水曜どうでしょう

2017.05.30

2017年5月末東京への旅②水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZにつっこむ会に行く

NHK技研公開2017を見た後、向かったのは渋谷。東京カルチャーカルチャーで行われた「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZにつっこむ会」に参加するためである。

Caeccf15e278477a88e42b8b2d05afe7_60

昨年(2016年)、カルカルの渋谷移転こけら落としイベントとして開催された「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」(記事はこちら)の第二弾である。
前回同様、開場前に店内裏手の通路・階段に整理番号順に並び、順次入場。前回と同じ席を確保することができたので、前回と同じ生ハムサラダを注文。

Dscn1817_800x600

うむ、やはりうまいもんはうまい!
そして19時ちょうどにイベントはスタート。以下、覚えている範囲内でいつものように箇条書き。

続きを読む "2017年5月末東京への旅②水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZにつっこむ会に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

2017年GWの記録(3)HTBSHOP@松坂屋静岡店へ行く

2017年GW3日目の5月1日、さぬきうどんの旅から帰ると息つく暇もなく大阪駅へ移動。いよいよ2017年GWのメインイベントへの旅が始まる。

その旅へと誘うのはこちら。

Img_0276_655x800

深夜バス・京阪神ドリーム静岡号である。大阪駅を22時50分に出発し、目的地である静岡駅には翌朝7時に到着する予定。車内は4列シート、途中京都駅で満席となり、静岡へと向かう。
久しぶりの4列シートの深夜バス、それも満席となれば対戦相手としてはかなりの「強敵」。リクライニングを倒し、体を左や右に傾けて安定する場所を探し、「勝利」は無理でもなんとか「ドロー」、できれば「僅差の判定勝ち」へ持ち込みたかったのだが・・・翌朝、首と腰に若干の痛みを抱えながら静岡駅に到着。今回の闘いはあえなく「敗北」となってしまった。無念である。
しかし、いつまでも敗北を引きずるわけにはいかない。すぐに駅前にある松坂屋静岡店に移動、すでに40名ほどの行列となっていた待機列の最後尾につく。

Img_0279_800x800_3

待機列の横には「のぼり」を持った松坂屋の方が、チラシを配ったり、お手洗いを案内したりとこまめに対応されている。

Img_0282_600x800_2

チラシを見ると、HTBのグッズ紹介に加え、北海道物産展にもかかわらず、天文館むじゃきの「白熊」や、小岩井農場の「牛乳」、青森の「気になるリンゴ」「アップルクーヘン」など、「対決列島」でおなじみの商品が「こんなのどうでしょう?」と協賛出店しているとのこと。

Img_0284_800x800_3

松坂屋の中の人、かなりの「バカ」である(誉め言葉)。
そんなチラシを見ながら待つこと2時間強、店内に入る前に「黄色いあいつ」がお出迎えに登場!

3ac5be0b2555407bbcbf74a2fece8067_60

石坂店長もお越しになり、いつもの朝の撮影を済ませたのち、いよいよ店内へ。
エスカレーターと階段を使って、7階のグッズ売り場前まで移動し、開店時間まで待機。そして開店時刻の10時、最初の入店グループには入れなかったものの、次の案内で無事入店。新商品を中心にグッズを買い物袋に入れて、お支払い。

Dscn1526_800x600

もちろん、先着500名の特製ステッカーも無事ゲット!

Img_0295_800x800_2

さらに、くじにも挑戦しこれらの商品をゲット。

Dscn1527_800x600

物販コーナーの隣には撮影パネルコーナーが設営されていた。

Dscn1503_800x600

Dscn1504_800x600 

撮影用の小物も充実していた。

Dscn1505_800x600

Dscn1507_800x600

その後、8階の物産展コーナーへ。

Dscn1514_800x600

チラシに載っていたonちゃんとokちゃんの「おやき」(回転焼き)も購入。

Img_0296_800x800_2

Dscn1516_800x600

Dscn1518_800x450

「白熊」や「牛乳」も購入を検討したのだが、持ち運びのことを考え購入は断念し、店を後にする。
HTBSHOPの行列は、8階から1階までの階段だけでは収まらず、店の外まで伸びていた。最後尾にはこんな看板も。

Dscn1521_800x600

漏れ聞こえた会話によれば、先着500組のステッカーは今から並んでももらえないとのこと。GW期間中とはいえ、一応平日である。にもかかわらずこの人気。どうでしょうのすごさを改めて認識させられた。
さて、この後は再び移動を開始するのだがそれはまた次の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

水曜どうでしょうDVD第26弾特典映像はCDJ2016「手漕ぎボートは海をこえて」の映像!!

2017年3月29日に発売となる水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」に、驚きの特典映像が収録されていることが「南平岸ユメミル工房」のグッズの話(2017年2月10日付)で明らかになった。

その特典映像とは、2016年7月に北海きたえーるにて行われた2年に一度の「バカ」の祭典・CUE DREAM JAM-BOREE2016で、鈴井貴之さんと大泉洋さんが歌った「手漕ぎボートは海をこえて」の際にステージ上で流れていた映像である!
この「手漕ぎボートは海をこえて」は、大泉さんと鈴井さんが作詞し、大泉さんが作曲したもので、内容は水曜どうでしょうの20年がふんだんに盛り込まれた「名曲」である。その名曲に合わせて、どうでしょう班D陣が名(迷)場面を見事につなぎ合わせた映像は、現場で見ていてとても感動したし、また見てみたいと思っていたものである。
その映像が、今回のDVDの特典映像として収録されているというのである。それも、大泉さんの副音声付き!
「昔は好きだったけど、最近どうでしょうのDVDも買わなくなったなあ」という方にも、この特典映像はぜひともおすすめしたい。
水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」は、HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店、OFFICE CUE ONLINE SHOP CUEPRO、全国のローソンロッピーにて絶賛予約受付中。
ちなみにロッピーでの予約期間は2017年3月12日(日)までとなっている。商品番号は「207255」(勝手語呂は「フレーナにGOGO」)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

2017年GW、松坂屋静岡店「初夏の大北海道展」にHTBグッズショップ出店!

2017年最初のHTBグッズショップ出店が、松坂屋静岡店の「初夏の大北海道展」になることが、南平岸ユメミル工房「店長のひとりごと」ならびに特設サイトで明らかとなった。

出店期間は、2017年5月2日から8日までの7日間で、「初夏の大北海道展」が行われる8階ではなく、その下の7階に「初夏の大北海どう展」と銘打ってショップを展開するとのこと。
番組グッズやonちゃんグッズはもちろんのこと、水曜どうでしょうDVD第26弾に合わせてお遍路関連の展示なども考えられているようである。そしてイベントも計画されているとのことなので、開催期間であるGW後半にお休みが取れる方は連日参戦!などという方も多数いらっしゃるのではないかと思われる。
個人的には、この日程では仕事が完全に重なるので参戦は断念せざるを得ない状況である。2015年10月の山梨で一度途切れた連続参戦記録を、2016年4月の池袋東武から再スタートさせたばかりにもかかわらず、またもや参戦できないとは・・・無念である。
せめて、もう1回くらい今年中に参戦できる日程でどこかに出店していただけることを強く願いたい(場所はどこでも構わない。どんな手段を使ってでも参戦するのでw)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

2017年どうラー展望

2017年1月8日の水曜どうでしょう公式WEBサイト「本日の日記」での記述に対して、鈴井貴之さんがツイッターでこう反論している(以下ツイッターより引用)

行って来ます、とか書くなよ。どこにもまだ行かないよ俺たちは!ネット情報に左右されるな
(引用ここまで)
というわけで、実際のところ旅に出たのか出ていないのか、現時点ではよくわからない状況ではあるが、まあ最終的には旅に出ると思われるので、新作の旅に出たという前提のもと、2017年の「どうラー」としての展望を記しておく。
新作の放送が年内になるのか、年越しになるのか、これもまだ不明ではあるが、放送されるとなれば、HTBでの放送が当然最初になる。可能であれば、北海道へ渡り、新作第1回の放送を現地で見ることができれば最高である。それが叶わなくとも、BSやネット配信などの可能性も十分考えられるので、こちらは確実に押さえていきたい。
続いて、毎年全国各地のどこかで行われる北海道物産展へのHTBショップ出展への参戦については、そろそろ関西エリアに来ていただきたいという願望はある。とはいえ、ほかのエリアになったとしても、新幹線や飛行機、あるいは深夜バスを使ってでも1度は参戦したいと考えているので、「南平岸ユメミル工房」をこまめにチェックしておきたい。
そして、新作グッズについては、是々非々で(笑)買いたいものだけを選択したい。
藤村Dや嬉野Dの出演する外部イベント参戦については、たいていスケジュールが合わないので(苦笑)、ほぼスルーとなる予定。昨年のDPZのイベントのように日程が合うものがあれば、無理をしない程度に参戦するつもりである。
あとは、DVDを予約購入することくらいだろうか・・・今年もゆるく水曜どうでしょうにかかわっていければと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.12

「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」に行ってきた

古くはパソコン通信時代より、現在は当ブログを設置している「ココログ」でもお世話になっているニフティが運営する飲食できるイベントスペース(横山店長いわく「飲み屋」)「東京カルチャーカルチャー(カルカル)」が2016年12月にお台場から渋谷に移転した。そのこけら落としとして、同じくニフティが運営するWEBサイト「デイリーポータルZ(DPZ)」が水曜どうでしょうの藤村忠寿Dを招いたイベント「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」が行われた。
DPZとどうでしょう、大好きな2つのコンテンツが1つになるイベントとなれば、参加しないわけにはいかない。というわけで、最初のチケット争奪戦には敗れたものの、再発売の時に無事にチケットをゲット。往復の足と宿の手配を終え、当日を迎えた。

当日は、午後の飛行機に羽田空港へ向かい、空港からはバスで渋谷まで移動。カルカルの入っているビルを探して歩いていると・・・あった!

Dsc_0241_600x800_3

なんかおしゃれすぎてカルカルがなかったら絶対入ろうとは思わないビルである(苦笑)。
エスカレーターでカルカルのあるフロアまで行くと、早く着きすぎたのでシャッターが下りていた。

Img_0040_600x800

一旦その場を離れて、メモ用のノートやペンなどを調達したり、以前「水曜どうでしょう小祭り」で訪れたパルコの跡地(現在工事中)を見たりしたのち、再びカルカルへいくと今度は開いていたので、入口付近でしばし待機。するとカルカル店長の横山さんやDPZのWEBマスター林雄司さんなども顔を出され、「WEBで見たことある人や!」とちょっと興奮(笑)
その後待機列を作るために店内奥の階段に整列し、いよいよ入店である!
メモが取りやすいように隅の席を確保し、飲み物と食べ物を発注し、開始時間を待つ。横山店長によれば、本日は満席(150名)で、オペレーションも初めてなので飲食の提供が遅れているとのこと。待つことしばし注文したものが到着。

Img_0043_800x600生ハムサラダはDPZの記事「豚の足一本分のハムを買ってしまった」が頭をよぎったので頼んでみたのだが、大変美味であった。

そんなこんなで時間は過ぎ、いよいよ開演の時刻となった。

横山店長の呼び込みで、このイベントの司会進行を務める林さんとライターの乙幡さんが登場。
心の叫び「いろんなもの作ってるちょっと鉄分ありの乙幡さんや!」(興奮)

そしてついに藤村Dが登場。

Dscn0925_800x600

心の叫び「久々に生で拝見するなあ・・・どうでしょう祭り以来か」(割とふつうw)
続いて第1部のライター陣登場。
心の叫び「うわー!あの人もあの人もあの人もいる!!」(大興奮)
・・・と藤村DよりもDPZのライターの皆さんの登場にテンションが上がる。
以下、イベントの内容についてはメモの走り書きから箇条書きで。
きちんとしたレポをご所望ならばこちらをどうぞ→「水曜どうでしょう」藤村DがデイリーポータルZに説教をする」はずがパンツ愛に目覚めていたレポ (エキレビ!)
出演されたライター小堺丸子さんによるレポはこちら→水曜どうでしょう藤村D VS デイリーポータルZ ~説教まみれの2時間半~(デイリーポータルZ)

続きを読む "「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.10

フェリーにうどん食べに行ったついでに特急と車に乗ってもう一杯うどん食べてきた

先日、仕事から帰宅して夕食に無性にうどんが食べたくなった。

時計はすでに23時。こんな時間に空いているうどん屋はない・・・いや、あったわ!と思い出して、すぐさま家を出て電車とバスを乗り継いで、うどん屋に入るために「チケット」を購入。
というわけで、高松行のジャンボフェリーに乗船し、船内のうどんをいただく。いろいろあるメニューの中から今回選んだのはこちら。

Dsc_0090_800x600

オリーブ牛の入ったカレーうどん。深夜1時半にカレーうどんってどうよ?と思いながらも、おいしくいただいた。
さて、このままフェリーに乗っていれば早朝には高松に到着する。朝早くから空いているうどん屋はいくつもあるので、まだまだ食べることはできる。
だが、それではあまりにも普通すぎるなあ・・・あ、あのうどん屋に行ってみよう!と思い立ち、フェリー下船後、連絡バスで高松駅に向かい、そのうどん屋に行くためにきっぷを購入し、改札を抜けて、停車中のこの列車に乗り込む。

Dsc_0091_800x600

特急「しまんと」で一路高知駅へ。
高知駅到着後は、早速路面電車に乗車。

Dscn0477_800x600

といってもこの電車でうどん屋にはたどり着けない。市内中心部の停留所で下車して、タイムズの駐車場へ。ここからは「カーシェアリング」を利用し、車で移動。
走ること約2時間、ようやく目的のうどん屋に到着。

Dscn0480_800x770

Dscn0479_800x600

水曜どうでしょうファンなら一度は訪れたい高知の名店「いろりや」さんである。
店内に入り、メニューを見る。

Dsc_0092_800x600

あ、あったあった!これこれ!「どうでしょう」って書いてある。というわけで注文して出てきたのがこちら。

Dsc_0093_800x600

天ぷらがたっぷり乗った「冷やしぶっかけ天うどん」である。
麺のコシが独特で、固くもなく柔らかくもなく、ほどよく口からするすると入っていく感じ。
冷たいうどんでこんな感じなら、あったかいうどんはどんな感じなんだろう?もう一杯食べてみたいところではあったが、さすがに満腹で今回は断念。次回のお楽しみということにして、店を後にした。
その後、車で高知市内へ戻り、車を返却。再び路面電車に乗車して高知駅へ向かい、岡山行の特急「南風」に乗車。

Dsc_0095_800x600

このまま岡山まで乗っていきたいところだが、購入したきっぷが高松までだったので、宇多津駅で快速電車に乗り換えて高松駅へ向かい、フェリーではなく高速バスで帰宅の途へとついた。
突発的な旅ではあったが、念願の「いろりや」さんでうどんを食すことができ、大変満足のいく旅であった。またそう遠くないうちに「いろりや」さんへ再訪したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.14

水曜どうでしょうDVD第25弾は「5周年記念特別企画 3夜連続深夜バスだけの旅」&「試験に出るどうでしょう 日本史」の2本立て!コンプリートBOXも発売!

水曜どうでしょうDVD第25弾の予約受付が2016年7月13日(水)より始まっている。
今回収録されるのは、「5周年記念特別企画 3夜連続深夜バスだけの旅」 と「試験に出るどうでしょう 日本史」の2企画。
「深夜バスだけの旅」といえば、深夜バスにひたすら乗り続けるという本編もさることながら、その企画に入る前の「記念式典」が素晴らしい。
吉田みどりアナによる淡々とした進行と、「番組テーマ曲斉唱」「onちゃんの祝辞(onめでとうございます)」「記念植樹(大きくなーれ!の掛け声)」などは、後に行われる「水曜どうでしょう祭」のオープニングセレモニーに引き継がれ、1万数千人による「番組テーマ斉唱」は、今尾思い出しても鳥肌の立つ光景である。
個人的にも、当ブログの5周年企画としてこの「深夜バスだけの旅」を追体験したことがあり(記事はこちら)、思い入れのある企画である。
「試験に出るどうでしょう 日本史」は、鈴井さん・大泉さんそして安田さんが繰り広げる「小芝居」と、大泉校長の「語呂」が冴えわたる名企画である。
今回のDVDの予約特典は、「深夜バスだけの旅」で大泉さんが見せてくれたあの「直角」の髪型をフィギュアにしたもの。写真を見る限りでは、溶岩か何かのの塊のようにしか見えないが(苦笑)。
そして、今回はDVD第21弾から25弾までを専用ケース入りセットにしたコンプリートBOX~Vol.5~も発売されるとのこと。専用ケース飲みも発売されるとのことなので、こちらも合わせてゲットしておきたい。
水曜どうでしょうDVD第25弾は、DVD2枚組・特典映像&副音声解説付き・総再生時間220分以上(予定)で、お値段は4,298円(税込)となっている。
また、コンプリートBOX~Vol.5~は、専用ケース付きでお値段21,492円(税込)、コンプリートBOX~Vol.5~専用ケース(ケースのみ)は、お値段1,350円(税込)となっている。
いずれの商品も、発売日は206年10月26日(水)、予約はLoppi、LAWSONネットショッピングロッピー、HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店、OFFICE CUE ONLINE SHOP CUEPROで受け付けている。
ローソンLoppiの商品番号と勝手語呂は以下の通り。
DVD第25弾:139747(一味食うなよな)
コンプリートBOX~Vol.5~:143216(伊代さんに16)
コンプリートBOX~Vol.5~専用ケース:146165(伊代6位無効)
詳しくは、南平岸ユメミル工房のサイトへ(こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.28

HTBグッズショップ@東武百貨店池袋店「初夏の大北海道展」に行ってきた

2016年度最初のHTBグッズショップ出店となる東武百貨店池袋店の「初夏の大北海道展」に、出店最終日となる2016年4月27日に行ってきた。
毎年この時期はGWの準備で超多忙のため、前日の仕事を終えてから深夜バスで現地入りする予定にしていたのだが、深夜バスに耐えられるほどの体力がないと判断し、前日新幹線で東京に入り、池袋で一泊。翌朝、まずは7時ごろに店舗入口付近まで行ってみるとまだそれほど並んでいなかったので、しばし近くのお店でコーヒーを飲みつつ待機し、8時半ごろから列に並び始めた。
店内への入場は9時45分ごろだっただろうか、エスカレーターで8階へ。いったん屋外に出ると、そこには黄色いあいつが!

Img_20160427_094103_480x640

しっかり撮影したのち、HTBグッズショップそばの階段に列を作り待機。階段には、先日発売された「ポストカードブック」の宣伝ということで、ポストカードのデザインを拡大したパネルと嬉野Dの解説パネルが掲出されていた。

Post1

Post2

Post3

Post4

Post5

Post6

開店時間より少し早く、ショップ内への案内が始まり、商品を物色。物色しているうちに、10時となり、お会計レジが稼働開始。ショップ内中央にできた会計列に並び、無事にステッカーをゲット、商品を購入することができた。

Img_20160427_101545_480x640

前回甲府で途切れたステッカー収集はここから再スタート!
購入した商品はこちら。

201604htbshop_640x480

20周年記念のショルダーバッグに、復刻された扇子、新商品のボールペン2種とカチッ缶アメとかなり絞り込んだ買い物となった。
その後、物産展内をうろうろしていると、佐藤水産さんがあり、あの名物が置いてあったので即購入。

Img_20160427_102520_480x640_2

グルメおにぎり!!「新千歳空港名物」と書いてあるが、今は新千歳空港では販売されていないのが残念、さらに札幌駅前の店舗でも朝行かないと買えないのでしばらくぶりの購入である。早速いただいてみた。

Img_20160427_102646_480x640

美味しいに決まっている!!!そしてもう1品食べ物を購入。

Img_20160427_123920_480x640

じゃがバターいかの塩辛のせ!何かのテレビ番組でこの食べ方を見たことがあったので、一度試してみたいと思っていたのだが・・・これまた美味しいに決まっている!!!
ステッカーももらったし、グッズも買ったし、食べるものも食べたので、池袋を後にして向かったのは渋谷。駅から数分歩いたところにあるのがHMV&BOOKS TOKYO。ここでは水曜どうでしょうやおにぎりあたためますか、ドラバラ等のDVDや藤村・嬉野両Dの著作などが特設コーナーに設置されている。

Img_20160427_110359_480x640

Img_20160427_111929_480x640 

どうでしょうのパネルやフィギュアなども展示されていた。ここでは何も買わないつもりだったのだが、特製のステッカーがもらえるということで、いろいろ迷った結果ハナタレナックスの2015年特番BDを購入してステッカーをゲット!

Img_20160427_113359_480x640

こうしてまたHTBの売り上げにわずかながらも貢献し(苦笑)、帰りも行きと同様新幹線に乗って帰宅の途へとついた。
今回は深夜バス参戦ではなかったのでかなり楽な参戦となったが、その分交通費・宿泊費が結構かかってしまったので、次回どこで行われるのかわからないが、その参戦時にはまた深夜バスとの闘いを挑まねばならないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.09

放送開始から20年、まだまだ強い!水曜どうでしょうDVD第24弾が週間総合ランキング首位!

2016年3月30日に発売された、水曜どうでしょう第24弾DVD「ユーコン川160キロ~地獄の6日間~」が4月11日付オリコン週間総合DVDランキングで首位を獲得したとのこと。

【オリコン】『水曜どうでしょう』根強い人気 通算10作目のDVD総合首位

記事によれば、初週の売り上げは6.7万枚。水曜どうでしょう」の「DVD総合首位獲得作品数」は2013年10月発売の「原付西日本」から5作連続、通算10作目。また、「バラエティー・お笑いDVD作品によるシリーズ別最多首位獲得作品数」も通算10作に更新(歴代1位)と発売するたびにあらゆる記録を更新し続けている。
放送開始から20年、本放送終了から約13年半、最新作放送から約2年半、そして「ユーコン川」本放送からは約14年半の月日が流れている。それでもこれだけの枚数を売り上げ、番組単体の放送外収入が1年間で24億円もあるという(2014年度、こちらの記事より→【甘辛テレビ】番組終了から12年、なのになお稼いだり24億円! 「水曜どうでしょう」名物ディレクターが語る“視聴率は「人」”)。これだけ稼いでたら、マラソンだ、芝居だと何やっても許されるよなあ・・・。

次回のDVDは「5周年記念深夜バスだけの旅」になると思われる。これまでの作品からするとかなり「地味」な企画だが、個人的には「移動がメイン」の企画が大好きなので、どのように編集されるのか大変楽しみ。そして、放送開始20周年ということで、新作にも期待が高まるところだが、ブルーリボン賞俳優であり大河俳優の「あのお方」のスケジュール次第ということもあろうかと思われ、こちらはあまり期待せずに待ちたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧