ハロープロジェクト

2021.02.15

2021年冬のハロコン@神戸国際会館に行ってきた

2021年2月14日、神戸国際会館こくさいホールにて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2021 Winter 〜STEP BY STEP」に行ってきた。
今回の神戸国際会館での2公演の出演者は以下の通り。
【昼公演】
ユニット① モーニング娘。’21(譜久村聖・羽賀朱音・横山玲奈・岡村ほまれ)/BEYOOOOONDS(一岡伶奈・島倉りか・江口紗耶・小林萌花)
ユニット② モーニング娘。'21(生田衣梨奈・佐藤優樹・小田さくら・加賀楓・山﨑愛生)/つばきファクトリー(新沼希空・谷本安美・岸本ゆめの・小野田紗栞)
【夜公演】
ユニット③ モーニング娘。'21(石田亜佑美・野中美希・牧野真莉愛・森戸知沙希・北川莉央)/つばきファクトリー(山岸理子・浅倉樹々・小野瑞歩・秋山眞緒)

ユニット④ アンジュルム(竹内朱莉・佐々木莉佳子・伊勢鈴蘭・川名凜・松本わかな)/BEYOOOOONDS(西田汐里・高瀬くるみ・岡村美波・里吉うたの)
神戸国際会館でコンサートを観るのは2004年2月29日のモーニング娘。さくら組のコンサート以来(その時の記事はこちら)で約17年ぶり!
先月参戦したハロコンと同様、入場時には追跡システム登録、検温、消毒があり、席も1つずつ間隔を開けての着席、声援はなし、拍手と手拍子での観戦となった。
昼公演の個人的な目玉はモーニング娘。’21羽賀朱音さん、BEYOOOOONDS一岡伶奈さん、小林萌花さんの3人によるカバー曲。先月のオリックス劇場で聴いたときよりも更に良くなっていたように感じた。
夜公演もチケットを持っていたので参戦する予定だったのだが、この日の夜にLovelysの配信があったため、昼のみの参戦となりこれで今回の冬のハロコン参戦は終了。6ユニット+ハロプロ研修生ユニットを一通り観ることができた。
3月からは春のハロコン「花鳥風月」が始まる。花・鳥・風・月の4ユニットに別れて行われるのだが、欠席メンバーのいる公演も結構あり、全ユニットを一通り観るためには関西圏以外にも遠征しなければならない。先日発表のあったファンクラブ先行では3/21オリックス劇場の昼公演(月ユニット)が落選したため、ファンクラブ先行の2次受付で申し込むか、5/30のオリックス劇場夜公演を申し込むか、一般発売にかけるか、悩むところではあるが、何とか各ユニット1回は観に行けるようにしたいと思う。

| | コメント (0)

2021.01.30

2021年冬のハロコン@オリックス劇場に行ってきた

2021年1月23日・24日の2日間、オリックス劇場にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2021 Winter 〜STEP BY STEP」に行ってきた。
今回のハロコンはハロプロメンバーを6つのユニットに分割し、2ユニットずつの組み合わせで行われる。また一部の会場ではハロプロ研修生ユニットも出演する。
各ユニットのメンバーは以下の通り(敬称略)。
ユニット① モーニング娘。’21(譜久村聖・羽賀朱音・横山玲奈・岡村ほまれ)/BEYOOOOONDS(一岡伶奈・島倉りか・江口紗耶・小林萌花)
ユニット② モーニング娘。'21(生田衣梨奈・佐藤優樹・小田さくら・加賀楓・山﨑愛生)/つばきファクトリー(新沼希空・谷本安美・岸本ゆめの・小野田紗栞)
ユニット③ モーニング娘。'21(石田亜佑美・野中美希・牧野真莉愛・森戸知沙希・北川莉央)/つばきファクトリー(山岸理子・浅倉樹々・小野瑞歩・秋山眞緒)
ユニット④ アンジュルム(竹内朱莉・佐々木莉佳子・伊勢鈴蘭・川名凜・松本わかな)/BEYOOOOONDS(西田汐里・高瀬くるみ・岡村美波・里吉うたの)
ユニット⑤ アンジュルム(川村文乃・上國料萌衣・笠原桃奈・橋迫鈴・為永幸音)/Juice=Juice(高木紗友希・稲場愛香・井上玲音・松永里愛)
ユニット⑥ Juice=Juice(金澤朋子・植村あかり・段原瑠々・工藤由愛)/BEYOOOOONDS(前田こころ・山﨑夢羽・清野桃々姫・平井美葉)
ハロプロ研修生ユニット(米村姫良々・石栗奏美・窪田七海・斉藤円香)
今回のオリックス劇場での4公演の出演者は以下の通り。
1/23昼 ③⑤
1/23夜 ①②
1/24昼 ③⑥
1/24夜 ①④
すべての公演にハロプロ研修生ユニットが出演していた。
昨年のハロコンと同様に万全の対策が講じられており、入場時には追跡システム登録、検温、消毒があり、席も1つずつ間隔を開けての着席、声援はなし、拍手と手拍子での観戦となっていたが、昨年とは異なりハローのオリジナル楽曲がメインということもあってか、明らかに観客数は多く、3階席にも観客の姿が見られた。
では4公演まとめていつものように感想などを箇条書きで。
・ステージ上には照明のみ設置、モニターもなし。
・1曲目の全員歌唱からハローの楽曲なのが嬉しい。
・ハロプロ研修生ユニットは4公演とも異なる楽曲を披露。研修生オリジナルだけでなくハローのカバーもあり、最初からテンションを上げることができた。
・各グループのオリジナル曲披露は全員揃わないため歌割りも変わっており、意外性があって楽しめる。
・ユニット毎のハロー楽曲カバーは個々の歌唱力がUPしていることもあって例年以上に聴き応えがある。
・さらに森高千里さん、KANさん、古内東子さん、スターダスト・レビューのカバー曲披露あり。いずれもアップフロント関連(元所属含む)アーティストのカバーで、昨年秋のハロコンでのJ-POPカバーを聴いていて「いや、アップフロント縛りでもいいやん!」と思っていた事務所ヲタ(笑)としては大変嬉しい限り。
メンバーもヲタも「声援なし」「手拍子拍手のみ(+サイリウム)」の参戦スタイルに慣れてきた感じもあり、かなり満足度の高いハロコンとなった。
ただ一つだけ物足りなさを感じた点は、オープニングアクトである。大阪でのハロプロのホールコンサートといえば、Lovelysのオープニングアクトとコンサート前後のチケット・CD手売りはあって当然と言っても過言ではない。2021年2月20日、約1年ぶりに有観客での単独ライブを行うLovelys、今年中にハローの現場で観ることができるようになることを願っている。

Img_7687
この場所にりーたんさんとさきぴょんが普通にいるコンサートを観られる日が来ますように・・・。

| | コメント (0)

2021.01.03

2020年ヲタ活を締めくくるライブ&ライブビューイングを観た

2020年12月30日、中野サンプラザで行われた「Hello! Project 2020 COVERS ~The Ballad Best Selection~」2公演、12月31日同じく中野サンプラザで行われた「Hello! Project Year-End Party 2020」3公演の合計5公演を観た。
ファンクラブ会員先行チケットで全公演のチケットを申し込んでいたが、当選したのは30日の2公演と31日の第1部のみ。31日の第2部、第3部は映画館でのライブビューイングチケットを確保し、何とか全公演参戦できることになった。
まず30日の公演については今年の夏から行われてきたJ-POPカバーのコンサートの集大成とも言うべき内容で、メンバーを2組に分けて各々が1曲ずつ披露する形。これにより12月20日までのコンサートで観ることができなかったEYOOOOONDSの高瀬くるみさん、島倉りかさん、西田汐里さん、里吉うたのさんの4名の歌も聴くことができた。
「Best Selection」ということで各メンバーがこれまで歌ってきた楽曲の中から選りすぐりの1曲が披露されたわけだが、「やっぱりこの曲だよな!」「おお!こっちの曲か!」とか「あっちの曲のほうが好きかも」などと感じながら全員の曲を堪能。
31日の公演は各グループがオリジナルの楽曲を披露するとともに、12月2日の日本武道館公演と同じく2つのグループから選抜したメンバーによるユニットでのハロプロ楽曲披露もあった。2021年冬のハロコンもおそらくこのユニットによる楽曲披露の形が続いていくものと思われる。それに加えてゲストによる楽曲披露が行われ、これは例年のカウコンと同様であった。また、上々軍団が各部のMCとオープニングアクトを担当。友情3部作の最終章「号泣」はセリフ部分で多少おふざけがあるもののその他は普通にいい曲。いつかまたLovelysとの共演も観てみたいところである。
第1部では、モーニング娘。’20「純情エビデンス」、アンジュルム「SHAKA SHAKA TO LOVE」「限りあるMoment」、つばきファクトリー「イマナンジ?」、BEYOOOOONDS「Now Now Ningen」といった新曲の生パフォーマンスを観ることができた。Juice=Juice「ポップミュージック」も現場で聴いたのは初めてのような気がする。ゲストコーナーではBitter&Sweetが11月発売の新曲「だけど会いたい」、田中れいなさんはMy Little Lover「Hello, Again 〜昔からある場所〜」をカバー、高山厳さんはビリーバンバン「さよならをするために」をカバーされていた。
第2部のゲストコーナーではPINK CRES.がKiroro「未来へ」をカバー、鈴木愛理さんは「別の人の彼女になったよ」、堀内孝雄さんが河島英五「時代おくれ」をカバーされていた。
第3部ではモーニング娘。’20「ギューされたいだけなのに」、アンジュルム「ミラー・ミラー」、つばきファクトリー「断捨ISM」、BEYOOOOONDS「ビタミンME」といった新曲の生パフォーマンスを観ることができた。ゲストコーナーでは宮本佳林さんが「未来のフィラメント」、松原健之さんがBEYOOOOONDS小林萌花さんのピアノ伴奏で「雪風」、高橋愛さんが中島卓偉さんとともにKing Gnu「白日」のカバー、中島卓偉さんが「My Days for You」を披露されていた。
アンジュルム、つばきファクトリー、Juice=Juiceはメンバーに変更があったことから歌割りもいろいろ変わっており、今後別の楽曲もどんな歌割りになるのかが楽しみである。
例年の年をまたいだコンサートではなく、時間も短めではあったが、長い間観ることのできなかったハロプロのオリジナル楽曲のパフォーマンスを堪能することができた。
2021年もしばらくは厳しい状況が続くものと思われるが、様々な対策を講じながらコンサートは続いていくはずなので、観る側も万全の対策を講じて参戦していかなければと思う。

| | コメント (0)

2020.12.29

2020年秋のハロコン参戦記録

2020年秋に行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello! Project 2020 Autumn ~The Ballad~」、その参戦記録をここで振り返っておきたい。
まず、参戦公演は下記の通り。
2020年 9月22日 Zepp Namba 2公演
2020年 9月26日 サンポートホール高松 2公演
2020年10月10日 オリックス劇場 2公演
2020年10月11日 オリックス劇場 2公演
2020年10月12日 日本武道館 1公演
2020年11月 7日 オリックス劇場 2公演
2020年11月28日 あましんアルカイックホール・オクト 2公演
2020年12月 5日 長良川国際会議場 2公演
2020年12月 6日 神戸文化ホール中ホール 2公演
2020年12月20日 Zepp Namba 2公演
合計 10箇所 19公演
12月2日の日本武道館公演も参戦予定でチケットも手元にあったのだが仕事の都合で直前で断念し自宅のひかりTVで視聴となったのが悔やまれる。
19公演で1度も観ることが出来なかったハロプロメンバーは、BEYOOOOONDSの高瀬くるみさん、島倉りかさん、西田汐里さん、里吉うたのさんの4名、最も多く観たハロプロメンバーは、アンジュルム船木結さん、伊勢鈴蘭さん、つばきファクトリー岸本ゆめのさんの3人で各4回となった。
公演回数が増えるに連れて歌唱曲が変わったり、昼夜公演でセットリストが変わったり、その中で同じ曲を別のメンバーが歌唱したりと、参戦する度に楽しみが増えていき、当初参戦する予定のなかった公演も追加することになり、懐的には大変だった(苦笑)
2021年冬のハロコンはグループをユニットに分けた組み合わせとなっているので、果たしてどんな形のパフォーマンスになるか期待しながら待ちたい。

| | コメント (0)

2020.12.24

Lovelys合同バースデーライブを観た

2020年12月23日、OSAKA MUSEから配信されたLovelysの合同バースデーライブを観た。例年メンバーの誕生日当日あるいは前後で開催されるバースデーライブも昨今の状況下開催は難しく、八木沙季さん(以下さきぴょん)のバースデーライブはチケットを販売していたにもかかわらず中止、宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)も予定されていたライブが中止となってしまった。その代替ライブとして「合同バースデーライブ」という初の試みが行われることになったのだが、その内容はLovelysとしてのパフォーマンス、りーたんさん・さきぴょんそれぞれのプロデュースコーナーとソロコーナー、さらに単独ライブではおなじみの映像コーナー(「合同バースデーケーキを作ろう!」)もあり、内容盛りだくさんのとても充実した配信ライブであった。
セトリではBEYOOOOONDS「眼鏡の男の子」を2人でカバーするという暴挙(笑)や、ソロコーナーでりーたんさんが「candy pop love」を歌ったり(個人的にちゃんと聴いたのは初めてかも!)、こぶしファクトリー「消せやしないキモチ」Juice=Juice「好きって言ってよ」のカバーがあったり(個人的に好きな曲!)、もちろん「ヤケ石に雪」「戦う大人」「お願い魅惑のターゲット」「OH YEAH」「Merry-Go-Round」といったオリジナルの定番曲もしっかり入っていてとても楽しかった。
そして嬉しいお知らせとして、20201年2月20日に約1年ぶりの有観客単独ライブを開催することが発表された。2020年にアイドル活動10周年を迎えて開催予定だった10周年記念ライブがついに開催されることになったのである。開催場所はumeda TRAD、以前はAKASOという名前だったライブハウスである。この場所はりーたんさんの初ステージの場所であり、さきぴょんが4年前のバースデーライブで「りーたんさんをまた満員のAKASOに連れてい行きたい!」と公言した「約束の場所」でもある。Lovelysを応援するようになってから1年足らずの身ではあるがお二人の目標が叶う瞬間をこの目でしっかりと見届けたいと思う。

| | コメント (0)

2020.11.07

2020年秋のハロコン@オリックス劇場に行ってきたPART2(2020年11月)

2020年11月7日、オリックス劇場にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2020〜The Ballad〜」に行ってきた。
出演メンバーは下記の通り。
生田衣梨奈さん、横山玲奈さん(以上モーニング娘。’20)、宮本佳林さん、工藤由愛さん(以上Juice=Juice)、新沼希空さん、浅倉樹々さん(以上つばきファクトリー)、前田こころさん、岡村美波さん(以上BEYOOOOONDS)の8名。
今回も昼夜2公演とも参戦したのだが、前回の大阪公演(10月)よりも観客は少なく、2階3階は閉鎖、1階も後方は空席となっていた中、自席は昼が下手前方、夜は下手やや後方で夜のほうが段差がある分見やすかった。というわけで昼夜2公演を観た雑感を箇条書きで。
・MCは前半が浅倉さん、後半が岡村さん。
・MCコーナーでの宮本さんのはっちゃけぶりに拍車がかかっていた!
・卒業前だから何でもありらしい(笑)
・生田さんもMCコーナーでは話を上手く膨らませていたのだが、大阪で行きたいところというテーマでUSJの話になり、年間パスポートを持っているとか、そのMCコーナーでUSJに行きたいと言ったメンバーをおごりで連れて行くなどと展開し始めたので、この流れで仲良しのLovelysの話が出るかと一瞬思ったのだが出ないままコーナー終了。
・Lovelysファンとしてはちょっと残念だったが生田さんとLovelysの関係性を知らない方も多いであろうハロコンの場、加えてオープニングアクトで登場したわけでもない状況でLovelysの名前が出ても微妙な感じになるような気もしたのでこれでよかったと思うことにする。
・昼夜公演でセトリの変更に加えて、1曲目と2曲目で衣装チェンジもあったのが以前の公演からの変更点。
・前田さんは夏のハロコン以来だったのだが、4曲ともとても良かった。
・今回初めて聴く曲もいくつかあったが、中でも岡村さんの歌った曲はご本人にとても似合っていた。
以前聴いた曲でも違う人が歌えば違った趣があるし、同じ人が歌えば確実にレベルアップしているし、何回参戦しても毎回楽しめるのがこの夏以降のハロコンの醍醐味だと個人的には思っている。次は月末の尼崎公演、昼公演がFC先行で外れてしまったのだが、無事一般発売でチケットを手に入れることができたので昼夜両方とも参戦する予定である。

| | コメント (0)

2020.11.01

Lovelys 4th Anniversary 単独配信ライブを観た

2020年11月1日、大阪スクールオブミュージック専門学校から配信されたLovelysの単独配信ライブ「Lovelys 4th Anniversary」を観た。
2020年3月以降、リアルな現場でのライブが行われない中、ハロープロジェクトオフィシャルショップ大阪店や他のアイドルさんとの合同ライブからの配信ライブはあったものの、本格的な音響・照明を入れた形での単独ライブは2019年11月28日の梅田クラブクアトロ以来である。というわけでこれまでの配信ライブはブログに書かなかったのだが、今回はリアル現場の単独ライブと遜色ない内容だったのでここに記すことにした。
以下、いつものように箇条書きで。
・19時ちょうどに画面が切り替わり、SEとともに八木沙季さん(以下さきぴょん)渾身の編集によるオープニング映像が流れる。
・今のLovelysの二人と過去の写真が組み合わされたオープニング映像によって気持ちは一気に「単独ライブ」に引き込まれていく。
・「戦う大人」の衣装で登場したLovelysのお二人、宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)もさきぴょんもいつも以上に声が出ていて、1曲目から飛ばしていく!
・1曲目から音、映像、照明のすべてのクオリティの高さに驚かされる!
・この後続くセットリストが本当によく練られていて、Lovelysが現在の体制になってからの4年間を一気に振り返るとともに、今年春以降ライブが出来なかった鬱憤を晴らしているようにも感じた。
・ハロプロの新たなカバー曲がCHICA#TETSUの「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」!個人的には「高輪ゲートウェイ駅ができる頃には」もぜひカバーしていただきたいのと、CHICA#TETSUに「ロンリネスロード」を歌ってもらうという「相互乗り入れ」(電車だけに!)的なことも妄想してみたり(笑)
・4周年記念メドレーの選曲がこれまた素晴らしい!
・そんなメドレー内の「ドレドレ」で入りを間違えるさきぴょん(苦笑)
・映像コーナー、4年前のりーたんさんはスゴイヤバい!
・映像コーナーの「体の張り方」は完全にお笑い芸人!(笑)
・そんな映像コーナー明けで「明日テンキになあれ」(こぶしファクトリー)とかズルいわ!
・最後は声を飛ばしてしまうほどがんばったさきぴょん!
・このセトリ現場でやられたら観てる方も体が持たないかもと思ったから声飛ばすのもわかる!
・そして事前に告知のあった嬉しいお知らせは12月23日20時〜「Lovelys合同バースデーライブ@OSAKA MUSE」(配信ライブ)開催決定!
・チケットの発売は11月5日21時からとのこと!すぐに買わなければなるまい!
・「ふたりはNS」でお互い向かい合ったときに感極まる表情を見せた二人にグッときたなあ・・・。
・ラストはおなじみ「OH YEAH」で締めくくり!
・「Lovelysホントはね」の後は「5年目もよろしく!」こちらこそよろしくお願いいたしますです!
約1時間20分ほどのライブはこれにて終了。この後2週間はアーカイブが残り何度でも観られるので何度も見返したい(というかこの記事を書くために早速見返した)。
そして12月23日の合同バースデーライブ!どんなセトリになるのかも楽しみだし、お二人のバースデーをしっかりとお祝いしたいと思う。

| | コメント (0)

2020.10.16

演劇女子部「アラビヨーンズナイト」を観てきた

2020年10月13日、こくみん共済coopホール/スペース・ゼロにて行われた演劇女子部「アラビヨーンズナイト」を観てきた。当初の公演予定(2020年4月)のときは予定が合わずチケットも取っていなかったのだが、今回は前日の日本武道館でのハロコン参戦に合わせてチケットを確保しての観劇となった。
取れた席は後列のため、入場開始時間も遅かったので色々時間つぶしをした後会場に到着。

Img_7055
中に入り自席につくと、後方ではあるものの舞台中央の正面で全体が観やすかったので「これは良い席だ」と思ったのだが、前日の日本武道館と違って右も左も前も後ろも観客でぎっしり詰まっている。以前なら当たり前の状況なのだが、この半年間で前後左右に空席がある状況に慣れたためだろうか、とても窮屈に感じる。途中で具合が悪くならないか少し心配になりながらの観劇となってしまったが、メンバーの特技やキャラクターがそのまま活かされた部分もあり、最後まで楽しみながら観ることができた。
公演が延期になったことで当初の演出から変更になった部分もあったそうなので、いつか元の演出での「アラビヨーンズナイト」も観てみたい。

| | コメント (0)

2020.10.13

2020年秋のハロコン@日本武道館に行ってきた

2020年10月12日、日本武道館にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello! Project 2020 Autumn ~The Ballad~ Extra Number」に行ってきた。

Img_7051

主演舞台の期間と重なるBEYOOOOONDSと活動休止中のメンバーを除くすべてのハロプロメンバーが一堂に会してのコンサート、観客を入れての大規模コンサートは2020年冬のハロコン以来およそ8ヶ月ぶり。また改修工事を終えたばかりの日本武道館での開催ということで平日ではあったが参戦することにした。
当日は座席エリアごとに集合時間が決められており、自席の2階スタンド南の集合時間は17時20分。その時間より少しだけ早く到着したところすでに入場可能とのことだったので、検温と手指の消毒を経て南側の入口から入場。会場内に入ると、センターステージということで中央にほぼ正方形のステージが設置されており、北側から花道が伸びている。天井からはモニターとスピーカーが東西南北4方向に吊り下げ設置されている。4方向どこからでも見やすいステージングではあるが、正面はやはり南側ということでなかなか良い席に当たったようである。
場内を見渡すと、流石に最上段付近は空席があるが、それ以外はアリーナはもちろん、各方向のスタンド、いつもならステージが設置されていて暗幕になっている北方面のスタンドにも結構人が入っている(席は1つずつ空けて着席)。
待つことしばし、18時ちょうどになると場内の照明が暗転、暗闇の中に無数のサイリウムの光が目に飛び込んでくる。いつものライブならここで大声援が飛び交うところだが今日は静寂のまま。それでもそのサイリウムの光景を見た瞬間にいつものライブが戻ってきたような気がした。
そして全国各地で行われているハロコンと同じくオーバーチュア、そして1曲目へと続くのだが、センターステージに向けて花道をハロメンが歩いてくる姿を見て更にテンションが上ううがる!
以降ハイテンション状態のまま(間の25分休憩も含めて)最後まで観続けたのだが、個人的に印象に残ったことなどを以下いつものように箇条書きで。
・休憩前のメンバーの中では佐々木莉佳子さん(アンジュルム)、小野田紗栞さん(つばきファクトリー)、野中美希さん(モーニング娘。’20)、北川莉央さん(モーニング娘。’20)の歌が以前聴いたときよりも心に響いた。
・そして小田さくらさん(モーニング娘.’20)は格が違いすぎる!
・そんな小田さんと高木紗友希さん(Juice=Juice)によるデュエットは圧巻過ぎてどう表現していいかわからない。歌い終わってお二人がはけていく間、拍手が鳴り止まないのも納得。
・25分休憩の間に登場した上々軍団はいつものブーイングもなく、新曲のバラード「号泣」を熱唱。これがちゃんとしたいい曲!
・休憩明けの段原瑠々さん(Juice=Juice)がこれまた素晴らしい!再びライブの世界へと引き込まれる。
・高木さんのソロも小田さんソロに負けずとも劣らない!
・伊勢鈴蘭さん(アンジュルム)、秋山眞緒さん(つばきファクトリー)、船木結さん(アンジュルム)と先日の大阪・オリックス劇場公演メンバーの歌のレベルアップが半端ない!
というわけで休憩を除くと約2時間半の公演は無事終了。規制退場も思いの外早く退場することができた。
メンバーによっては別の楽曲のほうを聴きたかったメンバーもいたし、何よりBEYOOOOONDSのメンバー不在は心残りだったが、大きな会場で多くのファンの応援の中歌うハローのメンバーの姿を生で観ることができたのはとても良かった。12月2日には再び日本武道館での公演が行われるとのこと。そのときにはハローの楽曲も披露されるようなのでチケットが手に入ればぜひとも観に行きたい。

| | コメント (0)

2020.10.11

2020年秋のハロコン@オリックス劇場に行ってきた(2020年10月)

2020年10月10日と11日の2日間、オリックス劇場にて行われたハロー!プロジェクトのコンサート「Hello!Project 2020〜The Ballad〜」に行ってきた。
出演メンバーは下記の通り。
10日:小田さくらさん、牧野真莉愛さん、北川莉央さん、岡村ほまれさん(以上モーニング娘。’20)、船木結さん、川村文乃さん(以上アンジュルム)、新沼希空さん、秋山眞緒さん(以上つばきファクトリー)の8名。
11日:譜久村聖さん、佐藤優樹さん(以上モーニング娘。’20)佐々木莉佳子さん、伊勢鈴蘭さん(以上アンジュルム)植村あかりさん、段原瑠々さん(以上Juice=Juice)、岸本ゆめのさん、小野田紗栞さん(以上つばきファクトリー)の8名。
両日ともにメンバーが8名ということで1公演で1人が歌う曲数は2曲ずつだが、昼公演と夜公演で一部曲目が変更されていた。というわけで2日間4公演を観た雑感を箇条書きで。
【10日】昼夜ともに1階席で鑑賞。
・MCは前半が秋山さん、後半が船木さんと大阪コンビが担当。
・船木さんの回しが絶妙!北川さん&岡村さんの回答に対しての「私はいた?」の天丼!
・牧野さんの野球ネタは一切ブレがない!
・小田さんの歌が圧倒的に強い!
・北川さんの歌声の良さ&岡村さんの孫感、15期強い!
・船木さんのあの歌がついに聴けた!!
・川村さんスタイル良すぎ!
・秋山さん、新沼さんがいつもと変わらずだったので一安心。
【11日】昼1階席、夜2階席で鑑賞。
・MCは前半が植村さん、後半が小野田さん担当。
・MCは佐藤さんが絶好調!「私はおでんです」「普通の日本語を喋っているのは歌っているとき」「(今回のソロ歌唱で)新しい日本語が増えた」「鞘師さんに謝りたい」
・佐藤さんの秋に食べたい食べ物の説明を聞いた岸本さんのツッコミ「ミルクボーイさんでも分からない」
・譜久村さんのあの歌、歌詞に合わせて客席に目線とか手を差し出すとか、あれはズルい(笑)その他の歌も引き込まれる!
・佐藤さんの歌を袖で聞いていた段原さん泣く(T_T)
・その段原さんのあの歌に圧倒される!
・小野田さんの歌はキャラに合っているように感じた。
・植村さんちょっとしたトラブルも上手に乗り切る。
・昼夜で同じ歌を別の人が歌うパターンあり。
・伊勢さんの歌を佐々木さん、佐々木さんの歌を譜久村さん、それぞれ味わいが違ってとても良い!
今回の大阪2日間はメンバーはもちろんだが歌われた楽曲も自分好みのものがとても多く、大変満足できる内容であった。次は10月12日の日本武道館公演である。BEYOOOOONDSメンバーの出演がないのは残念だがセンターステージでの公演を生で観るのは初めてなのでとても楽しみである。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧