x600 

出発すると、3か所のビュースポットで停車する。

Dscn1692_800x600

Dscn1702_800x600

Dscn1709_800x600

ビュースポット以外にも、見どころを車内アナウンスで案内してくれる。

Dscn1698_800x600

Dscn1700_800x600

能登中島駅では、保存されている鉄道郵便車を見ることができる。

Dscn1714_800x600

ちなみに5本ある「のと里山里海号」のうち、今回乗車した「4号」以外ではこの鉄道郵便車を見学する時間が設けられているとのこと・・・見学できず残念。
終点の一つ手前、和倉温泉駅で下車。駅舎内には、「花嫁のれん」が展示されており、実際に通れるようになっている。

Dscn1720_800x600

というわけで、ここから乗車するのは観光列車「花嫁のれん」である。

Dscn1726_800x600

2両編成の車内のうち、1両は半個室の席が並ぶ。

Dscn1735

Dscn1736_800x600

今回乗車する車両は、普通の席のほかに窓側に向いた席も用意されており、そちら側に座る。

Dscn1730_800x600

車端部は金箔がふんだんに使われている。

Dscn1729_800x600

終点の金沢まで乗車し、続いて本日の宿へ向かうため再びIRいしかわ鉄道に乗り換える。

Dscn1755_800x600

朝も訪れた高岡駅で城端線に乗り換え。

E56baa01a63b4b758dda785669fd32d8_80

一駅先の新高岡駅で下車し、この日はここで一泊。
翌日、GW7日目の5月5日。
新高岡駅から城端線の終点城端駅まで乗車。

Dscn1760_800x600

左のハットリくん車両で高岡駅に戻り、あいの風とやま鉄道に乗り換えるのだが、やってきた電車は2両編成。すでに満員の車内にホームいっぱいの乗客が乗り込み、車内は通勤ラッシュ並みの混雑。それが終点の金沢駅まで続いた。
すっかり疲れてしまったので、これ以上の旅を続けるのはやめにして、一路帰宅の途へ。旅の最後のランナーはこちら。

Bdecce11bfb742beb614453ef3b1363b_60

大阪行きの特急サンダーバードである。始発駅ということもあって、無事に席を確保し、終点大阪まで乗車。夕方早い時間に自宅へたどり着くことができた。

GWの残り2日間は、旅の疲れを取るべく休息にあて、2017年のGWは終了となった。
久しぶりのGWということで、かなり満足のいく旅ができたのはよかったのだが、少々散在し過ぎた。しばらくおとなしくしていなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

2017年GWの記録(4)太平洋から日本海へ寄り道しながら移動する

松坂屋静岡店を後にして、向かったのは静岡鉄道新静岡駅。ここから静岡鉄道に乗車する。

28219cb8190948b6a7ada648102b7145pho

終点の新清水駅からJR清水駅へと徒歩で移動する途中で、魚市場に立ち寄り。ここで昼食をいただく。

0feeb7969a9c4be7a8da62bd20ed521epho

マグロ・桜エビ・シラスの入った「清水丼」、魚の煮つけとお味噌汁までついて税別980円はかなりお得!!もちろん美味であった。
清水駅から東海道線に乗り込み、富士駅へ。ここからは身延線に乗車する。

Dscn1529_800x600

232ccdb3ac094c67b9423e80acf30ab3__2

車窓に富士山を眺めながら、甲府駅まで乗車。ここからは中央線に乗り換えて松本駅へ。

Dscn1531_800x600

この日は松本駅近くの宿で一泊となった。

GW5日目の5月3日。
宿を出て松本駅へ。ここから乗車するのは、アルピコ交通上高地線。

Dscn1532_800x600

終点の新島々駅まで乗車。

Dscn1533_800x600

この先は1985年に廃止となっている。折り返しの時間を利用して廃線跡をたどってみる。

Dscn1535_800x600

Dscn1550_800x600_2

Dscn1537_800x600_2

路盤や鉄橋、踏切の跡などを見て回り、最後は新島々駅の向かいに保存されている島々駅の駅舎を外から見学。

Dscn1551_800x600

そうこうしているうちに折り返しの電車の発車時刻が近づいてきたので乗車し、松本駅へと戻る。松本駅からはJRに乗り換えて篠ノ井駅へ。

Dscn1555_800x600

篠ノ井駅からはしなの鉄道に乗車。

Dscn1559_800x600

車窓からは以前使用されていた165系も見ることができた。

Dscn1558_800x600

上田駅で下車し、少し街中を歩いてみる。まず向かったのはこちら。

Dscn1564_800x600

Dscn1569_800x600上田映劇である。映画「青天の霹靂」で浅草の演芸ホールとして使われ、そのままの状態で残っている。

2af97cb2ce9047268392701dbca91563__2

少し前に放送された「モヤモヤさま~ず2」の3時間特別番組でも紹介されていた大泉洋さんの看板も発見することができた。
続いて、商店街のほうへ向かい、「モヤさま」特番だけでなく、「火曜サプライズ」で大泉さんも紹介していた「檸檬」を見に行ってみた。

Dscn1570_800x600

お昼時ということもあるが、ものすごい人である。立ち寄ることなく、上田城の方へ向かうことにする。途中これも「モヤさま」特番で紹介されていたまちなかキャンパスを発見。

Dscn1571_800x600

さま~ずの2人と大江さんのコメントの横に大学生が描いた3人の似顔絵、よく似ている。
歩くことしばし、上田城の入り口に到着。

Dscn1576_800x600

一応門をくぐって中に入ってみたのだが人が多くてそれ以上奥へ行くことは断念。上田駅へ戻り、上田電鉄に乗車する。

Dscn1560_800x600

Dscn1581_800x600_2

Dscn1585_800x600車内には真田家の歴史などが掲出されていた。
終点の別所温泉駅で下車。

Dscn1597_800x600

Dscn1598_800x600

Dscn1599_800x600レトロな雰囲気の駅舎である。
駅の横には、「丸窓電車」が保存されている。

Dscn1586_800x600

以前訪れた時よりもきれいに整備されていた。
次の電車までの時間を利用してお昼ご飯を食べようとふらふら歩いていると、こんな看板を発見。

Dscn1589_800x600

「おしぼりそば」・・・気になる。看板の指し示す道をたどっていく。するとさらに看板が。

Dscn1590_800x600

Dscn1591_800x600

Dscn1593_800x600

Dscn1595_800x600

Dscn1596_800x600なんとかお店に到着。早速「おしぼりそば」を注文。

71d69551e61b42b4b11ca862b4015b52__2

辛味大根のしぼり汁に味噌を加えたものにそばをつけていただく。辛味がすごいがうまい!
食べ終わると電車の時間が近づいていたので急いで駅へと戻る。
駅には「丸窓電車」をイメージした装飾の車両が入線していたので乗り込み、上田駅へと戻る。

Dscn1604_800x600

Dscn1600_800x600

Dscn1601_800x600上田駅から再びしなの鉄道に乗車して、軽井沢駅へ。折り返しの時間を利用して、旧軽井沢駅舎を観に行く。

Dscn1609_800x600

以前は、駅舎を記念館として利用していたらしいのだが・・・

Dscn1610_800x600

2017年3月31日をもって閉館したとのこと。閉館までに来たかった・・・ホーム跡には、電気機関車などが展示されているが、近くで見ることはできない。

Dscn1614_800x600

残念な気持ちを引きずりながら、再びしなの鉄道に乗車し、一気に長野駅まで戻る。
長野駅からは北陸新幹線に乗車。

Dsc_0502

これで一気に金沢駅まで行き、この日は金沢で一泊。太平洋から日本海まで、寄り道しながらも2日間で縦断する旅となった。
旅はまだ続いていくのだが、それはまた次の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

可部線延伸区間&廃線区間に行ってきた

2017年3月のダイヤ改正の個人的な目玉だったのが、JR可部線の延伸である。一度は廃線になった区間の一部が復活するというこれまでにないパターンの新線開業ということで、早いうちに乗りに行かねばと思い、3月の半ばに乗りに行ってきた。

まずは在来線と新幹線を乗り継いで広島へ向かう。

Img_0239_600x800

Img_0240_600x800

Dsc_0438_600x800

到着が夜になったので可部線の乗車は翌日とし、この日は広島で一泊することに。というわけで、夕食はこちらをいただく。

Img_0245_800x737

広島といえばやはりお好み焼きである。久しぶりに食べたのだがやはり美味であった。

翌日、いよいよ可部線に乗車する。まずは新たに終点となったあき亀山駅まで一気に乗車。

Dscn1333_800x600

Dscn1334_800x600

Dscn1339_800x600

Dscn1338_800x600

駅舎を出て、少し歩くと可部線の廃線跡を見ることができた。

Dscn1341_800x600

次に延伸区間の中間駅である河戸帆待川駅まで歩いて移動。

Dscn1358_800x600

Dscn1359_800x600

延伸区間の乗車ができたので、今度は廃線跡を巡ってみようと、レンタカーを借りて移動開始。

続きを読む "可部線延伸区間&廃線区間に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.25

神岡鉄道「おくひだ1号」1日だけ復活!

富山県の猪谷駅と岐阜県の神岡町を結んでいた旧神岡鉄道の気動車「おくひだ1号」が1日だけ復活し、廃線区間の一部を走行するとの発表があった。
記事によれば、廃線後も保管されていた「おくひだ1号」が、2016年12月に鉄道会社や自動車整備会社の関係者の協力により、走行可能な状態に整備が行われたそうで、2017年4月8日の1日だけ一般公募の乗客200人を乗せて旧神岡鉄道奥飛騨温泉口-神岡大橋間0.7キロを5往復するとのこと。
旧神岡鉄道といえば、廃線後に線路上を自転車で走行する「レールマウンテンバイクガッタンゴー」の運営が開始され、現在年間で4万人以上の利用があるという。これに加えて、実際に走行していた気動車が「動態保存状態」となれば、さらに集客力が増すのは間違いない。
1日だけの復活日に乗車しに行くことは難しそうだが、レールマウンテンバイクは一度乗ってみたいと以前から思っていたので、今年中に何とか訪れることができればと思う。
また、廃線を観光に生かしている全国の事業者が連携する「日本ロストライン協議会」を設立し、復活日に調印式を実施するとのこと。すでに小坂鉄道レールバイク(秋田県)や高千穂あまてらす鉄道(宮崎県)の参加が決まっているそうで、その他の事業者もうまく連携することで、鉄道を楽しむ旅のバリエーションがどんどん広がってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.16

増毛駅なき今、聖地はこちらへ・・・銚子電鉄「髪毛黒生駅」、特別列車も運行へ

2016年12月4日の営業を最後に、JR北海道の留萌本線留萌駅―増毛駅間が廃止となった。

2005_1020matsurihokkaido_trip0067_6

2005_1020matsurihokkaido_trip0074_8

増毛駅といえば、留萌駅構内にこんな看板も出ていたほど「髪の毛」が気になる方にとっての「聖地」ともいえる駅であった。

2005_1020matsurihokkaido_trip0090_8

そんな増毛駅なき今、新たな「聖地」となっている(?)のが、銚子電鉄の笠上黒生駅である。

2007_0609tetsuko_tour0043

この駅は、ネーミングライツにより「髪毛黒生駅」の愛称がつけられている。このネーミングライツを持っているヘアケア用品メーカー「メソケアプラス」が、今度は電車とコラボレーション!その名も「黒髪祈願号」を期間限定で運行することになった。

この列車には、「黒髪祈願」のヘッドマークが取り付けられており、運行期間は2017年1月23日より2月27日まで毎週2日 (期間中合計12日間)。

1/23(月)、1/30(月)、2/5(日)、2/13(月)、2/19(日)、2/26(日)は、1日16往復、1/24(火)、1/31(火)、2/6(月)、2/14(火)、2/20(月)、2/27(月)は、1日7往復運行されるとのこと。詳しい運転時刻は、銚子電鉄のウェブサイトに掲載されている→専用時刻表
ネーミングライツの運用が始まって以降、銚子電鉄には乗っていないので、スケジュールが合えば「黒髪祈願号」の運行中に駅名看板を見に行きたいと思う(ちなみに個人的には「髪の毛」は気になるところはない、今のところ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.14

SL列車で「静岡おでん」を楽しむ「おでん列車」期間限定で運行中!

毎日SL列車が走ることで有名な静岡県の大井川鉄道が、静岡名物「静岡おでん」を車内で楽しめる列車を期間限定で運行している。
記事によれば、SL急行「かわね路号」に連結されたお座敷客車内において、静岡おでんやお弁当、缶ビールなどが提供されるとのこと。
運転日は、2017年1月14日(土)から3月5日(日)までの土曜・日曜(2月11日(土)を除く)計15日間。行程は、金谷駅発11時24分の普通列車に乗車し、新金谷駅11時52分発のSL急行「かわね路号」のお座敷車両に乗車。千頭駅に13時9分に到着。帰路は自由な時間に帰ることができる。
気になるお値段は、おとな1名6000円、こども1名4500円で、往復の乗車券(フリー切符)と往路のSL急行券、静岡おでん(6品)、お弁当、缶ビールとペットボトルのお茶1本(こどもはペットボトルジュース1本)、保険代が含まれている。
募集人員は各日30名で、10名以上で出発決定になるとのことだが、本日(1月14日)の時点で残り13日のうち満席が3日間、残席わずかが6日間、残席ありは2日間となっているので、早めの予約が必要と思われる。なお申し込みは、電話でのみの受付となっている。詳しくはこちらのページから→【2017年1月~3月】 SLおでん列車の旅 が今年も開催!! 【15日程限定です】
SL・お座敷客車・静岡おでんと一度に3つも楽しめるこの列車、参加できる日程がないのが残念だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.13

今度こそ実現!?阿佐海岸鉄道DMV導入なるか?

JR北海道が開発し、実験的営業も行った(乗車した時の記事はこちら)ものの、諸事情により開発が停止してしまったDMV(デュアル・モード・ビークル)が、徳島の阿佐海岸鉄道で実用化されるかもしれない。
阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造 (マイナビニュース鉄道ニュース速報)
記事によれば、2017年1月4日に徳島県知事が年頭の記者会見においてDMVの実用化を語り、今年度中に車両の企画などを詰め、来年度の予算に車両製作費を計上する考えとのこと。
DMVが導入されるという路線は、海部駅と甲浦駅を結ぶ第三セクター・阿佐海岸鉄道阿佐東線。2016年5月に開催された「第1回阿佐東線DMV導入協議会」の資料(PDF)によれば、DMVの鉄道走行区間は、海部駅よりひとつ徳島寄りのJR牟岐線阿佐海南駅から阿佐東線の甲浦駅までとなっており、阿佐海南駅ではJR線とDMV専用線に分離され、甲浦駅は現在の高架ホームの先に鉄道から車へ切り替えるためのモードチェンジ施設を作り、さらに地上まで道路を延ばし、そこからは「車」として一般道を走行。終点は室戸岬になるとのこと。室戸岬まで来れば、その先バスを乗り継ぐことで、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の奈半利駅まで行くことができ、未成線である「阿佐線」を乗り継いでいくことができる。これは「鉄」にとってはかなりうれしいことである。
5年以内の運行開始を目標にしているとのことなので、実現したら必ず乗りに行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.24

旅の帰りに「都心からいちばん近い蒸気機関車」に乗ってみた

博多駅から上越妙高駅までの「旅」を終えて(記事はこちら)、時刻は20時過ぎ。ここからまた新しい旅を始めることになる。
まずは、えちごトキメキ鉄道妙高はねうまラインに乗り換える。

Dscn0608_800x600

車両はJR東日本の115系だった。
直江津駅からは北越急行ほくほく線直通列車に乗り換え。

Dscn0609_800x600

六日町駅でJR上越線に乗り換え。

Dscn0613_800x600

越後湯沢駅で東京行最終の上越新幹線に乗り換え。

Dscn0614_800x600

23時前に高崎駅に到着し、駅近くのホテルでこの日は宿泊となった。
翌日朝、高崎駅から乗車したのはこちら。

Dsc_0131_600x800

Dscn0622_800x600

特急「スワローあかぎ」である。
乗車時間30分程で熊谷駅に到着。ここで秩父鉄道へ乗り換える。
1日乗車券を購入し、まずは羽生駅まで往復乗車。

Dsc_0132_600x800

熊谷駅まで戻り、30分ほど待って乗車したのは「SLパレオエクスプレス」である。

Dscn0631_800x600

入線時は電気機関車を先頭に推進運転で入ってくる。
「パレオエクスプレス」は、秩父鉄道の熊谷駅と三峰口駅を運行しているSL列車で、3月から12月の土日祝の運行が基本なのだが、この日(木曜日)は夏休み期間中でたまたま運行日となっていたので乗車することができた。

Dscn0652_800x600

Dscn0658_800x600

C58型蒸気機関車の後につながる4両の12系客車は、改装されているものの、ベースはあの懐かしい12系のまま。小学校の修学旅行の時に乗ったことを思い出しながら、ゆっくりと列車は進んでいく。

Dscn0657_800x600

途中長時間停車の駅もあったのだが、記念撮影の乗客でかなり混雑しているようなので、機関車の撮影は終点の三峰口駅に到着してからにした。

Dscn0688_800x600

Dscn0663_800x600

Dscn0666_800x600

Dscn0665_800x600

Dscn0669_800x600

Dscn0683_800x600

Dscn0685_800x600

SL撮影後は、三峰口駅に隣接する秩父鉄道車両公園に立ち寄り。

Dscn0681_800x600

Dscn0679_800x600

奥に置かれている車両は痛みが激しく近くへの立ち入りすらできない状態であったのは残念。
折り返しの電車で熊谷駅まで戻ろうと思っていたのだが、1時間ほど待ち時間があり、その前に西武秩父駅行のバスがあることを駅前のバス乗り場時刻表で見つけたので、こちらに乗車。

Dscn0697_800x600

バス出発後、それまで何とか持ちこたえていた天気が一気に崩れて大雨に。
雨の中走り続けること約30分、西武秩父駅に到着するころには雨は上がっていた。
ここから歩いて御花畑駅へ移動し、再び秩父鉄道に乗車。

Dscn0701_800x600

三峰口駅で乗車する予定だった電車よりも早い電車で熊谷駅へと戻ってきた。
熊谷駅へ戻るのが早くなったので、この後の行程も前倒ししようと、予定よりも早い電車に乗ったのだが、先ほどの大雨の影響で各線に運休や遅れが生じていることが判明。
この後の天気も不安だったこともあり、当初予定では浜松駅辺りまで在来線に乗るつもりだったのだが、小田原駅で新幹線に乗り換え、帰宅の途へとついた。
天候があまり良くなかったのは残念だが、以前から乗車したかったパレオエクスプレスに乗車することが出来てよかった。関東近郊では真岡鉄道でもSLが運行されているし、また2017年度には東武鉄道でもSLの運行が予定されている。こちらにもスケジュールを合わせてぜひとも乗車したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧