旅行・地域

2018.05.28

NHK技研公開2018を見に行く

2018年5月26日、NHK放送技術研究所で開催された「技研公開2018」に行ってきた。
朝、伊丹空港から飛行機に乗って一路羽田空港へ。

Img_2651_2

羽田空港から京浜急行で品川へ向かい、山手線に乗り換え渋谷へ、さらに東急バスに乗り換えてようやくNHK放送技術研究所に到着。

Img_2654_2

今年のテーマは「よりリアルに、スマートに、あなたとつながる」。展示内容は「スマートプロダクション」「リアリティーイメージング」「コネクテッドメディア」の3つに分かれており、音声認識技術や人工知能(AI)を活用した番組制作の最新技術や、最新の立体映像技術や、テレビとインターネットと生活を結び付けたサービスなどが紹介されていた。

個人的に気になった展示としては、まず「テレビ×ネット×ライフを創る行動連携技術」

Dscn2842

視聴したテレビの情報に関連して様々なサービスが受けられるというもので、NHK以外の民放局の展示もあり、そこには「黄色いあいつ」の放送局も!

Img_2655

展示の内容は、自分が見たテレビの内容とドライブの行先(カーナビ)を連動させるというもの。

Img_2656

Img_2657

スマホのアプリから、テレビで見たグルメスポットなどをカーナビに飛ばして目的地設定が出来るというデモだったのだが、例えばドラマやアニメ、もっと言えば「水曜どうでしょう」や「おにぎりあたためますか」で訪れた場所に行く「聖地巡礼」にはぴったりのサービスではないかと感じた。
それからもう一つ気になった展示は「オブジェクトベース音響による次世代音声サービス」

Dscn2849

Dscn2850

デモでは、野球中継(阪神vs横浜戦)の音声を実況・芸人の副音声・1塁側の球場音声・3塁側の球場音声など、個々の音声にメタデータをつけることで、受信したテレビ側で、好みの音声だけを選んだり、個別に音量を調整できたりしていた。これも、例えばコンサートの音声を楽器別や、歌い手別に分けられれば、自分の好きな音だけ楽しむことができるのではないかと感じた。
展示を見終わった後は、講堂にて8Kシアターを鑑賞。その後技研を後にした。
今年も例年通り多くの人でにぎわっており、人込みで疲れてしまうのだが、展示内容は見ていて興味をそそるものが必ずあるので、来年もまた訪れたいと思う。
ちなみに今年のアンケート回答の粗品は、クリアファイルだった。

Img_2664

Img_2665

【表裏を撮影】
メモ帳よりもこちらの方が「使える」ので来年もこの方向で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

2018年GW西九州ぶらり旅

2018年5月2日、朝からそごう広島店「初夏の大北海道展」のHTBグッズショップに参戦し、午後一番からの「onちゃんオンステージ」を見終えて、会場を後に向かったのは広島バスセンター。ここから再びバスで移動を開始する。乗車したバスはこちら。

Img_2464

広島と福岡を結ぶ高速バス「広福(こうふく)ライナー」である。4列シートの車内は満席。途中2回の休憩をはさみ、乗車時間約4時間半で博多バスターミナルに到着し、この日は博多駅前のホテルで一泊。
翌日5月3日、博多駅から鹿児島本線の電車に乗り込む。

Img_2466
鳥栖駅から長崎本線の電車に乗り換え、さらに佐賀駅で唐津線の気動車に乗り換える。

Img_2468_2

途中、鬼塚駅で下車。

Img_2471

川沿いのホームでしばしのんびり過ごした後、筑肥線の気動車に乗り換え。

Img_2472終点の伊万里駅で松浦鉄道に乗り換え。

Img_2474

終点の有田駅で佐世保線に乗り換え、早岐駅で大村線の気動車を待っていると、国鉄色のキハ66が入線!

Img_2483

これで行先表示のところが「急行」だったら最高なのだが・・・そんなことを思っていると、乗車する長崎行の気動車が到着。

Img_2484

同じキハ66でもこちらは「SEASIDE LINER」カラー。もちろんこれはこれでOKである。
乗車し、大村線を進んでいくと、九州新幹線長崎ルートの工事現場を見ることができた。

Img_2479

Img_2480_4

フリーゲージトレインの開発が遅れる中、最終的には全線フル規格になるのだろうか・・・などと思いながら、長崎駅まで乗車し、この日は長崎で一泊。
夕食は、ホテルからぶらり歩いてたどり着いたこちらのお店に入店。

Img_2489_2

いただいたのは、長崎名物ちゃんぽん!

Img_2487

実は長崎ちゃんぽんを食べるのは初めてだったのだが、野菜も麺もスープも全てがおいしく、最後の一滴までしっかりいただいた。また長崎に行くことがあればぜひ再訪したいちゃんぽんであった。

続きを読む "2018年GW西九州ぶらり旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.04

HTBグッズショップ@そごう広島店「初夏の大北海道展」に行ってきた

2018年5月2日、そごう広島店にて開催中の「初夏の大北海道展」にHTBグッズショップが出店するということで、初日に参戦してきた。

開催場所のそごう広島店といえば、同ビル内に「広島バスセンター」があるので、バスで行けば便利だと思い、往路利用したのはこちら。

Img_2394

深夜バス「グランドリーム広島号」である。
大阪駅バスターミナルから乗車すると、車内は満席である。23時30分に出発し、翌朝6時過ぎには広島バスセンターに到着と走行時間が短いこともあり途中の開放休憩はなし。座席はグランドリームなので比較的快適に過ごせるはずで、まあ「勝利」出来るだろうと思っていたのだが、近くに座っていた乗客が途中の休憩がないことにぶつぶつと文句を言いだし、しばらく続いたのち、静かになったかと思いきや、またぶつぶつ言いだすのを延々と繰り返すという状況に・・・熟睡などできるはずがない。それでも何とか「孤独な闘い」を挑み続けた結果、広島バスセンターには「ドロー」で到着。
バスセンターではこんなポスターを発見!

Img_2395_2

3階のバスセンターから1階に降り、正面入口に行くとすでに10名ほどの待機列ができており、その後ろに並ぶ。時間がたつにつれ少しずつ列は伸びていく。途中HTBのスタッフの皆さんが列の横を通り過ぎたりするのを見ながら待つこと数時間、そごうの方に誘導されて、開店時間前に店内へ。エスカレーターを上り、9階催事場のHTBグッズショップの横を通って、会談に再び列を作ってしばし待機。
すると、上の方から歓声が上がる。どうやら「黄色いあいつ」がやってきたようだ。しばらく待っていると・・・キタ!

Img_2399_4

onちゃんが登場!階段の踊り場で様々な姿を披露したonちゃんの写真をコラージュで↓

Img_2400collage

そうこうしているうちに、開店時間の10時となり、順次グッズショップ内へ案内される。Img_2398新商品を中心に、あれやこれやと買い物袋に入れて、お会計の列に並び、お支払い。
その際、無事に特製ステッカーもゲットすることができた。

Img_2442

さらに、隣の「くじ」コーナーへ行き、くじにも参戦。

Img_2417

くじの賞品も含め、大きな袋にいっぱいのグッズを持ち歩くのは大変なので、そごうの隣にある広島中郵便局へ行き、ゆうパックで発送(購入したグッズについては別途記事化予定)。
再びそごう店内に戻り、こちらのお店に立ち寄り。

Img_2420
onちゃん焼き・okちゃん焼き・noちゃん焼きが全部で5種類。

Img_2419_2
甘いものは苦手だが、数量限定の文字にひかれて5個セットになった「onちゃんズセット」を購入。

Img_2441_3

屋上で「ブツ撮り」していたら、HTBのTさん(onちゃんイベントの司会でおなじみ)に声を掛けられ、お礼を言われた(笑)ちなみにTさんは一番上のonちゃん焼きが好きとのこと。
屋上には、鈴井さん・大泉さんが乗っていたスーパーカブや、カブ企画で使われた品々、フィギュアが展示されていた。

Img_2421

Img_2422_2

Img_2431

Img_2423

Img_2434

また、撮影コーナーとして「四国八十八か所」をモチーフにしたお寺の書割もあり、撮影用の小物もいろいろ用意されていた。

Img_2437

Img_2439_2

Img_2461_2
時刻は丁度お昼。13時からonちゃんのステージがあるということで、それまでにお昼ご飯を済ませようと、そごうのレストラン街でお店を探し、お好み焼きの「みっちゃん総本店 雅」に入店。いただいたのはもちろん「お好み焼き」

Img_2445

この写真ではわからないが、中には「牡蠣」が入っていて、それはもう美味であった。
お昼ご飯を終えて、屋上に上がるとすでにステージ前には多くのお客さんが席についており、空席を探して着席。しばらくするとTさんが登場し、イベントについての説明などを行ったのち、onちゃんが呼びこまれてステージがスタート!

Img_2448
内容は、ゼスチャークイズと、じゃんけん大会。ジェスチャークイズでは、onちゃんに「お題」を知らせる姿がなかなか(笑)であった。

Img_2456

「第3の目」で見るんだね・・・。
ゼスチャークイズとじゃんけん大会の後は、onちゃんとのツーショット撮影会が始まり、その様子をしばし見てから、会場を後にした。
5月4日、5日には藤村・嬉野両ディレクターのトークショーなども行われるとのことだったが、こちらには参戦せず、次の目的地へと移動をすることにした。さて次の目的地とはどこなのか、それはまた次の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

2018年5月3日の移動手段一覧

2018年5月3日の移動手段を一覧で。

Img_2466collage

旅の詳細は帰宅後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.02

移動開始

Be3ea10f3ef14328ad048f162d21dd73
広島からさらに西へ移動開始。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

旅に出ます!

Aa75c669a6b04660bad9fdad8081f924
毎年恒例の物産展参戦のため、深夜バスで出発!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

「ひなフェス」「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう」に行ってきた(2018年)

2018年3月31日~4月1日の2日間、パシフィコ横浜で行われたハロー!プロジェクトのコンサート「ひなフェス」と、同時開催されるイベント「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう」に行ってきた。昨年までは土日が休めなかったので参戦できず、今年が初参戦となる。
まずは3月31日、大阪空港から飛行機で羽田空港へ。

Img_2326

羽田空港からバスで横浜へ移動し、徒歩でパシフィコ横浜へ。
グッズ販売の列がすでに長蛇の列となっていたので、そちらには並ばず、会場横のフードコーナーをのぞくと列らしきものは見当たらないので、こちらへ。

Img_2334_2

フードを注文すると、購入特典としてハロー!プロジェクト各グループのメンバー写真入りの特製コースターがプレゼントされるとのことで、早速注文。いただいたフードはこちら。

Img_2327

もつ鍋とじゃがバターである。
そしてプレゼントのコースターは・・・

Img_2328

カントリー・ガールズとこぶしファクトリー、ハロプロDDなのでどのグループでも「当たり」である。さすが全種揃えるまで食べるだけの胃袋は持ち合わせていないので、その場を離れ、「ひなフェス」の入場列に並ぶ。しばらくすると開場となり、荷物チェックとチケットもぎりを経て会場内へ。
場内のレイアウトは下記の通り。

Img_2346

今回は31日の昼公演と夜公演の2公演のチケットを持っており、いずれもBブロックのファミリー席。周りを花道に囲まれた一角で、ステージもかなり近い。
席について待つことしばし、オープニングアクトはLovelysのお二人。大阪のハロコンで何度も見ているので、すっかり「ドレドレ」を覚えてしまった。
その後、まことさんとハロー!プロジェクトメンバーが登場し、映画「北の桜守」の主題歌「花、闌の時」を全員で合唱。これは「北の桜守」のサウンドトラック制作にアップフロントワークスがかかわっていることが関係しているようだ。
以下、まずは昼公演についての感想などを箇条書きで。

続きを読む "「ひなフェス」「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう」に行ってきた(2018年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.09

ギンギラ太陽's新作短編祭 「天神ビッグ・バン!バン!バン!スペシャル」を観に行く

2018年2月3日、西鉄ホールで行われたギンギラ太陽'sの公演を観に行ってきた。ギンギラさんの公演を観るのは昨年11月以来である(その時の記事はこちら)。

まずは公演当日、大阪空港からJALに搭乗、一路福岡空港へ。

Img_20180203_065237

福岡空港から地下鉄に乗り込み、天神駅で下車。会場はソラリアステージの6階である。
開場時間少し前に、グッズ販売コーナーがオープン。ギンギラさんの20周年を記念したクリアファイルがあったので購入。

Img_20180203_clearfile

ほどなくして開場したのでホールの中へ。今回の席は最前列ではないが、前方通路側の席。少々「危険」(笑)を感じながら、しばらくすると主宰の大塚ムネトさんが登場。他の出演者を呼び込み、恒例の写真撮影会のスタートである。

Img_20180203_gingira

20周年ということで、人気キャラクターが勢ぞろいし、撮影会は大賑わいであった。
撮影会が終了し、しばらくすると照明が暗くなり、いよいよ開演である。
以下、いつものように感想などを箇条書きで。

続きを読む "ギンギラ太陽's新作短編祭 「天神ビッグ・バン!バン!バン!スペシャル」を観に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.16

年末恒例ぶらり旅2017(4)

2017年12月31日。

旅も最終日。宿をチェックアウトして、札幌駅へ向かい、特急「スーパーとかち」に乗車。

Img_2089_600x800

乗車時間40分ちょっと、追分駅で下車する。

Img_2100_800x600

追分駅は鉄道の町ということで、駅前にはSLの動輪が展示されている。

Img_2093_600x800

駅前の橋にも動輪のデザインが施されている。

Img_2092_600x800_2

続いて室蘭本線の列車に乗り換えて、岩見沢駅へ向かう。

Img_2103_600x800

岩見沢駅から函館本線の特急「ライラック」に乗り換えて札幌駅に戻る。

Img_2105_600x800

空港に向かうにはまだ早いので、歩いて向かったのはこちら。

Img_2120_600x800

2018年に北海道テレビ(HTB)が入居するビルである。ずいぶん工事も進んでいる。
工事の囲いには、「黄色いあいつ」らしきものも描かれていた。

Img_2113_800x600

Img_2115_800x800_2

札幌駅に戻る途中、地下街にあるセイコーマートに立ち寄り、昼食を調達。

Img_2125_800x800

セイコーマートの「ホットシェフ」名物のカツ丼!大変おいしくいただいた。
その後、快速エアポートで新千歳空港に向かい、土産物などを物色。そして飛行機搭乗前の北海道最後の食事をいただく。

Img_2128_800x800_2

ジンギスカン!昔はどちらかというと好きではなかったのに、今や北海道に来たら一度は食するようになってしまった。
帰りはJAL。

Img_2130_800x800

行きのピーチよりも足元が広く、足を延ばしてゆったりした気分で伊丹空港へ。空港からはバスと電車を乗り継ぎ、年が変わる前には自宅に到着することができた。
今回の年末の旅は、いつもより短い日程のためあっという間に終わったような感じがする。
2018年も年末は同じような日程になりそうなので、行先や工程を工夫したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.15

年末恒例ぶらり旅2017(3)

2017年12月30日。

朝早く目が覚める。この日の行程を確認していると、ふと別の行程案が浮かび、時刻表を調べると実行可能であることが分かり、身支度を整えて宿をチェックアウトし、旭川駅へ。
ホームに上がると、すでに列車は入線していた。

Img_2042_600x800

Img_2045_800x800_2

宗谷本線稚内行の始発列車である。この列車に乗り込み、一路稚内駅へ。

Img_2059_800x600

Img_2072_777x800

駅舎は以前来た時と違って新しくなっており、駅舎の外に以前の駅舎があった時の最北端の線路が残されていた。

Img_2066_600x800

折り返しの列車までの時間を利用して、北防波堤ドームを観に行く。

Img_2067_800x600

再び稚内駅に戻ると、折り返しで乗る予定の特急「サロベツ」は雪の影響でかなり遅れている模様。駅構内で待つことしばし、出発時刻あたりでようやく列車が到着。折り返しの準備をかなり巻いて、ようやく乗車。

Img_2077_800x600

乗り込むとほどなくして出発。遅れを取り戻すかのように速度を上げて・・・と思いきや、山間部に入ると徐行運転を余儀なくされる。それどころか、何度も停車を繰り返す。その原因がこちら。

Img_2079_668x800

「シカでした」
崖と川に挟まれた単線の前方にシカがいて、警笛をいくら鳴らしてもなかなか線路から離れてくれない。警笛の音が「お願いだから逃げてよ・・・頼むから・・・」と弱気な感じに聞こえてくる。ここで30分以上は遅れたのではないだろうか。旭川駅到着時には、接続する札幌行の特急は丁度1本遅いものになったが、何とか札幌駅にたどり着き、この日は札幌で一泊となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧