音楽

2017.03.19

今年最後の参戦(?)エンドレスライスLIVE@熊本CIBに行ってきた

去る2017年3月15日(水)、熊本CIBで行われた樋口了一さんと村上ゆきさんのユニット「エンドレスライス」のライブに行ってきた。
1月の樋口さんのライブ(記事はこちら)の時と同様に、新幹線とバスを乗り継ぎ、熊本交通センターから歩くこと数分でCIBに到着。

Dsc_0446_600x800

着席し待つことしばし、定刻よりやや遅れてお二人が登場。1ステージ目が始まった。
ここからはいつものように箇条書きで。
・今日は春の歌を多く歌うとのこと。
・今日はいいことがあったという樋口さん、「ピックを忘れてたよ」とCIBのオーナーさんからピックを受け取った。
・しかしそのピックは樋口さんのものではなかった!
・でもそのピックだとギターが弾きやすい!ようやく自分に合うピックが見つかった!
M1 結婚写真
・この曲は3年前の曲。できた時のエピソードを語る。
M2 山鹿のピアノ
。NHKみんなのうたでの曲紹介のイントネーションが違っていたという。
・どうやら「ヤマハのピアノ」との混同を避けるためらしいとのこと。
M3 桜の森
・益城インターを降りたところに「桜の森」というガーデニングセンターがあるとのこと。
・だが曲のタイトルとは関係ないとのこと(曲名は坂口安吾の小説からタイトルをつけている)
・この歌を歌っていると父親のことを思い出すという樋口さん。
・樋口さんが生まれた時、桜の木ではなく。碁盤に樋口さんの名前を入れた物を作られたとのこと。その碁盤の木はかなり貴重なものだったらしい。
・樋口さん自身は碁はできないとのこと(定石がダメだった)
・樋口さんの息子さんは常識的で、「車が汚い」などと怒られることがあるとのこと。
・娘さんは樋口さんのダジャレを「それ、つまんない」と冷静に突っ込むとのこと。
M4 君が好きな理由~春色の列車が行く~
・樋口さんの「君が好きな理由」と松田聖子さんの「赤いスイトピー」を村上さんのアレンジでつないだ1曲。
・樋口さんの春色のイメージは「こげ茶のこいやつ」湿った土の色に芽吹きのパワーがみなぎっているのを感じる。
・村上さんの春色のイメージは「ベージュに近いピンク」桜の木とのこと。
・村上さん曰く、樋口さんは控室で一人ダジャレを言ってMCでくだらないことをいう練習をしているとのこと。
・「赤いスイトピー」の歌詞にある「春色の汽車」から、汽車の話へ。
・TV番組「はたらくおじさん」でSLの石炭をくべる人にあこがれたという樋口さん。
・石炭の話から、村上さんの出身地である筑豊の話へ。
・筑豊といえば、井上陽水さんも筑豊地方の出身。
・お二人とも澄んだ声、芯のあるきれいな声を持っている。
M5 ドーナツの真ん中は
・2ステージ目は村上さんのソロがあることを告知して20時27分、1ステージ目が終了。
・20時45分、2ステージ目がスタート。
・1曲目は村上さん一人で歌う予定だったが、樋口さんも登場し、ギターのボディを叩いて演奏に参加。
M1 花咲か姉さん
・樋口さん曰く、コード進行はほのぼの、歌詞がすごい。
・この曲のインストは村上さんのラジオでBGMとしてずっと使われており、一度ラジオの生ライブで歌った時にリスナーから「こんな歌詞だったんですか!?」と驚かれたとのこと。
・そこから曲のメロディと歌詞のギャップがある曲についての話へ。
・ギルバート・オサリバン「アローン・アゲイン (ナチュラリー)」や、ホイットニー・ヒューストン「すべてをあなたに」など。「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は歌詞が不倫の内容なので結婚式にはふさわしくない曲。
・次の曲は熊本のある村(相良村)のために作った曲。
M2 さがららLove letter
・樋口さん曰く「難しかねーこの曲は」
・この曲はフレンチポップスにしたかったとのこと。
・相良村の公式動画がUPされているのでぜひ見てほしいとのこと(というわけでここに貼っておく)
M3 手紙~親愛なる子供たちへ~エンドレスライスバージョン
・ダイヤモンドユカイさんも「手紙」をカバーされているとのこと。
M4 小さき花の歌
・このライブの4日後女川に行く樋口さん。熊本が被災してから初の女川来訪となる。
・お互いに励ましあう関係になった気がする。
M5 悲しみにさよなら(安全地帯のカバー)
・5月に村上さんのソロのライブが熊本で行われるとのこと。
・21時52分、2ステージ目が終了。
終了後は、宿へ向かうため即移動となり、宿到着も遅かったためすぐに記事を書くことができず、箇条書きの内容もかなり端折ったものになってしまったことをお詫びしたい。
また、個人的なことではあるが4月に異動があり勤務体系が大幅に変わることになったため、今後CIBでのライブ参戦が非常に難しくなり、今回が今年最後のCIBライブ参戦になる可能性が高くなってしまった。
樋口さんのライブを観ることができるのは次はいつになるのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.18

樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.37に行ってきた

2か月に1度行われている樋口了一さんの熊本CIBでの定例ライブの2017年第1回(通算37回目)に参戦してきた。
昨年11月参戦時と同様、所用を済ませて急いで新神戸駅へ向かい、モブログでもUPした通り山陽新幹線「のぞみ」に乗車。

Img_0127_2

博多駅で九州新幹線「つばめ」に乗り換え。

Img_0131

熊本駅からは、前回市電を待っていて1曲目に間に合わなかったことから、バスに乗車し、市役所前で下車し歩くこと数分、始まる前に何とかCIBに到着した。
席に座ると丁度Dr.マーサさんが舞台でお話をされているところ。しばらくするとマーサさんの呼び込みでバンド「レインドッグス」メンバーと樋口さんが登場!
樋口さん「あけましておめでとうございます。今年は酉年ですね。いっぱい鳥肌立てて頑張りましょうね」とご挨拶。2ステージ目は若いゲストが登場することを予告したのち、1ステージ目がスタート!
ここからはいつものように箇条書きで。

続きを読む "樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.37に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.22

樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.36に行ってきた

2016年1月、7月と2回参戦した樋口了一さんの熊本CIBでの定例ライブに今年最後となる3回目の参戦をしてきた。
当日は所用があり、出発は夕刻。到着時間はライブの開始時間に間に合うかどうか微妙な時間である。
まずは山陽新幹線「のぞみ」に乗車。

Dsc_0218

博多駅で九州新幹線「つばめ」に乗り換え。

Dsc_0220

熊本駅からは市電に乗り換え一路CIBへ・・・だがなかなか市電がやってこない。待つことしばしやってきた市電に乗り換えて、花畑町電停から急ぎ足で到着すると、すでにライブはスタートしていたが、まだ1曲目の途中。
空いている席に座り途中からではあるが1曲目を堪能する。
M1 咲ける花
ここからは記憶に残っていることを箇条書きで。
・つい先日山梨でライブをした(身延高校の同窓会に呼ばれたとの事)という樋口さん、ギターの森竹忠太郎さんと一緒にステージに上がり、緞帳があがる。
・すると、その緞帳と共にマイクスタンドが浮き上がった!
・超常現象か?→緞帳にマイクスタンドが引っ掛かっただけ(笑)
・それで緊張が解けていいライブになったとの事。
M2 みみらく霊歌
・樋口さんの声、今日はかなり調子がいい。
・ここでバンド新メンバー紹介、女性のピアノ・まゆみさん。
・その他のメンバー(ギター・ドラム・樋口さん)は全員雨男で、まゆみさんは晴れ女との事。
・先日何か歌の審査員をしたという樋口さん、それを見て自分の好きな歌を歌いたくなったと言って次の曲へ。
M3 Honesty(ビリージョエルのカバー)
・樋口さんが23歳くらいの時に代々木?でこの曲を歌ったことがあるらしい。
M4 エレンディラ
・前半戦最後は季節外れの曲をやります。
・先日東京からの帰り、博多から新幹線に乗ろうとしたときに「さくら」と「つばめ」どちらが早いか分からず、名前でこちらのほうが早いだろうと思って「つばめ」に乗ったら各駅停車で時間がかかった。
・新幹線では窓が開かないので風を感じることができない。
M5 Windy train
20時10分前半戦が終了。
10分程のインターバルを経て、2ndステージがスタート。
M1 Your Song(エルトンジョンのカバー)
・30年くらいしてもう1回歌います(その時82歳!)
・このYour Songも「手紙」、相手への気遣いの歌。
・次の曲は、夜中にプロデューサーに呼び出されて明日までに作詞してくれと依頼された曲。
・自宅の駐車場で見た満天の星空を見てできた歌詞。
M2 Still Live in My Heart
・レコーディングの時に鈴木雅之さんから歌詞の譜割がわからない(Still Live In My Heart まだ♪の部分)と直接電話があり、説明したとの事。
・鈴木さんからは「いい詩をありがとう」と言われたとの事。
・次の曲はアイスランドでポストマンライブをした時に歌った現地では知らない人が誰もいないという曲。
M3 曲名不明(聞き取れず)
・アイスランドではオノヨーコさんのイベントスタッフに出会った。
・イベントの前日の下見できていたというイベントスタッフに話を聞くと、オノヨーコさんはこんなイベントをしたいということを考える「コンセプトアーティスト」とのこと。
・ならば「こんなコンセプトで曲を・・・」というのも・・・それS村河内氏(苦笑)
・アイスランドでも「手紙」はカバーされている、歌声が素晴らしいのでぜひ見てほしいとの事。
M4 手紙~親愛なる子供たちへ~
・来年はこの「手紙」を熊本弁で歌いたいとの事。
・メンバー紹介の後、次の曲へ。
M5 小さき花の歌
M6 1/6の夢旅人2002
・タイトルコールなし。
・コール&レスポンスは熊本、東北、九州、地球。
最後は12/4のクリスマスライブの告知をして21時23分に終了。
この日の樋口さんのライブは、樋口さんの声も今年参戦したライブの中では一番素晴らしいものであった。今年はもう参戦できないと思うので、来年もまた樋口さんのライブに出来るだけ多く参戦できればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.24

1泊2日東京で「ヲタ」分補充+αの旅

2016年9月22日は「秋分の日」。祝日だが、木曜日で仕事は休み。何をしようかと調べてみると、東京でカントリー・ガールズが出演する「UTB NIGHT」というイベントが行われることが分かり、チケットもまだ販売されていたので早速購入。
「せっかく東京に行くのなら、ついでにどこかに行ってみよう」
と計画を練り、往復の足と宿も無事に確保。出発は仕事の都合上、前日の夜となった。

まずは新大阪駅から新幹線で一路品川へ。

Img_20160921_194525_649x800

休日前の混雑した車内で、指定された通路側「C席」に座り、新大阪駅で調達した駅弁をいただく。

Dsc_0186_800x600

「神戸牛」の入ったお弁当!美味かった!
この日は品川駅近くのホテルで一泊。

翌日、朝からあいにくのお天気。メインイベントである「UTB NIGHT」にはカントリー・ガールズのほかに、℃-uteの矢島舞美さん(雨女)も出演されるということだったので、この天候も仕方ないかとあきらめ(苦笑)、ホテルをチェックアウトして京浜東北線で大井町駅へ。
ここから無料の送迎バスに乗って向かうのは「しながわ水族館」である。

Dsc_0189_450x800

Dscn0792_800x600 

バスの車内は家族連れで超満員。そんな中、おっさん一人(苦笑)で水族館に行く訳はこれ。

Dscn0737_800x600

Dscn0739_800x600

しながわ水族館の開園25周年を記念して、カントリーガールズの嗣永桃子プレイングマネージャーとメンバーの山木梨沙さんがプロデュースした水槽の展示があるためである。

Dscn0741_800x600

水槽の周りには、山木さんによって描かれた展示されている魚のイラストと、嗣永さんによるそれぞれの魚の勝手ネーミングが記されたパネルが展示されているのだが、この山木さんのイラストの出来が素晴らしすぎるので、実際の魚の写真と見比べていただきたいと思う。

Dscn0742_800x600

Dscn0769_800x600

Dscn0743_800x600

Dscn0748_800x600

Dscn0744_800x600

Dscn0757_800x600

Dscn0745_800x600

Dscn0773_800x600

Dscn0746_800x600

Dscn0749_800x600

Dscn0747_800x600

Dscn0777_800x600

パッと見では「え?写真だよね」と思うほど写実的なイラストである。実際の魚の写真のほうが「イラスト」に見えてきてしまう。山木さんの才能にはただただ驚くばかりである。
ここでの目的は達成できたので、イルカショーも見ずに水族館を後にする。
京浜急行の大森海岸駅から京急に乗車し、都営浅草線と大江戸線を乗り継いで、赤羽橋駅で下車する。
赤羽橋といえば、アップフロントグループが入居するビルの最寄り駅であるが、それだけではなく、あの東京の超有名観光スポットの最寄り駅でもある。それがこちら!

Dsc_0190_600x800_2

正式名称・日本電波塔こと「東京タワー」である。あいにくの天気で上のほうは雲に隠れている。あの雲のあたりが2016年10月よりリニューアル工事のため一時閉鎖となる高さ250メートルの「特別展望台」のはずである。何度か東京タワーを訪れたことはあるのだが、この特別展望台にのぼったのは、今から40年以上前、父と初めて東京へ新幹線に乗って旅行をしたときに行ったきりである。そんな大昔の話なので、記憶はぼんやりとしている。せっかくここまで来たので、今回はこの「特別展望台」まで行ってみることにする。

続きを読む "1泊2日東京で「ヲタ」分補充+αの旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.21

樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.34に行ってきた

今年(2016年)1月に参戦した樋口了一さんの熊本CIBでの定例ライブに今年2回目の参戦をしてきた。
今回は割引クーポンを使うことができたので、往復ともに「飛行機」を利用することとなった。
まずは往路、伊丹空港からJAL便に搭乗。機材はJ-AIRのCRJである。
途中降下の際にやや揺れたものの、無事熊本空港に到着。バスに乗り換えて熊本市内へ。
ライブの時間まではいつものように少し「旅」(別記事にする予定)を楽しんだのち、本日の宿へ。荷を解き、少し休んでから、ライブ会場であるCIBへ。
開始時間である19時30分を過ぎてもライブが始まらず、待つことしばし。ステージ横の楽屋へ駆け込む人の姿が見えて、しばらくすると樋口さんが登場。
19時50分、定刻より20分遅れで最初のステージが始まった。
ここからはいつものように覚えている範囲で箇条書き。

続きを読む "樋口了一LIVE@熊本CIB Vol.34に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.05

スタレビの名曲&要さんのトークで楽しむプラネタリウムプログラムが登場

滋賀県守山市にある総合リゾートホテル「ラフォーレ琵琶湖」にあるプラネタリウム「デジタルスタードーム ほたる」の上映プログラムに、スターダスト・レビューの根本要さんが出演するとのこと。
記事によれば、この「ほたる」では「星のお兄さん」による爆笑星座解説プログラムが話題となっており、今回のオリジナルプログラム「夢☆伝説~はるか時を超えて~」では根本さんが登場し、スタレビさんの名曲「夢伝説」「木蘭の涙」「トワイライトアベニュー」なども使用されるとのこと。
スタレビさんの「星」にまつわる曲はそれこそ星の数ほどあるといっても過言ではない。
「流星物語」「Northern Lights-輝く君に-」「星空のアリーナ」「10月のパノラマ」「7月7日」「オルフェウスの愛」など・・・ちょっと過言だったか(苦笑)個人的には「Overture"Stars"」で始まって、「今夜だけきっと」で流れ星が流れて終わるなんてのはどうだろうかと思うのだが。
「夢☆伝説~はるか時を超えて~」は、2016年7月16日から2017年7月15日まで上映されるとのこと。1年間の上映期間中に果たして観に行くことができるだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.18

モーニング娘。'16「泡沫(うたかた)サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」が初登場2位!

モーニング娘。'16の61枚目のシングル「泡沫(うたかた)サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」が、5月23日付オリコン週間シングルランキングで初登場2位を記録した。
これにより、自身が持つ「シングルTOP10入り獲得作品数」も61作目と更新した。
今回のトリプルA面のうち「、The Vision」「Tokyoという片隅」はつんくさんの作詞・作曲によるものだが、表題曲である「泡沫サタデーナイト!」は、「赤い公園」の津野米咲さんが作詞・作曲を手掛けている。津野さんは「ハロヲタ」(特に℃-uteのファン)らしく、メロディや歌詞からも「ハロプロらしさ=ハロプロ文法」的なものが感じられ、さらにアレンジャーが鈴木俊介さんということで、ライブで確実に盛り上がる楽曲に仕上がっている。
ミュージックビデオでは、「サタデーナイト」「踊りたい」「泡沫」といった文字が金色で表示され、その文字を加工してほかのアーティスト(ジャニーズや宝塚など)やアニメ、映画などとコラボした画像や動画がUPされるなど、面白い広がりを見せている。
また9期メンバーの鈴木香音さんの卒業シングルということで、ミュージックビデオではDJに扮して、メンバーとのわちゃわちゃした楽しい空間を見せてくれている。
どこか昔の娘。らしさも感じられるこの曲が、もっともっと多くの人の元へ届いてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.16

カントリー・ガールズ3rdシングルが自己最高2位を獲得!

2015年3月にメジャーデビューし、今年デビュー1周年を迎えたハロー!プロジェクト所属の7人組グループカントリーガールズが2016年3月9日に発売した3枚目のシングル「ブギウギLOVE/恋はマグネット/ランラルン~あなたに夢中~」が、3月21日付オリコン週間ランキングで第2位を獲得した。
売り上げ枚数は41,557枚で、昨年8月に発売した2ndシングル「わかっているのにごめんね/ためらいサマータイム」の30,087枚を大きく上回り、さらにデビュー作「愛おしくってごめんね/恋泥棒」の週間ランキング第3位を上回ることとなった。
「ブギウギLOVE」は、ロカビリーテイストの楽曲で、これまでのカントリー・ガールズの楽曲とは雰囲気を変えた、かっこかわいい楽曲となっている。新メンバーの梁川奈々美さんと船木結さんが新人らしからぬ歌とダンスを見せてくれている。作詞は三浦徳子さん、作曲は星部ショウさん。編曲は「妖怪ウォッチ」の楽曲を制作した菊谷知樹さん(TVK「sakusaku」の「黒幕」さんの弟さんらしい)。
「恋はマグネット」は、80年代後半から90年代にかけてのアイドルソングを彷彿とさせる楽曲。こちらは嗣永桃子PM、山木梨沙さん、稲場愛香さんの「おねえさん組」がメインをつとめ、こちらもこれまでのカントリー・ガールズの楽曲とは違う、クールな感じに仕上がっている。作詞の井筒日美さんは、アンジュルムのアルバム「大器晩成」に収録されている「涙は蝶に変わる」も提供されている。作曲・編曲のYasushi Watanabe(渡辺泰司)さんは、℃-uteのアルバム「℃-maj9」に収録されている「羨んじゃう」も提供されている。
「ランラルン~あなたに夢中~」は、1932年に作られたミュージカルの劇中曲で、1961年にリンダ・スコットが歌った「I’ve Told Every Little Star」が現在TBS「マツコの知らない世界」で使われていることで、知っている人も多いと思われる楽曲の日本語カバー。こちらは、カントリー・ガールズの「懐かしかわいい」路線を踏襲した楽曲といえるだろう。日本語詞は三浦徳子さん、編曲は「愛おしくってごめんね」「わかっているのにごめんね」の編曲者でもある加藤祐介さんが担当されている。
新メンバー2名が加入して初のシングルは、これまでのかわいさにかっこよさ・クールさが加わり、カントリー・ガールズの魅力がさらに増したことは間違いない。3月からは初の主演舞台「気絶するほど愛してる!」も始まり、さらに進化を遂げていくであろう彼女たち、ぜひともこの目で確かめなければなるまい。当分現場参戦の予定はないのだけれども(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.23

こぶしファクトリーがデビュー2作目でオリコン1位を獲得!!

2015年9月にデビューし、同年末の『第57回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞したハロー!プロジェクト所属の8人組グループ・こぶしファクトリーの2枚目のシングル「桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂」が、2016年2月29日付オリコン週間シングルランキングで1位を獲得したとのこと!

ハロー!プロジェクト所属のグループ本体でオリコン週間1位を獲得したグループとしては、モーニング娘。。Juice=Juiceに次いで3組目となるが、デビュー2作目での1位獲得は、モーニング娘。の3作目(「抱いてHOLD ON ME!」)を超えたことになる。
「桜ナイトフィーバー」は所属事務所(アップフロント)の先輩であるKANさんが2015年に発表した曲のカバー。2015年3月に行われた「ひなフェス2015」にて出演者全員で歌われていた。今回は、その時のアレンジャーでもあったダンス☆マンさんがリアレンジを担当。 発売されたにもかかわらず公式のMVがYouTubeにUPされていないのが不思議。と思っていたら、2月最終日に突然UP!!
「チョット愚直に!猪突猛進」は、ヒャダインこと前山田健一さんの作詞・作曲。前山田さんが考える「ハロプロ」を具現化した楽曲を鈴木俊介さんの編曲で見事な「赤羽橋ファンク」に仕上がっている。
「押忍!こぶし魂」は、作る曲いずれも名曲ぞろいの謎の作家・星部ショウさんの作詞・作曲。平田祥一郎さんの編曲により、ハロプロテイストあふれる楽曲となっている。
今回の楽曲についても、YouTube番組「アプカミ」(Music+から番組名変更)にてレコーディングの様子が紹介されており、さらにダンス☆マンさんと前山田健一さんの特別対談もあるので、こちらも是非チェックしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.13

樋口了一定例ライブ@渋谷7th FLOORに行ってきた(2016.2.11)

Dsc_0207_641x800

2016年2月11日、渋谷の7th FLOORで樋口了一さんの久しぶりの定例ライブが行われるという情報がメールで届いたのは、昨年12月のことだった。当然のことながら「これはいかねば!」と思ったのだが、開催日を見ると建国記念の日で祝日・・・土日祝は基本仕事の身ゆえ、参加を断念せざるを得ないと思っていた。
だが、曜日を確認すると木曜日・・・平日であれば公休日にあたる日であることに気が付き、いろいろ調整した結果、参戦できることになった。
またいつものごとくライブ参戦までには「立ち寄り」をしてきたのだがそれはまた別の記事にするとして、開場時間の17時過ぎに会場へ到着。メモを取りやすいように、会場隅の照明がすぐ近くにある場所に席を確保し、開始の時を待つ。
17時51分、見覚えのある方がステージへ・・・樋口さんのライブのサポートギターといえばこの方、森竹忠太郎さんである!そこに女性が一人ステージに立ち、オープニングアクトがスタート。この女性は、ザ・ミリバール3というバンドのボーカルを担当されているMEGUさん。オリジナル曲を2曲演奏していかれた。

オープニングアクトが終わると、時刻は18時少し過ぎ、森竹さんとピアノにこれまた樋口さんのライブのサポートピアノとして久しぶりの登場となる山根秀一さんがステージに。
そしてついに樋口さんが登場!!
「久しぶりですね」と樋口さん。定例ライブは「株主総会」だとか、鹿の電飾飾りを見て「シカでした!」とか、大泉洋さんの大河の話とかいろんなネタを交えつつ、森竹さん・山根さんのメンバー紹介もして(バンド名はチュートロウイークリーらしい)、まずは懐かしい曲をとこの曲でスタート!
M1 桜street
M2 Let's talk about love
M2の途中には「センテンススプリング」などという今話題のキーワードも取り込んでいた(苦笑)。

続きを読む "樋口了一定例ライブ@渋谷7th FLOORに行ってきた(2016.2.11)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧