ハロープロジェクト

2017.05.22

Buono!のライブビューイングに行ってきた

2017年5月22日、横浜アリーナで行われたBuono!のライブに現地参戦できなかったので、ライブビューイングに行ってきた。Buono!のライブは2016年の武道館ライブもライブビューイングで見ておりこれで2回目となる。
平日のため定時まで仕事をこなし、すぐライブビューイングの会場へ移動。開演10分前に到着し、指定された席にて開演の時を待つ。
ここからは、いつものように箇条書きで。

続きを読む "Buono!のライブビューイングに行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

Juice=Juiceのコンサートに行ってきた

2017年5月21日、NHK大阪ホールで行われたJuice=Juiceのコンサートに行ってきた。Juice=Juiceの単独コンサートは2年前のNHK大阪ホール以来である(その時の記事はこちら)。

Img_0341

今回は夜公演のみの参戦。開場時間を少し過ぎてから、前日カントリー・ガールズのコンサートのために訪れた会場へ再び到着。席は昨日と同じ2階ファミリー席、やや上手寄りの席である。
ここからは、いつものように箇条書きで。

続きを読む "Juice=Juiceのコンサートに行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カントリー・ガールズのコンサートに行ってきた

2017年5月20日、NHK大阪ホールで行われたカントリー・ガールズのコンサートに行ってきた。

これまでライブハウスでのイベントには参戦したことがあるが、単独のコンサートは初参戦、さらに昼夜2公演連続参戦である。

Img_0338

2公演とも席は2階前方のファミリー席、ほぼ中央でステージ全体を俯瞰できる個人的ベストポジションであった。
ここからは、いつものように箇条書きで(2公演まとめての記載となる)。

続きを読む "カントリー・ガールズのコンサートに行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.03

2017年GWの記録(1)モーニング娘。'17のコンサートへ行く

2017年4月に人事異動で職場が変わり、それまでの土日祝勤務・平日休みの生活から平日勤務・土日祝休みの生活へと180度転換することになった。そして、4月末から5月にかけてのいわゆる「ゴールデンウィーク」と呼ばれる長期の休暇も10数年ぶりに取得できることとなった。さらに、連休のはざまにある平日2日も有給を使ってよいことになり、社会人になって初めてGW9連休を取得できることになってしまった。

さていったいどうやって過ごせばよいのか・・・すでに交通機関や宿泊施設の空きは限りなく少なくなっており、わずかな空きを探し出して予約しつつ、旅以外の楽しみも探しながらスケジュールを組んでいるうちにGWが始まってしまったので、まだ確定していない部分もありながら、あとは行き当たりばったりでいくことにした。
そんな2017年のGWのことを1日ずつ記事にしていこうと思う。
まずは初日である4月29日から。
午前中は家でゆっくりすごしたのち、午後遅い時間に家を出る。向かった先は京都。
GWの京都なんて、人込みだらけで普通なら行こうとは思わない場所である。しかし、向かったのはいわゆる観光地ではない。観光地の近くにあるコンサートホールである。
その名は「ロームシアター京都」、以前は「京都会館」という名称だったのだが、老朽化による改修・改築を経て、ネーミングライツによりこの名前になったとのこと。
そんな「ロームシアター京都」でこの日行われたコンサートとはこちら。

Img_0268

モーニング娘。'17である。本当は前週大阪で行われたコンサートに行きたかったのだがチケットを確保できず、こちらへの参戦となった。

会場に到着し、指定された席へ着く。3階の右サイド、ステージを見下ろすことができる席である。開演時間まで暇つぶしにスマートフォンでニュースを見ていると、なんとこの日の1回目の公演にて、10期メンバーの工藤遥さんが今秋のツアーでモーニング娘。ならびにハロー!プロジェクトを卒業し、女優の道へ進むとのこと!モーニング娘。は加入と卒業を繰り返すグループなので、いつだれが卒業してもおかしくはないのだが、やはり突然の発表には驚かされる。
いつものように各グループのCMが流れ、注意事項が流れ終わると、いよいよコンサートのスタートである。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。

続きを読む "2017年GWの記録(1)モーニング娘。'17のコンサートへ行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.23

女優・田村芽実さん夢への第一歩、主演舞台決定!

ハロー!プロジェクト(ハロプロ)を卒業したメンバーの進路はさまざまである。タレント、女優、アナウンサー、作詞家、もちろん一般人になった人もいる。ハロプロ全箱を推しているものとしては、卒業してからもそれぞれの道で活躍し、幸せになってほしいと願っているわけだが、そんな卒業したメンバーの中で、昨年5月末「ミュージカル女優」を目指すために卒業していった田村芽実(たむらめいみ)さん【元アンジュルム(旧スマイレージ)】の主演舞台が決定した!

田村芽実、「minako-」で本田美奈子.さん役に!抜群の歌唱力と表現力で大役つかむ (Yahoo!ニュース-サンケイスポーツ-)

元アンジュルム田村芽実が主演 本田美奈子.さんの軌跡を舞台化 (Yahoo!ニュース-スポニチアネックス-)

記事によれば、田村さんが出演する舞台「minako―太陽になった歌姫―」で演じる役は、主役の本田美奈子.さん役。本田さんといえば、1985年に「殺意のバカンス」でデビュー、同期には斉藤由貴さん、中山美穂さん、南野陽子さん、森口博子さん、芳本美代子さん、井森美幸さん、浅香唯さん、石野陽子さん、松本典子さん、森川美穂さんなどがいる。1986年には「1986年のマリリン」でそれまでのイメージを一変させたり、1988年にはMINAKO with WILD CATSを結成するなど、当時のアイドルとしては画期的な活動を行ってきた。その後、1990年にミュージカル「ミス・サイゴン」のヒロイン役で注目され、ミュージカル女優として大活躍されていたのだが、残念なことに38歳の若さでこの世を去っている。
田村さんは以前より本田さんのファンであることを公言しており、彼女の夢の第一歩が本田さんの役というのは、何かの縁を感じずにはいられない。
公演は2017年5月17~21日に東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で上演されるとのこと。
休みのタイミングとチケットの確保ができれば、観に行きたいと思う。
舞台「minako-太陽になった歌姫-」公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.12

「モーニングコーヒー」ならぬ「モーニングみそ汁」飲もうよ♪マルコメ×モーニング娘'17のコラボ企画始まる

昨年13期メンバー2名を加え、13名体制となったモーニング娘。'17が、味噌でおなじみのマルコメとコラボした商品その名も「モーニングみそ汁」を発売することになった。
記事によれば、朝食にみそ汁が登場する機会が減っている中、朝のテーブルにみそ汁を置くために、朝ごはんにマッチする商品を生み出そうということで、“朝の象徴”といえるアイドルグループ=モーニング娘。と完全コラボレーションすることを企画したとのこと。
マルコメのウェブサイトにはすでに特設サイト「marukome×モーニング娘。'17 モーニングみそ汁、飲もうよプロジェクト」が設けられており、今回発売される4種類のモーニングみそ汁が掲載されている。
プレスリリースを見ると、モーニング娘。'17の一人ひとりのイメージカラーやキャラクターを味噌汁の具材と結びつけ、それぞれ説明も記載されているのだが、この内容がメンバーのことをよく知らないと書けないような説明になっているところが面白い。
例えば、12期の牧野真莉愛さんの具材「おふ」では「LOVEりんなふわふわ触感!」と、彼女が良く使うフレーズ「まりあんLOVEりん」から採られていたり、10期の工藤遥さんの具材「かぼちゃ」では「ほくほく感どぅ~!」とこちらも彼女が良く使うフレーズ「工藤感どぅ~!」から採られている。
商品の発売は2017年3月下旬、全国のコンビニエンスストア(一部を除く)で販売されるとのこと。娘。ヲタ(あるいはハロヲタ)にとって、マルコメさんは「わが軍」として認定されたので(笑)、発売当初からかなり売れていくことは間違いないだろう。
特設サイトには「プロジェクトは随時更新予定!COMING SOON」とあるので、今後何らかの動きがあるものと思われる。以前あったカゴメの野菜生活のようにアプリやプレゼントなど様々な展開を期待したいところである。
なお、商品発表会ではモーニング娘。のメジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」をリメイクした「モーニングみそ汁」が披露された。
オリコンニュースさんの動画ではフルコーラスで視聴することができる(ありがたい)。
当然のことながら「生歌」であり、「ハモリ」もばっちり。CD化の予定もあるとのことなので、こちらも期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.09

2017年ヲタ活展望

今日は昨年(2016年)ハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)の現場(ライブ・舞台・イベント等)への参戦記録を振り返るとともに、今年(2017年)のヲタ活展望を考えてみようと思う。
ブログ記事にしていないものも含めて参戦したのは以下の通り。
8月 ハロコン@福岡
8月 Buono!Festa(ライブビューイング)
9月 UTB NIGHT@恵比寿<カントリー・ガールズ>
10月 演劇女子部「モード」<アンジュルム>
11月 モーニング娘。'16@大阪(昼夜2公演)
上期は参戦数0、下期は何とか挽回したものの、前年よりも1つ現場数が少ない。2017年は最低でも昨年並み、できればそれ以上に参戦数を増やしたいところである。

さて、2017年上期は、ハロプロにとって大きな動きが2つある。一つは℃-uteの解散、もう一つは嗣永桃子さんの卒業である。
℃-uteについては、ラストのさいたまスーパーアリーナ公演の日取りが2017年6月12日月曜日に決定した。平日それも仕事の都合上休めない月曜日に設定されたことで、現場参戦の目は全くなくなってしまった。ライブビューイングがあることを期待したい。
嗣永さんについては、3月の「ひなフェス」で「嗣永桃子プレミアム」と題したメイン公演が決定している。公演日は2017年3月26日日曜日11時の公演となっており、これまた仕事が休めない日曜日設定ということで現場参戦を断念せざるを得ない。今後6月末の卒業までに、参戦可能な何らかの公演が行われることを期待したい。
そのほかのグループでは、先日13期メンバーが加入したモーニング娘。'17はぜひとも観ておきたいし、念願の日本武道館公演を成功させたJuice=Juiceも一昨年以来単独公演は観ていないのでこちらも観ておきたい。
リーダー和田彩花さんがハロプロリーダーとなったアンジュルムも、昨年はハロコンと舞台のみで単独公演は見ることができなかったので今年は単独公演を観に行きたい。
カントリー・ガールズは、プレイングマネージャー嗣永さんの卒業もあるので、卒業前と卒業後どちらも観ることができればベスト。
こぶしファクトリーはハロコンでしか観たことがないので、こちらも単独公演を観に行きたいし、今年ついにメジャーデビューするつばきファクトリーももちろん観にいかねばならないだろう・・・などといっていると、いくら時間とお金があっても足りない(苦笑)ハロDDのつらいところではあるが、全てを網羅できなくても、タイミングが合えばどのグループでも観ることができれば満足できるのはハロDDのいいところだと思うので(笑)今年もゆるゆるヲタ活していくつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.24

1泊2日東京で「ヲタ」分補充+αの旅

2016年9月22日は「秋分の日」。祝日だが、木曜日で仕事は休み。何をしようかと調べてみると、東京でカントリー・ガールズが出演する「UTB NIGHT」というイベントが行われることが分かり、チケットもまだ販売されていたので早速購入。
「せっかく東京に行くのなら、ついでにどこかに行ってみよう」
と計画を練り、往復の足と宿も無事に確保。出発は仕事の都合上、前日の夜となった。

まずは新大阪駅から新幹線で一路品川へ。

Img_20160921_194525_649x800

休日前の混雑した車内で、指定された通路側「C席」に座り、新大阪駅で調達した駅弁をいただく。

Dsc_0186_800x600

「神戸牛」の入ったお弁当!美味かった!
この日は品川駅近くのホテルで一泊。

翌日、朝からあいにくのお天気。メインイベントである「UTB NIGHT」にはカントリー・ガールズのほかに、℃-uteの矢島舞美さん(雨女)も出演されるということだったので、この天候も仕方ないかとあきらめ(苦笑)、ホテルをチェックアウトして京浜東北線で大井町駅へ。
ここから無料の送迎バスに乗って向かうのは「しながわ水族館」である。

Dsc_0189_450x800

Dscn0792_800x600 

バスの車内は家族連れで超満員。そんな中、おっさん一人(苦笑)で水族館に行く訳はこれ。

Dscn0737_800x600

Dscn0739_800x600

しながわ水族館の開園25周年を記念して、カントリーガールズの嗣永桃子プレイングマネージャーとメンバーの山木梨沙さんがプロデュースした水槽の展示があるためである。

Dscn0741_800x600

水槽の周りには、山木さんによって描かれた展示されている魚のイラストと、嗣永さんによるそれぞれの魚の勝手ネーミングが記されたパネルが展示されているのだが、この山木さんのイラストの出来が素晴らしすぎるので、実際の魚の写真と見比べていただきたいと思う。

Dscn0742_800x600

Dscn0769_800x600

Dscn0743_800x600

Dscn0748_800x600

Dscn0744_800x600

Dscn0757_800x600

Dscn0745_800x600

Dscn0773_800x600

Dscn0746_800x600

Dscn0749_800x600

Dscn0747_800x600

Dscn0777_800x600

パッと見では「え?写真だよね」と思うほど写実的なイラストである。実際の魚の写真のほうが「イラスト」に見えてきてしまう。山木さんの才能にはただただ驚くばかりである。
ここでの目的は達成できたので、イルカショーも見ずに水族館を後にする。
京浜急行の大森海岸駅から京急に乗車し、都営浅草線と大江戸線を乗り継いで、赤羽橋駅で下車する。
赤羽橋といえば、アップフロントグループが入居するビルの最寄り駅であるが、それだけではなく、あの東京の超有名観光スポットの最寄り駅でもある。それがこちら!

Dsc_0190_600x800_2

正式名称・日本電波塔こと「東京タワー」である。あいにくの天気で上のほうは雲に隠れている。あの雲のあたりが2016年10月よりリニューアル工事のため一時閉鎖となる高さ250メートルの「特別展望台」のはずである。何度か東京タワーを訪れたことはあるのだが、この特別展望台にのぼったのは、今から40年以上前、父と初めて東京へ新幹線に乗って旅行をしたときに行ったきりである。そんな大昔の話なので、記憶はぼんやりとしている。せっかくここまで来たので、今回はこの「特別展望台」まで行ってみることにする。

続きを読む "1泊2日東京で「ヲタ」分補充+αの旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.16

ハロコン@福岡にいろいろ電車を乗り継いで参戦してきた(レポはありません)

2016年から8月11日が新しい祝日「山の日」となった。土日祝は原則仕事の身としては「そんなの関係ねえ!」のだが、今年は木曜日が「山の日」になり、仕事の休みと重なった。
「お、これはどこかに行けそうだ」
と思い、調べてみると福岡でハロー!プロジェクトのコンサート(通称ハロコン)が開催されることが分かった。チケットもまだ販売中だったので早速購入し、往復の「足」を検討。
「久しぶりにアレで行くか!」
と時刻表を駆使して行程を作成、宿も無事に確保することができた。

出発は前日の8月10日。昼過ぎまで所用があったため、出発は午後2時過ぎ。
「青春18きっぷ」を使用して、まずは新快速で姫路駅へ向かう。姫路駅といえばこれを食べねばなるまい。

Dsc_0096_640x640

おなじみ「えきそば」である。タイムサービスの時間だったのでお得に食することができた。
続いて乗車するのはこちら。

Dsc_0097_578x578

N700系新幹線「さくら」。早速「ワープ」である。
お盆の帰省ラッシュと重なり、車内は大混雑。乗車時間はわずかなのと次の乗り継ぎ時間がわずかのため、デッキで過ごす。
岡山駅で新幹線を降り、在来線ホームへ急いで移動。次に乗車する列車はホームにはまだ到着していなかったが、案内表示板にはその列車の発車時刻と行先が示されている。

Dscn0481_800x600_2

「下関」
しばらくすると、黄色一色に塗装された電車が到着し、早速乗り込む。

Dscn0482_800x600

岡山発下関行各駅停車、営業キロ384.7kmを7時間33分かけて走る、日本最長距離普通列車である。これに乗るために姫路から新幹線で「ワープ」したのである。
岡山駅出発時点ではまだ空席があったものの、広島県内に入り、夕方のラッシュ時間にかかり始めると車内は混雑しはじめ、岩国あたりまで混雑していたように思う。
このまま下関まで乗れば、さらに電車を乗り継いで九州までたどり着けるのだが、今回は新山口駅で下車し、駅前のホテルで一泊。
翌日朝、下関行の電車に乗り込み旅を再開。

Dscn0488_800x600

下関駅からは門司行の電車に乗り換えて九州へ上陸。

Dscn0489_800x600

さらに小倉で乗り換えて、戸畑駅で下車。
駅から歩くこと数分、戸畑大橋のたもとにある若戸渡船のりばに到着。

Dscn0492_800x600

ここから船で対岸の若松へと移動する。

Dscn0498_800x600

Dscn0499_800x600

船内ではリオ五輪・体操の中継映像が流れていた。
若松に到着すると、さらに歩いて筑豊本線(若松線)若松駅へと移動。

Dscn0505_800x600

駅には、この秋から営業運転を開始する架線式蓄電池電車「DENCHA」のポスターが貼ってある。

Dscn0507_800x600

営業運転が始まればまた乗りに来なければと思いながら、やってきた列車に乗り込む。

Dscn0512_800x600

新しい車両もいいが、国鉄時代から走っているこの車両もやはりいい。
折尾駅からは、筑豊本線の電化区間に乗り換えるのだが、そのためには一度改札を出て、少し離れたホームまで移動する必要がある。

Dscn0514_800x600

Dscn0515_800x600

Dscn0516_800x600

Dscn0517_800x600

Dscn0519_800x600

高架工事の進む折尾駅を見ながら、「鷹見口」改札を通り、次の電車に乗り込む。

Dscn0524_800x600

直方駅で博多行の快速電車に乗り換える。発車後、窓の外を眺めていると、先ほどポスターで見た「DENCHA」を発見することができた。

Dscn0525_800x600

ちょうどお昼に博多駅に到着。ハロコンの開演までにはまだ時間があるので、地下鉄の一日乗車券を購入し、行くあてもなく地下鉄を乗り降りする。途中、以前から気になっていたJR九州の305系電車にも乗車することができた。

Dsc_0105_600x800

Dscn0532_800x600

車内は、こんな感じ。

Dscn0530_800x600

1号車のみ床がフローリングになっていて、これは「ななつ星in九州」でも使用されている南米産クルパウ材が使用されているとのこと。
また、トイレ横の車端部には木製のテーブルが設置されている。

Dscn0528_800x600

扉には特急「あそぼーい!」のキャラクター「くろちゃん」のイラストが描かれていて、通勤用電車なのに楽しめる要素が詰まっているのは「水戸岡デザイン」の真骨頂といったところか。

Dscn0534_800x600

そうこうしているうちに、開演時間が近づいてきたので会場である福岡市民会館へ移動。

Dsc_0108_640x640

会場内に入り、自席へ。今回の席は上手側のほぼ端、中段より少し上の席でステージ全体を見渡すことができるのでまずまず。
さて、コンサートの内容だが今回は特にメモも取らず観ることに徹していたのでレポらしいものは記すことができない。印象に残っていることをいくつか箇条書きで記しておく。
・オープニングから客席通路降臨あり。少し離れた場所ではあったが、アンジュルムの室田瑞希さんが近くに見えた。
・最初は各グループ1曲ずつ披露。
・こぶしファクトリーの安定感。
・アンジュルム「糸島Distance」の良さに改めて気づく。
・MCコーナー「ハロコロジー」、モーニング娘。'16牧野真莉愛さんの「まりあんLOVEりんです♪」の後に指名された℃-ute鈴木愛理さんが「あいりんLOVEりんです♪」と天丼してきたのはさすが。
・グループシャッフル曲はいずれもいい感じ。でも「愛おしくってごめんね」の冒頭セリフ後の盛り上がりは、オリジナルには及ばない(まあ当たり前か)。
・Juice=Juiceの「如雨露」がかなりいい曲。
・アンジュルム「大器晩成」は何度聞いてもいい曲だなあ。
・ラスト「泡沫サタデーナイト!」でも客席通路降臨あり。今度はJuice=Juiceの金澤朋子さんが近くに見えた。
・通路降臨しても何の問題も起こらない、安心安全の「ハロヲタ」、これからもそうであってほしいなあ。
約2時間でライブ終了。久しぶりのハロコンはやはり楽しいものであった。
会場から中洲川端駅まで歩き、地下鉄に乗車。博多から帰宅の途へとついたのだが、これは次の旅の始まりでもあった・・・というわけでその旅については別の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.18

モーニング娘。'16「泡沫(うたかた)サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」が初登場2位!

モーニング娘。'16の61枚目のシングル「泡沫(うたかた)サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」が、5月23日付オリコン週間シングルランキングで初登場2位を記録した。
これにより、自身が持つ「シングルTOP10入り獲得作品数」も61作目と更新した。
今回のトリプルA面のうち「、The Vision」「Tokyoという片隅」はつんくさんの作詞・作曲によるものだが、表題曲である「泡沫サタデーナイト!」は、「赤い公園」の津野米咲さんが作詞・作曲を手掛けている。津野さんは「ハロヲタ」(特に℃-uteのファン)らしく、メロディや歌詞からも「ハロプロらしさ=ハロプロ文法」的なものが感じられ、さらにアレンジャーが鈴木俊介さんということで、ライブで確実に盛り上がる楽曲に仕上がっている。
ミュージックビデオでは、「サタデーナイト」「踊りたい」「泡沫」といった文字が金色で表示され、その文字を加工してほかのアーティスト(ジャニーズや宝塚など)やアニメ、映画などとコラボした画像や動画がUPされるなど、面白い広がりを見せている。
また9期メンバーの鈴木香音さんの卒業シングルということで、ミュージックビデオではDJに扮して、メンバーとのわちゃわちゃした楽しい空間を見せてくれている。
どこか昔の娘。らしさも感じられるこの曲が、もっともっと多くの人の元へ届いてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧