芸能・アイドル

2019.04.20

モーニング娘。'19のコンサート@オリックス劇場に行ってきた

2019年4月14日、オリックス劇場にて行われたモーニング娘。'19のコンサート「Best wishies!」に行ってきた。先月(3月24日)のNHK大阪ホール以来2回目の参戦である。

20190414mm191

開場時間に合わせて現地に到着。場内に入り指定された席へ向かう。今回の席は2階のほぼ中央前寄り、ステージまでの距離感はNHK大阪ホールの時より近く感じる。
開演を待っていると、いつものハロプロ関連CMに続いて、オープニングアクトとしてLovelysが登場、「ドレドレ」で会場を盛り上げる。
開演前のBGMには前回同様「U.S.A」などボーカル入りの曲に加えて、オルゴールによる「星に願いを」なども流れていた。
そして、いつもの注意Vが流れ、18時ちょうどいよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・セットリストは先月と同じ。
・最初のMCで石田亜佑美さんから「暑い!」との言葉。確かに熱気がすごい。
・羽賀朱音さんよりこの公演はチケットが完売したとの報告!
・石田さんから、一人が1.2倍の力を出せばすごいエネルギーになると客席をあおり、この後の声援がさらに大きくなる。
・次のMCコーナーでは、加賀楓さんがバースデーイベントの練習でカラオケに行ったときに、前の人の履歴を見てしまうという話からはじまる。
・続いて野中美紀さんが履歴を見ていたらモーニング娘。の曲が続いていて、どこかで見覚えがあるなと思ったらツアーのセットリストそのままだったという話。
・さらに羽賀さんも履歴を見てハロー!プロジェクトの曲が並んでいて見覚えがあるなと思ったら、前日自分が歌っていた同じ部屋だったという話(笑)
・話の展開がうまい!
・牧野真莉愛さんはおばあさんの影響で演歌を歌うそうで、デュエット曲は一人二役をやる。
・ということで、「3年目の浮気」を実演。ちなみにカラオケデビュー曲は「雨の慕情」とのこと。
・さらに加賀さんのセリフ入りの歌が聞いてみたいということで、「大阪恋の歌」の冒頭セリフを実演(カラオケ担当牧野さん)。
・チャレンジアクト、メドレーを挟んでのMCは、全員で深呼吸とストレッチからはじまる。
・小田さくらさんが昨日あった面白い話をすると言い出す。
・石田さんが「面白かった話するって!」と煽ってハードルを上げる(笑)
・昨日ストレッチの時のBGMがアントニオ猪木さんの曲(「炎のファイター」と思われる)がかかっており、それに対して佐藤優樹さんが「今の曲ってさあ、6,5,4,3,2,1,ダー!の人?」
・ハードル上げられたけど確かに面白かった(笑)
・次の曲へ向けてのあおりで「2階席3階席の皆さん、元気ですかー!」「1階席の皆さん、もっともっとテンション上げていけますかー!」「1,2,3,ダー!」
・ここはプロレス会場か?(笑)
・最後まで盛り上がり続けて、本編終了。
・アンコール1曲目の後の各メンバーからのコメント、印象に残ったものをいくつか。
・牧野さん、今日のヒーローは僕じゃありません、みんなです!やったぜ!明日も勝つ!
・小田さん、今回のベストアルバムの中で「ペッパー警部」以外の曲は7年間ですべて披露している。
・佐藤さん、「What is Love?」の「Is it necessary?」パートについて野中さんの発音が良すぎて、恥ずかしくなってきたので、卒業前に英語を習いたい、悔しいと思ったので・・・いや、やっぱやんない、今年嘘つかないと約束したので。
・ライブ中もそうだったのだが、ここのMCでは特に声の調子がよろしくなかった佐藤さん、これ以上ひどくならないとよいのだが・・・。
・石田さん、階段の空間に人を入れないのだろう、もったいないと思って、スタッフさんになぜあそこに階段作らなくっちゃいけないですかと聞いたら「うん、消防法だね」(笑)でもそれくらい今の私達、私を見てもらいたいと欲が出たコンサートだった。
・生田さん、チャレンジアクトのMCでハロプロ研修生の米村姫良々さんのお姉さんといわれなかったことに対してくやしかったし、今後の目標にしたいとのこと(ちなみに米村さんは野中さんと回答)。
・譜久村さん、コンサートが「夢の国」でありたい。こんなハードな夢の国なんてない、世界に一つだけ。
3週間ぶりのコンサート参戦だったが、今回も大変楽しむことができた。GW期間中もハロプロの他のグループのコンサートへの参戦を予定しているので、今からとても楽しみである。

| | コメント (0)

2019.04.06

「ひなフェス2019~アンジュルムプレミアム」&「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2019」へ行ってきた

2019年3月31日、千葉県の幕張メッセで行われた「ひなフェス2019~アンジュルムプレミアム」と「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2019」に行ってきた。
今回のひなフェスは、3月30日の昼公演でモーニング娘。OGの辻希美さんと加護亜依さん(二人合わせて「W(ダブルユー)」)、さらには鞘師里保さんも出演されるということでこちらの公演もぜひ見たかったのだがチケットが取れず、さらに同日夜公演の「Juice=Juiceプレミアム」、3月31日夜公演の「モーニング娘。プレミアム」も取れず、何とか31日昼公演の「アンジュルムプレミアム」を確保しての参戦となった。
まずは3月30日の夕方にJALの便で東京入りし、都内のホテルで一泊。

Img_5355

翌日3月31日、電車を乗り継ぎ幕張メッセへ向かい、直接「ひなフェス」会場へ。

Img_5369

指定された席は、花道に囲まれた一角。花道は比較的近いが、ステージはかなり遠い。さらに席はパイプ椅子で、両隣が結構体格のいい方だったため、かなりの圧迫感でライブ参戦環境としてはかなり厳しいものであった。
開演前にはオープニングアクトとしてカレッジコスモスが「夢は意地悪」を披露。
いつもの注意Vが始まったのは開演予定時刻の11時、その後ハローのテーマのインストで会場が盛り上がる中、11時5分いよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・1曲目はアンジュルムの新曲「恋はアッチャアッチャ」
・最年少メンバー3人がいいパートをもらっているなと感じた。
・MCでは5月15日に3枚食いのアルバムが発売されるとの発表があった。これはとても楽しみ!
・2曲目は「マナーモード」、自席の近くでパフォーマンスを見ることができた。
・ここで和田彩花さん(アンジュルム)と譜久村聖さん(モーニング娘。'19)の2人が登場し、ひなフェスについての簡単な説明。
・続いて3曲目にハロプロ研修生「目立ってDo Dance」
・続いてはBEYOOOOONDSのブロック。
・4曲目はCHICA#TETSU「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」5曲目は雨ノ森川海「GIRL ZONE」
・メンバーの自己紹介の後、6曲目は「アツイ!」
・後半のエアギターのところで、なんと宮澤茉凜さんが生ギター演奏で登場!これはかなり「アツイ!」
・続いてはつばきファクトリーのブロック。
・7曲目は「ふわり、恋時計」
・MCを挟んで8曲目は「春恋歌」、そして9曲目に「今夜だけ浮かれたかった」で会場大盛り上がり!
・続いてはカントリー・ガールズのブロック。
・10曲目は「革命チックKISS」
・MCでは小関舞さんが今回はステージ移動がないので「ひな!」「フェス!」のコールアンドレスポンスができないことを嘆く。
・しかし、山木梨沙さんの計らい(?)で移動せずに「ひな!」「フェス!」実施。
・11曲目は「書いては消してのI Love You」梁川奈々美さんの「もうかれこれごどくじかん(5,6時間)」は船木結さんが、「まるでやじろべえ」は森戸知沙希さんが受け継ぐ。
・「まるでやじろべえ」のパートはエコーのエフェクト部分に梁川さんの声が・・・「気ままな片想い」のももち先輩のコーラスのようにこれからも残っていくのだろうか。
そして12曲目に定番「浮気なハニーパイ」
・続いてはこぶしファクトリーのブロック。
・13曲目は4月24日発売の新曲から「Oh No 懊悩」作詞は児玉雨子さん、作曲は星部ショウさん。
・MCを挟んで14曲目は4月24日発売の新曲から「ハルウララ」何度聞いても生のハモリが心地よい。
・15曲目は「サンバ!こぶしジャネイロ」ちょっと意外な選曲でびっくり。
・16曲目は全員で「桜ナイトフィーバー」、最初の「夜は眠りたい」はアンジュルム伊勢鈴蘭さん、「理解者少ない」はJuice=Juice稲場愛香さん、「桜もこぶしも咲き誇れ」はBEYOOOOONDS里吉うたのさん、最後の「夜は眠りたい」はこぶしファクトリー井上玲音さんが担当。
・つばきファクトリー小片リサさんとBEYOOOOONDS高瀬くるみさんのMCでシャッフルコーナーの紹介へ。
・17曲目、ソロ曲はBEYOOOOONDS平井美葉さん「ブギウギLOVE」(カントリー・ガールズ)
・とても緊張しているのが伝わり、途中苦しそうな部分もあったが無事に歌いきる。
・18曲目は5人組ユニットCOOOOOUNGERME。で「最高ミュージック」(℃-ute)
・メンバーは、中西香菜さん、川村文乃さん(以上アンジュルム)、森戸知沙希さん(モーニング娘。'19兼カントリーガールズ)、小関舞さん(カントリー・ガールズ)、里吉うたのさん(BEYOOOOONDS)
・続いてはJuice=Juiceのブロック。
・19曲目は「Fiesta!Fiesta!」
・MCを挟んで20曲目は「微炭酸」、21曲目は「Borderline」
・続いてはモーニング娘。'19のブロック。
・22曲目は新曲「青春Night」
・MCを挟んで23曲目は「泡沫サタデーナイト!」最後のサビでアンジュルムの新曲「恋はアッチャアッチャ」の振り付けを取り入れる。
・24曲目は「I surrender~愛されど愛~」
・竹内朱莉さんと室田瑞希さん(以上アンジュルム)の2人によるMCでは、「泡沫サタデーナイト」での「恋はアッチャアッチャ」の振り付け取り入れについて触れ、自分たちではあんなに早く動かせないといったようなことを言っていた。
・続いては各グループによるアンジュルム楽曲の披露。
・25曲目はカントリー・ガールズ&こぶしファクトリーで「タチアガール」
・26曲目はつばきファクトリー&BEYOOOOONDSで「キソクタダシクウツクシク」
・27曲目はモーニング娘。'19&Juice=Juiceで「旅立ちの春が来た」
・稲場さんの振りでアンジュルムブロックへ。
・28曲目は「I 無双 Streong!」5月のアルバムでようやく音源化される模様。
・29曲目は「有頂天Love」
・30曲目は「夢見た15年」元アンジュルム福田花音先生の作詞、振り付けにも過去の曲のものが取り入れられている。
・31曲目は「46億年Love」
・和田さんのMCで全メンバーを呼び込み、最後の曲へ。
・32曲目は全員で「夢見る15歳」
・最後は「桜ナイトフィーバー」のインストでメンバーがはけ、最後にアンジュルムが一礼して終了。
約2時間のステージは大変楽しかったのだが、狭い座席で体が固まった状態になり、よろけながら会場を出て、隣の「SATOYAMA&SATOUMI」会場へ向かう。

Img_5361

すると、どこかで聞いたことのある声と曲が聞こえてくる・・・それは中島卓偉さんの歌声!歌っていたのは名曲「My Days for You」、最後のほうだけだが聴くことができた。
先日ハロー!プロジェクトを中心とした女性アーティストに提供した楽曲を集めたアルバムを発売され、5月には横浜でライブをされるそうなので、スケジュールが合えば参戦したい。
いろんな出展ブースはものすごい人だかりで近づくのも難しく、dtvチャンネルのブースに立ち寄り、ステッカーと加入で参加できるガチャに挑戦などしてから幕張メッセを後にした。

Img_5364
幕張海浜駅から電車に乗り込み、帰宅の途へ・・・とはいかず、秋葉原へ向かい、久しぶりにハロショ秋葉原店へ。
Img_5370

展示されている梁川奈々美さんの卒業ライブの衣装を拝見し、再び電車を乗り継ぎ羽田空港へ向かい、往路と同じくJALの便で帰宅の途へとついた。

Img_5380
今回は4公演開催のうち1公演しか参戦できなかったのは残念だったが、あのパイプ椅子で複数公演参戦していたら、もっと体はボロボロになっていたと思われるのでこれくらいでちょうどよかったのかもしれない。
といいつつ、この後本当に体調を崩してえらい目に遭ったので、来年の参戦は・・・あれ?来年って開催されるのだろうか?そういえば何の予告もなかったような気がする。
五輪イヤーでもあるし、もしかしたら・・・なのかもしれないが、もし開催されるようであれば、出来る範囲で参加できればと思う。

| | コメント (0)

モーニング娘。'19のコンサート@NHK大阪ホールに行ってきた

2019年3月24日、NHK大阪ホールにて行われたモーニング娘。'19のコンサート「Best wishies!」に行ってきた。
20190324mm_bk
開場時間の17時を少し過ぎた頃に会場に到着、場内に入り指定された席へ向かう。今回の席は2階の上手バルコニーやや上部。
開演を待っていると、いつものハロプロ関連CMに続いて、オープニングアクトとしてLovelysが登場。おなじみの(ご本人たち曰く「耳にタコができるくらい聴いてるかもしれませんが」)「ドレドレ」で会場を盛り上げる。
開演まで場内で流れるBGMに「U.S.A」などボーカル入りの曲が使われているのはちょっと珍しい気がする。
そして、いつもの注意Vが流れ、18時ちょうどいよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・オープニングのVTRに過去のCDジャケットが登場、いろいろ懐かしい思いがよみがえる。
・1、2曲目から会場全体の盛り上がりが最高潮まで高まる楽曲で攻めてくる!
・3曲目以降、ちょっと懐かしめの楽曲が続く。'14、'15時代の楽曲の良さに改めて気づかされる。
・MCコーナーでは羽賀朱音さん仕切りでプライベートで来た大阪に関するエピソードなどから、休みの日の過ごし方の話へ。
・加賀楓さん「ガンプラしてればいいかな」
・野中美紀さんが加賀さんを誘う方法は「タピオカ」
・これに対してお台場のガンダムとタピオカならという選択肢に加賀さんの答えは「ガンダム」
・どんだけ好きやねん!(笑)
・ここからもちょっと懐かしめの楽曲が続いた後、ハロプロ研修生によるチャレンジアクト。
・途中から娘。メンバーも加わる!
・1曲挟んでメドレーコーナーへ。ここも直近と少し懐かしめの曲が混在。
・続いて小田さくらさんの仕切りによるMCコーナーで研修生時代の思い出を語る。
・羽賀さんは発表会の時に鼻血を出して順番を変えてもらった話。
・牧野真莉愛さんは℃-ute帯同時のことをドラゴンボールに例える(笑)
・加賀さんは発表会の時にベストパフォーマンス賞を取った話。
・ちなみに生田さんは発表会は必ずチェックするとのこと。
・ちなみに横山玲奈さんは発表会に出たことがない→石田さんの顔芸(笑)
・最後にリーダー譜久村聖さんがきれいにまとめて客席をあおるときに噛む(苦笑)
・ここから後半戦、まずはつんくさんによる新曲!
・さらに盛り上がる楽曲が続いていく。個人的に大好きなあの曲も入っていてとてもうれしい。
・本編ラストもライブで必ず盛り上がる定番曲!
・アンコールは最新シングルからスタート。
・各メンバーからのコメント、印象に残ったものをいくつか。
・横山さん、高校無事卒業を報告。
・加賀さん、アンコールは絶対にもらえるものではないので、いただけるのはありがたい。
・牧野さん、「メジャー」の曲?をハミングで歌う。
・小田さん、昼公演の話で客席でお客さんが口パクで「かわいい」といっているのを始めてみたとの報告。
・石田さん、楽しい感情を与え受け取り合える関係が素晴らしい。
・生田さん、今日はメンバーとの意思疎通が良くできた。
・譜久村さん、体力を使うツアーということで客席とともに体を延ばしたり手足をぶらぶらさせ、あったかい風呂に入ってクールダウンするまでがコンサートですとおっしゃる。
・アンコールラストも少し懐かしい楽曲。この曲のインストでメンバーがはけてコンサート終了。
2019年3月20日に発売された20周年のベストアルバムを引っ提げてのツアーということで、セットリストも個人的にハロヲタに復帰し始めたころの楽曲も多く、いつものツアーよりも楽しめたような気がする。
次は4月14日にオリックス劇場での公演に参戦する予定となっているので、再度楽しみたいと思う。

| | コメント (0)

2019.03.19

カントリー・ガールズ/Juic=Juice梁川奈々美さんの卒業ライブ@Zepp Tokyoに行ってきた

2019年3月11日、Zepp Tokyoにて行われたJuice=Juice&カントリー・ガールズLIVE~梁川奈々美 卒業スペシャル~に参戦してきた。
この公演をもって梁川さんがカントリー・ガールズ、Juice=Juiceならびにハロー!プロジェクトを卒業するということで、チケットをゲットしようとしたのだが、ファンクラブのチケット先行発売で抽選にはずれ、一般発売ではまず取れないだろうと諦めかけていたところ、アップフロント系の興行会社オデッセーのWEB会員向けチケット抽選先行発売があるとの情報を得て、年会費を支払って会員登録、抽選先行発売を申し込んだところ見事当選し、参戦できることとなった。
公演当日は月曜日ということで、休暇を取り、前日の夜に都内の宿に入り一泊。
翌朝、地下鉄とゆりかもめを乗り継ぎ、Zepp Tokyoに到着したのは11時半ごろ。

20190311zepptokyo001

すでにグッズの先行販売を待つ長い行列ができており、その最後尾に並ぶ。
12時に販売を開始し、グッズ購入を終えたのは15時半ごろ・・・普段コンサートではグッズなどほとんど買わないのだが、並び疲れて頭が働かなかったせいかそこそこの品数を購入。
これをもって移動するのは大変なので、100円ショップで梱包材を購入し、郵便局から発送。そうこうしているうちに開場時間が近づいてきたので、入場列に並ぶことにする。今回は2階の立ち見ということで、待機列の場所は会場からかなり離れた場所へ。

20190311zepptokyo002

そこには「2階指定席」の待機列も。あれ?2階指定席なんて販売してたっけ?たしかオールスタンディングだったと記憶しているのだが・・・などと思いながらも列に並び、待つことしばし、会場内には入れたのは開演時間20分前くらいだろうか。2階の座席の後ろに設けられた立ち見席、下手側の端あたりに場所を確保することができた。
ステージを観ると、左右に階段が設けられ、中央の階段と合わせると「Y」の字を形成している。中央にはモニターとその下にアーチが設けられている。恐らく大阪公演の時と同じ舞台セットである。
開演を待っていると、2階の座席にどこかで見覚えのある男性が着席。あれは・・・上々軍団の鈴木啓太さん!そして開演5分前の影アナの後には、空いていた2階席に続々と若い女性たちが着席。顔ははっきり見えないがおそらくハロー!プロジェクトのメンバーであろう(後日ライブを観たというブログが多数UPされていた)。また、2階席横の通路には関係者と思われる方が多数、梁川さんの最後のステージを見守っていた。
客席から沸き起こる「やなみん」コール。照明が落ち、いよいよ開演である!
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・下手側階段からJuice=Juiceのメンバーが、上手側階段からカントリー・ガールズのメンバーが登場。
・そして中央のアーチから本公演の主役である梁川さんが登場!
・梁川さんをセンターにして「Juice=Juiceです!」そして「カントリー・ガールズです!」と挨拶。
・ここから山木梨沙さんの仕切りで今の気持ちを聞かれた梁川さんは、顔と青と紫のペンライトだらけの状況にうれしいとともにびっくりしているとのこと(山木さん曰く「圧がすごい!」)。
・宮崎由加さんがスペシャルゲストとしてハロプロリーダーの和田彩花さん(アンジュルム)を呼び込み。お手紙を読む。
・まずはJuice=Juiceブロックから。「Borderline」のインストに合わせてメンバーの写真スライドショー。
・「Borderline」をセットリストに入れずここで使ったのはなぜだろう?
・あの曲は実は梁川さんに向けて作られた曲ではないかという妄想。
・歌詞の内容が未来志向だし、梁川さんのソロパートも「未来の自分を信じて」だし、ここは作者である星部ショウさんのライナーノーツがほしいところ。
・音源化はよ!
・メンバー紹介のところは梁川さんとのツーショット写真というのがまたいい!
・1曲目は「Fiesta!Fiesta!」梁川さんと段原瑠々さん加入後最初の楽曲。初披露のハロコン@大阪でのどよめきが今も忘れられない。
・2曲目は「ロマンスの途中」梁川さんがハロプロ研修生の実力診断テストで一人で歌った曲。各パートのメンバーの特徴を捉えた歌い方に驚かされた記憶がある。
・3曲目は「Tokyoグライダー」セカンドアルバムでついに音源化された名曲!夜のドライブで聞くとかなりテンションが上がる!
・4曲目は「微炭酸」梁川さんにとって最後、稲場愛香さんにとってはJuice=Juiceとして最初の曲。
・金澤朋子さん仕切りでのMC。意気込みを聞かれた段原瑠々さん、1曲1曲大切に歌っていきたい。
・梁川さんは今朝の方が緊張していたと。今はとにかく楽しい。
・宮本さんの客席あおり、「やなちゃんといえばこの曲」ということで5曲目は「Sexy Sexy」梁川さんの新たな一面を魅せてくれた楽曲。
・6曲目は「あばれてっか!?ハブアグッタイ」冒頭の梁川さんのパートが印象的。
・宮本佳林さんが途中のパートで「やなちゃん超かわいいいよ!」と歌詞を変えてくる。
・そのあとの宮崎さんのパート「そんなんじゃ足んなーい!」が実感こもってるw
・7曲目は「Never Never Surrender」菅井先生のボイストレーニングを思い出す。
・8曲目は「CHOICE & CHANCE」1stアルバムの名曲。歌詞の内容も梁川さんへのエールのように聴こえてくる。
・9曲目は「禁断少女」落ちサビの宮本さんから梁川さんへの流れがもうこれで聴けないのは本当に残念。
・そして梁川さんのパートの出来が過去最高の出来!
・10曲目は「Vivid Midnight」神戸ハーバーランドでのリリースイベントに参戦したことを思い出す。
・MCを挟んで11曲目は「シンクロ。」金澤さん、段原さん涙。高木さん何とか涙をこらえる。
・以上でJuice=Juiceブロックが終了。楽曲パフォーマンスを前面に押し出してきた。
・続いてカントリー・ガールズのブロック。
・「ブギウギラブ」のインストに合わせてメンバーの写真スライドショー。
・嗣永桃子さんの写真が出てくると盛り上がる客席。
・梁川さんが一人で登場、サックスで「かえるの歌」withヲタの皆さんの合唱を見事に演奏。
・続いて11曲目は「涙のリクエスト」
・12曲目は「ブギウギラブ」梁川さんと船木結さんが加入して初めてのシングル曲である。
・MCで梁川さんからサックス演奏についてここ2週間ずっと緊張していたとの発言。
・「やなサックス」を終えたことでこのコンサートの山は越えたとも。
・「世界で一番『かえるの歌』について頭を悩ませていた」言い回しがお見事。
・思い入れの曲について、梁川さんは「ブギウギラブ」のソロパート「目立ち過ぎているポニーテール」と歌いながら今までポニーテールで歌ったことはなく今回初めてポニーテールにして歌い、悔いはないとのこと。
・これに対して森戸知沙希さんからクレーム。当時ポニーテール担当といえば森戸さんということで、ご本人もこのパートは自分のところに来ると思っていたとのこと。
・これに乗っかるように山木梨沙さんからは「小生意気ガール」の「七の段言えない」のパートは自分に来ると思い練習していたと発言。
・さらに船木さんが乗っかって、「涙のリクエスト」のサックスは私がと言い出す。会場からのエーイングに対して「サックス特技じゃん?」
・これぞカントリー劇場!最高やないか!
・13曲目は「愛おしくってごめんね」島村嬉唄さんが脱退してからしばらく歌われない期間があり、再び歌われたときに冒頭のセリフ部分を梁川さんや船木さんが引き継いで、現在は梁川さんのパートとして定着。
・嗣永桃子さんの卒業コンサートでのパート横取られも梁川さんだったからこそ成立したのだなあと今更ながらに思う。
・14曲目は「恋はマグネット」発売当初は稲場さんのイメージが強い曲だったが、今ではこの5人でのパフォーマンスが定着したように感じる。
・15曲目は「恋泥棒」
・16曲目は「弱気女子退部届」落ちサビの梁川さんのパートが史上最高の出来!
・ここから後半戦。船木さんの煽りに梁川さんのダメ出し。このパターンもこれが最後か・・・。
・17曲目は「浮気なハニーパイ」カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)の名曲はすっかりカントリー・ガールズの定番曲になった。
・18曲目は「Good boy & Bad girl」、19曲目は「妄想リハーサル」とかっこいいと可愛いのギャップを魅せてくれる。
・20曲目は「リズムが呼んでいるぞ!」梁川さん仕切りで梁川さん→山木さん(かわいく)→森戸さん(かっこよく)→船木さん(セクシーに)→小関さん(やなみんぽく)
・梁川さん「カントリー最高!!!!」
・21曲目、カントリーブロックラストは「女の子の取り調べタイム」ここで船木さん泣く(山木さんと梁川さんに頭ポンポンされる)歌はしっかりと歌えていた。
・これで本編終了。会場に響き渡る「やなみん」コール。
・ステージ中央から2つのグループのメンバーカラーをあしらったドレスで梁川さんが登場!
・何か既視感があるなあと思ったら、嗣永さんの卒業ドレスとデザインが似ている(足を魅せる感じとか)。
・お手紙朗読。「眉毛も困ってて」「感想を求められても逆に聞いたり」などちょいちょい小ネタを入れてくるところがさすが。
・ソロで歌うのは「気ままな片想い」ミッツ・マングローブさん作詞・作曲の超名曲をここで持ってきた!
・感想のコーラスで嗣永さんの声がはっきりと聞こえてきて、ああ、梁川さんの卒業を見守ってくれているんだなと感じた。
・メンバーが登場し、一人ずつ梁川さんへのメッセージ。
・Juice=Juiceは稲場さんから。お互いいろんな思いがあるのだろうなと感じた。
・段原さんと梁川さんがお互いに「ありがとう」といいながらお辞儀し合うところ、いいなあ。
・植村あかりさん、距離が近い。それを指摘した梁川さんに「うるさいなあ、静かにして!」とか「35歳くらい」とかひどいこと言う(笑)けれども梁川さんのこと好きなんだろうなあと感じた。
・宮本さん、「大好きだぞ!」ってハグしに行くところが宮本さんらしい。
・高木さん、「これからも遊びましょう」ってなんかいい言葉だなあ。
・金澤さん、距離が遠い。「おい、梁川!」は名言だなあ。あと「金澤さんの方が泣きそうですけどねえ」エピソードもよかった。
・宮崎さんは距離近すぎるし、すぐに手を握るし、やりたい放題(苦笑)あと「曲中に「好き」と口パクで言ってくる」エピソードもよかった。
・みんながみんな「生き方が不器用」的なことをいっていたのが印象的。
・続いてカントリー・ガールズ。
・小関さんは目に涙を浮かべながら梁川さんへの想いを語る。
・森戸さんはやばそうになると笑ってやりすごす。最後にご飯行く約束、ちゃんと叶えてほしい
・山木さんは涙をこらえられず。梁川さんの「大丈夫ですか、山木譲」が素敵。スマホでカントリーの楽屋に参加する梁川さん、見てみたい。
・最後は船木さん。Juice=Juiceのメッセージから涙が止まらない様子で、最初からなく。声もおかしくなりながらも、気持ちがこもりまくったメッセージ。
・二人のやり取りがもうたまらん。
・船「なんで私よりきれいやねん!」梁「ごめんね、今日はちょっときれいかもしれない私の方が」
・船「今後もお互いもっとバチバチに競い合っていきたい」梁「もちろん」(即答)
・船「おでこおでこ言ってたのは、私の知ってるやなみんがいなくなるんじゃないかと思って」梁「ここにいる!大丈夫」船「さみしかったからおでこって言ってた」
・船「やなふな伝説は今後も完結しないと思うのでこれからも一緒に競い合ってください」梁「もちろんです!」
・梁川さんのお姉さんっぷりがよく表れていた。
・全てのメッセージを満面の笑みで受ける梁川さんが素晴らしい。
・ハグできてなかった稲場さんと梁川さんがハグ。ハグできてよかった・・・田中れいなさん卒業時の工藤遥さんを思い出した。
・ラスト2曲は、Juice=Juiceが「Good bye & Good luck!」、カントリー・ガールズが「VIVA!バラ色の人生」
・カントリーの4人「私達大丈夫です」梁川さん「みんなも最高です」の歌割、心が震えた。
・最後はJuice=Juiceのメンバーもそろって梁川さんをセンターに「以上、Juice=Juiceとカントリーガールズでした!」
・「VIVA!バラ色の人生」のインストをバックに、梁川さんがメンバー全員とハイタッチ、手をつないで一礼したのち、メンバーがはけていき、最後に梁川さんがはける。
・鳴りやまない「やなみん」コールに再度梁川さんが登場し、マイクなしで「ありがとうございました!」、そしてステージから去っていく。
・ステージ中央のモニターに梁川さんからのメッセージ「今までありがとうございました!おとぎの国はいつまでもみなさんの心の中に・・・」
・終了アナウンスの後、「やなみん最高!」コールの後ろで流れる「泣いていいよ」のインストを聴きながら会場を後にした。

20190311zepptokyo003

2つのグループの「美味しいところ」をギュッと詰め込みながら、梁川さんの「2つの顔」を堪能できる素晴らしい卒業ライブだった。
「兼任制度」については、いろんな意見があると思うが、梁川さんが兼任してくれたことで「Fiesta!Fiesta!」や「TOKYOグライダー」という名曲が生まれ、「禁断少女」での素晴らしい落ちサビを聴くことができた。梁川さん自身のパフォーマンス力も劇的に進化した。ただ、その進化の速度がちょっと早すぎて、アイドル人生を駆け抜けていってしまったのかななどと思ったりもする。「惜しまれつつ」という言葉が本当にぴったりはまる今回の梁川さんの卒業、この先の彼女の成長を観ることができないのは残念だが、ご本人にとって最良の人生を歩んでいかれることを心から願っている。
やなみん、ありがとう!&お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.10

Juice=JuiceのCD発売記念イベントに行ってきた

2019年3月9日、横浜ベイホールで行われたJuice=Juice11thシングル「微炭酸/ポツリと/Good bye & Good luck」発売記念イベントに参加してきた。
申し込んだ全3回公演のうち、当選したのは2回目と3回目。2回目の開場時間である15時30分に間に合うよう、伊丹空港からJALに搭乗し羽田空港へ。

Img_4948

羽田空港からは京浜急行とみなとみらい線を乗り継ぎ、元町・中華街駅から歩くこと十数分、開演時間の少し前に現地に到着。

Img_4949

しばらくして番号順に整列、順次入場開始。会場内に入り、中央よりやや下手側、目の前に柵がある場所を確保する。待つことしばし、定刻にイベントがスタート。
以下、いつものように感想などを箇条書きで
【イベント2公演目 16:15~】
・1曲目は微炭酸。始まってから気が付いたのだが、左手前に柱があり、下手側に立つ演者1名が丁度隠れてしまう。
・1曲目では梁川奈々美さんが隠れることが多かった。
・ポジション取り失敗だな(苦笑)
・2曲目は「アレコレしたい」ここが回替わり。
・2曲終わって自己紹介。
・CD発売から約1か月、宮崎由加さんはNHK総合「うたコン」の日に渋谷で稲場愛香さんと散歩していた時に「微炭酸」が流れていたとのこと。
・あと2日で卒業する梁川さん、金澤朋子さんから心境を聞かれる。
・梁川さん「もういくつ寝ると・・・という感じ」「発売されてからまだ1か月なんだという感じがする」「毎日忙しく色が濃い」「卒業まで1週間、この1週間が長く感じている」「密度の濃い日々を送れている」などと答える。
・また、1公演目と2公演目の間にはメンバーで人狼ゲームをしたそうで、普段通りの日常が流れていることに幸せを感じるとも。
・今回のイベントのセットリストには梁川さんの意見が取り入れられているとのこと。
・ここで金澤さんからメンバーに梁川さんに対してやり残したことや言い残したことがないか尋ねると、挙手したのは梁川さんの同期である段原瑠々さん。
・「アレコレしたい」の最初につけてもらった振り付けでは、梁川さんと手をたたく振り付けだったとのこと。今は観客に向けてする感じになっているので、最後に当初の振り付けをやってみたいとのこと。
・梁川さん、先ほどの「アレコレしたい」で金澤さんと手をたたく振り付けをやったこと、その時金沢さんがニヤニヤしていたことを暴露。
・観客からのエーイング&宮崎さんのご機嫌斜めな表情(笑)
・金澤さん「ごめんごめん」と謝るも、梁川さんから「謝った方がいいんじゃないですか」と振られる。
・金澤さん、いろいろ頭をよぎる中、手を頭にやり「ごめんなさいね♪」
・改めて梁川さんと段原さんで「アレコレしたい」の手をたたく振り付けを、メンバーのアカペラ&観客の手拍子で披露。
・金澤さん「大丈夫?由香ちゃん」宮崎さん「大丈夫、楽屋でやるから」(まだ怒り気味w)梁川さん「じゃあ次の空き時間にやりましょう」(気遣い出来る子やねえ)
・次の曲への振りで噛んでしまう金澤さん。またもや観客からのエーイングを受ける。
・そして梁川さんから「また謝りますか?」と振られて、今度は「許してニャン」
・梁川さん「どっちもできたからよかった」(せやな)
・3曲目は「素直に甘えて」
・4曲目は「ポツリと」
・続いてが最後の曲。
・5曲目は「Good bye & Good luck」
・梁川さんの笑顔が素敵。
・「Good bye & Good luck」のインストをバックに手を振りながらはけて終了。
その後行われた握手会には参加せず、いったん会場を後にして、まだ食べていなかった遅めの昼食(というか兼夕食)を会場に来る途中で見つけた「くら寿司」でいただく。
おなかもいっぱいになったところで、再び会場に戻り、先ほどと同様に番号順に整列、順次入場開始。会場内に入ると、先ほど陣取った場所はすでに埋まっており(整理番号が2回目より100番ほど後だった)、PAの後方でステージ全体が見える場所を確保。
待つことしばし、定刻となりいよいよ梁川さんにとって最後のCD発売イベントがスタート。
【イベント3公演目 18:45~】
・1曲目は「微炭酸」稲場さんの髪型がツインテール!!!客席どよめく。
・2曲目は「初めてを経験中」
・MCでは、梁川さんより2公演目と3公演目の間でも人狼ゲームをしたとの報告あり。
・また、地元での公演ということで江戸清の肉まんを食べたとのこと。
・そして、前の公演でいうのを忘れていたが、今日(3月9日)は梁川さんのメジャーデビュー日!
・朝、ふなちゃん(船木結さん)からの連絡で気が付いたとのこと。
・梁川さん「明日から2日間は4年目ということで頑張っていきたい。」
・梁川さんに対してやり残したことや言い残したことがないかという質問に、宮本佳林さんがバンジージャンプをするということが叶わなかったということで、卒業の次の日に行くしかないなどと言い出す(笑)
・梁川さん「ハードスケジュール過ぎません?」(無茶ぶり過ぎるよねww)
・どこにバンジージャンプがあるかという話になり、宮本さん「埼玉にあるんじゃない」金澤さん「たぶんある。適当に言ってる」(適当ってw)
・マザー牧場にあるなど、様々な情報が飛び交う中、場所言ったらみんな来ちゃうからぼかそうということで話を締める。
・3曲目「素直に甘えて」
・4曲目「ポツリと」
・5曲目、最後の曲は「Good bye & Good luck」
・梁川さんの笑顔が本当に素敵。
・途中、金澤さんを抱くような仕草をした植村あかりさん。どうやら金澤さん泣いてしまった模様(歌はきちんと歌われていた)。
・「Good bye & Good luck」のインストをバックに手を振りながらはけて終了。
その後行われた握手会にはやっぱり参加せず、バスと電車を乗り継いで羽田空港近くの宿で一泊。翌日朝、JALに搭乗し帰宅の途へとついた。

20190210jal

これで梁川さんのお姿を拝見するのは3月11日のZepp Tokyoでのライブを残すのみとなった。どんなセットリストになるのか、どんな演出になるのか、そして梁川さん本人、メンバーはどうなってしまうのか、考え出すと眠れなくなりそうなので(苦笑)、出来るだけ頭の中を空にして現場の空気を体全体で感じたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.05

2019冬のハロコン@岐阜に行ってきた

2019年3月2日と3日、岐阜県長良川国際会議場で行われたハロー!プロジェクトのコンサート(ハロコン)に参加してきた。
1月2日に中野サンプラザから始まったハロコンもこの2日間が最後となる。
3月2日は18時開演の夜公演に参加。パターンは「NEW AGE」である。

20190302hp_gifu

開場時間を少し過ぎたころに会場に到着し、早速入場。座席は2階席やや上手寄り、前から5列目。2階席の場所がかなり高い位置にあり、ステージ全体を見下ろすような感じである。
以下、いつものように感想などを箇条書きで(セットリストネタバレあり)。
【3月2日18:00~ NEW AGE】
・開演前のCMはつばきファクトリーがアルバムから最新シングルに差し替え。
・18時定刻にスタート。
・1曲目は「ハローヒストリ'19」カントリー・ガールズ兼任メンバーの移動に目が行く。
・MCはまことさんとアシスタントにカントリー・ガールズ山木梨沙さん、小関舞さん。
・こぶしファクトリーの野村みな美さんがおたふくの疑いのため、BEYOOOOONSの里吉うたのさんが捻挫のためお休み。
・メンバー紹介VTRに続いて、2曲目はハロプロ研修生による「LALALA 幸せの歌」
・3曲目はCHIKA#TETSUの「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」可愛い系王道のアイドルソング。
・島倉りかさんのセリフでは「気になっているのは長良川鉄道」とご当地ネタを仕込んできた!
・4曲目はBEYOOOOONS新メンバーのパフォーマンス。小林萌花さんの生ピアノに平井美葉さんのダンスで「無限クライマックス」
・5曲目は雨ノ森 川海の「GIRL ZONE」大森請子さんの作品らしさがあふれる楽曲。
・6曲目はつばきファクトリーの「ふわり、恋時計」
・7曲目はカントリー・ガールズの「傘をさす先輩」梁川奈々美さんのお顔が丸くなっていて一安心。
・8曲目はこぶしファクトリーの「亀になれ!」客席の煽り方がとても上手い!
・9曲目はJuice=Juiceの「ポツリと」ユニゾンの美しさがたまらない。
・10曲目はモーニング娘。'19の「自由な国だから」
・11曲目はアンジュルムの「エイティーンエモーション」
・ここからOGコーナー、この日のゲストは元℃-uteの鈴木愛理さんと岡井千聖さん。
・12曲目は「都会っ子純情」バックダンサーにJuice=Juiceの高木紗友希さん、植村あかりさん、段原瑠々さん。
・セリフ部分は2人で。曲後のMCではセリフ部分のタイミングを合わせるために手を握ってもみもみしていたとのこと。
・岡井さんの衣装はこのハロコンのために衣装さんが過去の衣装を参考に製作したもので、二の腕を隠すひらひらがついているとのこと。
・2人とも昔より仲がいいとのこと。
・13曲目は「悲しきヘブン」バックダンサーにこぶしファクトリーの浜浦彩乃さん、和田桜子さん、井上玲音さん。
・ワンハーフサイズはもったいない、フルコーラスで聴きたかった。
・続いてはシャッフルコーナー。
・14曲目はこぶしファクトリー井上玲音さん、BEYOOOOONS島倉りかさんの「ブギートレイン'03」
・15曲目はアンジュルム和田彩花さん、つばきファクトリー浅倉樹々さんの「スクランブル」
・16曲目はモーニング娘。'19横山玲奈さん、アンジュルム川村文乃さんの「恋のテレフォンGOAL」
・17曲目はモーニング娘。19小田さくらさん、こぶしファクトリー和田桜子さん、つばきファクトリー新沼希空さん、BEYOOOOONS高瀬くるみさんの「スッペシャルジェネレ~ション」
・ヲタのみなさんによる最初の「スッ」コールが素晴らしい!
・18曲目はモーニング娘。'19譜久村聖さん、カントリー・ガールズ山木梨沙さん、ハロプロ研修生松永里愛さんの「恋するエンジェルハート」
・MCを挟んで19曲目はアンジュルム佐々木莉佳子さん、つばきファクトリー秋山眞緒さんの「ロマンスの途中」(こぶしファクトリー野村みな美さんお休み)
・20曲目はモーニング娘。'19羽賀朱音さん、BEYOOOOONS岡村美波さんの「恋泥棒」
・21曲目はモーニング娘。'19生田衣梨奈さん、アンジュルム竹内朱莉さん、つばきファクトリー谷本安美さんの「ラーメン大好き小泉さんの唄」
・22曲目はモーニング娘。'19石田亜佑美さん、BEYOOOOONS前田こころさん、平井美葉さんの「次々続々」石田さんはラップが良く似合う。
・23曲目はモーニング娘。'19森戸知沙希さん、BEYOOOOONS一岡玲奈さん、小林萌花さんの「初恋サンライズ」
・MCを挟んでダンス部のパフォーマンス。メンバーは和田彩花さん(アンジュルム)、牧野真莉愛さん、加賀楓さん(モーニング娘。'19)、宮本佳林さん(Juice=Juice)、浜浦彩乃さん(こぶしファクトリー)、山岸理子さん(つばきファクトリー)
・続いてハロプロ新加入メンバーへのインタビュー。今回はアンジュルム伊勢鈴蘭さんとBEYOOOOONS小林萌花さんに「落ち着く瞬間は?」
・伊勢さんはカラオケに行ったときとのこと。ひとりでは行けないので姉か友人と一緒に行くとのこと。
・山木さんに「十八番は?」と聞かれて「オハコって何ですか?」と答える伊勢さん。
・「得意な曲のこと」と教えてもらい、最近歌った切ない曲としてカントリー・ガールズの「傘をさす先輩」を挙げる。
・この曲がカラオケに入っていたことに驚き、喜ぶ山木さん。
・小林さんは家でクラシックの曲をピアノで練習しているとき。
・自分の部屋に防音室(箱)があり、その中にピアノがあるとのこと。
・山木さん「お嬢の匂いがしますねえ」と食いつく(笑)
・24曲目は卒業を控えた和田彩花さん(アンジュルム)、宮崎由加さん(Juice=Juice)、梁川奈々美さん(カントリー・ガールズ/Juice=Juice)に向けた全員曲「友情 純情 oh 青春」
・続いてのMCでまことさんが小関舞さんに落ち着く瞬間を聴くと、家に帰って家族(父母と猫)が待ってくれているときとのこと。
・25曲目はBEYOOOOONSの「アツイ!」
・26曲目はつばきファクトリーの「可能性のコンチェルト」
・27曲目はカントリー・ガールズの「小生意気ガール」
・28曲目はこぶしファクトリーの「シャララ!やれるはずさ」メンバーのハモリもさることながら、ヲタの皆さんのコーラスもすごい!
・29曲目はJuice=Juiceの「Border Line」梁川奈々美さんのソロパート「未来の自分を信じて」が心に突き刺さる。
・30曲目はアンジュルムの「マナーモード」
・31曲目はモーニング娘。'19の「みかん」
・まことさんがメンバーを呼び込み、最後の曲へ。
・32曲目は「Wonderful World」
・「YEAH YEAH YEAH」のインストが流れる中、メンバーがはけ、最後の各グループのリーダーが一礼してはけて終了。
・「ハロプロ最高!」コールはうまくまとまらず。あれは最後の影アナ終わりで始めないとなあ・・・。
公演終了後は、本日の宿へと移動しこの日は一泊。
翌日3月3日、この日は15時開演、パターンは「YOU&I」である。

Img_20190303_140758

【3月3日15:00~ NEW AGE】
・席は2階最前列。1階との高低差がよくわかるので若干怖い(苦笑)。
・開演時間少し前にどこかで見たことのある男性が近くの席に着席。スタッフと何やら話している。その声に聞き覚えアリ。グラサンでおなじみの中島デスク(テレビ朝日)と思われる。
・15時定刻にスタート。
・1曲目は「大器晩成」
・MCとメンバー紹介VTRに続いて、2曲目はBEYOOOOONSの「アツイ!」
・3曲目はハロプロ研修生の「Rainbow」
・4曲目はカントリー・ガールズの「弱気女子退部届」
・小関舞さん、歌割のないところでうつむいたり少し横を向いたりと涙をこらえきれなかった模様・・・歌は何とか持ちこたえる。
・森戸知沙希さんもちょっとウルっと来ていたようにも見えた。
・梁川奈々美さんは満面の笑顔、そして最高のソロパート。
・他グループの当日のブログによれば、袖から見ていたメンバーの多くが泣いていたようである。
・5曲目はこぶしファクトリーの「ハルウララ」今までのこぶしにはあまりなかった可愛くて優しい感じの曲。
・ハモリとコーラスがとてもきれい。
・6曲目はつばきファクトリーの「三回目のデート神話」
・7曲目はJuice=Juiceの「微炭酸」ここでも梁川さんのソロパートの出来が素晴らしい。
・8曲目はアンジュルムの「タデ食う虫もLike it!」サビの掛け声が聞いていて気持ちいい。
・9曲目はモーニング娘。'19の「I surrender 愛されど愛」
・ここからOGコーナー、前日に続いて元℃-uteの鈴木愛理さんと岡井千聖さんがゲスト。
・10曲目は「悲しきヘブン」バックダンサーにこぶしファクトリーの浜浦彩乃さん、和田桜子さん、井上玲音さん。
・MCでは昨晩鈴木さんの部屋に岡井さんが行って一緒に泊まったとの話があり、お互い眠そうになると「あ、寝るんだ」と寝かさないようにし合って朝5時まで過ごしたとのこと。
・まことさん「何歳?二人」
・11曲目は「心の叫びを歌にしてみた」バックダンサーにハロプロ研修生。
・続いてはシャッフルコーナー。
・このあたりで中島デスク退出された模様。
・12曲目は高木紗友希さん(Juice=Juice)と小野田紗栞さん(つばきファクトリー)の「抱いてHOLD ON ME!」
・13曲目は金澤朋子さん(Juice=Juice)、上國料萌衣さん(アンジュルム)、山岸理子さん(つばきファクトリー)の「LOVEマシーン」
・金澤さんのパート、さすが「色気担当」
・14曲目は船木結さん(カントリー・ガールズ/アンジュルム)、浜浦彩乃さん(こぶしファクトリー)、清野桃々姫さん(雨ノ森川海)の「恋愛レボリューション21」
・15曲目は稲場愛香さん(Juice=Juice)、広瀬彩海さん(こぶしファクトリー)、牧野真莉愛さん(モーニング娘。'19)の「This is 運命」
・16曲目は梁川奈々美さん(カントリー・ガールズ/Juice=Juice)、山﨑夢羽さん(雨ノ森川海)の「桃色片想い」
・やはり梁川さんの歌が素晴らしい。
・MCを挟んで17曲目は笠原桃奈さん、太田遥香さん、伊勢鈴蘭さん(以上アンジュルム)、西田汐里さん、江口沙耶さん(以上CHIKA#TETSU)の「夢見る15歳」
・全員15歳メンバーでの「夢15」!
・18曲目は加賀楓さん(モーニング娘。'19)、小野瑞歩さん(つばきファクトリー)、段原瑠々さん(Juice=Juice)の「Danceでバコーン!」
・19曲目は宮崎由加さん(Juice=Juice)、小片リサさん(つばきファクトリー)の「元気者で行こう!」
・20曲目は勝田里奈さん(アンジュルム)、植村あかりさん(Juice=Juice)、小関舞さん(カントリー・ガールズ)の「この地球の平和を本気で願ってるんだよ!」
・21曲目は佐藤優樹さん(モーニング娘。'19)、宮本佳林さん(Juice=Juice)、岸本ゆめのさん(つばきファクトリー)の「初恋サイダー」
・MCを挟んでダンス部のパフォーマンス。メンバーは石田亜佑美さん(モーニング娘。'19)、竹内朱莉さん、佐々木莉佳子さん(以上アンジュルム)、稲場愛香さん(Juice=Juice)、森戸知沙希さん(カントリー・ガールズ/モーニング娘。'19)、秋山眞緒さん(つばきファクトリー)
・続いてハロプロ新加入メンバーへのインタビュー。今回はアンジュルム太田遥香さんとBEYOOOOONS平井美葉さんに「もし一つだけ願いが叶うなら」という質問。
・太田さんはタイムスリップして江戸時代に行きたい、古い町が好きなので。
・山木さんに「明治時代は?」と聞かれて、太田さん「明治は最新じゃないですか」
・さらに「鎌倉時代は?」と聞かれて太田さん「鎌倉は戦が多い」(客席から教えてもらったとのこと)
・なお太田さんは方向音痴でマップアプリがないと迷うらしいのだが、マップアプリなくても江戸時代に行きたいとのこと。
・平井さんはハリーポッターが好きなので魔法学校に入りたい、子供の頃魔法学校入学の手紙が来るのを待っていたとのこと。
・なおUSJのアトラクションに入ったことがないとのこと。
・22曲目は卒業を控えた和田彩花さん(アンジュルム)、宮崎由加さん(Juice=Juice)、梁川奈々美さん(カントリー・ガールズ/Juice=Juice)に向けた全員曲「笑顔に涙~THANK YOU!DEAR MY FRIENDS~」
・卒業する3人にメンバーがハイタッチをしていく。
・続いてのMCでまことさんが山木さんに「もし一つだけ願いが叶うなら」という質問。
・山木さんはどれだけ食べてもカロリーを吸収しない体になりたいとのこと。
・今回小関さんと同じ部屋で、小関さんは食べたいときに食べる時期で、山木さんは我慢の時期。体のメカニズムから変えていきたい。
・23曲目はBEYOOOOONSの「眼鏡の男の子」バックダンサーにカントリー・ガールズ
・セリフや歌いまわし、ダンスどれをとっても完成度が高くて見飽きない。またカントリー・ガールズのダンスやリアクション(特に船木さん)も素晴らしい。
・24曲目はこぶしファクトリーの「シャララ!やれるはずさ」
・本来は「念には念」で2番をアカペラで披露するのだが、野村みな美さんお休みのため楽曲差し替え。
・あのアカペラは本当にすごいのでまたどこかで見てみたい。
・25曲目はカントリー・ガールズの「愛おしくってごめんね」バックダンサーにつばきファクトリー。5人による「愛ごめ」、目に焼き付けた。
・26曲目はつばきファクトリーの「表面張力からSurface Tension」バックダンサーにJuice=Juice
・27曲目はモーニング娘。'19の「フラリ銀座」バックダンサーにBEYOOOOONDS
・28曲目はJuice=Juiceの「Good bye & Good luck!」バックダンサーにこぶしファクトリー。梁川さんに向けられるメンバーの表情が何とも言えない。
・29曲目はアンジュルムの「46億年LOVE」バックダンサーにモーニング娘。'19
・まことさんからファンへの感謝、卒業する3人への感謝を伝える。
・30曲目は「Are You Happy」
・「Are You Happy」のインストが流れる中、メンバーがはけ、最後の各グループのリーダーが一礼してはけて終了・・・客電が暗いまま!
・手拍子が始まり、和田さん、宮崎さん、梁川さんが再度登場!ステージを端から端へ歩きながら客席に手を振り、3人で一礼してはけて終了。
・最後の影アナ終わりで「ハロプロ最高!コール」この日はちゃんと成立していた。
・17時終了。
2日間でそれぞれ違うパターンの千穐楽を観ることができた。今回の冬のハロコン参戦数は7と過去最高。いずれの公演も見どころがたくさんあり、懐的にはかなり厳しかったが(苦笑)大変楽しむことができたのでよし、ということにしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.25

2019年冬のハロコン@広島に行ってきた

2019年2月16日、広島上野学園ホールで行われたハロー!プロジェクトのコンサート(ハロコン)に参戦してきた。この日は16時開演の1公演のみ、パターンは「You&I」である。
当日は朝、高速バスに乗車して広島入り。

20190216bus

開場時間まで路面電車に乗ったりしながら過ごし、開演時間に間に合うように会場に到着。

20190216uenogakuen

2階の指定された席に座り待つことしばし、開演時間となった。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・カントリー・ガールズのあの曲のクオリティがさらに高まっていた。公演終了後の帰り道、この曲で泣いたという会話が聴こえてきた。
・OGコーナーのゲストは、矢口真里さんと清水佐紀さん。
・お二人がメンバーであったZYXの名曲を2曲披露。現役メンバーがバックダンサーを務める。
・シャッフルコーナーに続いては、2018年10月21日に彩の国くまがやドームで行われたハロプロ・オールスターズのシングル発売記念イベント「チーム対抗歌合戦」の勝者チーム和田彩花のユニットから3組が登場。
・MaRuKo(段原瑠々さん、小関舞さん、前田こころさん)「踊れ!モーニングカレー」【モーニング娘。】
・Dear HONEY(森戸知沙希さん、井上玲音さん、小片リサさん、秋山眞緒さん)「誤爆~We Can't Go Back~」
・C♡N♡G(横山玲奈さん、上國料萌衣さん、宮本佳林さん、浜浦彩乃さん、一岡伶奈さん)「心の叫びを歌にしてみた」【℃-ute】
・続いてのMCコーナーでは20歳のメンバー(勝田里奈さん、室田瑞希さん、山岸理子さん)が登場。それぞれ成人式の衣装を着た写真を見ながらのトーク。
・新加入メンバーへの質問コーナーでは、アンジュルムの太田遥香さんとBEYOOOOONDSの平井美葉さん、小林萌花さんに「最近ラッキーだったこと」という質問。
・太田さん「スタバで抹茶フラペチーノを頼んだらカップに「ありがとう」とメッセージが書いてあった。
・平井さん「配られているチラシにお菓子がついていたので受け取り、お菓子をメンバーに渡せた。
・小林さん「卵を割ったら黄身が二つ入っていた」
・全員曲から各グループの楽曲披露へ。
・Juice=Juiceのあの曲のクオリティがさらに高まっていた。特に梁川さん!
・ラストの全員曲が終わり、各グループのリーダーがステージに残り、一礼してはけて終了。
これでこの冬のハロコン参戦は5公演目。ラストの岐阜公演(3月2日、3日)もチケットを押さえることができたので最後までしっかり楽しみたいと思う。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.22

カントリー・ガールズ&Juice=JuiceのLIVE@Zepp Nambaに行ってきた

2019年2月14日、Zepp Nambaで行われたJuice=Juice&カントリー・ガールズLIVEに参戦してきた。

20190214cgjj01

両グループを兼任する梁川奈々美さんが2019年3月をもってグループならびにハロー!プロジェクトを卒業するということで企画されたこの公演、ファンクラブのチケット先行発売では抽選に外れたものの、その後ローチケで行われた先行予約に当選し、なんとか参戦することができた。
当日は仕事を午後から休みにして、会場であるZepp Nambaへ向かった。
開場の2時間ほど前に現場に到着すると、グッズ購入列が建物の角を曲がってさらに伸びている。この日はかなりの寒さということもあり、この列に並ぶことは断念し、日本橋のハロショやCDショップ、家電量販店などで時間をつぶし、開場時間に戻ると、今度は入場列が長く伸びていた。今回は2階席を確保できたので、「2階席」の集合場所でしばらく待つ。少しずつ列は進み、ようやく会場の中へ。
2階に上り、自分の席を探すと、最後列の端の方でステージからはかなり遠い。しかし1階スタンディングの密集度を見ると、こちらで座ってじっくり見る方がよさそうである。
両グループの楽曲のインストが流れる中待つことしばし、ついに開演の時間がやってきた!
以下、セットリストや演出の一部ネタバレを含む感想などを箇条書きで。

続きを読む "カントリー・ガールズ&Juice=JuiceのLIVE@Zepp Nambaに行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.11

つばきファクトリーのCD発売イベント@神戸ハーバーランドに行ってきた

2019年2月10日、神戸ハーバーランドスペースシアターにて行われたつばきファクトリーの5thシングル『三回目のデート神話/ふわり、恋時計』発売記念イベントに行ってきた。

20190210tsubaki

当日は所用があったため、参加できたのは17時からの3回目のみ。会場に到着すると、優先エリアへの入場が始まっており、先日のJuice=Juiceの時と同様かなり多くの人が入り、1階、2階で観覧する人もかなり見受けられた。
17時少し前にメンバーがステージ裏に到着、つばきファクトリーのイベントではおなじみの客煽りのMCの後、イベントがスタート。
M1 三回目のデート神話
MC 岸本ゆめのさん仕切りによる「第1回つばデミー賞授賞式」
・新人賞
ノミネート:秋山眞緒さん、朝倉樹々さん、小片リサさん
最優秀新人賞は、小片さん(最年長なのに)
・ガールズ賞(女子力が高い人)
ノミネート:小野瑞歩さん、新沼希空さん、山岸理子さん
最優秀ガールズ賞は、山岸さん
・自意識過剰で賞
ノミネート:小野田紗栞さん、谷本安美さん
最優秀自意識過剰で賞は、該当者なし
・つばデミー大賞
受賞者は、秋山さん。
間奏を一言「親に感謝」
M2 ふわり、恋時計
M3 I Need You~夜空の観覧車~
M4 純情cm
M5 ハナモヨウ
MC 各種告知(CD発売、関西での発売イベント、春ツアー、オフィシャルブック)
M6 今夜だけ浮かれたかった
17:40終了。
MCコーナーは、台本なしのアドリブで行われているようで、無茶ぶりをする岸本さんに対して、メンバーそれぞれの返しもなかなかのものだったと思う。思うのだが、通りすがりの一般の方にはこの面白さが伝わるのかなあと思うと若干の不安を感じた。
ファンだけに向けたイベントであれば全く問題ないのだが、せっかくファン以外の方にも観ていただけるイベントなので、もう少しわかりやすい方が良かったかなと(個人の意見です)。
あと、最近のハロプロ現場ではなかなか見ないほどの「ジャンプ」するファンの多さ。他の現場では禁止されることも多いので、許される現場にそういう人たちが集まるのはやむを得ないのだろうが、個人的にはちょっと・・・。
CD発売記念イベントはこの後も続き、関西では2月18日(月)にイオンモールKYOTO、CD発売日にである2月27日(水)にはなんばOCATで行われる予定となっている。いずれも平日なので仕事終わりで行けそうであれば参加したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.03

アンジュルムのCD発売記念イベントに行ってきた

2019年2月2日、大阪のエル・シアターで行われたアンジュルム25thシングル「タデ食う虫もLike it!/46億年LOVE」発売記念イベントに参加してきた。

Img_4759

今回当選したのは3回目(17時40分開場、18時20分開演)ということで、開場時間に会場に到着。入場列に並び、QRコードを提示してチケットを受け取り、場内へ。
指定された席へ行くと、会場のほぼ中央、PA席にほど近い場所でこれはいい場所!と思っていたのだが、席へ行くととなりにはかなり「濃いめ」のヲタの方がすでに着席。これはちょっとヤバいかも~(ヤバいかも~♪)と頭の中で「恋泥棒」(カントリー・ガールズ)が流れる中着席。
だいたいこういう「予感」は的中するもので、まあ開演前からいろいろあり(詳細は個人を特定しかねないので割愛)、テンションだだ下がりの状態で開演を迎えた。

以下、いつものように感想などを箇条書きで。
・この日は中西香菜さんがMCのみ参加、上國料萌衣さんはインフルエンザのためお休み。
・1曲目は「タデ食う虫もLike it!」
・新人の二人(太田遥香さんと伊勢鈴蘭さん)も先輩たちに負けないパフォーマンスを披露。
・曲終わりで中西さんが登場、ここからは中西さんMCによる「振りコピクイーン決定戦」
・メンバーを2チームに分け、流れてきた楽曲に合わせて振りコピを披露。わからないばあいはオリジナルの振り付けも可。
・最初のチームは、リーダー和田彩花さん、竹内朱莉さん、佐々木莉佳子さん、笠原桃奈さん、伊勢さん。
・まず最初に流れてきたのは「愛おしくってごめんね」(カントリー・ガールズ)!
・別チームの船木さんがセリフのところで前に出てくるも、竹内さんがしっかりそのパートをやりきる。
・次に流れたのが「ハッピークラッカー」(つばきファクトリー)
・竹内さん「わかんねー!!!」と叫び続ける。
・最後は「Love take it all」(℃-ute)
・竹内さん、曲が終わっても踊り続ける。
・このチームでの決勝進出者は笠原さんと伊勢さん。
・もう一つのチームは、勝田里奈さん、室田瑞希さん、船木さん、川村文乃さん、太田さん。
・流れた曲は「わがまま気のまま愛のジョーク」(モーニング娘。)→「大きな愛でもてなして」(℃-ute)→「ロボキッス」(W)
・船木さん川村さんのコンビがなかなかいい感じで振りコピ。
・太田さん、知らない曲ではかなり戸惑った感じ。それもまた新人らしくていい。
・このチームでの決勝進出者は、勝田さんと室田さん。
・いよいよ決勝戦。まずは「まっさらブルージーンズ」(℃-ute)から。
・またもや竹内さんがセンターポジションへ(笑)
・続いて「付き合ってるのに片思い」(Berryz工房)
・最後は「泡沫サタデーナイト!」(モーニング娘。'16)
・笠原さん、頭を振り回して踊る。連獅子か!wwww
・中西さんが決められないということで和田さんが優勝者を決定。
・優勝は笠原さん!
・再びライブに戻り、2曲目「Uraha=Lover」3曲目「ドンデンガエシ」いずれもワンハーフで。
・ラストは「46億年LOVE」で終了。
終了後の握手会にはいつものごとく参加せず、帰宅の途へとついた。
かかった曲で振りコピをするというのは、以前モーニング娘。'18がコンサート中に「踊ってみろ」というMCコーナーで同じようなことを行っていた記憶がある。ハロプロの数多ある楽曲資産を使いながら、ファンもメンバーも楽しめる企画だと思うのでほかのグループでも機会があれば見てみたい。
今回は中西さんと上國料さんのパフォーマンスを見ることができず残念であった。和田さんが卒業するまでにフルメンバーでのパフォーマンスをしっかり見る機会を持てればと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧