音楽

2019.09.14

ハッピーちゃんいらっしゃい!さやかバースデーSP!~山田大勝利ナイト!!~に行ってきた

2019年9月10日、大阪RUIDOにて行われた「ハッピーちゃんいらっしゃい!さやかバースデーSP!~山田大勝利ナイト!!~」に行ってきた。

20190910happy

Yes Happy(以下イエハピ)のさやかさんの誕生日当日に行われたこのライブ、ゲストはLovelysとミライスカートの児島真理奈さん(以下まりちゃん)という関西アイドル界の仲良し3組、楽しいライブになることは間違いない。
当日は仕事を定時で終え、地下鉄に乗って心斎橋駅から大阪RUIDOへ。取り置き列に並び入場すると、Lovelysの時に設置される女性限定エリアがなく、壁際の前方が空いていたので、過去最高の前方でライブを観ることになってしまった。
入口で渡された旗を手に何時になく緊張しながら待つことしばし、Yes Happyのお二人が登場する!以下、いつものように箇条書きで。
・さやかさん「31歳になりましたー!」
・Lovelysとまりちゃんが呼び込まれる。3人ともおそろいのバースデーシャツを着用。
・ちなみに今日のうぱぎは「グッズのうぱぎ」「今日はきれい」「色が違う」などといわれる。
・八木沙希さん(以下さきぴょん)は5年、宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)は8年ずっと誕生日をお祝いしているとのこと。
・「31歳に見えない」というりーたんさんに対して「2人も奇跡だと思うよ」というさやかさん。確かに25歳(りーたんさん)26歳(さきぴょん)には見えない。
・うぱぎの「設定」について、最近は説明が短くなったと指摘するりーたんさん。(Lovelys!!!!に)入ってきて1、2年でなくなると思っていたというさやかさん。
・それに対して「設定じゃないよ」「ずっと一緒ですから」
・うぱぎも一緒に入れてくれたアップフロントは優しいという話に(笑)
・まりちゃんは9月10日の予定をずいぶん前から空けていたとのこと。ちなみにこころさんのバースデーの時は、フランスでスティービーワンダーのライブを見る予定をキャンセルしたとのこと(驚!)
・ラブスカハッピーでの3マンライブは箕面温泉ぶりくらいとのこと。
・ここで2組がはけてイエハピさんによるオープニングへ。楽屋が楽しすぎてまだ「ON」になっていないとのこと(笑)
・アイドル同士なのにライバルじゃなくて家族のような関係という話をしながらようやく実感がわいてきたというさやかさん。1曲目は旗を振れる新曲「キミラシック」カノンコードがとても心地いい!
・続いてはミライスカートさんのブロックへ。
・MCで今日はさやかさんスペシャルのセトリにしてきたとのこと。
・南海電鉄のイベントで歌った新曲「passenger」、当面歌わないでおこうと思ったのだが、自分がパイロットだとしたらそのどこに行くかわからない「物語」に一緒に乗ってくれて、時には一緒に舵を取ってくれる仲間であるさやかさんに聞いてほしいとのこと。
・10月はミライスカートのイベント「タイトル未定」にイエハピさんがゲストで登場するとのこと。さらにそこで発売するCDに入る曲の中にさやかさん作詞の曲があるとのこと。
・その曲は練習していても泣いてしまうほどのいい歌詞。
・最後の曲はコールのところを「まりちゃん」から「さやか」に変更するスペシャルバージョン!
・続いてはLovelysのブロックへ。
・いつものSEに続いて登場したLovelysのお二人、1曲目は「初めてのハッピーバースディ!」
・自己紹介でむせるさきぴょん。代わりにうぱぎのところまで自己紹介するりーたんさん。
・さきぴょん「びっくりした!急に殺されたかと思った」りーたんさん「全然生きてたよ」
・そしてもう一回自己紹介するさきぴょん。りーたんさん「マイペースやな」
・突然さやかさんの好きなところトークを始めようとするさきぴょん。
・さきぴょん「突然言われてもすぐ答えられますよね」りーたんさん「答えられるよ、ほら、あれやん」さきぴょん「あれ全然でないね」的なやり取りが続く。
・りーたんさん「ちょっと目が離れてる」「梨緒のことが好き」「以上でーす」
・さきぴょん「2つやって」・・・りーたんさん「変な空気になるやん!」
・ 謝るさきぴょん、「全然ないやないかい!」というオチにしたかったらしい。
・さきぴょん「打合せしたらあかんな」りーたんさん「最近MC面白いとかいわれるけど、決めて出たら滑るんですよ」
・やはりフリーダムなさきぴょんのボケに最短時間で最適なツッコミを入れるりーたんさんというのがLovelysのMCの真骨頂だと思う。
・2曲目「もしも…」に続いて3曲目は「彼と一緒にお店がしたい」
・イエハピさんがお店を出しているということで、ミケネコショップの宣伝をしようとするさきぴょん。しかし内容が断片的なため、りーたんさんも「働いてるんですか?」的なツッコミもできず(苦笑)
・りーたんさん曰く、イエハピさんがいると気持ちが子供に戻る、4人の時はそうでもなかったけど今は甘やかされるとのこと。
・11月の梅田クラブクアトロ、9月のハロショイベントを告知。ハロショイベントの日付を活舌がひどく、指であらわすさきぴょん。
・4曲目は「戦う大人」ショートバージョンなので社畜コールは短い。
・5曲目「一丁目ロック!」からのラスト曲は「OH YEAH」
・「日本の夜明けぜよ」が「山田ー!」、「うぱぎがセンターです」が「山田でーす!」に変更(笑)
・続いてYes Happyのブロックへ。
・1曲目「カンパイソング」から会場の盛り上げ方がえげつない!
・31歳でアイドルやってるとは思ってなかったというこころさん。大人アイドルを応援しているみんなは「玄人」(笑)
・新曲「never mind」は先日CDを購入し通勤途中によく聴いているのだが、モータウンビートがとても心地よく何度でも聴いてしまう。
・曲途中で猫のおやつ「チュール」を渡されるさやかさん(笑)
・以前サプライズを事前に発見し「サプライズ大丈夫なんでチュールください」といったことからこのような「サプライズ」になったとのこと。
・まりちゃんへの新曲は最速で書けたとのこと。
・ワタナベフラワーさんとのライブが行われるとのこと、ちょっと見てみたいかも。
・「Are You Happy?」「ラブアンドピース!」と続いてラストは「ダーリン」
・ここでもチュールが渡される(笑)
・Lovelysとまりちゃんを呼び込む。するとHappy Birthday to Youにのせてケーキが運び込まれ、さやかさんがろうそくの灯を消す。その後観客とともに記念撮影。
・お祝いコメントを要求するさやかさん(笑)
・まりちゃん「あるかなー?」
・こころさんが言おうとするも相方は一番最後にということでトップバッターは飛び道具のさきぴょん。
・さやかさんは愛情にあふれる人で、りーたんさんがお休みの時に声をかけてくれた。バディと言ってくれる。さやかさんとはチーム。もっと頑張ろうと思えるし、一緒の時はよく怒られて泣かされたけど、本当に沙季のことを思ってくれてアドバイスしてくれるし、アドバイスもするいい関係。私たちにとって目標、先に走ってくれている、頼もしい。これからも道を開いてもらいたい、結婚しても続けてほしい、おらんと思うけど(笑)といってハグ(今日だけだよw)
・りーたんさんからは、すごい相談に乗ってくれるし、なんでやろと思うくらい好きでいてくれる。いつでも甘やかしてくれる。おさやがあと2年ちょうだいと言ってくれたから今もアイドルを続けていられる。年々泣き虫の妖怪になっているけど、好きだよと言ってハグ(今日だけだよw)
・まりちゃんからは、人のことを愛するから人に愛される。若いアイドルはこれからも増えるだろうけど大人アイドルは減っていくと思う。さやかさんとこころさんが関西のお姉さんアイドルとして続けていってくれることが私たちの希望、私も31歳になったらステージに立って、衰えずより新しい道を開拓してみんなを幸せにするアイドルになりたい。すごくあこがれているので、これからも背中を見ながら頑張っていきたいと言ってハグ。
・さきぴょん「沙季が言いたいこと全部言ってくれた」
・最後はこころさんから。素直に自分の気持ちにまっすぐ正直に生きていて、自分がアイドルをやっているのはさやちゃんのおかげ。安心感がすごい。さやちゃんに自信があってさやちゃんだったら大丈夫、怖いものはない。これからも一緒にみんなで走っていきたい。いいものを一緒に生み出していきたい。これからもさやちゃんについていきたい。
・りーたんさん「イエハピが年々仲良くなってて気持ち悪い」
・さやかさん「二人(Lovelys)もだからね!」
・最後はラブスカハッピーで1曲。さやかさんからまりちゃんへ「いつもの感じでいい曲振りを」とのリクエスト
・まりちゃん、ラブスカハッピーの5人で一緒にやらせてもらっているのが、メンバーがいるかのように4人が大切でうれしいから、これから冷める時期もあるかもしれないけど、メンバーのような存在であってほしいし、この曲はさやかさんに送りたい曲だったけど5人でやろうといってくれたので大好きな5人で歌いたい。
・この曲振りに涙する4人・・・ミライスカートの「Beautiful Days」をラブスカハッピーで歌う。
・曲終わりで再びHappy Birthday to Youにのせて持ち込まれたのは「樽」と木槌。
・さやかさんが木槌で樽を割り、クラッカーが飛び出す!そして再びの記念撮影。
・オーラスは「アニバーサリー」
・歌の途中で木槌と樽クラッカーを使って餅つきを始めるさやかさん&さきぴょん。
・それを冷たい視線で見つめるりーたんさん。
・あと間奏で変な踊りを踊りだすまりちゃん。
・どれも最高やな!(笑)
・ラストは「Are You Happy?」「Yes Happy!」のコール&レスポンスで21時40分過ぎに終演。
その後の物販ではLovelysのお二人と少しお話したのち、イエハピさんのCDも購入。

20190910loveandpeace

ライブで聴くたびに「音源欲しい」という気持ちが高まってきているので、おそらくこれからも少しづつCDを購入していくことになりそうである。

| | コメント (0)

2019.09.10

Yes Happyさやかさんのバースデーを祝うライブ&トークショーに行ってきた

2019年9月8日、OSAKA MUSEで行われた「女子箱#140~さやかさんおめでとう!山田大勝利SP!~」と、同日MUSE BOXで行われた「女子箱presents さやかの夢叶えたろかSP~ロビンさん&ラブリーズちゃん呼んじゃいました~」に行ってきた。
当日朝、家でゆっくりしながら乗換案内でOSAKA MUSEまでのルートを見ていたら、開演前に取り置きのチケット引換があることを思い出し、「あかん!ギリギリや!!」ということに気づいて慌てて家を出て、電車を乗り継ぎ、何とか時間に間に合いチケットを受け取り、入場の順番を待つ。

20190908_osakamuse

ようやく順番が来て会場内に入るとものすごい人・人・人・・・何とか壁際に場所を確保し、開演予定時刻を少し過ぎたあたりでYes Happy(以下イエハピさん)のお二人が登場!ついにライブがスタートする。以下、いつものように箇条書きで。
・MCではさやかさんが自分のバースデー企画ということで女子箱さんにわがままを言ってゲストに岡田ロビン翔子さん(以下ロビンさん)を招いたとおっしゃっていた。
・まさに「職権乱用」(笑)
・イエハピさんに続いてはLovelysの登場!
・いつものSEの後、赤と黒の新衣装で登場したお二人、1曲目は「プラチナ」そして2曲目に「渚のヤケド」
・MCでさやかさん作詞の2曲を選んだという話から八木沙季さん(以下さきぴょん)が「作詞も出来るってすごいねあの人」と発言。
・それに対してすかさず「先輩のことあの人呼ばわりしてる」とツッコむ宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)
・さきぴょん「間違えた、あの方」と訂正(笑)
・そしてロビンさんがいることについて「可愛すぎる」「実在した!」「画面の人」「八木も大勝利」「宮崎も大勝利」などなど。
・11月の梅田クラブクアトロとハロショの毎週イベント告知の後は、「戦う大人」の説明。
・りーたんさん「働き方改革、アップフロントもやっております。」
・さきぴょんの「社畜コール」の説明、いちいち「残業してるところ」などを思い出しながら説明(笑)
・3曲目「戦う大人」はフルサイズ!社畜コールたっぷり!(笑)
・4曲目は「愛されすぎることはないのよ」(モーニング娘。)さきぴょんのブログによれば、さやかさんがプラチナ期ヲタなのでセトリにいれたとのこと。
・5曲目は「お願い魅惑のターゲット」からのラスト「OH YEAH」という完璧な流れ!
・続いてはつぼみ大革命さん。仕事の都合で6人でのパフォーマンスになるとのこと(フルメンバーは9名)
・つぼみ大革命さんのメンバーも楽屋ではロビンさんのことをずっと見ていてみんなファンの顔になっていたとのこと。
・また9名の時はマイク5本で回して歌っているのだが、今日は6人なので全員がマイクをもって歌っているとのこと。マイクを使うにも「お金」がかかるという当たり前のことを気づかされるとともに、大きな事務所に所属していてもそういうことがあるのかという事実を知った。
・さやかさんのエピソードとして、カフェに行っただけでお土産を買ってきてくれた(優しい!)とか、すれ違いざまに「いつまで大阪いる?」と聞かれる(東京と大阪半々で活動しているため)その言い方が怪しいなど。
・続いてはWHY@DOLLさん(以下ほわどるさん)
・ステージの後ろから覗き込むさやかさん(笑)
・大阪に友達がたくさんいてそれをつないでくれたのはイエハピさん。
・11月末で活動終了するほわどるさん、これが大阪でのブッキングライブはラストになるとのこと。
・次は11月10日江坂MUSEのライブ。他のラストツアーのチケットはソールドアウトでチケットが残っているのは江坂のみとのこと。
・続いてはイエハピさん(2回目の登場、こちらが本編)
・1曲目「ラブアンドピース!」やはり客の乗せ方がすごい!
・2曲目「never mind」はメロディがとても耳に残る。
・ほわどるさんのライブではひと泣きしたとのこと。
・夜のトークイベントの告知を挟んで3曲目は「Are You Happy?」これもサビが印象的。
・4曲目ラストは「ダーリン」これまたメロディが聴いていて心地よい。
・まずいな、これCD欲しくなるパターンや(笑)
・続いてはロビンさんの登場!ソロになってから大阪でライブをするのはこれが初めて。
・さやかさん曰く、自分がロビンさんのライブを観たいので先にライブをしたとのこと(笑)
・ロビンさんのライブはギターだけのアコースティックライブ。
・コールが入る曲もあり、しっとり聴かせる曲もあり、自らギターを手にする曲もあり、さやかさんからのリクエストにも応える。
・ロビンさん「楽しかった人ー?」ではける。
・ラストは全員呼び込み、りーたんさんがお祝いのケーキをもって登場、みんなで集合写真を撮影。
・顔が映るのはまずいので(苦笑)持ってきていた「うぱぎ」うちわをかざす。後にSNSにUPされた写真で「黄緑」を確認。
ライブ終了後の物販は5組が入り混じっての大混雑!何とかLovelysの物販に並び、kbやんさんに先日LINE LIVEで取り置きページの修正指摘で土下座の件についてお詫び(笑)。Lovelysのお二人とも少しお話をさせていただき、さきぴょんからついに名前当てクイズの正解が出て、写真に名前を書かれる始末(苦笑)その後会場を後にした。
遅めの昼食、さらに喫茶店で時間調整したのち、今度はOSAKA MUSEと同じ建物の2階にあるMUSE BOXへ。

20190908_musebox

会場内に入ると、これまた多くの人・人・人・・・何とか寄りかかれる場所を確保し待つことしばし、Lovelysのお二人とイエハピのこころさんが登場しイベントが始まる。以下いつものように箇条書きで。
・この3人がこのイベントのMC担当とのこと。続いてロビンさんを呼び込み。
・ロビンさん曰く、自分の楽屋に誰も入ってきてくれないし、入ってきても誰も座ってくれないとのこと(笑)
・そして本日の主役、イエハピのさやかさんを呼び込み。
・ロビンさんと目を合わせないさやかさん、ロビンさん「一緒にランチしたじゃん!」
・過去を振り返る流れで元々4人で「Lovelys!!!!」だったけど2人が残ってと言ったところで「円満退社ですよ!」というさやかさん(笑)
・画面に昔のブログ記事をモニターに映しながらのトーク。THEポッシボー(以下ポッシボー)のCDをりーたんさんから借りたことがはまったきっかけ。
・京都のイベントで3人時代のLovelys!!!とポッシボーが初共演。写真の3人、若い!
・ロビンさんから「写真撮ろう!」と声をかけたそうで、その写真をりーたんさんは待ち受けにしていたとのこと。
・その後ポッシボーのツアー(OSAKA MUSE)でLovelys!!!がオープニングアクトをすることになり、リハーサル中に「愛してるぜー」というコールをロビンさんがしてくれたのだが、その後楽屋に帰るときに目の前で「愛してるぜ」と言われたことをうれしそうに語るさやかさん。
・このツアーのポッシボーがお客さんをあおる姿を見て、自分たちもこうしたいと思い、あおりをするようになったという。さやかさんは歌わずあおるようになった(笑)ライブのスタンスが変わった。
・ロビンさん、さやかさんへ「ちゃんと歌ってね」(笑)
・初めて会った時の印象を尋ねられたロビンさん、「りーたんはあっきゃん(秋山ゆりかさん)推しだった」
・りーたんさん「箱推しで!」
・ポッシボーはハロプロエッグ1期でその後スマイレージなども出てきたが、アップフロントからTNXに移籍したため、後輩という存在がおらず、先輩として接してくれる初めての後輩がLovelys!!!で、楽屋ではメンバーはとても喜んでいたらしい。Lovelys!!!が帰った後の楽屋ではしもん(橋本愛奈さん)曰く「やばいな」(笑)
・Lovelys!!!はポッシボーとのライブをしたいといって梅田のシャングリラでライブをしたのがうれしかった。
・さきぴょんはつぼみ所属時代に作家さんに連れられてポッシボーのライブを見たとのこと。その後さきぴょんもLovelys!!!!に加入。
・ダイエー甲子園店のハロショ臨時店でゲストとしてポッシボーが出演したとき、ポッシボーの私服を見て衝撃を受けたさきぴょん。ふなっしーのTシャツなどキャラのTシャツを着ていたのだが、同じ年代なのになんとおしゃれなのかとダイエーでファッション雑誌を購入したとのこと。そこから服装が大きく変わったらしい。
・ロビンさんに楽屋の扉の隙間から「バイバイ」と言われたと自慢するさやかさん、うれしすぎて足がつったとのこと。
・しかしロビンさんはりーたんさんに向けて言ったとのこと(笑)
・この自慢話はずっと聞かされているとのこと(苦笑)
・ポッシボーとLovelys!!!!のライブのリハでポッシボーのマネージャーさんからいきなり歌割指名を受けたのは「アップフロントっぽい」
・チャオベッラ チンクエッティ(以下チャオベラ)解散前にイエハピさん、Lovelysの8人で歌う映像をみんなで観る。
・映像見ながらトーク始まるところで音量を下げるさきぴょん、さすが映像担当!
・あるイベントでチャオベラの出番の後がイエハピさんの時に、特典会をイエハピの後にやるといって、イエハピさんの出番を後ろから見ていたとのこと。
・続いて「チャオベラさんの好きなところ」コーナーへ。
・こころさんは「みんな仲が良いところ」ロビンさん「全然仲良くないですよ」
・りーたんさん「個性の強さ、いい意味でバラバラ、集まると最強」
・さきぴょん「熱いところ」
・りーたんさん「MCも熱い」「私たちもこんな風になりたいと思った」
・こころさん「アカペラで歌いだすところが好き」
・さやかさん「チャオベラさんはアイドルから憧れられるアイドル」「ベテランなのにすごく優しくしてくれる」「生き様を見せられてる」「頑張っている人に響く」「泥臭いところも見せてくれる」「ツアーを観る度に泣く」「帰るときに頑張りたいと思える」
・りーたんさん「チャオベラさんいなかったらやめてる」と爆弾発言!
・その時さやかさんは「あと2年頂戴」とりーたんさんに言ったとのこと。行ってくれたさやかさん、そして残ってくれたりーたんさん、ありがとう!
・さきぴょん「ビジネスと思ってほしくない」ロビンさん「正直そう思ってた」「今日改めて本当に好きでいてくれたことが分かった」
・りーたんさんの思い出のライブは中野サンプラザ、後方彼氏面(笑)
・楽屋に挨拶いったのに目を合わせられなくて遠くを見ていた(笑)
・こころさんの思い出ライブは甲子園で上からライブを見たこと。
・さやかさんはくずはのライブで「やっぱこれが好きだ」「こうなりたい」と感じて泣いた。
・さきぴょんは中野サンプラザで涙が止まらなくなった。チャオベラさんのMCが大好き。
・ロビンさん曰く、MCの8割ははしもんの世間に対する文句とのこと(笑)
・MCはカチカチ決めていない。ライブ終わったあとにMCについて反省する。
・アイドルのフリートークの面白さ、決め切らなくてもいいんだということに気が付いた。
・イエハピさんもLovelysもポッシボー、チャオベラの影響を強く受けているんだなあと感じた。そしてそれは同時にハロプロとイエハピさん、Lovelysが地続きの存在なんだということでもある。
・さきぴょんが世界で一番好きな曲は「乙女!Be Ambitious」
・MVでは空を飛んでいるのだが、ロビンさんは楽しく飛んだので2秒くらいしか映っていないとのこと(笑)
・こころさんの好きな曲は「全力で愛して...ねッ!」明るい曲調なのに泣ける。
・りーたんさんの好きな曲は「私の魅力」ポッシボーにはまる前にファンからCDをもらってウォークマンに入れてポッシボーと認識せずに聴いていたとのこと。
・さやかさんの好きな曲はさきぴょんと同じく「乙女!Be Ambitious」一番励まされた曲。自分の人生のテーマ曲。自分を奮い立たせるときに聴く。
・この曲はさきぴょんの座右の曲でもある。ちなみにさきぴょんのお父さんの座右の曲は「蒲田行進曲」
・ロビンさんの一番好きな曲は「永遠ファイヤーボール」いろんな思い出をフラッシュバックする。初披露の時は泣いた。最後のSHOW ROOMでファンからの投票で1位にもなった。
・さやかさん「なんばハッチで泣きましたから」
・ここMUSE BOXではカラオケができるということで「乙女!Be Ambitious」を5人で歌う。
・ちなみにカラオケはJOY SOUND。
・歌い終わった後、りーたんさん「なんかすごいいいイベント!」
・さらにもう1曲。「全力バンザーイ!My Glory!」ロビンさん「なんでも対応するよ!」
・ちなみにこの曲が終わった後、BEYOOOOONDSのコメント映像が流れていたので、これが流れている期間中にカラオケに行かねばと思ったり(笑)
・続いては「占いコーナー」メンバーの動物占いの結果を紹介。
・りーたんさんは「落ち着きのあるペガサス」結構当たってる。Lovelys!!!!時代は4人なのに絶対的センターだったとのこと。
・こころさんは「フットワークの軽いコアラ」「絶対違うよ」りーたんさん曰く「激重」「4人の集まりにも来ない」
・さきぴょんは「ゆったりとした悠然のトラ」さやかさん曰く「しゃべるのはとろくさくても頭の回転は速い」人事やリーダーの仕事に向いていると聞いて「リーダー変わる?」と尋ねるさきぴょんに「いいよ」と即答するりーたんさん(笑)
・さやかさんは「面倒見のいい黒ひょう」親切にされると感動という内容で「あー」と納得の声(笑)
・ロビンさんは「しっかり者のこじか」こじかの中でも一番のコミュニケーション上手。
・動物占いでの相性は面白い結果が出なかったので割愛も、さやかさんとさきぴょんは相性がいいとのこと。
・りーたんさん曰く、さきぴょんと高校時代に出会ってたらマジで仲良くないと思う。
・続いてさやかさんからロビンさんへのお悩み相談。DJやMCなど一人になるとあがってしまう、緊張をどうやってほぐしますか?とのことだが、りーたんさん達に言っていたお悩みは「推しの目が見れません」だと暴露される(笑)
・ロビンさん「それはキショい」(笑)
・ロビンさんの答えは、もう会わない、今日だけだからと思う。Twitterなどでその人の日常を知って、お家でリラックスする姿、オフモードを想像して、同じ人間だと思って気楽にするといいかも。
・この答え、ロビンさんに対してのさやかさんでは無理があるかも(笑)
・さやかさんは事前に調べることで自信になるが、それをしゃべろうとして緊張してしまう。
・それを聞いてロビンさんは本を読んで思ったこととして、話した後にめちゃめちゃ知っていると全く知らないの間が丁度良いとアドバイス。
・その人がしゃべりたいと思うポイントで「隙」を作ってしゃべらせてあげるのがいいということだろうか。
・さきぴょんからの質問は「服はどこで買ってますか?」(笑)
・ユニクロやGU、ZARAなど(今日の服もZARA)、古着屋でワンピースを買う。ワンピースが好き。
・続けてさきぴょん「美容院は何か月に何回くらい」りーたんさん「それ裏で聞け!」
・3週間に1回くらいで3軒を使い分けている。昔から行っているところ、友人がやっているところと、インスタの投稿を見てストーリーのあげ方や言葉遣いが好きで聞きたくて会いに行き、いろいろ質問したとのこと。
・時間が迫り、最後は昼の部で歌えなかった曲「全力で愛して…ねッ!」をさやかさんとロビンさんのデュエットで。
・歌の最後にはロビンさんがさやかさんのほっぺたにチュー!
・固まるさやかさん(笑)
・何歳になっても夢は叶うんだと感謝の気持ちを述べるさやかさん。
・ロビンさんからさやかさんへのメッセージ。やっぱり目を合わせられない(笑)
・最後にタイトルコール、メンバー紹介、女子箱さんへの感謝を伝えて終了。
終了後の物販ではLovelysのお二人に新クイズ「誕生日当て」を出題開始。今回は二人ともハズレ。でも名前よりは早く当てられそうな気がする、というか個人情報さらしまくりやなあといまさら気が付いた(苦笑)
そして、ついにYes HappyさんのCDを購入!

Yeshappy_areyouhappy

最新作を購入し、イエハピさんのもとへ。「ロビンさん(目当て)ですか?」と聞かれたので「いえLovelysで」と答えた。えーと、やはり見た感じそう見えますかね?(笑)
というわけで朝から晩まで心斎橋界隈で過ごした1日が終わった。次は9月10日の「ハッピーちゃんいらっしゃい!さやかバースデーSP!~山田大勝利ナイト!!~」に参戦する予定となっている。その次は9月12日のハロショイベント、9月13日はラジカルビデオジョッキーと、今週は現場数が多いので自分の体調を整えながら参戦していきたいと思う。

| | コメント (0)

2019.09.08

箕面温泉スパーガーデン天空iDOLステージ「箕面で白き愛を届けまSHOW♪」に行ってきた

2019年9月7日、大江戸温泉物語箕面温泉スパーガーデン箕面劇場で行われた天空iDOLステージ「箕面で白き愛を届けまSHOW♪」に参戦してきた。

20190907minoh002

箕面温泉さんでのライブ参戦は2019年7月6日以来2回目となる(その時の記事はこちら)。今回は先日の東京遠征(その時の記事はこちら)で対バンした北海道出身のWHY@DOLL(以下ほわどるさん)とのツーマンライブである。その時に聴いたほわどるさんの楽曲が耳に心地いいなと思っていたので、とても楽しみにしながらスパーガーデンに到着。

20190907minoh001

開演までには少し時間があったもののお風呂に入るほどの余裕はなく、1階の奥にある「リラックススペース」のリクライニングシートでしばし待機。人がほとんどいないのでなかなか快適な時間を過ごすことができた。その後時間を見計らって2階の箕面劇場に行くとすでに入場可能になっていたので前回と同じような場所に席を確保。開演までの時間、眠気と闘いながら待つことしばし、イベント開始前の説明(禁止事項、お花による応援システムなど)の後、「天空iDOLステージ、スタート!」のコールでイベントが始まる。以下、いつものように箇条書きで。
・いつものSEの後登場したLovelys、1曲目は何と「戦う大人」(ショートバージョン)
・「社畜コール」の説明がなかったのはちょっと残念だけど、お子様も多かったので説明なしでもよかったか(笑)
・お花に自分のカラー(水色)があるのを喜ぶ八木沙季さん(以下さきぴょん)。
・「ロンリネスロード」の説明の中で、10月1日から石橋駅の名前が変わる話題へ。
・「石橋阪大前」は入らないといいながらチャレンジしようとするさきぴょん(笑)
・2曲目は「ロンリネスロード」
・今回のライブのタイトル「白き愛」について、それぞれのグループ名から取られたということで、箕面温泉さんの愛を感じるというお二人。
・「白き」と来たら「石」やろ!と思ったのはあの会場でおそらく私一人(♪夢を奏でる~秩序も無い希望もないこの世界~SHI・RO・I・SHI!・・・誰もついて来れないw)
・ほわどるさんとは仲良くていつ旅行に行く?という話もしているというりーたんさん。
・そしてLovelysは普段関西で活動、ほわどるさんは東京でという話からさきぴょんが放った「東京からやで!すごいよね」に対して「語彙力のなさ」「東京だけですごいというのが田舎から出てきてる!」とすかさずツッコむりーたんさん。
・梅田クラブクアトロでの単独ライブ告知の後、事務所の話へ。
・アップフロントの説明でモーニング娘。・堀内孝雄さん・ばんばひろふみさんというラインナップを出してくるのは事務所の振り幅の大きさが分かりやすくてナイスチョイス(笑)
・事務所の先輩の歌をといって3曲目に来たのは「Yeah! めっちゃホリディ」(松浦亜弥さん)
・続いて4曲目に来ました!「お願い魅惑のターゲット」ここ最近必ず歌ってくれるのでとてもとてもうれしい!
・ラスト5曲目は「OH YEAH」でLovelysのブロックは終了。
・続いてほわどるさんの登場。
・1曲目から東京で聴いていいなと思った楽曲からスタート(Show Me Your Smile)
・そのあとも聴いていて心地のいい楽曲が続く。メロディもいいし、オケのアレンジもいい!
・応援のお花の量がものすごい!ほわどるさんによれば、前回の箕面温泉の時にもたくさんお花をいただいたのでたくさんもらっても大丈夫な振り付けのセトリを組んだとのことだが、それでも振り付けが危うくなるところがあったご様子。
・ついにはお花を入れるかごが登場し、お二人ともかごを持ったままライブ(笑)
・最後にはそのかごからも溢れそうになるくらいのお花!
・Lovelysを呼び込んでのじゃんけん大会。結構いいところまで残ったが、やはり勝ちきれず。りーたんさん強いわ・・・。
・最後のMC中、箕面温泉の担当者さんが登場され、11月いっぱいで活動休止となるほわどるさん、今回がおそらく最後の箕面温泉でのステージになるということでお二人に感謝状を授与。
・感謝状を読み上げているとなぜか日付が「平成」のままで、感謝状を覗き込むLovelysのお二人。
・我慢できずに「令和になったんですけど!」とツッコむりーたんさん。
・それに対して「令和になったら年が進んじゃう、自分の中では留めておきたい」と担当者さん。
・それでも「間違えただけちゃう?」と疑いの目を向け続けるりーたんさんであった(笑)

終演後、物販にお邪魔して少しお話をさせていただく。さきぴょんには名前当てクイズ(今回もハズレ)、その横であっさり正解するりーたんさん(笑)以前ポストカードの住所を書くのに一回見ているりーたんさん。とはいえずっと記憶してる訳じゃなくてヒント(濁音)から名前として成立するものを弾き出している。一方でさきぴょんはヒントから「斬新な」名前を産み出し答えている(笑)幸いりーたんさんの「答え」はさきぴょんには聴こえていなかったのでまた次回のチャレンジに期待したいところである。
9月最初のLovelys現場参戦は安定の楽しさであった。今月はイベントも含めかなりの現場があるのでどこまで行けるかわからないが出来る限り参加していきたいと思う。

| | コメント (0)

2019.08.31

「りーたんじょうび2019」に行ってきた

2019年8月27日、大阪ルイードで行われたLovelysのライブ「りーたんじょうび2019」に行ってきた。

20190827ruido

8月26日に誕生日を迎えられたLovelys宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)の誕生日を記念したライブなのだが、りーたんさん曰く自分の誕生日を祝うということよりも、自分でセトリを組んだ「Lovelysのライブ」であることをとても強調されていて、自らのファンだけでなく初めてLovelysのライブを観るという人に来てほしい、楽しんでほしいということもおっしゃっていたように思う。こうした「気遣い」というか気を遣いすぎるところ、あと自分のことはいいから!っていうちょっと頑固なところ、ちょっとめんどくさいところ(笑)がりーたんさんのりーたんたるところであり、ファンはそこに惹かれるのだと思ったり。
当日は定時で仕事を終えて一路会場へ。開場時間には余裕で間に合い、入場後は大阪ルイードで観るときは「定位置」になりつつある壁際を確保し開演の時を待つ。開演5分前、注意Vの後、いよいよライブがスタートする。以下、いつものように箇条書きで。
・対バンの時より長めのSEの後、お二人が登場!夏らしくひまわり柄がかわいい!
・途中早着替えでスタンドマイクもってきて「乙女パスタに感動」タンポポや!!
・八木沙季さん(以下さきぴょん)、頭のひまわり取り忘れ(笑)

・後のMCによればこの早着替えはライブ当日午前5時に決めてそこから早着替え用のジングルを編集したとのこと!

・すごい!さすがクリエイター集団Lovelys!ってその場では思ったけれども、午前5時って!ちゃんと寝てください!!

・Juce=Juiceの『「一人でいきられそう」ってそれってねえ、褒めているの?』がハマりすぎ!
・後のMCによればJuice=Juiceのコンサートを見学中(2019年6月のNHK大阪ホール公演)にりーたんさんがやりたいとさきぴょんに耳打ち、さきぴょんから宮本佳林さんと段原瑠々さんのパートをりーたんさんが歌うならという契約で歌うことになったとのこと。
・「戦う大人」が久しぶりのフルコーラス!「社畜コール」が2回あるのがうれしい!
・そしてキラーコンテンツ「お願い魅惑のターゲット」キターーーーー!!!!!
・1つのお立ち台に2人で立つところ!
・「OH YEAH」で本編終了。前方から配布していただいた仮面を着用しアンコールへ。
・来ました!「ロマンティック浮かれモード」
・過去に本家・藤本美貴さんの「ロマモー」を2回ほど観たことがあるのだが、どちらも椅子がある状態だったので、今回のような「現象」(笑)を生で見たのは初めて。
・ラストのMCではさきぴょんのりーたんさんに対する「愛」が溢れすぎ。
・りーたんさんのお休みを挟んでお互いを想う気持ちがさらに高まったことを感じた。
・アンコールラスト「Merry-Go-Round」でライブ終了!
映像コーナーがなく、曲もがっつり歌いながら、MCもがっつりで、遠征の時の魅力「濃縮版」Lovelysがこの日は魅力溢れまくりのライブであった。
その後の物販では、フォトブックとランダムチェキ(りーたんさんの落書き入り)に加え、天才カメラマンさきぴょんが撮影した「ちょっぴり大人な」マイクロファイバータオル(MFT)も購入。MFTだけは手を出さないと決めていたのだが・・・(苦笑)
さきぴょんにはいつもの名前当てクイズ(不正解)、でも次あたり答えられそう。りーたんさんにはお互い健康に気を付けようとお話しさせていただいた。
久しぶりのLovelys単独のライブは、やっぱり楽しかった!次の単独ライブは11月の梅田クラブクアトロになるという。その間にも対バンやらイベントやらはあるとのことなので、出来る範囲で参加していきたいと思う。

| | コメント (0)

2019.08.28

ほわらぶハッピー!3マンライブ!~東京出張編~@池袋へ行ってきた(Lovelys東京遠征応援記その4)

【ご注意】記事タイトルだけ見るとライブの内容を書いている記事のように見えますが、ライブ会場にたどり着くまでの内容がかなり長くなっております(どちらかというとそっちがメイン)。あとライブの内容は箇条書き程度ですのでご所望の内容には程遠い可能性があります。それでもよろしければスクロールしてご覧ください(と長々言い訳しておきますw)。

2019年8月25日、Space emo 池袋で行われた「ほわらぶハッピー!3マンライブ!~東京出張編~」へ行ってきた。

Img_5981

このライブはYes Happy!さん(以下イエハピさん)と北海道出身のWHY@DOLLさん(以下ほわどるさん)とLovelysの3組による対バンライブで、前日の@JAM EXPOに続いて2日連続でLovelysのライブが楽しめるということでとても楽しみにしていた。
開場時間が16時30分ということでずいぶん時間があるため、それまでにどこかに行こうと事前にいくつか計画を立てていた。
1つ目は千葉県の小湊鉄道に乗車し、BEYOOOOONDSの「眼鏡の男の子」MV撮影ロケ地を巡る旅。2つ目は群馬県の上信電鉄に乗車する旅。そして3つ目が今回実行したある「駅」からある「駅」への旅である。
朝、24時間テレビでモーニング娘。’19の出番を待ち続けること約2時間、ようやく「でっかい地球に愛がある」を歌う娘。メンバーを確認。

2019082524h_mm

その後ホテルをチェックアウトし、横浜市営地下鉄であざみ野駅へ向かい、東急田園都市線に乗り換え、下車したのは宮崎台駅。ここには「電車とバスの博物館」がある。

Dsc_0192

2009年に一度訪れたことがあるのだが(その時の記事はこちら)2016年にリニューアルされており、再訪してみることにした。
まず入口手前の踏切。

Dsc_0193

前回訪問時は電車が宮崎台駅に近づくと遮断機が下りていたのだが、今は動いていないとのこと。
入場券も磁気券からQRコード付きに変わっていた(当然改札機もQRコード対応に)。

20190825denbus

入ってすぐにあったJAS(日本エアシステム)の飛行機模型はなく、Nゲージの運転体験コーナーと以前からある鉄道パノラマがあり、鉄道パノラマではちょうど「東急の1日」を紹介する運転が行われるところだったので座ってみてみる。

Dsc_0200

Dsc_0203

鉄道模型の運転に加えて、照明と映像と音楽で1日の活動を表現。解説アナウンスなどは一切入らない。音楽と映像を見ていて「ああ、これ向谷実さんぽいな」と思っていたら最後に「音楽館」のロゴが出てきた。

Dsc_0207

高津駅やデハ1型は昔と変わらず。

Dsc_0209Dsc_0212 

展示物は鉄道で働く人たちの仕事がわかりやすいようなパネルにリニューアルされていた。

Dsc_0216 Dsc_0215

1フロア下にはこれも以前から展示されていたデハ3450形の車体と台車があり、運転台から操作すると吊り掛けモーターの音とともに車輪が回るようになっていた。

Dsc_0223

さらに1フロア下には以前と同じく8090系のシミュレータや玉電のデハ200形、東急バスが2台展示されていた。

Dsc_0224 Dsc_0225

Dsc_0226 Dsc_0227

続いては道路を渡ってB館へ移動。

Dsc_0236

入口のモハ510形は当時と変わらず、ただ内部はイベント開催中の為入ることができず。

Dsc_0231 Dsc_0232

そしてもう一つYS-11のシミュレータは動いていなかった。さらにそのシミュレータの下に見覚えのある模型が!

Dsc_0230

リニューアル前には本館の入口においてあったJAS(日本エアシステム)の飛行機模型である。随分と隅のほうに追いやられてしまっている。確かに「電車とバスの博物館」で飛行機は「違和感」があると言われればそうなのだが・・・もうちょっと何とかならんかとも思いながら宮崎台駅へと戻る。

Dsc_0191

さて、「宮崎台駅」から向かうのは東武野田線(アーバンパークライン)の「八木崎駅」である。「みやざき」だい駅から「やぎさき」駅・・・そう、Lovelysのお二人の名前が入った駅を電車で移動するというのが次の目的である(ヤバいヲタ活っぽいw)。宮崎台駅から東京メトロ半蔵門線直通の東武伊勢崎線(スカイツリーライン)久喜駅行に乗車し、ロングシートに揺られること約1時間40分で春日部駅に到着。ここで野田線に乗り換えて一駅で八木崎駅に到着となる。
ここでちょっと気になるのが「やぎさき」は駅名にフルネームで入っているのに「みやざきりお」は「みやざき」までしか駅名に入っていないこと。「どこかに『りお』があれば完璧なんだけどなあ・・・」と思いながらホームを歩いていると線路の向こう側にこんな看板を見つけた!

Dsc_02512 

「リオネット補聴器」

なんという奇跡!急いで写真を撮り、やってきた野田線の電車に乗り込み次の駅八木崎駅で下車。

Dsc_0245

Dsc_0191 Dsc_02512 Dsc_0245

「みやざき(だい)」「リオ(ネット)」「やぎさき」、これで「Lovelysライン」の完成である(笑)

Dsc_02522

ICカードの乗車履歴にも「宮崎台」「八木崎」の文字を確認。ライブ会場にたどり着く前に何かすべて終わったような感じになりながらも、いやいやこれからが本番と言い聞かせ、大宮駅まで野田線に乗り、JR湘南新宿ラインの電車に乗り換えて池袋駅へ。駅から歩くこと数分で会場である「Space emo 池袋」に到着。

20190825space_emo

入場列に並び、入口で代金を支払い会場の中へ。いつものように壁際に立ち位置を確保し、開演の時を待つ。そして17時、ついに開演の時間を迎える。以下、いつものように箇条書きで。

・まずはイエハピさんが登場!相変わらず客のあおりがうまいし歌もうまいしすごいなあ。
・続いて今日の出演者を呼び込み。ほわどるさんとLovelysが登場!待ってました!
・3組で1曲披露するも、Lovelys宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)がマイクを口に持っていっていない!あれ?もしかして・・・。
・続いてはLovelysの持ち時間へ。ここでりーたんさんが前日の@JAM EXPOで喉を傷めたため、急遽音源を編集し、CDのりーたんさんの声を入れて「口パク」でのパフォーマンスになることが発表される。
・音源の編集については、さきぴょんのブログによればライブ当日ホテルをチェックアウトして、ファミレスとネカフェをはしごして作ったとのこと。
・自ら音源編集できるアイドルって聞いたことないぞ!
・それもライブで使えるプロ仕様の音源編集をしているって・・・・単独ライブの映像も自分で編集するし、Lovelysってアイドル&クリエイター&漫才師という唯一無二の稀有な存在!(漫才師はちょっと違うか?w)
・八木沙季さん(以下さきぴょん)からハロプロの下にいるのに口パクでいいのかというツッコミ(いつもと逆パターンや!)
・それに対してりーたんさん「口パク嫌いやねん」と発言。
・こうやってちゃんとネタに昇華できるところもLovelysのすごさ。
・そんなやり取りの後、1曲目は「ドレドレ」何だかずいぶん久しぶりに聞いた気がする。
・続いてのMCではりーたんさんのお休みについてかなり詳しく話されていた。
・緊急で病院に行った話や入院するよう言われたけど拒否して毎日点滴を打つために病院に通った話など、さらにさきぴょんが心配になって電話したらりーたんさんと違う声の人が出て(りーたんさんのお母さんとのこと)みたいな話で深刻になりかけたところで、りーたんさんが「この人勝手に人殺す」とかいう絶妙すぎるツッコミを入れて笑いに変えていく。
・こんなトークスキル持ってるアイドル、他にはいない。
・続いてはりーたんさんの負担軽減も兼ねてさきぴょんのソロ「さきちゃんとぼく。」
・続いて新曲についてのお話、さきぴょんによる「社畜コール」の説明の反応(笑いが起こる)が新鮮。
・そうやな、普通アイドルが「社畜」とか「残業ノー、休日出勤サービス残業ありえない!」とか言わんわな。
・3曲目「戦う大人」に続いて4曲目に「お願い魅惑のターゲット」キターーーーーー!
・今回の東京遠征で3回目のターゲット!うれしすぎる!!!
・実は前の晩にホテルのテレビがYouTubeに対応していたのでメロン記念日のオリジナルバージョンやハロメンやアップアップガールズ(仮)がカバーした「お願い魅惑のターゲット」を見比べていた。
・もちろんどれもそれぞれの味があって聞きごたえあるんだけど、自分が好きなのはやっぱりLovelys版だなと感じた。お二人の声で聞くのが一番自分の心に刺さる。
・ラストは「OH YEAH」、ここは音源の編集が間に合わなかったとのことでさきぴょん一人で歌うとのこと。
・ところが歌い出しのところでアワアワするさきぴょん。この間はちゃんと一人で歌ってたのになあ(苦笑)やっぱりりーたんさんがいるとどこか安心して頼ってしまうのかな?まあそこがいいところだけど。
・これにてLovelysの持ち時間は終了、このあとイエハピさん、ほわどるさんがそれぞれパフォーマンス。
・ほわどるさんは初めて拝見したのだが、MCが何か緩くていい(笑)特にさきぴょんにタコのぬいぐるみをつり革の輪に入れられた話はその光景が目に浮かぶようだった。
・あと、3組そろって最後の挨拶しているときにさきぴょんの髪の毛触ってMC邪魔するとか、自由過ぎる!(笑)
・最後3組が登場しほわどるさんの曲を全員でカバーしてライブは終了。
・その後の物販は時間の都合でLovelysのみ早めに終了するということで早めに列に並び、後ろに並んでいる人にも迷惑をかけてはいけないとお二人との会話は短めにと思っていたのだが、普段からあんまりしゃべっていなかったので通常通りの会話で終了(苦笑)まあ時間短縮のお役には立てたのではないかと自負しております(笑)
そんなこんなで無事に時間内に物販も終了し、お二人が楽屋へ戻るのを見届けてから会場を後にし、山手線で東京駅へ。夕食をコンビニで調達してから新幹線に乗り込み帰宅の途へとついた。
今回は2日間で3ステージ+特典会+縁日とLovelysのお二人との時間を過ごすことができたし、「電車とバスの博物館」再訪や「Lovelysライン」走破など「鉄分」の補給も出来て、なかなか充実した旅となった。

| | コメント (0)

2019.08.27

@JAM EXPO 2019に行ってきた(Lovelys東京遠征応援記その3)

2010年8月24日、横浜アリーナで行われた@JAM EXPO 2019に行ってきた。今年で6年目を迎えるこのイベントに初参戦することになったのは、そう、Lovelysが出演するためである。このところの行動はほぼLovelysに左右されている(笑)特に今回は体調不良のため2週間ほどお休みされていた宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)の復帰ステージなので観ないわけにはいかない。というわけで当日朝新幹線に乗り込み一路新横浜駅へ。

Img_5968Img_5969

「のぞみ」でなく「ひかり」を利用したのは、スマートEXの「EX早特」割引を利用したためである。新横浜駅から歩くこと数分で会場である横浜アリーナに到着。

Img_5971

ここに来るのは2015年6月11日にここで行われた℃-uteのコンサート以来である。まずは物販コーナーへ向かう。空調が効いていないバックヤードに設けられたブースでサクッと購入。

Dsc_01823

また買いすぎてしまった・・・。
続いては最初の出演ステージとなるオレンジステージへ移動。2組前くらいからスペースの後方で待機する。ギターの弾き語りがあったり、ガッツリとMIXを打つ応援のはいるグループがあったり、先日のTIFよりも「文化の違い」を感じながら待つことしばし、いよいよいつものSEが流れてLovelysの登場である!以下いつものように箇条書きで。
・1曲目は「Oh YEAH」トップにこの曲というのはなかなか珍しいかも。
・りーたんさんはお休み前と変わらない感じに見える。笑顔もパフォーマンスも元気いっぱい!
・その横でやはり嬉しそうに歌い踊る八木沙季さん(以下さきぴょん)。やっぱり 2人が揃っている姿が一番いいな。
・MCも通常営業。定番のうぱぎネタ、そして新曲の「社畜コール」説明。
・2曲目「戦う大人」、「社畜コール」が気持ちいい!
・3曲目「ツヨガリオトメゴコロ」、ずいぶん前に聞いたことがあるような気がするなと思って後で調べたら初めて参戦したLFPのセトリに入っていた!
・4曲目ラストは「お願い魅惑のターゲット」キターーーーーー!
・この曲が始まると周りの雰囲気がガラッと変わるような感覚。
・最高の盛り上がりをみせてりーたんさん復帰ステージは終了。
・ステージからはけるときにハケる場所を間違えるさきぴょん、それにつっこむりーたんさん。
ステージが終わった後、しばらくの間何も考えられない状態になった。ステージを見終えた感情をどう言葉で表せばよいのか・・・もう一度ステージを思い返してみると、いつものように笑顔で歌って踊ってしゃべっているいつものLovelysがそこにいて、ボケるさきぴょんにツッコむりーたんさんがいて、ああそうだいつものLovelysが帰ってきたんだということに気が付いた。ならばこの言葉しかない「おかえりなさい。ありがとう。」と。
続いては特典会へ。りーたんさんにお帰りを言い、さきぴょんには名前当てクイズの回答を求め(今回も不正解)、続いては屋外の屋台エリアへ移動。

Dsc_0188 

ここでは「水射的」に兆戦する。水鉄砲で全ての的を倒すと2ショットチェキ、出来なくてもサイン入りオリジナルステッカーがもらえるというもの。Lovelysの持ち時間はわずか30分ということで、実は物販の後に屋台エリアに行って事前に参加チケットを2枚手に入れておいた。そのおかげもあってさきぴょん、りーたんさんそれぞれと「水射的」を楽しんだのだが、指の痺れのためにだんだん力が入らなくなり的にもまともに当たらないという状況に。先日のタワレコイベントで起こらなかった「特典会の奇跡」がここで起こるとは・・・りーたんさんのパワーが加わるとこういうことになるのかと実感(苦笑)

Img_5988

というわけでお二人のサイン入りオリジナルステッカーをゲットし、続いてのステージであるピーチステージへと向かう。その途中、トークステージの横を通るとどこかで聞いたことのある曲が流れていることに気が付いた。その曲とは、ぱいぱいでか美withメガエレファンツの「逆に聞くけど」ステージにはでか美さんがMCをされていたようである。
曲を聴いて「やなふな」を思い出しながら、いやいや今は「RioSaki」でしょ!と思い直してピーチステージに到着。ここでも2組ほど前から後方で待機することしばし、いつものSEが流れてLovelysの登場である。以下いつものように箇条書きで。
・1曲目は「渚のヤケド」夏の定番キター!
・MCでは先ほどの水射的のお話から。射的に挑戦するファンをガチ応援するのが話題になるというのはLovelysらしくてそういうところが好き。
・ストロベリーステージでやりたいというさきぴょん。みんなやりたいわとツッコむりーたんさん。大きなステージで歌って踊ってしゃべって笑いも取る、そんなLovelysも見てみたいなあ。
・2曲目は「戦う大人」、ショートバージョンなのが惜しい(社畜コールが1か所しかないので)
・3曲目は「お願い魅惑のターゲット」またキターーーーー!
・やはりこの曲はキラーコンテンツやなあと改めて実感。
・4曲目ラストは「OH YEAH」やっぱり締めはこれが一番だなあ。
以上でLovelysの出演ステージは終了。ピーチステージではマイクの不調が気になるところもあったのが少し残念ではあったが、Lovelysの魅力はステージを見ていたすべてのオーディエンスに伝わったのではないかと思う。
その後は他のステージを見ることもなく、新横浜駅近くの宿に入り早々にこの日は終了。翌日は夕方にLovelysが出演する対バンライブがあり、もちろん参戦するのだが開演までには相当の時間があるのでちょっと立ち寄りしてから行こうと考えていたのだが・・・それはまた次の記事にて。

| | コメント (0)

2019.08.23

Lovelys八木沙季さん単独イベントハロショ&タワーレコードに行ってきた

Lovelys宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)が体調不良のためお休みされている間、相方の八木沙季さん(以下さきぴょん)が単独で2つのイベントを行ったので、どちらも参加してきた。
まず一つ目は2019年8月18日にハロショ大阪店で行われた「やぎしゃきのしゃきっとしなはれ」。前回の開催が2019年5月26日ということで久しぶりの開催である。
イベント開始までは先日参加したラジオ関西の番組「ホームランドームpresents こぶしファクトリーバッチ来い青春!ラジオ」を聴きながら待機。
イベントは「右耳にささやいて」から始まり、さきぴょんが厳選したりーたんさんの未公開写真をランキング形式で紹介する「りーたんロス解消!宮崎写真館」では写真のチョイスがかわいいのと面白いとのバランスが絶妙!そして1位の写真をバックに「スーパーマン」を披露というのも素晴らしい采配であった。
さらに「SHOWROOMロス解消!ずっとやってないけどできるかな?」では、SHOWROOMの配信でやってきたというマジックや早口言葉、風船、バルーンアート、目隠しお絵かき、あだ名付け、じゃがりこ面接などを披露。残念なことにSHOWROOMの配信は見ていなかったのだが、そのエッセンスは十分に伝わるもので、特にじゃがりこ面接のいろんなシチュエーションでの「タピオカ」は絶品であった。
うぱぎゲームは最初の勝負で敗戦。こういうので勝ったためしがない・・・。
そしてラストは「さきちゃんとぼく。」でイベント終了。ツッコミ役のりーたんさんがいない分、客席からのツッコミが入るという会場全体で作り上げられたイベントであった。
二つ目は2019年8月22日にタワーレコードNU茶屋町店で行われた「No Lovelys,No NUCHAYA!」である。7月の開催がなかったのでこちらも久しぶりの開催である。
Yes Happy!のお二人も応援に駆け付けたこの日のイベントは、前日インスタグラムのストーリーでアンケートを取った結果、さきぴょんは浴衣姿で登場。7月のハロショイベントの時とは異なる浴衣(セパレートタイプとのこと)で大人の雰囲気。「スーパーマン」で始まったイベントは「さきちゃんとぼく。」に続いてクイズに正解しないと参加できない(無料イベントのためw)「シビアなじゃんけん大会」へ。
今回のクイズは2週間前にりーたんさんと最後に交わした言葉は?というもの。答えは「ごめん!先行くわ!」いつもは別れ際に何度も振り返ったりするそうなのだが、この日はBEYOOOOONDSのリリイベに行くために急いでおりこのような対応になったとのこと。
このエピソードを聴きながら、自分や相手にいつ何時どんなことが起こるかわからないし、もしかしたらそれが最後になる可能性だってあるのだから、一瞬一瞬を大事にしていかねばならないなあなどと思った。
「右耳にささやいて」では、「うぱぎあいうえお作文」のところをいつもとは逆に客が言うという新たな試みを行い、さきぴょんはかなり気に入ったご様子であった。
ラストの「OH YEAH」では「うぱぎがセンターです」の後の「なんでやねん」のツッコミを客が行いイベントが終了。
その後の特典会では、過去2回の参加で1回目はチェキが上手く撮影できず3度撮り直し、2回目は退院直後で首が動かないにもかかわらずあっち向いてホイをくじで引き当て、さらになかなか決着がつかないという面白エピソードを作ってきたのだが、今回は普通に「私物サイン」が当たり、チェキ帳にサインをいただいて終了。「特典会の奇跡」にはどうやらさきぴょんだけでなくりーたんさんのパワーも必要みたいなので、次回のタワレコイベントに期待したいと思う。
これらのイベントの他にもレギュラー番組の「ゲツ→キン」、ラジオ関西「ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!」へのゲスト出演と1人で大活躍だったさきぴょん。ご本人の頑張りはもちろんだが、各番組の出演者の皆さんならびにスタッフの皆さんがさきぴょんのためにいろいろと尽力されていることが番組を通じて伝わってきた。それは常日ごろからLovelysのお二人がみんなから愛される存在だからこそのものだと思う。
そんなLovelysがいよいよ2019年8月24日、横浜アリーナで行われる@JAM EXPOで戻ってくる。その現場に立ち会えることがとてもうれしい。早朝の新幹線で現地入りするので寝過ごさないようにしなければ・・・。

| | コメント (0)

2019.08.10

Lovelysハロショイベントin秋葉原に行く(Lovelys東京遠征応援記その2)

2019年8月4日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店にて行われたLovelysのイベントに行ってきた。
前日のTIF参戦から一夜明け、宿をチェックアウトして送迎バスで東京駅へ。京浜東北線に乗車して秋葉原駅で下車し歩くこと数分、ハロショのある末広町に到着。

20190804helloshop

早く着きすぎてしまったので近くのカフェで休憩などしつつ、お昼過ぎにはハロショ店内へ入り、各種グッズやモニターに流れるMVやこぶしファクトリー&つばきファクトリーの合同コンサートの映像を見ながら時間を過ごす。そうこうしているうちに椅子が並べられ座れるようになったので、いつものイベント参戦時よりは前方に席を確保し、待機しているとなんとLovelysのお二人が登場!リハーサルで「ドレドレ」を披露していったんはける。スタッフさんからの注意事項の後、いつもライブ終わりで流れるSEに載せてLovelysのお二人が登場し、イベント第1部がスタート。以下いつものように箇条書きで。

【第1部】
・まずは東京でイベントをするのは1年ぶりという話から、衣装の話へ。
・今日の衣装はTIFでも着用しており、八木沙希さん(以下さきぴょん)によればたくさん汗をかいたのでホテルで洗濯してドライヤーで乾かしたとのこと。
・それに対して「それは聞きたない」とツッコむ宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)。
・冒頭から客をつかむ(笑)
・1曲目は「ドレドレ」
・「西の上々軍団」としてオープニングアクトでは何度も歌った曲で、曲紹介で「ドレドレ」というと客席から笑い声が起こるほど。
・それが先日のハロコンで「新曲を歌います」と言ったところ客席から「ウォー!」と歓声があがり、「そんなに「ドレドレ」いややったん?」とりーたんさん。
・いやそれはいややったというよりも新曲への期待が大きかったからだと思われ。
・2曲目は「戦う大人」
・働き方改革をテーマにした曲という説明の中で、「社畜コール」の話へ。
・「社畜」という言葉のニュアンスがかわいいというさきぴょん、それに対して「アイドルがあまり言っちゃ行けない言葉」だと冷静に返すりーたんさん。
・TIFのBerryz工房大好きスッペシャルの話。最初出られると思っていなくて、セトリに「一丁目ロック!」を入れていたら、スッペシャルに出られることになり、さらにりーたんさんはそこで「一丁目ロック!」を歌うことになり、振り付けでパニクったとのこと。
・スッペシャル終了後夏焼雅さんと連絡先を交換したさきぴょんに対して「私は聞かれてない!」とご立腹(?)のりーたんさん。
・ハロプロが好きで事務所に入り、音源もオリジナルのものを使えたりすることについて「職権乱用してます」と言い切るお二人(笑)頭の中で「職権乱用公私混同♬」と「文化祭実行委員長の恋」(BEYOOOOONDS)のフレーズがよぎる。
・生田さんと仲のいいりーたんさん、ハロプロ研修生北海道の石栗奏美さんに目をつけているさきぴょん。石栗さんの前では何も言えないとりーたんさんに言われて「言えたよ!おはようございますって」というさきぴょん。すかさず「いや、挨拶やん!」とりーたんさん。
・TIF出演後のエゴサでは「歌が良かった」はなくて「トークが面白かった」が多かったとのこと。他のアイドルと比べるとトークの力が圧倒的なので仕方がない部分もあるかもと思った。でも歌もいいんですよ!ていうか歌が良い上にトークもすごいんです!が正解。
・暑さ対策で水分だけじゃなくて塩分も取ってという話で、それなら食卓塩でもと言い出すさきぴょん。「美味しいで」と食卓塩を手に振って舐めるしぐさ。そんな奴おらへんから(苦笑)
・3曲目「恋の花」4曲目「パン屋さんのアルバイト」
・ラストは「OH YEAH」で「うぱぎがセンターです」「なんでやねん!」の後、うぱぎがぐったりしているのをツッコむりーたんさんの目の付けどころがさすがだった。
以上で第1部は終了。立ち見の方もたくさんおられ大盛況であった。
続いては17時からの第2部。第1部と同じ場所に席を確保し開始時間を待つ。丁度PA席がすぐそばだったのだが、開始直前にLovelysスタッフのkbやんさんが来て、スタッフさんと登場についての打ち合わせをされていた。以下いつものように箇条書きで。

【第2部】
・聞き覚えのあるイントロとともに登場したLovelysのお二人。1曲目は「スーパーマン」
・ここで「スーパーマン」聴けるとは!
・衣装は上着が新しいLovelysTシャツに変わっていた。
・TIFのため前乗りしたさきぴょんが上野の焼肉ライクにいって感動したのが席に蛇口(?)があって水が入れられることみたいな話をしていたが、それラーメンの「一蘭」にも同じようなのがあると思った人がここにいます(笑)
・曲に入る前に立ち位置の確認をするさきぴょん。裏でやることを表でやる(笑)
・2曲目「レディーマーメイド」きれいなハモリがいい!!!
・3曲目「ロボキッス」グルングルン回されるりーたんさんと絶対回ろうとしないさきぴょん!!!
・最後のお互いの頭を方にのせる振りの話で、お互いの身長差の話からりーたんさんがうぱぎがクッションになるとか、種類によっては耳に入るとかいう話、うぱぎで耳かき!(笑)
・4曲目「戦う大人」前のトーク(だったかな?)アップフロントは優しい会社という話からさきぴょんの「ホワイティ」からの「それは梅田や!」という完璧な間でのりーたんさんのツッコミ!そらみんな拍手するわ。
・今日のイベント参加者はこれからホワイティ梅田を歩く度にLovelysを思い出すことになるだろう(笑)
・あと、前のアップフロント関西の社長さんも観に来られていたそうでりーたんさんを面白いと評価されていた模様。
・そしてラストは何と!「お願い魅惑のターゲット」!!!
・東京に来て、2日連続で「お願い魅惑のターゲット」を聴けるなんて!!!
・一応言っておくと特にメロン記念日のファンだったわけではなく「お願い魅惑のターゲット」という曲はハロメンのカバーで何度か聴いたことはあってその時は特に何も感じなかったのだが、Lovelysのお二人が歌うのを聴いて心にめっちゃ刺さって大好きになった曲がこの曲。
・そんな大好きな曲で第2部終了!
物販終了間際に地震があり帰りが大変になるかもと思ったが、お二人がステージからはけて、ハロショの外に出ると特に変わった様子はなく、秋葉原駅から乗車したJRもモノレールも通常通りの運転で問題なく羽田空港に到着。関西空港行のJAL最終便で帰宅の途へとついた。

20190804jal

この2日間はLovelysのためだけに行動した2日間となった。この先もっと深みにはまっていくのだろうか・・・もう後戻りできないところまで来たような気がする(苦笑)

| | コメント (0)

2019.08.06

TOKYO IDOL FESTIVAL 2019に行ってきた(Lovelys東京遠征応援記その1)

2019年8月3日、東京のお台場・青海周辺で行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下TIF)に行ってきた。今年で10回目の開催となるTIFだが、これまで一度も参戦することはなかった。今回参戦することになったのは、このブログではすっかりおなじみ(?)のLovelysが出演するためである。出演する8月2日と3日の2日間のうち、仕事の都合もあり2日は参戦できず、3日の朝に関西空港発のJAL便で一路東京へ。

20190803jal

空港で朝食代わりに佐藤水産のグルメおにぎりを食べた後、バスでお台場へ。

20190803onigiti

まずはリストバンド引き換えの列に並び、右手首にリストバンドを装着した後、最初の現場となる「TOKYO IDOL 縁日」の会場へ。日陰になっているベンチを見つけて時間まで休憩したのち、縁日ブースへ。縁日の内容は、水槽に浮かぶ金魚のおもちゃを釣り上げ、その金魚にサインがもらえるというもの。他のアイドルのブースではファンが一人で釣り針を使って釣り上げるのだが、Lovelysのブースは宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)または八木沙季さん(以下さきぴょん)と釣り針を一緒にもって「共同作業」で金魚を釣り上げる。というわけで、お二人とそれぞれ金魚釣りを行い、金魚にサイン+αの書き込みをいただく。

20190803ennichi

テントの下で扇風機は回っているもののかなりの暑さの中、ファン一人ひとりに対してものすごく丁寧に対応するLovelysのお二人、そしてそれをサポートするように首の冷たいタオルをこまめに取り換えるスタッフのkbやんさんの姿に感謝しつつ、次は物販コーナーへ移動。少し歩いただけでも頭がボーっとしてしまうほどの暑さの中、物販ブースで写真を大量購入!

20190803photo

購入後、ちょっと買いすぎたなあと若干後悔しつつ、この日のメインイベントであるLovelysのライブが行われる会場へ移動する。

20190803dollfactory

フジテレビ湾岸スタジオに設けられた「DOLL FACTORY」へ入ると、外とは打って変わって冷房が効いていて心地が良い。Lovelysの前に数組のアイドルがパフォーマンスを披露するのを観ながら待つ。どのグループも15分ほどの短い持ち時間で自分たちをアピールしようとMCも最小限でパフォーマンスを繰り広げていく。そしてファンたちもいろんなコールやフリコピでそれに応えていく。基本ハロプロの現場にしか行かないので、いろんな「文化」があるんだなあと思いながらそれを見ていた。
会場に入ってから40~50分くらい経っただろうか、ついにLovelysの登場である。いつものSEの後登場したお二人、1曲目は何と「プラチナ」!いきなりLovelysの中でも特に「かっこいい」系の楽曲が来たので「お、これは他のグループ同様パフォーマンスメインで魅せていく感じか?」と思ったのだが、曲が終わるといつもの笑顔で自己紹介するお二人。
関西から来たアピールで「通天閣!」「東京タワーに代わるもの」とか言い出す(ゼスチャー付き)さきぴょんに「ぜんぜん代わりません!」とスパっと切れ味良く突っ込むりーたんさん。なんだ、いつものLovelysやんか!とホッとする。と同時に、MCで客から笑いが起きていることにちょっと優越感を感じる。「どや、これがLovelysやで!こんなアイドル他にいてないでしょ?」と自慢したくなる(笑)うぱぎの話も受けていたし、「爪痕残していかな」「ほぼ傷跡です」のやり取り、「戦う大人」の説明ではさきぴょんから「社畜コール」というパワーワードやアップフロントはホワイトといった発言まで飛び出す始末(笑)。

そこから「戦う大人」ではもちろん「残業ノー、休日出勤、サービス残業ありえない」と大声で社畜コール。その次に来た曲が「お願い魅惑のターゲット」!!!!!この曲が来たのにはかなり驚いた。というのも、前日(8月2日)のTIFのステージでこの曲は歌われていて、さきぴょんのブログにはセトリを変えるという記述があったので、ああ今回は聴けないのかと思っていたのである。個人的にLovelysのハロカバー曲の中で一番好きといっても過言ではない「お願い魅惑のターゲット」をTIFで聴くことができたのは本当にうれしかった。

最後は「OH!YEAH」で気持ちよく盛り上がって終了。持ち時間は15分しかなかったはずなのに、歌・ダンス・トークの全てにおいていいとこ取りで魅せてくれて、とてつもない満足感を得ることができた。
その後、特典会で写真にサイン等をいただきながらお話しさせていただいた後、会場を後にして電車を乗り継ぎ銀座ロフトへ。

Loftginza_flowerup

20190803instax_lovelys

大阪サンホールで行われたアイドルイベント「FLOWER UP!」で撮影されたチェキの展示イベントが行われており、Lovelysのお二人のチェキ展示を観てから、再び電車に乗りこの日の宿へと入った。
1日だけのTIF参戦だったがLovelysのお二人のおかげでとても楽しい参戦となった。前日も参戦できていればもっと楽しかったのだろうが・・・もし来年も出演されるようであれば今度はフル参戦できるようにスケジュール調整したいと思う。

| | コメント (0)

2019.07.28

Lovelysの現場に参戦してきた(2019年7月後半編)

Lovelysの現場参戦記録、2019年7月後半分をまとめておく。

2019年7月20日(土)21日(日)【ハロコン2019夏@オリックス劇場】

Img_20190720_202841Dsc_0025_3

すでに別記事でハロコン参戦についてはまとめているのだが、今回3公演参戦するきっかけは間違いなくLovelysである。まだオープニングアクトとして出演するかどうかわからない段階でチケットを押さえており、直前まで出演情報が出ないのでやきもきしていたところに出演決定の情報が流れ、本当にうれしく思ったものである。
「戦う大人」は歌詞の内容からして多くのハロヲタの共感を得ると思われるし、「残業ノー、休日出勤サービス残業ありえない」のコールは、知ってもらえれば確実に盛り上がるはず。今後のハロプロ現場でのオープニングアクトが楽しみである。

2019年7月24日(水)【女子箱#133@大阪MUSE】

Img_20190724_215038

ライブハウスでの対バンイベントはこれが初参戦となる。出演時間よりも早く会場に着いたので、飲み物を飲みながら時間をつぶしてから場内へ。どこに位置取りすればよいかわからずその辺にあったテーブルに手をかけながら待っていると、いよいよLovelysの出番へ!
以下、いつものように箇条書きで。
・1曲目「カクゴして!」で歌い始めた宮崎梨緒さん(以下りーたんさん)と0ズレでびっくり!「カクゴして!」でしっかり撃ち抜かれる(笑)
・2曲目「渚のヤケド」に続いてのトークが、混んでいる電車の車内で八木沙希さん(以下さきぴょん)がチカンにあった話!
・しかもその犯人は・・・りーたんさん(笑)
・対バンイベントでチカンの話するアイドルってどうよ?(だがそれがいい)
・3曲目「戦う大人」は大きな声でコール!
・4曲目「This is 運命」そしてラストは「OH YEAH!」
終演後物販で少しお話させていただいてから帰宅の途へついた。

2019年7月25日(木)【心斎橋アイドル化計画。@JANUS】

Dsc_0030_2

なんと2日続けての対バンイベント参戦である。今回は初めてチケットの「取り置き」をやってみた。名前はK_Sではなく本名の苗字にしてみた。
前日と同じく、出演時間よりも早く会場に着いたので、飲み物を飲みながら時間をつぶしてから場内へ。後方の適度な場所を確保し、待つことしばしいよいよLovelysの出番へ!
以下、いつものように箇条書きで。
・1曲目に「プラチナ」2曲目「It’s SHOWTIME」と前日とは違ってかっこいい系で攻めてくる!
・でもMCは前日天神祭りを観に行ったらもう終わっていたというゆるーいトーク(笑)
・このギャップがたまらんのよ!
・3曲目「戦う大人」昨日に引き続き大声でコール!
・4曲目「お願いラブリーズ」からの「一丁目ロック」「OH YEAH!」でテンションMAXで終了!
終演後の物販では、りーたんさんから「取り置きの名前見て思い出した」と言われ、さきぴょんからはまたもや正解が出ず(※5月からK_S名前当てクイズを実施中)。この時はあたる日は来ないのではないかと思っていた。
次の日は滋賀のお祭りに出演されるとのことだったのだが、どう考えても会社終わりでは間に合わないので、土曜日のハロショイベントに参加することをお伝えしてから帰宅の途へついた。

2019年7月27日(土)【Lovelysハロショイベント@ハロショ大阪店】

Hplovelys20190727

当月2回目のハロショイベントとなるこの日、1部はトークオンリー、2部はがっつり歌うとのことで、両方参加すべくハロショ大阪店へ。両部の整理券を引いてみると、1回目は40番台、2回目は20番台。まあ開場には入れたらそれでいいので番号は気にしない。
まずは第1部。
・お互いの服の話、金額勝負で安い自慢するのは関西人の特徴(笑)
・東京旅行の話、いやどんだけ仲良しよ!
・カステラかカステーラか、まあどっちも言うよなあと思ったのはどうやら兵庫県人だけのようだ(笑)
・1時間はあっという間に終了。これだけトークで持たせるアイドルってなかなかいないと思う。
・終了後の物販でりーたんさんから写真に本名を書かれる(お願いやめてwww)
・さきぴょんには追加ヒントを与えるも今回も正解ならず。
いったん店の外に出てから再度店内へ。

次は2部「Lovelys Friend Meeting」。
・浴衣で登場のお二人、まずは「今夜だけ浮かれたかった」
・ああかわいいねえ・・・。
・「サマーナイトタウン」がかっこよくてセクシー。
・ソロコーナーのさきぴょんの「シューティングスター」ああかわええのお・・・
・ソロコーナーのりーたんさんの「香水」にやられた・・・
・「ふたりはNS」いろんな組み合わせで聴くけれど今はLovelysの二人がとてもしっくりくる。
・それは「もしも・・・」も同じ。
・続いて「チュッ!夏パ~ティ」うわー、なんという懐かしい曲を!
・さらに「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」私のハロヲタ第1期ドンピシャの曲!
・ラストは「渚のヤケド」で終了。
・こんなに多くの曲を歌ってくれたのにトークも結構なボリュームがありとても楽しめるイベントであった。
・終演後の物販でついにさきぴょんが正解!チェキに本名を書かれる(お願いやめてwww)
・次回からは下の名前当てを開始する予定(笑)
両部ともおなかいっぱい楽しめるイベントであった。次回のハロショイベントもとても楽しみである。
というわけで7月は最終週以外は毎週Lovelysのお2人に会っていた。8月も結構な頻度でお二人にお会いできそうで今から楽しみにしている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧